大気とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 大気 > 大気の意味・解説 

たい き [1] 【大気】

( 名 )
地球をとりまく気体の層。窒素酸素主成分とし,アルゴン二酸化炭素水素オゾンなどを少量含む。太陽からの有害な紫外線をさえぎる一方地球から宇宙への熱の放散防ぎ,また,対流圏においてはさまざまな気象現象もたらす
形動[文] ナリ
心の大きいさま。細かいことにくよくよしないさま。大度(たいど)。 「 -な人で…を撒いて歩いたといふ話を聞いてゐる/黴 秋声」 「さても-な大じん/浮世草子一代男 3


大気 atomosphere

惑星衛星恒星の最外層部を構成する気体の層。気体宇宙拡散する傾向があるので、大気を保持できるのは重力大き天体だけである。月や水星重力小さ過ぎて、大気は保持できない巨大ガス惑星は、大気と地表区別できないこのような天体は、一番外側を覆う気体の層を大気と呼んでいる。

大気

読み方
大気おおき
大気おおぎ

地球の大気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/03 01:21 UTC 版)

(大気 から転送)

地球の大気(ちきゅうのたいき、: earth's atmosphere[1])とは、地球の表面を層状に覆っている気体のこと[2]地球科学の諸分野で「地表を覆う気体」としての大気を扱う場合は「大気」と呼ぶが、一般的に「身近に存在する大気」や「一定量の大気のまとまり」等としての大気を扱う場合は「空気(air)」と呼ぶ。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ "atmosphere"はギリシャ語で蒸気や気体を意味する"atmos"と、球体や圏を意味する"sphaira"からきている
  2. ^ 気象庁のページ二酸化炭素分布情報等も参照。

出典

  1. ^ 文部省日本物理学会編 『学術用語集 物理学編』 培風館1990年ISBN 4-563-02195-4
  2. ^ a b c Yahoo! Japan辞書(大辞泉たい‐き【大気】[リンク切れ]
  3. ^ Yahoo! Japan辞書(大辞泉たいき‐けん【大気圏】[リンク切れ]
  4. ^ スペースアルク 語源辞典"atmosphere[リンク切れ]"
  5. ^ a b 超高層大気 理科年表オフィシャルサイト
  6. ^ 気象庁WMO温室効果ガス年報 気象庁訳 (PDF) [リンク切れ]」2012年11月
  7. ^ 環境省 大気汚染物質広域監視システム(そらまめくん)「大気汚染物質(常時監視測定項目)について
  8. ^ kikakurui.com 「JIS W 0201:1990 標準大気
  9. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、27頁。ISBN 4-8181-8401-2


「地球の大気」の続きの解説一覧

大気

出典:『Wiktionary』 (2011/10/05 22:12 UTC 版)

名詞

たいき

  1. 天体表面取り巻く気体の層。一般に地球表面取り巻くものをさす。
    地球大気主成分窒素であるが、火星では二酸化炭素主成分である。

形容動詞

たいき

  1. 心が広く、細かいことこだわらない様、鷹揚な。
    実にそこは大気なものさネ。たまにやア一ペイお上がんなさいと申し上げたいんだけれど下界は嫌だと見向きもなさらないところがえれえやハハハハ。(清水紫琴磯馴松』)

発音

た↘いき

関連語

翻訳






大気と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大気」の関連用語

大気のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アビシニアコロブス

ナンヨウハギ

小阪昇

スッポンタケ

丸山

ギャラン フォルティス

Chicken Wing

S-594





大気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2016.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球の大気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS