水冷とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 水冷の意味・解説 

水冷(すいれい)

【別称】水冷式
エンジンをかけると、熱を持ってくる。走っていないのに、すぐに「熱い」と感じるまでになる。もちろん走り始めたらどんどん温度は上がっていく。そこで、上昇する温度下げ必要がある。 では、身近なことに置き換え考えてみると、人間運動して熱くなった体を冷やすのにどうするか? (1)風に当たる (2)をかぶる 実はバイクも同じだ。これをバイク当てはめると、(1)が空冷、(2)が水冷となる。実際水冷エンジンは、をかぶるというより、水の入った服を着ているというイメージに近い。その服にはホースが付いていて、ラジエターというパーツにつながっている。ラジエターを通る間に、風によって冷やされる。冷やされたは、別のホース通ってまた水の入っている服に戻っていく。はずっと循環続ける。 四輪世界では当たり前のように採用されている水冷。エンジン露出している二輪ではエンジン造形美しい空冷も高い人気がある。
水冷


関連用語】ラジエター クーラント 空冷

水冷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/13 15:58 UTC 版)

水冷(すいれい)とは、稼働によりを発生する機械装置などにおける冷却法の一つであり、熱媒体液体として一般的なを用いて熱交換する放熱方法である。




「水冷」の続きの解説一覧





水冷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

水冷に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「水冷」の関連用語

水冷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

立ちゴケ

集合マフラー

キャストホイール

デコンプ

キック

デュアルパーパス

カムシャフト

ニーグリップ





水冷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水冷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS