真珠湾攻撃 真珠湾の状況

真珠湾攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 15:24 UTC 版)

真珠湾の状況

軍施設の整備が進む1920年代のフォード島
1941年10月、開戦直前の真珠湾

1898年(明治31年)7月、アメリカはハワイ併合を行うと[29]、海軍基地を順次整備していき、太平洋上における戦略上の軍事拠点として、またフィリピンへの中継拠点として、その存在意義が高まっていった。1940年(昭和15年)5月には、日本の南方政策を牽制するためアメリカ合衆国西海岸サンディエゴに駐留していた太平洋艦隊の主力が、ハワイの真珠湾に駐留するようになった[30]。当時のハワイはアメリカが巨費を投じて構築した要塞であり、「太平洋のジブラルタル」と呼ばれ、難攻不落と思われていた。軍事評論家フレッチア・ブラッドは「真珠湾はおそらく、世界中で最良の海軍基地であり、これほど最良の位置にあり、最高に防御され、また最高に補給された基地は他のどこにもない。」と評価し[31]アメリカ極東陸軍司令官のダグラス・マッカーサー少将も「真珠湾はアメリカが太平洋にもっていた最も強力な軍事基地だった。基地の防衛陣は高射砲陣地、アメリカの持つ最も優秀な航空機、それに高度に防備された飛行場と警報設備を備え、さらにアメリカ太平洋艦隊に守られ、当時私がもっていた不完全な陸海空の間に合わせ部隊に比べれば、お話しにならないほど強力なものだった。」と分析していた[32]。アメリカの新聞が「日本は我々を攻撃することはできない。それは軍事的に不可能なことである。ハワイの基地でさえ日本の艦隊の有効な攻撃力の圏外にある。」と報じ、ジャーナリストのクラーク・ビーチが「日本の真珠湾に対する攻撃は、もっともありうべからざることで ある。成功のチャンスは百万にひとつしかない。」と寄稿したように、アメリカの国民や軍の多くの人々は“金城鉄壁の真珠湾”という真珠湾の触れ込みを信じ切っており、日本軍の攻撃への警戒が非常に希薄であった[33]

しかし、ハワイへの空からの攻撃の可能性については、かなり前から指摘され続けており、古くは1920年代に航空主兵論の熱心な論者ウィリアム・ミッチェルが、ハワイのオアフ島について防空体制の不備を指摘する意見を公表している[34]。また1932年(昭和7年)にはアジア艦隊英語版司令長官のハリー・E・ヤーネル大将が、日本が宣戦布告前に空母でハワイもしくはアメリカ西海岸を攻撃する可能性を指摘し、2月7日日曜日、実際に就役間もない空母2隻(レキシントンサラトガ)と4隻の駆逐艦を使用し、152機の攻撃機がオアフ島沖96kmの海上から防御体制のできていない真珠湾を早暁に奇襲する模擬訓練を行ったところ、理論上湾内に碇泊する全ての艦船を沈め、地上の航空機も全て破壊する計算で、完全に成功している。この演習の模様はホノルルの日本領事館から本国に報告されていた[35][36][37]。第二次世界大戦が始まり、ナチス・ドイツの快進撃が続いていた1940年(昭和15年)になると、太平洋艦隊司令長官のジェームズ・リチャードソン大将はフランクリン・ルーズベルト大統領に太平洋艦隊主力を真珠湾に置いていることの危険性について進言すると共に、日本軍の奇襲に備え洋上哨戒しょうかいを強化したが、ルーズベルトとは意見が合わず解任され、1941年(昭和16年)2月にはハズバンド・キンメル大将が太平洋艦隊司令長官に就任している[38]

キンメルも前任のリチャードソンと同様に、オアフ島の危険性については十分認識しており、太平洋艦隊司令長官になると直ちに「開戦の布告に先立って、真珠湾の艦船に攻撃があるかも知れない」と極秘指令を出し艦隊に警戒を呼び掛けたが、結局は潜水艦による攻撃に備えての駆逐艦の哨戒強化の指示に止まった。昼夜を問わず360度の警戒を行うだけの偵察機を有さなかったことを理由に、初めから航空哨戒についての努力を放棄していたのである[39]。 1941年(昭和16年)8月にはハワイ陸軍航空隊指揮官、フレデリック・L・マーチン少将と第5爆撃航空隊指揮官ウィリアム・C・ファーシング大佐と数名のスタッフによる作戦研究で「日本海軍は6隻の空母を使用し、北方から攻撃をかけてくる。オアフ島に対する攻撃は早朝が敵にとってもっとも有利であろう。」という、ほぼ完全に日本軍の作戦を予見した研究結果が出て、キンメルや陸軍省にも報告されているが、その報告により航空哨戒が強化されることはなかった[40]。 この頃のアメリカは大西洋の戦局に大きな関心を向けており、日本軍の真珠湾での攻撃の可能性については十分に認識していたが、それを現実的な脅威とは考えていなかった。キンメルは海軍作戦部長ハロルド・スターク大将に「大西洋の問題を軽く見るわけではないが、ここから見ていると、太平洋は依然として世界情勢の一部である。」と愚痴めいた書面を贈ったのに対し、スタークは「私自身はジャップがやってくるとは思わない」と答えている[41]

それは、ハワイ方面陸軍司令官のウォルター・ショート中将の陸軍も同様で、ハワイには二個師団の防衛部隊が配置されていたが、常に補給と訓練の問題に悩まされていた。強力な戦力となる「空の要塞」B-17爆撃機はアメリカ本土の工場で製造されると、オアフ島に空輸されて武装その他の最終装備が施されるが、それからB-17はハワイにほとんど留まることなく、フィリピンに送られていた。陸軍の誰もがハワイでB-17が必要になるとは思っていなかったからである[42]。ハワイの陸海軍の総指揮官であるキンメルとショートは一週間おきの日曜日に一緒にゴルフを楽しむなど個人的には懇意であったが[43]、陸海軍の連携や協力は無いに等しく、ショートは海軍が航空哨戒をしていると思い込んでおり、陸軍は哨戒活動をほとんどしていなかった[44]。 こうした、陸海軍の警戒態勢の不備、大西洋重視、日本軍に対する過小評価がアメリカ軍の油断を生じさせていた。

1941年(昭和16年)11月27日午前9時にホノルルにて、キンメルとショートを筆頭とするハワイ駐屯のアメリカ陸海軍の幕僚が、ハワイ諸島より西のウェーク島とミッドウェイ島への増援について協議していた。両島に陸軍航空隊の戦闘機を増援として送ることの是非について話し合われていたが、両島ともに荷揚げ桟橋の設備がなかったため、陸軍機を空母に搭載して、両島に到着したら空母から発艦して飛行場に着陸させる必要があった。陸軍機は発艦はできても着艦はできなかったため、両島へ送った陸軍機はハワイの防衛に再び利用できない可能性があった。そこで陸軍参謀のジェームス・モリソン大佐が「我々の任務はオアフ島を守ることであって、陸軍機を両島に派遣することは、防衛能力を低下させることになります。」と意見を述べるとキンメルは「君はなぜそんなに心配するのか?我々が攻撃を受けるとでも思っているのか」と質した。そして、海軍のマックスモリス参謀に「日本軍がここを飛行機で攻撃してくる見込みについて、どう思うかね?」と聞くと、マックスモリスは「そんな見込みはまったくありません。」と答えている[45]

会議が終わった後にキンメルとショートはそれぞれ陸海軍省から日米交渉が破局に至ったことの連絡と、日本軍が近日中に戦争行為を起こす可能性が高いので警戒を怠らないようにとの指示があったが、キンメルに届いた警報については、日本軍の侵略的行動に対する警戒の呼び掛けの後段に、日本軍が上陸作戦を行う可能性が高い地域として、フィリピン、タイ王国マレー半島ボルネオ島(いずれも東南アジア)が挙げられていたため、深刻には受け取られず、哨戒が取り立てて強化されることもなかった。そのため予定通りウェーク島とミッドウェイ島には増援を送ることとし、翌28日に、ウェーク島にはウィリアム・ハルゼー・ジュニア中将率いる第8任務部隊の空母エンタープライズと3隻の重巡洋艦と駆逐艦隊を派遣することとした。キンメルはハルゼーに「戦艦を連れていくかね?」と尋ねるとハルゼーは「高速で行かなければいけないときに足手まといになるからいりません」と拒否している。逆にハルゼーが「日本軍と行き会った場合はどうするんです?」とキンメルに指示を仰ぐと、キンメルは「常識でやるんだよ」と暗に攻撃を許可した。それを聞いたハルゼーは「射程距離に入ってきたらただちに撃沈します。」と宣言している。ただし、前日の会議の陸軍の意見を尊重し、陸軍の戦闘機は搭載せず、海兵隊の兵士と戦闘機を搭載し出港した[46]

11月30日、ハワイ島ヒロの新聞『ヒロ・トリビューン・ヘラルド』はその一面で[47]、「日本、来週末にも攻撃の可能性」(JAPAN MAY STRIKE OVER WEEKEND)と報じた。また、オアフ島の有力紙『ホノルル・アドバタイザー』も同様の見出しで報じた。その上、ルーズベルト政権は、アメリカ合衆国議会にも国民にも、日本に対して疑似最後通牒であるハル・ノートを提示したことを隠し、外面的には日米交渉は続いていると説明していたにもかかわらず、『ヒロ・トリビューン・ヘラルド』には、「日米交渉の失敗で日本(東京)は自暴自棄になっている」(Tokyo Desperate As Talks Collapse)という小見出しがあった。歴史学者のスチーブン・スニエゴスキによると、コーデル・ハル国務長官が親しい新聞記者のジョセフ・リーブに、「ルーズベルト大統領は、日本が数日のうちに真珠湾を攻撃することを知っている」と漏らした。ルーズベルト大統領は「そのまま放っておく。そうすればこの国が参戦できる」という考えだったが、このやり方に反発したハル国務長官は、絶対に情報源を明かさないことを条件にして、内容をメディアに明かすことにし、真珠湾奇襲計画の内容を含んだ解読済みの日本暗号文書を、リーブに渡した。リーブは当該文書をユナイテッド・プレスに持ち込んだが、同社はそれをニュース配信することを拒んだ。それでも、その内容の一部を同社の外信として配信することができ、それをハワイの2紙が記事にした[48]

12月2日には、無線機で日本海軍の暗号無線を傍受していたハイポ基地が日本軍の空母のコールサインが消えたことに気がつき、情報将校エドウィン・レイトン少佐がキンメルにその事を報告したが、キンメルは「誰も気づかないうちに、連中がダイヤモンドヘッドまで来ているっていうのかね?」と言ってまともに取り合わなかった[49]。 さらに、12月4日に空母レキシントンが陸軍機を満載し、重巡洋艦3隻と駆逐艦を護衛に引き連れてミッドウェイに向けて真珠湾を出港し、日本軍攻撃前に真珠湾から全ての空母がいなくなってしまった[50]

12月6日、パープル暗号により、東京から米国首都ワシントンD.C.の日本大使館に『帝国政府ノ対米通牒覚書』が送信された。パープル暗号は既にアメリカ側に解読されており、その電信を傍受したアメリカ陸軍情報部は、その日の夕方にルーズベルト大統領に翻訳文を提出したが、それを読み終わるとルーズベルトは「これは戦争を意味している」と叫んだ。しかしこの覚書にはハワイを攻撃するとか、具体的な攻撃計画についてのヒントはまったくなかった。しかし、午後1時に覚書をハル国務長官に手渡した後に全ての暗号機を破壊せよとの指令も付されており、攻撃時間を連想されるものであったが、その(東部標準時)午後1時が、ハワイ・アリューシャン標準時7時30分であることを思いつく者はいなかった[51]。この情報を陸軍情報部から知らされた海軍は、海軍情報部長セオドア・S・ウィルキンスン大佐がスターク作戦部長にすぐにでもキンメルに知らせるべきと進言したが、スタークは「ハワイの防衛は陸軍の責任であるため、陸軍参謀総長のジョージ・マーシャル大将からハワイに連絡するべき」と考え、マーシャルに要請した。マーシャルもこの覚書が開戦を意味すると考えて、ハワイとマニラ(フィリピン)に警報を送ることとしたが、手続きに時間がかかった上に、ハワイの陸軍無線機が故障しており、商用チャンネルを通じてこの警報がショートに届いたのは、攻撃が終わった数時間後で、それも自転車に乗った少年から配達された[52]

12月6日の夜には「日本軍の2個船団をカンボジア沖で発見した」というイギリス軍からもたらされた情報がキンメルとショートにも届いた。キンメルは太平洋艦隊幕僚と、真珠湾にある艦船をどうするかについて協議したが、空母を全て出港させてしまったため、艦隊を空母の援護なしで外洋に出すのは危険という意見で一致したのと、週末に多くの艦船を出港させると市民に不安を抱かせると判断し、艦隊をそのまま在港させることとした。しかし、これは真珠湾の攻撃を予測していたのではなく、あくまでもワシントン当局の警告通り、日本軍が攻撃してくるのは東南アジアだと考えていた[53]。ショートにはさらにFBIが盗聴したホノルル東京間の新聞特派員の国際電話通話記録の情報が報告された。その通話記録では、特派員が東京とオアフ島上空の天候などを頻繁に話し合うなど、航空攻撃を示唆するような情報であったが、ショートも幕僚もこの情報の重要性に気が付くことはなかった。真珠湾攻撃前夜となったこの夜は、キンメルもショートももたらされる重要情報に気を配ることもなく、どちらもパーティに出席し飲酒している[54]。ショートは帰路の車中で妻に真珠湾の夜景を見ながら「何とも美しい眺めだね」「でも恰好の攻撃目標になりそうだ」と話しかけたが、奇しくもこの予言はこの約11時間後に実現することとなってしまった[55]


注釈

  1. ^ 万が一、暗号文が解読された時の保険の意味で、隠語「ニイタカヤマノボレ一二〇八」を予め定めていた。
  2. ^ 真珠湾作戦を含む海軍全般の作戦の詳細は、すでに大海令として全海軍部隊・部署に対して布告済であり、この電文の眼目は、それら作戦の発動の基準となる日時についてであって、このような、日時を伝える電文となった。
  3. ^ 竹内将人の『ある海軍少佐の戦時日記:真珠湾攻撃からミッドウェー海戦まで』には、単冠湾での通信参謀の説明として、「東京からの海外放送中に、『山川草木転荒涼』の詩吟放送が三回あれば、ホノルルの放送中に同一波長でB放送(内地からの対外宣伝)の符号を入れるという合図である。」とある。
  4. ^ 敵の防御が効力を発揮する前に攻撃可能であると空中指揮官が判断した場合。
  5. ^ 草鹿は自らの手記で、何のためらいもなく引き上げを進言したとしている。理由としては機動部隊の立ち向かう敵はまだまだある、また既に所定の目的は達成していることを挙げ、後年指摘されている残敵の殲滅せんめつや港湾施設の破壊、敵空母の探索などは下司げすの戦法であると断じている。
  6. ^ この信号をそれとなく催促したものとする意見もある[125]。吉岡参謀は、準備完了を知ら帰投せた信号が山口が再攻撃を具申したというものに伝説化したのだろうと語っている[126]
  7. ^ エドワードも第二次世界大戦では海軍軍人として軍務についていた。エドワードの兄マニング・キンメル潜水艦ロバローで日本軍に撃沈され戦死
  8. ^ 後述の#損害の項目にあるように、カリフォルニアウェストヴァージニアは修理に長期間を要し、1944年まで実戦に参加することができなかった。
  9. ^ ミッドウェー破壊隊は省略
  10. ^ 第二水雷戦隊所属
  11. ^ 第五航空戦隊所属
  12. ^ a b 第三潜水隊所属
  13. ^ 特殊潜航艇関係のみ
  14. ^ 階級は作戦時のものであり特進前。
  15. ^ 実際に機動部隊に乗務していた電信員が引き抜かれ、打鍵時の癖まで機動部隊のそれと同じであった。
  16. ^ 今野によると、リカルド・シュライバー。
  17. ^ ただし、その時点では日本海軍の真珠湾攻撃はまだ山本五十六の腹案にとどまり、知っていたのは山本のほかに大西瀧治郎及川古志郎しかいなかった。今野は、ペルー公使の情報の出所に関して、1940年に松尾樹明という人物が出版した『三国同盟と日米戦』という書籍において、「日米開戦は不可避で、その場合日本は開戦劈頭に真珠湾を攻撃してハワイを占領するべき」と記されている内容の影響を指摘している[232]
  18. ^ スティムソンの日記[239]、ビアードらの仮説、トーランドの仮説(ビアードらへの反論)[240]。トーランドはこの反論が証拠のない仮説であると認めつつも、ルーズベルトが誤ったとするよりは論理的・公平であると判断している(トーランドによる事前察知説[241])。
  19. ^ 国民には孤立主義が念頭していた時候であった。そのため、当時は欧州戦線とは距離をおいていた。また、戦況としてはドイツがイギリスより優位であり、イギリスはアメリカの支援を望んだが、国民は干渉を望まなかった。詳しくは「第二次世界大戦#1940年」を参照。
  20. ^ マッカラムの人物像としては日本語に堪能かつ日本で育った人物であり、軍のなかではとりわけ日本の情勢と国民に詳しかったという。

出典

  1. ^ 真珠湾攻撃が変えた人生――日系米国人の苦難”. BBC NEWS (2016年12月27日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月13日閲覧。
  2. ^ 草鹿 1979, p. 30
  3. ^ 草鹿 1979, p. 74
  4. ^ #山本調査報告pp.2-3
  5. ^ 千早正隆 1997, pp. 101–102
  6. ^ 源田実 1998, pp. 11–13
  7. ^ 千早正隆 1997, pp. 101–103
  8. ^ a b c ハワイ作戦 1967, pp. 91–92
  9. ^ a b 源田実 1998, pp. 19–22
  10. ^ ハワイ作戦 1967, p. 180
  11. ^ ハワイ作戦 1967, p. 183
  12. ^ ハワイ作戦 1967, p. 93
  13. ^ a b ハワイ作戦 1967, p. 110
  14. ^ ハワイ作戦 1967, p. 176
  15. ^ ハワイ作戦 1967, p. 111
  16. ^ ハワイ作戦 1967, p. 112
  17. ^ 林千勝『近衛文麿』WAC
  18. ^ 草鹿龍之介 1979, p. 30.
  19. ^ 源田実 1998, pp. 172–178
  20. ^ 源田実 1998, pp. 181–184
  21. ^ 源田実 1998, pp. 57–60
  22. ^ ハワイ作戦 1967, p. 181
  23. ^ 真珠湾攻撃”. ワードBOX. 西日本新聞社. 2011年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月6日閲覧。
  24. ^ 【戦後75年 戦争体験者の証言】出港、「極秘作戦」知らされぬまま朝日新聞』朝刊2020年12月8日(1面)2020年12月27日閲覧
  25. ^ 【戦後75年 戦争体験者の証言】真珠湾へ、艦上で死を覚悟『朝日新聞』朝刊2020年12月8日(社会面)2020年12月27日閲覧
  26. ^ ダーヴァット 2001, p. 26
  27. ^ 『オールカラーでわかりやすい!太平洋戦争』 [Kindle版]48頁
  28. ^ a b 佐藤和正『太平洋海戦 1 進攻篇』講談社、1988年、[要ページ番号]ISBN 4062037416
  29. ^ スミス(1973)p.172
  30. ^ 秋元健治 2010, p. 194
  31. ^ プランゲ 1969, p. 225
  32. ^ a b マッカーサー 1965, p. 189
  33. ^ プランゲ 1969, p. 107
  34. ^ メイヤー 1971, p. 56
  35. ^ Notes for Harry Ervin YARNELL - The Pennocks of Primitive Hall”. 2016年6月26日閲覧。
  36. ^ ジェフリー・レコード(渡辺惣樹訳・解説)『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか』
  37. ^ Thomas Fleming, The New Dealers' War: FDR And The War Within World War II, Basic Books, 2001, pp43-44
  38. ^ プランゲ 1969, p. 98
  39. ^ ダーヴァット 2001, p. 39
  40. ^ プランゲ 1969, p. 103
  41. ^ プランゲ 1969, p. 111
  42. ^ モリソン 2003, p. 54
  43. ^ ダーヴァット 2001, p. 38
  44. ^ ダーヴァット 2001, p. 39
  45. ^ プランゲ 1969, p. 225
  46. ^ プランゲ 1969, p. 226
  47. ^ 1941年11月30日『ヒロ・トリビューン・ヘラルド』”. 2020年8月22日閲覧。
  48. ^ 渡辺惣樹『日米戦争を望んだのは誰か』(WAC、2020年)pp.82-101
  49. ^ ダーヴァット 2001, p. 26
  50. ^ プランゲ 1969, p. 231
  51. ^ モリソン 2003, p. 71
  52. ^ モリソン 2003, p. 72
  53. ^ プランゲ 1969, p. 235
  54. ^ プランゲ 1969, p. 239
  55. ^ ダーヴァット 2001, p. 31
  56. ^ 実松譲 1995, pp. 292–293
  57. ^ 実松譲 1995, pp. 294–295
  58. ^ 山川新作 1985, p. 50
  59. ^ a b 山川新作 1985, pp. 51–52
  60. ^ a b c d e f 歴史街道増刊 2001, pp. 65–80「ニイタカヤマノボレ一二〇八」
  61. ^ 山川新作 1985, p. 53
  62. ^ a b c d 半藤一利, & 江坂彰 2000, pp. 57–94
  63. ^ 源田実『風鳴り止まず』サンケイ出版、1982年、66 - 67頁。
  64. ^ 草鹿龍之介 1979, pp. 48–49.
  65. ^ 山川新作 1985, p. 54
  66. ^ 宮内勘彌『新高山登レ一二〇八』六興出版、1975年、62頁・71頁
  67. ^ 吉村昭 『大本営が震えた日』 新潮社、1981年。 
  68. ^ 草鹿龍之介 1979, p. 50.
  69. ^ a b 草鹿龍之介 1979, p. 62.
  70. ^ a b 山川新作 1985, p. 61-62
  71. ^ 草鹿龍之介 1979, pp. 61–62.
  72. ^ 草鹿龍之介 1979, pp. 62–63.
  73. ^ トーランド 1984b, p. 67
  74. ^ ダーヴァット 2001, p. 63-64
  75. ^ ダーヴァット 2001, p. 56
  76. ^ モリソン 2003, p. 76
  77. ^ a b c d e f g h 歴史街道増刊 2001, pp. 24–27「トラ、トラ、トラ発信の瞬間」
  78. ^ 草鹿龍之介 1979, p. 69.
  79. ^ 草鹿龍之介 1979, p. 70.
  80. ^ プランゲ 1969, p. 296
  81. ^ ダーヴァット 2001, p. 77
  82. ^ プランゲ 1969, p. 309
  83. ^ プランゲ 1969, p. 280
  84. ^ 秋元健治 2010, p. 116
  85. ^ プランゲ 1969, p. 283
  86. ^ LA Forte 1994, p. 30
  87. ^ トール 2013, p. 54
  88. ^ 秋元健治 2010, p. 192
  89. ^ 秋元健治 2010, p. 194
  90. ^ プランゲ 1969, p. 288
  91. ^ a b プランゲ 1969, p. 293
  92. ^ ダーヴァット 2001, p. 120
  93. ^ Stillwell 1981, p. 198
  94. ^ Prange, Goldstein & Dillon 1981, p. 81
  95. ^ 秋元健治 2010, p. 219
  96. ^ プランゲ 1969, p. 314
  97. ^ ダーヴァット 2001, p. 122
  98. ^ プランゲ 1969, p. 320
  99. ^ 秋元健治 2010, p. 184
  100. ^ プランゲ 1969, p. 321
  101. ^ 秋元健治 2010, p. 185
  102. ^ 山川新作 1985, p. 64
  103. ^ ダーヴァット 2001, p. 128
  104. ^ プランゲ 1969, p. 317
  105. ^ 秋元健治 2010, p. 202
  106. ^ a b プランゲ 1969, p. 318
  107. ^ 秋元健治 2010, p. 199
  108. ^ Goldstein, Prange & Dillon 1989, p. 121
  109. ^ トール 2013, p. 52
  110. ^ Bailey & Farber 1994, p. 2
  111. ^ プランゲ 1969, p. 336
  112. ^ #飛龍飛行機隊調書(1)p.4
  113. ^ 中村秀樹 2007, pp. 98–99
  114. ^ 中村秀樹 2007, pp. 112–113
  115. ^ a b “特殊潜航艇の真珠湾雷撃成功か 米専門家が分析”. 47NEWS. 共同通信社. (2009年12月8日). オリジナルの2009年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091213034252/http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120801000287.html 2016年12月6日閲覧。 
  116. ^ 『写真週報212号』p.2
  117. ^ 『写真週報212号』pp.3-4
  118. ^ 淵田美津雄『真珠湾攻撃総隊長回想 淵田美津雄自叙伝』講談社、2007年、[要ページ番号]ISBN 9784062144025
  119. ^ 草鹿龍之介 1979, p. 71.
  120. ^ ハワイ作戦 1967, p. 344
  121. ^ ハワイ作戦 1967, p. 345
  122. ^ a b 草鹿龍之介 1979, p. 74.
  123. ^ 太平洋戦争研究会『太平洋戦争の意外な裏事情』PHP文庫51頁
  124. ^ ハワイ作戦 1967, pp. 343–344
  125. ^ 戦史叢書10 ハワイ作戦343-344頁
  126. ^ 太平洋戦争研究会『太平洋戦争の意外な裏事情』PHP文庫51頁
  127. ^ 『大本営海軍部・聯合艦隊(2)』防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1975年、78頁。
  128. ^ 戦史叢書10 ハワイ作戦337頁
  129. ^ アジア歴史資料センター各「飛行機隊戦闘行動調書」より
  130. ^ 碇義朗著「飛龍天に在り」191頁
  131. ^ ミッドウェー海戦 1971, p. 21
  132. ^ ミッドウェー海戦 1971, pp. 21–22
  133. ^ #連合艦隊戦艦12隻を探偵する220頁
  134. ^ a b #空母機動部隊(2010)250頁
  135. ^ a b c #戦藻録(1968)44-45頁
  136. ^ #S1612呉防備戦隊日誌(1)pp.70-71「十三(天候略)豊後水道方面 一.13dg(若竹欠)夏島那沙美ハ鳳翔入泊ノ際東水道外端附近對潜哨戒ニ従事(略)」
  137. ^ #S1612呉防備戦隊日誌(1)pp.27-28「十四日一三三五呉防戦司令官|呉鎮長官|呉防戦機密第五八番電 十三驅逐隊敵潜發見並ニ攻撃状況左ノ通リ 一.敵潜ハ鳳翔並ニ驅逐艦五隻東水道外端進入前約六〇〇〇米ニテ之ヲ襲撃ノ為潜望鏡ヲ露頂セルモノノ如シ早苗ハ當時水路ノ東側ニ占位セントシ強速ニテ航行中之ヲ左四〇度ニ發見セルモノナリ発見後爆雷投射迄ノ時間三分/二.潜望鏡発見ハ始メ約二〇〇〇米ニテ肉眼視認更ニ十二糎双眼鏡ニテ確認ノ上攻撃ヲ實施セリ」
  138. ^ #S1612呉鎮日誌(1)p.24(呉防戦機第六一番電)
  139. ^ #空母機動部隊(2010)252頁
  140. ^ トール 2013, p. 61
  141. ^ Roosevelt 1975, p. 233
  142. ^ トール 2013, p. 86
  143. ^ Goodwin 1995, p. 292
  144. ^ トール 2013, p. 99
  145. ^ シャーウッド 2015, p. 437
  146. ^ トール 2013, p. 117
  147. ^ a b トール 2013, p. 239
  148. ^ 秋元健治 2010, p. 245
  149. ^ ダーヴァット 2001, p. 150
  150. ^ ローゼンバーグ 2007, p. 179
  151. ^ ダーヴァット 2001, p. 151
  152. ^ ローゼンバーグ 2007, p. 196
  153. ^ ポッター 1979, p. 11
  154. ^ Stillwell 1981, p. 259
  155. ^ トール 2013, p. 240
  156. ^ ポッター 1979, p. 12
  157. ^ Stillwell 1981, p. 261
  158. ^ ダーヴァット 2001, p. 146
  159. ^ ダーヴァット 2001, p. 147
  160. ^ ダーヴァット 2001, p. 147
  161. ^ ローゼンバーグ 2007, p. 25
  162. ^ ダーヴァット 2001, p. 154-155
  163. ^ 『週報272号』pp.12-13
  164. ^ 北村賢志 2009, p. 44
  165. ^ 北村賢志 2009, p. 402
  166. ^ 北村賢志 2009, pp. 45–46
  167. ^ 北村賢志 2009, p. 45
  168. ^ 『週報271号』p.14
  169. ^ 『写真週報212号』p.5
  170. ^ 米国戦略爆撃調査団(編纂)『JAPANESE AIR POWER 米国戦略爆撃調査団報告 日本空軍の興亡』大谷内和夫(訳)、光人社、1996年、44頁。ISBN 4769807686
  171. ^ プランゲ 1969, p. 288
  172. ^ 米戦時指導者の回想 1965, p. 134
  173. ^ a b c プランゲ 1969
  174. ^ チェスター・W・ニミッツ、E.B.ポッター『ニミッツの太平洋海戦史』実松譲、富永謙吾(共訳)、恒文社、1962年、24頁。
  175. ^ モリソン 2003, p. 55
  176. ^ プランゲ 1969, p. 379
  177. ^ 戦史叢書第10巻 ハワイ作戦、170、173、232、246、249、258-260、281ページ
  178. ^ 秋元健治 2010, p. 229
  179. ^ プランゲ 1969, p. 320
  180. ^ 秋元健治 2010, p. 231
  181. ^ 秋元健治 2010, p. 241
  182. ^ USS Arizona During the Attack” (英語). en:Naval History and Heritage Command. 2016年6月13日閲覧。
  183. ^ Pacific Historic Parks” (英語). 2016年6月13日閲覧。
  184. ^ The Official Website Of The USS Oklahoma” (英語). 2016年6月13日閲覧。
  185. ^ Thomas H. Maugh II (2009年12月7日). “Pearl Harbor mini-submarine mystery solved?” (英語). ロサンゼルス・タイムズ. http://www.latimes.com/world/la-sci-minisub7-2009dec07-story.html 2016年6月13日閲覧。 
  186. ^ The USS Utah (Battleship # 31, later BB-31 and AG-16), 1911-1941” (英語). Naval History and Heritage Command. 2016年6月13日閲覧。
  187. ^ USS West Virginia (BB-48)” (英語). 2016年6月13日閲覧。
  188. ^ BB44 California Pearl Harbor Attack Damage Report” (英語). Researcher@Large. 2016年6月13日閲覧。
  189. ^ a b c 秋元健治 2010, p. 220
  190. ^ BB-36 USS Nevada Pearl Harbor Attack Damage Report” (英語). Researcher@Large. 2016年6月13日閲覧。
  191. ^ 秋元健治 2010, p. 181
  192. ^ 秋元健治 2010, p. 219
  193. ^ a b 秋元健治 2010, p. 215
  194. ^ 秋元健治 2010, p. 220
  195. ^ BB-43 USS Tennessee Damage Report - Pearl Harbor - December 7th, 1941” (英語). Researcher@Large. 2016年6月13日閲覧。
  196. ^ NAVAL HISTORY BIBLIOGRAPHIES, NO. 2 entries for USS TENNESSEE (BB-43) CRUISE BOOK” (英語). Naval History and Heritage Command. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月13日閲覧。
  197. ^ USS Maryland (BB-46) Dreadnought Battleship (1921)” (英語). Military Factory. 2016年6月13日閲覧。
  198. ^ 秋元健治 2010, p. 242
  199. ^ Wallin 1968, p. 192.
  200. ^ Comprehensive Pennsylvania website” (英語). War History. 2016年6月13日閲覧。
  201. ^ USS Raleigh, Report of Pearl Harbor Attack” (英語). Naval History and Heritage Command. 2016年6月13日閲覧。
  202. ^ 秋元健治 2010, p. 225
  203. ^ 秋元健治 2010, p. 221
  204. ^ Air Force Association, ed (英語). Air Force Fifty. Turner Pub Co. p. 10. ISBN 978-1563114090 
  205. ^ Hixson 2002, p. 58
  206. ^ WW II Pacific, Dec 7, 1941 Aircraft at Pearl Harbor” (英語). 2016年6月14日閲覧。
  207. ^ Hixson 2002, p. 60
  208. ^ ダーヴァット 2001, p. 143
  209. ^ 草鹿龍之介 1979, pp. 75–77.
  210. ^ Cornelia Clark Fort (1919 -1943)” (英語). 2016年6月22日閲覧。
  211. ^ Sarah Byrn Rickman, Nancy Love and the WASP Ferry Pilots of World War II, University of North Texas Press, 2008, ISBN 978-1-57441-241-3, p. 117
  212. ^ Simbeck, pp. 1-3, 99-100
  213. ^ Simbeck, pp. 4, 109
  214. ^ Patrick Watson (December 1, 2007). Watson's Really Big WWII Almanac, Volume 2: July to December. Xlibris Corporation. p. 592.
  215. ^ 秋元健治 2010, p. 241
  216. ^ ロード 1962, p. 220
  217. ^ a b Pearl Harbor Casualties” (英語). 2016年6月14日閲覧。
  218. ^ ダーヴァット 2001, p. 146
  219. ^ 米戦時指導者の回想 1965, p. 130
  220. ^ 米戦時指導者の回想 1965, pp. 132–133
  221. ^ 大杉一雄『日米開戦への道』下、講談社、2008年、292頁。ISBN 978-4062919296
  222. ^ ロバート・シャーウッド 『ルーズベルトとホプキンズ』 村上光彦訳、みすず書房、1957年、458-459頁
  223. ^ 冨士信夫 『私の見た東京裁判(下)』 講談社〈講談社学術文庫〉、1988年、423-426頁
  224. ^ 日暮吉延 『東京裁判』 講談社〈講談社現代新書〉、2008年、250頁
  225. ^ 須藤眞志『真珠湾〈奇襲〉論争 陰謀論・通告遅延・開戦外交』講談社、2004年、33頁。ISBN 4062583062
  226. ^ 秦郁彦『陰謀史観』新潮社〈新潮新書〉、2012年、173 - 177頁。ISBN 9784106104657
  227. ^ 佐藤大輔『真珠湾の暁』徳間書店徳間文庫〉、2002年、[要ページ番号]ISBN 4-19-891792-2
  228. ^ ハワイ作戦 1967, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  229. ^ コーデル・ハル『ハル回顧録』宮地健次郎(訳)、中央公論新社中公文庫〉、2001年、[要ページ番号]ISBN 4-12-203920-7
  230. ^ 今野勉 2001, p. 277
  231. ^ 今野勉 2001, p. 309
  232. ^ 今野勉 2001, pp.167-168, 278
  233. ^ Grew, Joseph C (2006). Ten Years In Japan. Hesperides. p. 318. ISBN 978-1443722902 
  234. ^ ロバート・スティネット『真珠湾の真実』妹尾作太男(監訳)、荒井稔、丸田知美(共訳)、文藝春秋、2001年、[要ページ番号]ISBN 4163575308
  235. ^ a b c d e f g 秦郁彦『検証・真珠湾の謎と真実 ルーズベルトは知っていたか』PHP研究所、2001年、[要ページ番号]ISBN 4-569-61586-4
  236. ^ a b 国立第二公文書館資料
  237. ^ 1941年11月30日『ヒロ・トリビューン・ヘラルド』”. 2020年8月22日閲覧。
  238. ^ 渡辺惣樹『日米戦争を望んだのは誰か』WAC2020年、pp.82-101
  239. ^ トーランド 1984a, p. 275
  240. ^ トーランド 1984a, p. 350
  241. ^ トーランド 1984e, p. 349






真珠湾攻撃と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真珠湾攻撃」の関連用語

真珠湾攻撃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真珠湾攻撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真珠湾攻撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS