ディーゼルエンジンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > ディーゼルエンジン > ディーゼルエンジンの意味・解説 

ディーゼルエンジン [5] 【diesel engine】

内燃機関の一。1893年ディーゼルがその理論的考察発表シリンダー内の高圧高温圧縮された空気中に燃料として重油または軽油噴射して爆発させるもの。点火栓を用いないので構造が簡単で故障少なく熱効率がよい。また,安価な燃料使用できる。大型機関に適し,船舶鉄道車両大型自動車工業機械などに広く使われている。ディーゼル機関

【ディーゼルエンジン】(でぃーぜるえんじん)

diesel engine

レシプロエンジン一種
圧縮空気中に燃料噴射し、熱と圧力によって自然発火させて動力を得るもの。
1893年ルドルフ・ディーゼルRudolf Diesel技師により発明された。

熱を動力変換する効率が高く、出力比して酸素消費量二酸化炭素排出量が少ない。
また、重油軽油バイオ燃料など精製が不十分な燃料を用いる用途適する。
引火性の低い燃料利用できるため、戦車艦艇など損傷前提とする設計多く利用される。

反面不完全燃焼起こしやすく、窒素酸化物黒煙などの汚染物質多く排出する
また、燃焼室の中で急激な燃焼起こすため、騒音振動大きい。
エンジン自体も急激な振動さらされるため、構造大型化し重くなりがちである。


ディーゼルエンジン

英語 dieseldiesel engine

空気のみを断熱的に強く圧縮し、着火温度以上に昇温したところに燃料噴射燃焼させる圧縮着火エンジン自動車用ディーゼルエンジンは、理論サイクルにおけるディーゼルサイクルではなくオットーサイクルディーゼルサイクル複合させたサバテサイクルに近い。燃料としてはガソリンよりも着火点が低い軽油を用いる。この燃料着火性ノッキング発生大きく影響し、着火しやすいセタン多くなると、優れたディーゼル燃料となる。これを表す指標としてセタン価がある。ディーゼルエンジンは圧縮比が高く本来が希薄燃焼であり、また燃料比重大きく走行燃費(km/L)はガソリンエンジン車より優れている。しかし騒音振動重量、比出力排気およびコストの点でガソリンエンジンおよばないところもある。ディーゼルエンジン専用潤滑油として、ヘビーデューティオイルが用いられる。

ディーゼルエンジン

参照 サバテサイクル
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/19 17:33 UTC 版)

ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジンレシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。




[ヘルプ]
  1. ^ ディーゼルは微粉炭を含むさまざまな燃料の使用を計画したが、粉末燃料の使用には成功しなかった。1900年パリ万国博覧会ではピーナッツ油での運転を実演した(バイオディーゼルを参照)。
  2. ^ [1]第2章 高圧化の液滴および液滴列燃焼 東北大学 小林秀昭
  3. ^ 高過給ディーゼル機関における予混合圧縮着火燃焼の研究大分大学大学院工学研究科 博士論文 山口卓也 /1.3.ディーゼル機関における予混合圧縮着火燃焼の研究動向
  4. ^ [2] マツダ「スカイアクティブD」の技術/低圧縮のデメリットを克服
  5. ^ 舶用大型2サイクル低速ディーゼル機関の技術系統化調査 田山経二郎
  6. ^ フライホイールのリングギア上の何箇所かが、いつもスターターモーターのピニオンギアの位置に来る→偏磨耗の原因
  7. ^ ディーゼルエンジンはスロットルバルブによる回転数(出力)制御ではないものの、アイドル時や低回転域の吸気騒音を抑えるため、コンバインドガバナーのように負圧を必要とする調速機のため、アクセル全閉時に酸素過多となって発生するNOxを抑える為等に、吸気管にバタフライバルブを備えているものがある。この場合、一般的に言われる「ディーゼルエンジンの吸気系は負圧にならない」は当てはまらない。
  8. ^ ディーゼルサイクルとオットーサイクルの性質を併せ持つことから、メルセデス・ベンツが名付けた造語
  9. ^ HCCI(予混合圧縮着火) 日産自動車>将来技術/取り組み
  10. ^ 高過給ディーゼル機関における予混合圧縮着火燃焼の研究大分大学大学院工学研究科 博士論文 山口卓也 /1.3.ディーゼル機関における予混合圧縮着火燃焼の研究動向
  11. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 表2-2 発熱量およびCO2排出原単位
  12. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図4-6 単位走行距離あたりのエネルギー消費量(JC08モード)
  13. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図4-4 単位走行距離あたりのエネルギー消費量(10・15モード)
  14. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図5-3 標準ケースにおけるWtWエネルギー消費量・CO2排出量(J-MIX;JC08モード)
  15. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図5-1 標準ケースにおけるWtWエネルギー消費量・CO2排出量(J-MIX;10・15モード)
  16. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図3-14標準ケースにおけるWtTエネルギー消費量・CO2排出量(J-MIX)/表3-20 国内大規模プロセス(その1)
  17. ^ 但し、シリンダーブロック燃料タンクに直撃弾を受けた場合、ガソリンエンジンに比べ爆発の危険は少ないが、炎上する可能性はそれほど変わらない
  18. ^ 農業機械では主に耕運機トラクターコンバインや6条植以上の乗用田植機などがある。
  19. ^ 帝国海軍潜水艦伝習所 - Warbirds
  20. ^ Stinson model SM-IDX "Detroiter," registration number X7654
  21. ^ http://www.flightglobal.com/news/articles/thielert-gains-diesel-engine-certification-131821/
  22. ^ http://www.dglr.de/literatur/publikationen/kolbentriebwerke/TAE_AERO2003.pdf
  23. ^ ILA: EADS unveils hybrid eco-helicopter concept - 6/7/2010 - Flight Global 2015年5月5日閲覧
  24. ^ one of four concepts
  25. ^ NASA’s electric vertical-takeoff airplane takes first flight, aims to eventually replace the helicopter | ExtremeTech 2015年5月5日閲覧
  26. ^ a b Airbus Helicopters starts flight tests with high-compression engine for cleaner, more efficient and higher-performance rotorcraft
  27. ^ IARC: DIESEL ENGINE EXHAUST CARCINOGENIC (PDF)”. the International Agency for Research on Cancer (2012年6月12日). 2015年10月6日閲覧。
  28. ^ IARC:ディーゼルエンジン排ガスの発がん性”. 中央労働災害防止協会 (2012年7月23日). 2015年10月6日閲覧。
  29. ^ BTL燃料は、生産過程と消費過程でのCO2の量が等しいことから、カーボンニュートラルとみなされ、京都議定書の目標達成には非常に有効となる。葉や茎など、植物全体を原材料としたセルロースから作られるBTL燃料は、植物の種子から得られるデンプンを元にした植物油燃料(BDF/バイオ ディーゼル フューエル、SVO/ストレート ヴェジタブル オイル)に比べ、植物の質量あたりのエネルギー量は2倍、同じ耕地面積から得られる収穫量は10倍以上と言われる。雑草などを原料にできるため、食物価格の高騰や、水不足の問題を解決する一助ともなる
  30. ^ マイクロ・エナジー. “B.T.L 石油代替燃料の製造システム”. 2010年4月22日閲覧。
  31. ^ a b The Akroyd Oil Engine”. Ray Hooley's—Ruston-Hornsby—Engine Pages. 2007年7月29日閲覧。
  32. ^ Ransome-Wallis, Patrick (2001). Illustrated Encyclopedia of World Railway Locomotives. Courier Dover Publications. p. 28. ISBN 0-486-41247-4. 
  33. ^ Who invented Diesel Engine?”. 2012年12月17日閲覧。
  1. ^ a b c 杉本和俊著 『ディーゼル自動車がよくわかる本』 山海堂 2006年7月24日初版第1刷発行 ISBN 4381077709
  2. ^ a b 欧州における極低排出で効率的な舶用エンジンに関する開発動向調査 2012年3月 社団法人 日本舶用工業会 財団法人 日本船舶技術研究協会
  3. ^ 三菱UE大形2サイクルディーゼル機関新シリーズの開発 三菱重工技報 Vol.38 No.4 (2001-7)
  4. ^ 石井彰著 『天然ガスが日本を救う』 日経BP社 2008年9月10日初版発行 ISBN 9784822247027
  5. ^ Sir Harry Ricardo







ディーゼルエンジンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ディーゼルエンジン」の関連用語

ディーゼルエンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スタンブル

あすか

ピストンピンボス

T尾翼

アコード

99式自走榴弾砲

コンポジットコンストラクション

近接航空支援





ディーゼルエンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディーゼルエンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS