ドイツとは?

ドイツオランダ Duits(land)】 ◇


ど いつ [1] 【何

( 代 )
不定称人代名詞。「だれ」を卑しめていう語。どのやつ。どやつ。 「やったのは-だ」
不定称指示代名詞。「どれ」のぞんざいな言い方。 「 -でもいいから持っていけ」

ドイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/26 15:31 UTC 版)

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、ドイツ語: Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツは、ヨーロッパ中西部における議会制共和国英語版である。




ドイツ連邦共和国
Bundesrepublik Deutschland
ドイツの国旗 ドイツの国章
国旗 国章
国の標語:Einigkeit und Recht und Freiheit
(ドイツ語:統一と正義と自由)[要出典]
国歌ドイツの歌
ドイツの位置
公用語 ドイツ語[1]
首都 ベルリン
最大の都市 ベルリン
政府
大統領 ヨアヒム・ガウク
首相 アンゲラ・メルケル
面積
総計 357,121km263位
水面積率 2.2%
人口
総計(2014年 8108万人(15位
人口密度 226人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2012年 2兆6588億[2]ユーロ (€)
GDP (MER)
合計(2012年 3兆3666億[2]ドル(4位
GDP (PPP)
合計(2012年 3兆1941億[2]ドル(5位
1人あたり 39,058[2]ドル
建国
ドイツ連邦の成立 1815年6月8日
北ドイツ連邦の成立 1867年4月26日
ドイツ統一 1871年1月18日
ドイツ連邦共和国の成立 1949年5月23日
ドイツ民主共和国の領土を編入ドイツ再統一 1990年10月3日
通貨 ユーロ (€) (EUR) [3][4]
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 DE / DEU
ccTLD .de
国際電話番号 49
  1. ^ デンマーク語ソルブ語は公認され、少数言語として保護されている。低ザクセン語欧州連合により保護されている。
  2. ^ a b c d IMF>Data and Statistics>World Economic Outlook Databases>By Countrise>Germany
  3. ^ 1999年以前はドイツマルクを使用。
  4. ^ ドイツのユーロ硬貨も参照。
[ヘルプ]
  1. ^ The Latin name Sacrum Imperium (Holy Empire) is documented as far back as 1157. The Latin name Sacrum Romanum Imperium (Holy Roman Empire) was first documented in 1254. The full name "Holy Roman Empire of the German Nation" (Heiliges Römisches Reich Deutscher Nation) dates back to the 15th century.
    Zippelius, Reinhold (2006) [1994] (German). Kleine deutsche Verfassungsgeschichte: vom frühen Mittelalter bis zur Gegenwart [Brief German Constitutional History: from the Early Middle Ages to the Present] (7th ed.). Beck. p. 25. ISBN 978-3-406-47638-9. 
  2. ^ Germany Top Migration Land After U.S. in New OECD Ranking”. Bloomberg (2014年5月20日). 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ The History of the Language as an Instructional Aid
  4. ^ Was Dieter mit Deutsch zu tun hat
  5. ^ "西欧"、中欧”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月15日閲覧。
  6. ^ a b c d World Factbook”. CIA. 2011年3月26日閲覧。
  7. ^ a b ドイツ”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月15日閲覧。
  8. ^ a b Climate in Germany”. GermanCulture. 2011年3月26日閲覧。
  9. ^ a b 池内(1992),p.47.
  10. ^ Terrestrial Ecoregions”. WWF. 2011年3月19日閲覧。
  11. ^ Strohm, Kathrin (2010年5月). “Arable farming in Germany”. Agri benchmark. 2011年4月14日閲覧。
  12. ^ Bekker, Henk (2005). Adventure Guide Germany. Hunter. p. 14. ISBN 9781588435033. 
  13. ^ Zoo Facts”. Zoos and Aquariums of America. 2011年4月16日閲覧。
  14. ^ Der Zoologische Garten Berlin” (German). Zoo Berlin. 2011年3月19日閲覧。
  15. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2016 森記念財団都市戦略研究所 2016年10月31日閲覧。
  16. ^ Basic Law for the Federal Republic of Germany”. Deutscher Bundestag. Btg-bestellservice (2010年10月). 2011年4月14日閲覧。
  17. ^ 基本法”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  18. ^ a b ドイツ”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月15日閲覧。
  19. ^ "連邦大統領"、連邦首相と政府”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  20. ^ a b c d Germany”. U.S. Department of State (2010年11月10日). 2011年3月26日閲覧。
  21. ^ 連邦議会”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  22. ^ ドイツ連邦共和国”. 外務省. 2011年7月15日閲覧。
  23. ^ 選挙制度”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  24. ^ Christian Democratic Union/Christian Social Union”. U.S. Library of Congress. 2011年3月26日閲覧。
  25. ^ Federal Constitutional Court”. Bundesverfassungsgericht. 2011年3月26日閲覧。
  26. ^ 連邦憲法裁判所”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  27. ^ Völkerstrafgesetz Teil 1 Allgemeine Regelungen” (German). Bundesministerium der Justiz. 2011年4月19日閲覧。
  28. ^ § 2 Strafvollzugsgesetz” (German). Bundesministerium der Justiz. 2011年3月26日閲覧。
  29. ^ Background paper on SIPRI military expenditure data, 2010”. Stockholm International Peace Research Institute (2011年4月11日). 2011年5月7日閲覧。
  30. ^ Grundgesetz für die Bundesrepublik Deutschland, Artikel 65a,87,115b” (German). Bundesministerium der Justiz. 2011年3月19日閲覧。
  31. ^ Die Stärke der Streitkräfte” (German). en:Bundeswehr. 2011年6月5日閲覧。
  32. ^ a b Ausblick:Die Bundeswehr der Zukunft” (German).  :en:Bundeswehr. 2011年6月5日閲覧。
  33. ^ 野口裕之 (2014年4月23日). “日本は「ドイツを模範に…」 説教を垂れる中国に問う、困るのはどちらか”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140323/chn14032311110002-n1.htm 2014年3月23日閲覧。 
  34. ^ Einsatzzahlen – Die Stärke der deutschen Einsatzkontingente” (German).  :en:Bundeswehr. 2011年4月14日閲覧。
  35. ^ a b ドイツ:徴兵制を中止 志願制に移行、国防費削減へ(2011年7月4日 東京朝刊)”. 毎日新聞. 2011年7月7日閲覧。
  36. ^ Connolly, Kate (2010年11月22日). “Germany to abolish compulsory military service”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/world/2010/nov/22/germany-abolish-compulsory-military-service 2011年4月7日閲覧。 
  37. ^ Pidd, Helen (2011年3月16日). “Marching orders for conscription in Germany, but what will take its place?”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/16/conscription-germany-army 2011年4月7日閲覧。 
  38. ^ ドイツ徴兵制廃止の思わぬ副作用(2010年10月07日)”. ニューズウィーク日本版. 2011年7月7日閲覧。
  39. ^ ドイツ、伝統の徴兵制廃止(2011年7月1日)”. 日本経済新聞. 2011年7月7日閲覧。
  40. ^ Frauen in der Bundeswehr” (German).  :en:Bundeswehr. 2011年4月14日閲覧。
  41. ^ 武井彩佳 (2013年10月18日). “ドイツとイスラエルの和解とパレスチナ問題”. BLOGOS (SYNODOS). http://blogos.com/article/71328/ 2014年2月11日閲覧。 
  42. ^ “ドイツ:武器輸出決定で社民党に批判 サウジに巡視艇など”. 毎日新聞. (2014年2月5日). http://mainichi.jp/select/news/20140205k0000e030210000c.html 2014年2月11日閲覧。 
  43. ^ “焦点:「平和主義」か「産業保護」か、武器輸出規制に揺れるドイツ”. ニューズウィーク. (2014年7月26日). http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2014/07/131085.php 2014年8月12日閲覧。 
  44. ^ German Missions Abroad”. German Federal Foreign Office. 2011年3月26日閲覧。
  45. ^ The EU budget 2011 in figures”. en:European Commission. 2011年5月6日閲覧。
  46. ^ United Nations regular budget for the year 2011”. UN Committee on Contributions. 2011年5月6日閲覧。
  47. ^ 欧州統合への取り組み”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  48. ^ Declaration by the Franco-German Defence and Security Council”. French Embassy UK (2004年5月13日). 2011年3月19日閲覧。
  49. ^ Freed, John C. (2008年4月4日). “The leader of Europe? Answers an ocean apart”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/04/04/world/europe/04iht-poll.4.11666423.html 2011年3月28日閲覧。 
  50. ^ "欧州統合への取り組み"、EUの中のドイツ深化と拡大のための行動”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  51. ^ 開発政策”. ドイツの実情. 2011年7月15日閲覧。
  52. ^ Aims of German development policy”. Federal Ministry for Economic Cooperation and Development (2008年4月10日). 2011年3月26日閲覧。
  53. ^ Net Official Development Assistance 2009”. OECD. 2011年3月26日閲覧。
  54. ^ “Speech by Chancellor Angela Merkel to the United Nations General Assembly”. Die Bundesregierung. (2010年9月21日). http://www.bundesregierung.de/nn_6566/Content/EN/Reden/2010/2010-09-21-merkel-mdg-gipfel.html 2011年3月18日閲覧。 
  55. ^ Harrison, Hope (2004). “American détente and German ostpolitik, 1969–1972”. Bulletin Supplement (German Historical Institute) 1. http://www.ghi-dc.org/files/publications/bu_supp/supp1/supp-01_005.pdf 2011年3月26日閲覧。. 
  56. ^ “Germany's New Face Abroad”. en:Deutsche Welle. (2005年10月14日). http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,1741310,00.html 2011年3月26日閲覧。 
  57. ^ “Ready for a Bush hug?”. en:The Economist. (2006年7月6日). http://www.economist.com/node/7141311?story_id=7141311 2011年3月19日閲覧。 
  58. ^ ドイツ - 政治・外交・軍事”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月15日閲覧。
  59. ^ U.S.-German Economic Relations Factsheet”. U.S. Embassy in Berlin (2006年5月). 2011年3月26日閲覧。
  60. ^ 中国の武器輸出、ドイツを抜き世界3位にWSJ 2015年3月16日
  61. ^ 久米邦武 編『米欧回覧実記・3』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年、301〜362頁
  62. ^ 久米邦武 編『米欧回覧実記・4』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年、194〜251b頁
  63. ^ IMF:World Economic Outlook Database
  64. ^ 朝日新聞、2007年05月11日の記事(ドイツにおける再生可能エネルギー導入の状況)
  65. ^ EICネット、2008.07.31 の記事(再生可能エネルギーが電力消費量の14.2%にまで増加、雇用増大、売り上げ250億ユーロに)
  66. ^ DEStatis,GDPのトレンド
  67. ^ ドイツ:5月の失業者数、23カ月連続減少-失業率は91年来最低
  68. ^ “Autobahn-Temporegelung” (German) (プレスリリース), en:ADAC, (2010年6月), http://www.presse.adac.de/standpunkte/Verkehr/Autobahn_Temporegelung.asp?active1=tcm:11-18784-4 2011年3月19日閲覧。 
  69. ^ Geschäftsbericht 2006” (German). en:Deutsche Bahn. 2007年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月27日閲覧。
  70. ^ Passenger Traffic 2011 FINAL (Annual)国際空港評議会公式サイトより)
  71. ^ Airports in Germany”. Air Broker Center International. 2011年4月16日閲覧。
  72. ^ Overview/Data:Germany”. U.S. Energy Information Administration (2010年6月30日). 2011年4月19日閲覧。
  73. ^ Energy imports, net (% of energy use)”. The World Bank Group. 2011年4月18日閲覧。
  74. ^ ドイツの実情:先進的かつ持続的な気候・エネルギー政策に向けて、2011年7月8日閲覧
  75. ^ Reuters Berlin (2010年7月7日). “*Environment *Renewable energy Germany targets switch to 100% renewables for its electricity by 2050”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/environment/2010/jul/07/germany-renewable-energy-electricity 2011年4月18日閲覧。 
  76. ^ Primärenergieverbrauch nach Energieträgern” (German). Bundesministerium für Wirtschaft und Technologie (2010年12月). 2011年4月18日閲覧。
  77. ^ “Germany split over green energy”. BBC News. (2005年2月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/4295389.stm 2011年3月27日閲覧。 
  78. ^ “Deutschland erfüllte 2008 seine Klimaschutzverpflichtung nach dem Kyoto-Protokoll” (German) (プレスリリース), Umweltbundesamt, (2010年2月1日), http://www.kst.portalu.de/dokumente/Aktuelles/Inventar-Bericht_Treibhausgas_2008.pdf 2011年3月19日閲覧。 
  79. ^ “Germany greenest country in the world”. The Times of India (New Delhi). (2008年6月21日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-06-21/pollution/27752791_1_energy-security-global-energy-germany 2011年3月26日閲覧。 
  80. ^ Treibhausgas-Emissionen der Europäischen Union ... (PDF)” (German). Umweltbundesamt (2009年). 2011年5月10日閲覧。
  81. ^ ドイツの脱原子力政策決定から4年・ 国民的合意は揺るがないハフィントンポスト 2015年3月19日
  82. ^ Germany's Technological Performance”. Federal Ministry of Education and Research (2005年). 2011年3月21日閲覧。
  83. ^ 未来の市場のための革新”. ドイツの実情. 2011年7月9日閲覧。
  84. ^ Nobel Prize”. Nobelprize.org. 2011年3月27日閲覧。
  85. ^ “Swedish academy awards”. ScienceNews. http://www.sciencenews.org/view/generic/id/63944/title/Swedish_academy_awards 2010年10月1日閲覧。 
  86. ^ National Science Nobel Prize shares 1901–2009 by citizenship at the time of the award and by country of birth. From Schmidhuber, J. (2010年). “Evolution of National Nobel Prize Shares in the 20th century”. 2011年3月27日閲覧。
  87. ^ Roberts, J. M. (2002). The New Penguin History of the World. Allen Lane. p. 1014. ISBN 9780713996111. 
  88. ^ “The First Nobel Prize”. Deutsche Welle. (2010年9月8日). http://www.dw-world.de/dw/article/0,,5984670,00.html 2011年3月27日閲覧。 
  89. ^ 大学外の先端研究”. ドイツの実情. 2011年7月9日閲覧。
  90. ^ Gottfried Wilhelm Leibniz Prize”. DFG. 2008年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月27日閲覧。
  91. ^ グーテンベルクの業績については議論がある。グーテンベルク”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月9日閲覧。
  92. ^ Bianchi, Luigi. “The Great Electromechanical Computers”. en:York University. 2011年4月17日閲覧。
  93. ^ The Zeppelin”. U.S. Centennial of Flight Commission. 2011年3月27日閲覧。
  94. ^ Historical figures in telecommunications”. International Telecommunication Union (2004年1月14日). 2011年3月27日閲覧。
  95. ^ 世界や各国の課題としての気候・環境政策”. ドイツ大使館 東京. 2011年7月9日閲覧。
  96. ^ "sustainable mobility"の訳語はサステイナブル・モビリティに向けて”. トヨタ自動車 (2005年3月). 2011年7月9日閲覧。より
  97. ^ en:Roland Berger Strategy Consultants:Green Growth, Green Profit – How Green Transformation Boosts Business en:Palgrave Macmillan, New York 2010, ISBN 978-0-230-28543-9
  98. ^ OECD Society at a glance 2014 (Report). OECD. (2014). Chapt.3.11. doi:10.1787/soc_glance-2014-en. 
  99. ^ (English) Key Figures on Europe. Belgium: European Union. (2011). p. 37. doi:10.2785/623. ISBN 978-92-79-18441-3. http://epp.eurostat.ec.europa.eu/cache/ITY_OFFPUB/KS-EI-11-001/EN/KS-EI-11-001-EN.PDF. 
  100. ^ Country Comparison ::Population”. CIA. 2011年6月26日閲覧。
  101. ^ Destatis. “Durchschnittliche Kinderzahl 2008 in den neuen Ländern angestiegen” (German). 2011年3月28日閲覧。
  102. ^ Demographic Transition Model”. Barcelona Field Studies Centre (2009年9月27日). 2011年3月28日閲覧。
  103. ^ “Im Jahr 2060 wird jeder Siebente 80 Jahre oder älter sein” (German) (プレスリリース), Destatis, (2009年11月18日), http://www.destatis.de/jetspeed/portal/cms/Sites/destatis/Internet/DE/Presse/pm/2009/11/PD09__435__12411,templateId=renderPrint.psml 2011年2月12日閲覧。 
    Details on the methodology, detailed tables, etc. are provided at Bevölkerungsentwicklung in Deutschland bis 2060” (German). en:Statistisches Bundesamt (2009年11月18日). 2011年2月15日閲覧。
  104. ^ (German) (PDF) Bevölkerung und Erwerbstätigkeit:Bevölkerung mit Migrationshintergrund – Ergebnisse des Mikrozensus 2009 [Population and employment:Population with migrant background – Results of the 2009 microcensus]. Fachserie 1 Reihe 2.2. Statistisches Bundesamt. (14 July 2010). pp. 6–8. Artikelnummer:2010220097004. http://www.destatis.de/jetspeed/portal/cms/Sites/destatis/Internet/DE/Content/Publikationen/Fachveroeffentlichungen/Bevoelkerung/MigrationIntegration/Migrationshintergrund2010220097004,property=file.pdf 2011年5月7日閲覧。. 
  105. ^ International Migration 2006”. UN Department of Economic and Social Affairs. 2011年3月18日閲覧。
  106. ^ Germany Top Migration Land After U.S. in New OECD Ranking”. Bloomberg (2014年5月20日). 2014年8月29日閲覧。
  107. ^ Bevölkerung nach Migrationshintergrund” (German). German Federal Statistical Office. 2011年3月28日閲覧。
  108. ^ “20% of Germans have immigrant roots”. Burlington Free Press: p. 4A. (2010年7月15日) 
  109. ^ Fewer Ethnic Germans Immigrating to Ancestral Homeland”. Migration Information Source (2004年2月). 2011年3月28日閲覧。
  110. ^ Germany”. Focus-Migration. 2011年3月28日閲覧。
  111. ^ a b
    en:European Commission (2006年). “Special Eurobarometer 243:Europeans and their Languages (Survey)”. en:Europa (web portal). 2012年9月6日閲覧。
    en:European Commission (2006年). “Special Eurobarometer 243:Europeans and their Languages (Executive Summary)”.  :en:Europa (web portal). 2012年9月6日閲覧。
  112. ^
    en:European Commission (2004年). “Many tongues, one family. Languages in the European Union”.  :en:Europa (web portal). 2011年3月28日閲覧。
  113. ^ “Sprechen Sie Deutsch?”. The Economist. (2010年3月18日). http://www.economist.com/node/15731354 2011年4月16日閲覧。 
  114. ^ Ethnologue report for Germany”. Ethnologue. 2011年7月11日閲覧。
  115. ^ 富田哲『夫婦別姓の法的変遷 ドイツにおける立法化』八朔社
  116. ^ a b EKD-Statistik:Christen in Deutschland 2007” (German). Evangelische Kirche in Deutschland. 2011年3月28日閲覧。
  117. ^ a b Konfessionen in Deutschland” (German). Fowid (2009年9月9日). 2011年3月28日閲覧。
  118. ^ a b “Chapter 2:Wie viele Muslime leben in Deutschland?” (German) (PDF). Muslimisches Leben in Deutschland. Bundesamt für Migration und Flüchtlinge. (June 2009). pp. 80, 97. ISBN 978-3-9812115-1-1. http://www.bmi.bund.de/cae/servlet/contentblob/566008/publicationFile/31710/vollversion_studie_muslim_leben_deutschland_.pdf;jsessionid=6B8CD26E2AC179111AF4F75650B84B1A 2011年3月28日閲覧。. 
  119. ^ Religionen in Deutschland:Mitgliederzahlen” (German). Religionswissenschaftlicher Medien- und Informationsdienst (2009年10月31日). 2011年3月28日閲覧。
  120. ^ Blake, Mariah (2006年11月10日). “In Nazi cradle, Germany marks Jewish renaissance”. en:Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/2006/1110/p25s02-woeu.html 2011年3月28日閲覧。 
  121. ^ Schnabel, U. (2007年3月15日). “Buddhismus Eine Religion ohne Gott” (German). en:Die Zeit (Hamburg). http://www.zeit.de/2007/12/Buddhismus 2011年3月19日閲覧。 
  122. ^
  123. ^ Health Care Systems in Transition:Germany. European Observatory on Health Care Systems. (2000). p. 8. AMS 5012667 (DEU). http://www.euro.who.int/__data/assets/pdf_file/0010/80776/E68952.pdf 2011年4月15日閲覧。. 
  124. ^ a b World Health Statistics (Report). WHO. (2013). http://www.who.int/gho/publications/world_health_statistics/en/. 
  125. ^ Statistisches Bundesamt Deutschland – Herz-/Kreislauferkrankungen nach wie vor häufigste Todesursache” (German). Destatis.de. 2011年6月7日閲覧。
  126. ^ a b Country Profile Germany (PDF)”. en:Library of Congress en:Federal Research Division (2008年4月). 2011年5月7日閲覧。
    この記事はパブリックドメンインである上記の資料のテキストを組み込んでいる。
  127. ^ “Topping the EU Fat Stats, Germany Plans Anti-Obesity Drive”. Deutsche Welle. (2007年4月20日). http://www.dw-world.de/dw/article/0,,2449356,00.html 2011年3月28日閲覧。 
  128. ^ “Germany launches obesity campaign”. BBC. (2007年5月9日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6639227.stm 2011年3月28日閲覧。 
  129. ^ Wasser, Jeremy (2006年4月6日). “Spätzle Westerns”. Spiegel Online International. http://www.spiegel.de/international/0,1518,410135,00.html 2011年3月28日閲覧。 
  130. ^ “Unbelievable Multitude”. Deutsche Welle. http://www.dw-world.de/dw/0,,8009,00.html 2011年3月28日閲覧。 
  131. ^ World Heritage Sites in Germany”. UNESCO. 2010年10月3日閲覧。
  132. ^ Human Development Report 2010 Table 4 Gender Inequality Index”. United Nations Development Programme. pp. 156–160. 2011年4月20日閲覧。
  133. ^ 訳語はシビル・ユニオン法とは - 人権啓発用語”. Weblio辞書. 2011年7月14日閲覧。より。
  134. ^ “Germany extends gay rights”. News24. (2004年10月29日). http://www.news24.com/World/News/Germany-extends-gay-rights-20041029 2011年3月19日閲覧。 
  135. ^ Heckmann, Friedrich (2003). The Integration of Immigrants in European Societies:national differences and trends of convergence. Lucius & Lucius. pp. 51 ff. ISBN 978-3-8282-0181-1. 
  136. ^ “2010 Anholt-GfK Roper Nation Brands Index” (プレスリリース), en:GfK, (2010年10月12日), http://www.gfk.com/group/press_information/press_releases/006688/index.en.html 2011年3月28日閲覧。 
  137. ^ “Views of US Continue to Improve in 2013 BBC Country Rating Poll”. Worldpublicopinion.org. (2013年5月23日). http://news.bbcimg.co.uk/media/images/67748000/jpg/_67748860_67748859.jpg 2013年5月23日閲覧。 
  138. ^ Espmark, Kjell (1999年12月3日). “The Nobel Prize in Literature”. Nobelprize.org. 2011年3月28日閲覧。
  139. ^ Land of ideas”. Land-der-ideen.matrix.de. 2011年3月19日閲覧。
  140. ^ Frankfurt Book Fair 2011”. U.S. Commercial Service Germany. 2011年4月13日閲覧。
  141. ^ 生かす図書館の力 (3) 良い司書招き館長に”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). 2006年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月30日閲覧。
  142. ^ Searle, John (1987). “Introduction”. The Blackwell Companion to Philosophy. Wiley-Blackwell. 
  143. ^ 吉田秀和「ヨーロッパの響 ヨーロッパの姿」中公文庫
  144. ^ 「音楽の友」2010年11月号
  145. ^ ドイツ映画”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月14日閲覧。
  146. ^ ドイツ映画 - ワイマール共和国時代”. 日本大百科全書(小学館). 2011年7月14日閲覧。
  147. ^ 池内(1992),pp.263-264.
  148. ^ Bordwell, David; Thompson, Kristin (2003) [1994]. “The Introduction of Sound”. Film History:An Introduction (2nd ed.). McGraw-Hill. p. 204. ISBN 978-0-07-115141-2. 
  149. ^ Rainer Werner Fassbinder”. Fassbinder Foundation. 2011年3月28日閲覧。
  150. ^ 2006 FIAPF accredited Festivals Directory”. International Federation of Film Producers Associations. 2011年3月28日閲覧。
  151. ^ Awards:Das Leben der Anderen”. IMDb. 2011年3月28日閲覧。
  152. ^ “Country profile:Germany”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/country_profiles/1047864.stm 2011年3月28日閲覧。 
  153. ^ Guide to German Sausages & Meat Products”. German Foods North America. 2011年5月11日閲覧。
  154. ^ Germany Country Profiles for Organic Agriculture”. Food and Agriculture Organization. 2011年5月6日閲覧。
  155. ^ Europe's largest beer market 2006”. Royal Unibrew. 2011年3月28日閲覧。
  156. ^ “Schnitzel Outcooks Spaghetti in Michelin Guide”. Deutsche Welle (Bonn). (2007年11月15日). http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,2914502,00.html 2011年3月28日閲覧。 
  157. ^ “German cuisine beats Italy, Spain in gourmet stars”. Reuters. (2011年3月28日). http://in.reuters.com/article/2007/11/14/us-germany-food-idINL1447732320071114 2011年3月19日閲覧。 
  158. ^ Beijing 2008 Medal Table”. International Olympic Committee. 2011年3月19日閲覧。
  159. ^ Turin 2006 Medal Table”. International Olympic Committee. 2011年3月19日閲覧。



ドイツ

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 20:52 UTC 版)

固有名詞

ドイツ独逸

  1. ヨーロッパの国。正式名称ドイツ連邦共和国首都ベルリン

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ドイツに関連した本

「ドイツ」に関係したコラム

  • 株365のDAX証拠金取引の見方

    DAX証拠金取引は、DAX指数に連動して値動きする銘柄です。そのため、DAX指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでDAX証拠金取引の値動きを予測できます。DAX証拠金取引は、ドイツのフランクフルト証...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDで欧州の株式取引をするには

    CFDで欧州の株式取引をするには、欧州株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。欧州株を扱っているのは、ひまわり証券、CMC Markets Japan、GCIフィナンシャル、IGマーケッツ証券の...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドイツ」の関連用語

ドイツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

1目ゴム編み

弓道

広帯域移動無線アクセスシステム

ビールの製造工程

元荒川ムサシトミヨ生息地

せいはん

第二しょうどしま丸

飯塚祐紀





ドイツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドイツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのドイツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS