オートモビルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自動車 > オートモビルの意味・解説 

オートモビル【automobile】

読み方:おーともびる

自動車


自動車

(オートモビル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/01 09:09 UTC 版)

(じどうしゃ、英: automobilemotorcarmotor vehiclecar)は、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条架線を用いずに上を走る[1][2][3][4][5][6]。広義には自動二輪車オートバイ)も含むが、本項では四輪自動車について述べる。


注釈

  1. ^ en:taxiなど。
  2. ^ 1907年には純国産の実用化されたガソリン車が開発されている。
  3. ^ 手前からBMW・328アルファロメオ・8C
  4. ^ 手前がジャガー・Cタイプ、左奥がジャガー・XK120、右奥がポルシェ・356
  5. ^ 手前からアルファロメオ・TZマセラティ・250Sフェラーリ・250GT SWBアストンマーティン・DB4
  6. ^ 別名スラブサイド、フルワイズ、ポントンボディ。フェンダーとボディが独立せず、一体になっている構造のこと。
  7. ^ ボディ表面から突起や凹凸をなるべく少なくして、空力特性や見栄えを向上させる構造のこと。1970年代のウェッジシェイプ化に伴って注目されはじめ、1980年代から量産車にも普及。2020年現在までの主流となっている。
  8. ^ 1980年代から普及した、丸型や角型以外の形状をしたヘッドライトのこと。1980 - 1990年代までは、主に横長の長方形台形、或いは楕円形のようなデザインが多かった。ヘッドライトカバーがガラス製から樹脂製に変わったことで、より複雑な形状が見られるようになる。
  9. ^ この場合の「自動車」とは、趣味・娯楽として利用される「自動車」のこと。
  10. ^ このサイトは、統計調査をやる場合に絶対に示すべき母集団に関するデータ(調査対象人数(わずか10~20人程度なのか、1000人なのか、1万人なのか)、調査対象の属性、調査場所(ウェブなのか、紙媒体なのか、店頭なのか))などを全く明かしていない。このような基礎データすら明かしていない状態で主張されている数値の信憑性はかなり低い。
  11. ^ ただし近年のF1については、レギュレーションの変更や技術の向上などによってエンジン音の静音化が進んでおり、この音の変化に対して否定的な意見を持つ者もいる[126]
  12. ^ 出典元に記載がないため、記載されている台数と台湾の頁の人口より算出。
  13. ^ Google Mapでロサンゼルスの午前6時版から午前9時半、午後3時から午後7時の間のトラフィックを見るとピーク時には大半の高速道路で渋滞が見られる。

出典

  1. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  2. ^ 三省堂大辞林』第3版. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  3. ^ 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  5. ^ 平凡社百科事典マイペディア』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 高島鎮雄伊東和彦、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  7. ^ 石綿, 敏雄山田, 俊雄 編『角川最新国語辞典』(再版)角川書店、1989年10月(原著1987年2月)。ISBN 4-04-012300-X 
  8. ^ a b c d e f g h i 自動車誕生から今日までの自動車史(前編)”. GAZOO.com. トヨタ自動車. 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ The History of the Automobile - Steam Cars, About.com
  10. ^ a b c d 浅井建爾 (2015), p. 56.
  11. ^ 熱力学とエンジンの話日機連かわら版162号 2020年8月3日
  12. ^ a b 『ポプラディア大図鑑 WONDA 自動車・船・飛行機』(2014年7月、ポプラ社発行)132 - 133ページ『自動車の歴史』より。
  13. ^ 「自動車、そして人」p21 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷
  14. ^ [1]
  15. ^ 「自動車、そして人」p122 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷。
  16. ^ コスモMyカーリース「車の維持費って年間でいくら必要?」
  17. ^ 【自家用車にかかる費用についての調査】月々の費用負担は1~2万円が33.9%、1万円未満が27.9%。
  18. ^ 「ライドシェア」24年4月に限定解禁 全面導入に業界抵抗”. 日本経済新聞 (2023年12月20日). 2024年2月4日閲覧。
  19. ^ 2025年までにガソリン車/ディーゼル車販売禁止の法律提出 - オランダ”. マイナビニュース (2016年4月19日). 2019年9月3日閲覧。
  20. ^ 「2025年までにガソリン車を全廃」ノルウェーの政党間で合意へ イーロン・マスク氏も歓迎”. ハフポスト (2016年6月7日). 2019年9月3日閲覧。
  21. ^ http://irorio.jp/daikohkai/20161013/356840/
  22. ^ 「空飛ぶクルマ」開発、目指すは東京五輪聖火台読売新聞』朝刊2017年8月29日(経済面)
  23. ^ 電動スーツケースを無免許運転か 全国初の摘発「乗り物と思わず」 朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASS6V2FKLS6VPTIL00QM.html
  24. ^ [「エンジン付き移動式ピクニックテーブル」の使用が西オーストラリアで深刻な問題に https://buzzap.jp/news/20151119-motorised-picnic-table/]
  25. ^ a b c d e f g 第87類「鉄道用及び軌道用以外の車両並びにその部分品及び附属品 」財務省関税局 、2020年6月25日閲覧。
  26. ^ S&Eブレーキ株式会社 ブレーキ雑学講座 「雑学講座42 ディスクブレーキとドラムブレーキ」
  27. ^ a b c アウトバーンとハイウェイ(1933年)”. GAZOO. トヨタ自動車 (2015年4月17日). 2020年7月5日閲覧。
  28. ^ 近代における道路政策”. 国土交通省HP. 国土交通省. 2020年7月5日閲覧。
  29. ^ パトカーの活動状況”. 警視庁HP. 警視庁 (2016年8月23日). 2020年7月7日閲覧。
  30. ^ 知っておきたい! 近づいてくる救急車のよけ方”. GAZOO. トヨタ自動車 (2019年9月10日). 2020年7月7日閲覧。
  31. ^ 出典として挙げてあるサイトは、百科事典の出典としては不適切。 白洲次郎、S.マックイーン、J.レノン……いいオトコが愛したクルマたちとは?”. LEON. 主婦と生活社 (2017年4月22日). 2020年7月7日閲覧。
  32. ^ a b c 米欧カーカルチャーはなぜ違う?──ボンジョルノ西川淳のコラム・スペチアーレ 貴族趣味 vs カジュアル”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2017年6月19日). 2020年7月5日閲覧。
  33. ^ グッドウッド・リバイバル・ミーティング2019に見る、ヨーロッパ自動車文化の奥深さ”. GENROQ Web. 株式会社三栄 (2019年9月23日). 2020年7月5日閲覧。
  34. ^ 特集 カッコイイを考える <徳大寺有恒とジャガー の関係性>”. ahead magazine archives. 株式会社レゾナンス. 2020年7月10日閲覧。
  35. ^ a b モータースポーツ讃歌 —サーキットはジェントルマンの社交場である”. VISIONARY MAGAZINE BY LEXUS. レクサス (2017年8月25日). 2020年7月5日閲覧。
  36. ^ 美しくとも危険な芳香漂う---男の生き様は名車と共に!切っても切れない車と男の関係性”. MEN'S Precious. 小学館 (2019年10月31日). 2020年7月29日閲覧。
  37. ^ a b 【マッキナあらモーダ!】第334回:”クルマをぶつけて止める”伝説を検証してみる”. webCG. 株式会社webCG (2014年2月13日). 2020年7月18日閲覧。
  38. ^ ヨーロッパでは縦列駐車時にバンパーをぶつけるのが当たり前ってホント?”. WEB CARTOP. 交通タイムス社 (2017年9月26日). 2020年7月18日閲覧。
  39. ^ 「日本だからクラシックカーに乗れる」フランス人パティシエのシトロエン愛”. GAZOO. トヨタ自動車 (2017年5月8日). 2020年7月18日閲覧。
  40. ^ 『ワイスピ』のルーツを宇野維正が解説 カスタムカー文化を紐解く”. Fika. 株式会社CINRA (2019年6月14日). 2020年7月18日閲覧。
  41. ^ <カーオブザセンチェリー>T型フォード(1908年)”. GAZOO. トヨタ自動車 (2014年9月19日). 2020年7月18日閲覧。
  42. ^ 大倉喜七郎 日本の自動車レースと自動車文化を先駆”. 日本自動車殿堂. JAHFA. 2020年7月7日閲覧。
  43. ^ ロコモビル(国内最古の自家用乗用自動車) 日本機械学会
  44. ^ トーマス・ベイツ・ブロウ バウアー財団東洋美術館
  45. ^ Biographical Portraits, Volume X The Japan Society
  46. ^ タクリー号(国産初のガソリン車)実動レプリカお披露目”. NPO法人 国立市観光まちづくり協会. 2020年8月26日閲覧。
  47. ^ a b c 小林英夫「日本で自動車はどう乗られたのか」『アジア太平洋討究』第25号、早稲田大学アジア太平洋研究センター、2015年12月、29-48頁、ISSN 1347-149XNAID 120005694993 
  48. ^ 「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)”. サライ.jp. 小学館 (2018年5月23日). 2020年7月9日閲覧。
  49. ^ 自動車実学に徹したモータージャーナリスト 小林 彰太郎”. 日本自動車殿堂. JAHFA. 2020年7月7日閲覧。
  50. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 自動車
  51. ^ 英国で独自の進化を遂げる改造車シーン!”. Red Bull. Red Bull.com (2016年10月21日). 2020年7月10日閲覧。
  52. ^ ~BOSOZOKU~ 米国に伝播し美化された、間違った日本の自動車文化”. ON THE ROAD MAGAZINE web. 株式会社オンザロード (2018年9月7日). 2020年7月5日閲覧。
  53. ^ 成熟した日本の自動車文化に比べ、メンツを求める我が国はまだ未熟=中国報道”. Serchina. モーニングスター株式会社 (2017年7月1日). 2020年7月5日閲覧。
  54. ^ カーマニア人間国宝への道 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える?”. web CG. 株式会社webCG (2018年5月21日). 2020年7月5日閲覧。
  55. ^ ピニンファリーナ × 増田宗昭「デザインとビジネス」【後編】”. 現代ビジネス. 講談社 (2014年2月6日). 2020年7月9日閲覧。
  56. ^ 「脱・カー用品店」なオートバックス誕生 本、雑貨、カフェ…旗艦店大改装の狙い”. 乗り物ニュース. メディア・ヴァーグ (2018年11月22日). 2020年7月7日閲覧。
  57. ^ a b イチローさんも登場!モリゾウが「クルマ愛」を語る「WE LOVE CARS 2017」”. GAZOO. トヨタ自動車 (2017年11月1日). 2020年7月5日閲覧。
  58. ^ 石井守のデザイン論 「第5回 日本のカーデザインの変遷と展望(前編)」”. 三樹書房. 2020年8月17日閲覧。
  59. ^ a b 【技術革新の足跡】デソート・エアフロー――空気を形に(1934年)”. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  60. ^ 【地上最速を目指す旅】自動車最高速度記録の歴史”. Red Bull. Red Bull.com (2020年5月14日). 2020年8月17日閲覧。
  61. ^ 空気の壁を切り裂く流線型は自動車のスピードともに【GALLERIA AUTO MOBILIA】#014”. CARS MEET WEB. 株式会社ネコ・パブリッシング (2019年8月21日). 2020年8月17日閲覧。
  62. ^ ブガッティ T35”. トヨタ自動車. 2020年8月18日閲覧。
  63. ^ a b c アートワード「流線型デザイン」”. アートスケープ. DNP 大日本印刷. 2020年8月17日閲覧。
  64. ^ Sculpted in Steel: Art Deco Automobiles and Motorcycles, 1929–1940”. The Museum of Fine Arts, Houston. 2020年8月17日閲覧。
  65. ^ 【パリで活躍した日本人自動車画家】追悼 吉田秀樹 アウトガレリア・ルーチェ企画展”. AUTOCAR JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  66. ^ 自動車デザインの流れを変えた 美しく、高級なスポーツモデル CISITALIA 202SC”. カーセンサー. 2020年8月17日閲覧。
  67. ^ ロールス・ロイス伝統のスタイルを飾った最後の1台 ロールス・ロイス シルヴァークラウドⅢ”. リクルート. 2020年8月17日閲覧。
  68. ^ a b ロールスロイス&ベントレーの歴史 Post War:第二次大戦後篇 チャプター19「シルヴァー・シャドウとTシリーズ」”. WAKUI MUSEUM. 2020年8月17日閲覧。
  69. ^ フェラーリ・ローマの「時を超えるエレガンス」”. Men’s Precious. 2020年8月17日閲覧。
  70. ^ まさにエレガント。クラシックな佇まいに惚れて「ベントレーS2サルーン」(1960/イギリス)|わたしが クラシックカーに乗り続ける、その理由。”. 男の隠れ家デジタル. 2020年8月23日閲覧。
  71. ^ a b メカニック、ジャガーを試す”. THE LAKE JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  72. ^ Mille Miglia”. bresciatourism. 2020年8月17日閲覧。
  73. ^ 伝説のマシン ポルシェ917が誕生するまで│917-001のヒストリー”. classic PORSCHE. 2020年8月23日閲覧。
  74. ^ a b もっとも速く、もっとも美しい|ベントレーにおける「最良の答え」を示した伝説のモデルとは? 5ページ”. Octane. 2020年8月17日閲覧。
  75. ^ 名車「ポルシェ911」、時代を超越したデザインの進化がわかるフォトギャラリー”. WIRED. 2020年8月17日閲覧。
  76. ^ Porsche スタイル”. ポルシェジャパン. 2020年8月17日閲覧。
  77. ^ a b アメリカ車のイメージが確立され、ビッグ3が大躍進を遂げる”. アメ車MAGAZINE.com. 2020年8月26日閲覧。
  78. ^ 英女王乗せたロールス・ロイスが競売に、2.9億円で落札予想”. CNN. 2020年8月19日閲覧。
  79. ^ THE BEST ROYAL WEDDING CARS OF ALL TIME”. AI Global Media. 2020年8月17日閲覧。
  80. ^ The Hundred Million Dollar Look: Chrysler for 1955-56”. Allpar. 2020年8月17日閲覧。
  81. ^ 50年代アメリカ車黄金期(1959年)”. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  82. ^ クルマの博物誌 「第6回 少年が目を奪われたカーデザインの節目"フラットデッキ"化」”. 三樹書房. 2020年8月17日閲覧。
  83. ^ CHRYSLER HISTORY”. FCA Japan. 2020年8月17日閲覧。
  84. ^ a b c なぜ近頃のクルマは、丸っこいのか?角ばったクルマは過去の遺物?”. CarMe. 2020年8月17日閲覧。
  85. ^ 車と音楽について語ろう。”. ネットTAM. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  86. ^ アメ車を象徴であるマッスルカー!7200ccなんて大排気量エンジンもあった”. 交通タイムス社. 2020年8月17日閲覧。
  87. ^ ドイツ車を超えた? 憧れの超名門高級車 キャデラックの最新事情”. ベストカーWeb. 2020年8月17日閲覧。
  88. ^ 026 Rolls-Royce/涌井清春 ロールス・ロイスの光ベントレーの風に魅せられて”. 目の眼. 2020年8月17日閲覧。
  89. ^ 田口正和「自動車開発におけるCAD/CAM/CAE/CAPEの活用」(2010, 工業技術:東洋大学工業技術研究所報告p.5-8)
  90. ^ クルマを横から見るとわかることがあるんです【CAR STYLING VIEWS 3:サイドビュー】”. クリッカー. 株式会社三栄 (2011年5月21日). 2020年8月17日閲覧。
  91. ^ 【時代はくりかえす】なぜ車体後部がギュッと持ち上がったデザインのクルマ増えた? 水平基調に戻る動きも 3ページ”. AUTOCAR JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  92. ^ Pop-Up Headlights – Seventy Years of Hidden History”. Heacock Classic. 2020年8月17日閲覧。
  93. ^ スーパーカーはいつ生まれた?”. CarMe. 2020年8月17日閲覧。
  94. ^ 日本のクルマはこんなに変化! 進化の歴史を振り返る”. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  95. ^ JAMAGAZINE 2013 October #47”. 日本自動車工業会. 2020年8月17日閲覧。
  96. ^ 宇山通「自動車部品標準化の経路に関する1考察」(2016年, 九州産業大学『経営学論集』第26巻第3号,1‐31頁)
  97. ^ 日産の設計革命、脱プラットホーム共有化戦略”. 日経BP. 2020-08–17閲覧。
  98. ^ 【時代はくりかえす】なぜ車体後部がギュッと持ち上がったデザインのクルマ増えた? 水平基調に戻る動きも 1ページ”. AUTOCAR JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  99. ^ 石井守のデザイン論 「第6回(最終回)日本のカーデザインの変遷と展望(後篇)」”. 三樹書房. 2020年8月17日閲覧。
  100. ^ ボンネットがぽっこりデザインのクルマ、なぜ増えた? 古いと薄く、新しいと分厚い理由とは”. メディア・ヴァーグ. 2020年8月17日閲覧。
  101. ^ 空力 Part 2”. HONDA. 2020年8月17日閲覧。
  102. ^ ヘッドライトは“機能”それとも“装飾”?(後編)【CAR STYLING VIEWS 2】”. Clicccar. 2020年8月17日閲覧。
  103. ^ 複雑デザインに陰り、いまはシンプルが人気? クルマのボディにあった凹凸が減った理由”. メディア・ヴァーグ. 2020年8月17日閲覧。
  104. ^ 世界的カーデザイナー、和田智が語るカーデザインの潮流”. LEON. 2020年8月17日閲覧。
  105. ^ 自動運転で変わる内装・HMI開発”. 日経BP. 2020年8月17日閲覧。
  106. ^ 住まいとクルマの融合体。『Honda 家モビ Concept』が東京モーターショー2017に出展中”. d365. 2020年8月17日閲覧。
  107. ^ a b c 第91回:自動車競走時代の熱狂 多摩川スピードウェイが育てたレースの夢 webCG
  108. ^ 多摩川スピードウェイ――自動車競走の時代 (1936年)”. GAZOO. トヨタ自動車 (2017年1月13日). 2020年7月7日閲覧。
  109. ^ クルマ好きなら知っておきたい自動車文化遺産「船橋サーキット」”. WEB CARTOP. 株式会社交通タイムス社 (2015年7月29日). 2020年7月7日閲覧。
  110. ^ 初めてドイツを訪れて感じた、クルマ文化と根底にある「2つの価値観の違い」とは?”. Carview!. 株式会社カービュー (2019年12月1日). 2020年7月5日閲覧。
  111. ^ パリの路上から、20年以上前に生産された古いクルマが消える?”. ハフポスト日本版. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社 (2016年6月12日). 2020年7月5日閲覧。
  112. ^ ガラス張りの向こうのガレージ。愛車を眺めながら、リビングで過ごす極上のひと時〈鹿児島県 H邸〉木の家のビルトインガレージ”. 男の隠れ家デジタル. 株式会社三栄 (2020年5月5日). 2020年7月18日閲覧。
  113. ^ クルマオヤジは美人に目がなくて”. LEON. 主婦と生活社 (2015年9月24日). 2020年7月10日閲覧。
  114. ^ 自動車×ファッション 創造力はぐくむ遊び心とは”. NIKKEI STYLE アート&レビュー. 日本経済新聞 (2013年5月26日). 2020年7月7日閲覧。
  115. ^ ファッションの先端を行く街で見えてくる、クルマのトレンドとは?”. LEON. 主婦と生活社 (2019年11月17日). 2020年7月7日閲覧。
  116. ^ コンパニオンだけじゃない! クルマと共に羽ばたいた女性たち【東京オートサロン2016】”. GAZOO. トヨタ自動車 (2016年1月23日). 2020年7月26日閲覧。
  117. ^ ラルフ ローレン、自慢のスーパーカーを披露! プライベートガレージでのリュクスなショーの全貌とは?”. VOGUE JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2017年9月15日). 2020年7月10日閲覧。
  118. ^ a b 自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目【みどころナビ】”. webCG. 株式会社webCG (2007年10月28日). 2020年7月7日閲覧。
  119. ^ a b ミッレミリアの世界へようこそ”. ショパール 公式HP. LE PETIT-FILS DE L.-U. CHOPARD & CIE S.A.. 2020年7月7日閲覧。
  120. ^ 時を制するものが、時代を制する ── タグ・ホイヤーがモータースポーツを進化させた”. GQ Japan. コンデナスト・ジャパン (2016年11月28日). 2020年7月7日閲覧。
  121. ^ ラルフ ローレンが紡ぐクルマと時計の物語”. GQ Japan. コンデナスト・ジャパン (2015年8月11日). 2020年7月7日閲覧。
  122. ^ 車が再びステータスシンボルに! あなたはトレンドを追う派? はみ出す派?”. カーセンサー. リクルート (2020年1月28日). 2020年7月12日閲覧。
  123. ^ a b c 平成の間に変わったステータス !「モノを買う」より「仲間たちと共感したい」若者たち”. FNNプライムオンライン. フジニュースネットワーク (2019年4月28日). 2020年7月12日閲覧。
  124. ^ 映画のなかのクルマたち──Part.1”. OPENERS. スマートメディア・リミテッド (2015年5月15日). 2020年7月7日閲覧。
  125. ^ a b フェラーリのエンジンサウンドはなぜ美しいのか?”. LEON. 主婦と生活社 (2020年4月2日). 2020年7月7日閲覧。
  126. ^ 耳栓なしで会話ができるほど静かに。今季のF1はエンジン音も大変貌。”. Sports Graphic Number Web. 文藝春秋 (2014年3月23日). 2020年7月7日閲覧。
  127. ^ ブランディングは音で感情揺さぶる時代へ、海外で関心高まる「ソニック・ブランディング」の最新動向”. AMP. ブラーブメディア (2020年2月13日). 2020年7月7日閲覧。
  128. ^ [2]
  129. ^ 日本学術会議『交通事故ゼロの社会を目指して』
  130. ^ [3]
  131. ^ [4]
  132. ^ 日本エネルギー経済研究所 石油はいま 2013 OIL NOW
  133. ^ a b U.S. DOT Table 1-23: World Motor Vehicle Production, Selected Countries
  134. ^ 1950年から1990年までの数値は英版en:List_of_countries_by_motor_vehicle_productionより。
  135. ^ The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) End-ofLife Vehicle Recycling in the European Union
  136. ^ International Organization of Motor Vehicle (OICA) 2000 Production Statistics
  137. ^ OICA 2010 Production Statistics
  138. ^ OICA 2013 Production Statistics
  139. ^ The Wall Street Journal http://online.wsj.com/articles/SB10001424052702304858104579262412636884466 Global Car Sales Seen Rising to 85 Million in 2014]
  140. ^ a b c d 小野浩、「戦後の日本の自動車産業の発展」『經濟學研究』 1995年 45巻 1号 p.68-76, 北海道大学經濟學部
  141. ^ 曽穎、「日本自動車産業の外資政策史 : 草創期から戦後復興期まで」『現代社会文化研究』 2007年 39巻 p.109-124, ISSN 1345-8485, 新潟大学大学院現代社会文化研究科
  142. ^ a b 出典元、北海道大学、新潟大学、JAMA-日本自動車工業会で数値に開きあり。
  143. ^ 「国民車構想とモータリゼーションの進展」[リンク切れ]
  144. ^ 文部科学省「技術革新の進展とその成果」
  145. ^ 国際自動車工業連合会(OICA)[5]
  146. ^ 日本自動車工業会 「世界各国/地域の四輪車生産台数」
  147. ^ en:UNEP/GRID-Arendal Historic and Future Trends
  148. ^ a b c d United Nations Environment Programme UNEP Vehicle Population and International Trend Sep., 2012
  149. ^ 特記ない限り人口は世界人口の頁より。
  150. ^ a b c Joyce Dargay et al, Institute for Transport Studies, University of Leeds Vehicle Ownership and Income Growth, Wroldwide: 1960 - 2030
  151. ^ 日本自動車工業会 「世界各国の四輪車保有台数(2012年末)」
  152. ^ a b c 日本自動車工業会 「主要国の四輪車普及率」
  153. ^ a b c d e f International Council on Clean Transportation European Vehicle Market Statistics - Pocketbook 2013
  154. ^ 日本自動車工業会 「世界各国/地域の二輪車保有台数」
  155. ^ EPA Vehicle Weight Classification
  156. ^ US Census Bureau Los Angeles County, California
  157. ^ Los Angeles Almanac Vehicle Registrations
  158. ^ USA Today Ten cities with the worst traffic
  159. ^ 武部健一 (2015), p. 163.
  160. ^ 武部健一 (2015), p. 172.
  161. ^ a b c 浅井建爾 (2001), pp. 260–261.
  162. ^ 日本自動車工業会 「国民車構想とモータリゼーション」
  163. ^ 資源エネルギー庁 エネルギー白書2006 「第212-3-12 車種別保有台数の推移」
  164. ^ a b 自動車検査登録情報協会 「自動車保有台数推移表」
  165. ^ 浅井建爾 (2015), p. 57.
  166. ^ 経済産業省 「物流を取り巻く現状について」平成24年11月6日」
  167. ^ 日本自動車工業会 「二輪車保有台数」
  168. ^ 厚生労働省 「国民生活基礎調査(平成22年)の結果から」
  169. ^ 日本自動車工業会 「都道府県別自家用乗用車の100世帯当たり保有台数(2013年3月末)」
  170. ^ Huffingtonpost Number of cars worldwide surpasses 1 billion.
  171. ^ Renault Nissan Aliance Finaly Tops The World' Ranking
  172. ^ World Car Brand Ranking in 2016-Top50 Focus 2 move





オートモビルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートモビル」の関連用語

1
モーターカー デジタル大辞泉
100% |||||

2
乗用車 デジタル大辞泉
98% |||||

3
四輪車 デジタル大辞泉
98% |||||



6
自動車 デジタル大辞泉
76% |||||



9
38% |||||

10
38% |||||

オートモビルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オートモビルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS