水冷エンジンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 水冷エンジンの意味・解説 

水冷エンジン

英語 water cooled engine

エンジン適正な温度に保つために、シリンダー内で発生する熱の一部大気放出する過程で、循環させて、ラジエーター放熱する方式エンジン。熱を移動させる媒体としての性能は、すべての物質なかでもっとも比熱大きく優れている。しかし、凍結錆び発生などの問題があるため、エチレングリコール系の氷点降下剤を混合したものが用いられている。冷媒に油を用いるものを油冷エンジン呼び2輪車に用いられることがある水冷式油冷式は液冷エンジン含まれる液冷に対して空冷式がある。

水冷エンジン

同義語 液冷エンジン
反対語 空冷エンジン
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

水冷エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/02 15:20 UTC 版)

水冷エンジン(すいれいエンジン)は、水またはそれに類する冷却を媒体として冷却を行う、水冷による液冷のエンジン(発動機)である。「液冷エンジン」も(ほぼ)同義。






「水冷エンジン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「水冷エンジン」の関連用語

水冷エンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フットレスト

ユーロスピードウェイ

狭域通信

ニッケル水素電池

バックテーパー

ロワコントロールアーム

CI値

トルクセンサー





水冷エンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水冷エンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS