自動車とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自動車 > 自動車の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


じ どうしゃ [2] [0] 【自動車】

自動車(独立項目)

じどう しゃ [2] [0] 【自動車】

原動機動力車輪回転させ,軌条架線によらないで走る車。特に,乗用車。くるま。 〔一八世紀後半から蒸気機関ガス-エンジンなどによる自動車が作られたが,一九世紀後半ダイムラーベンツによるガソリン-エンジン式自動車の発明により実用化,さらにフォード大量生産方式により大衆化日本への輸入1900年明治33といわれる


自動車

環境にやさしい電気自動車

電気自動車は、大気汚染地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの排出量が少なクリーンな自動車です。地球環境を守るために、電気自動車開発1990年代以降、急速に進められました。電気自動車は、ニッケル水素電池などの電気自動車蓄電池により、電動モーターを動かして走ります。この電気自動車蓄電池は、アポロ宇宙船予備電源として搭載するために開発されました。電気自動車技術は、車椅子や、空港旅客手荷物を運ぶパッセンジャー・ローダー、ゴルフ場カートなどに用途が広がっています。今後環境を守るために、電気自動車使用積極的に進めていく国や地域がますます増えて行くでしょう

火星軟着陸探査機からエアバッグ

自動車が衝突したときに、瞬間的にふくらんで、乗っている人間対す衝撃減少させる空気袋が、エアバッグです。小さく折りたたんだパラボナ・アンテナ構造物などを宇宙空間膨張させて展開し、短期間につくるNASA技術に、インフレータブル(膨張)・エアバッグ式があります。この技術特定の条件のときに衝撃吸収するように改良され、火星軟着陸探査丘マーズ・パスフィンダー」を火星表面軟着陸させるエアバッグになりました。この膨張させて展開し、衝撃吸収するシステム応用が、自動車用のエアバッグです。現在では、正面エアバッグ加えてサイドエアバッグや膝エアバッグなど高性能エアバッグ開発が、さらに進められています。

軟着陸用エアバッグの実験中
軟着陸エアバッグ実験中


自動車

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書決定版 三島由紀夫全集 20 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.7


自動車


自動車


自動車

読み方:じどうしゃ

  1. 贓物運搬。〔第三類 犯罪行為
  2. 贓物運搬を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/13 08:54 UTC 版)

自動車(じどうしゃ、英:car、米英語:automobile、米国の口語:auto)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レール架線を用いずに上を走るのことである[1]




[ヘルプ]
  1. ^ goo辞書 大辞泉
  2. ^ 『角川最新国語辞典』 石綿敏雄山田俊雄編、角川書店1989年10月(原著1987年2月)、再版。ISBN 4-04-012300-X
  3. ^ The History of the Automobile - Steam Cars, About.com
  4. ^ 「自動車、そして人」p21 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷
  5. ^ en:taxiなど
  6. ^ [1]
  7. ^ 「自動車、そして人」p122 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷
  8. ^ <自動車>マイカー族の買い換え需要ピークに=世界最大の市場の快進撃続く―中国 2010年02月01日23時01分 Record China 中国でマイカーブームが起きたのは2003年
  9. ^ S&Eブレーキ株式会社 ブレーキ雑学講座 「雑学講座42 ディスクブレーキとドラムブレーキ」
  10. ^ オートバイによる同様の行為は「ツーリング」、自転車によるものは「サイクリング」あるいは「ポタリング」である。
  11. ^ 宇沢弘文『自動車の社会的費用』(岩波新書、1974年、ISBN 4-00-411047-5
  12. ^ a b c d e f g International Council on Clean Transportation European Vehicle Market Statistics - Pocketbook 2013
  13. ^ a b c d e United Nations Environment Programme UNEP Vehicle Population and International Trend Sep., 2012
  14. ^ UNESCO Car and energy
  15. ^ Sierra Club シエラクラブHow much energy to make a new car?
  16. ^ 日本エネルギー経済研究所 石油はいま 2013 OIL NOW
  17. ^ 平成24年度 電気自動車・充電インフラ等の普及に関する調査 (PDF)”. 一般社団法人次世代自動車振興センター. pp. 80-82 (2013年1月). 2014年11月13日閲覧。
  18. ^ 国土交通省道路局 LRT(次世代型路面電車)の導入支援
  19. ^ a b U.S. DOT Table 1-23: World Motor Vehicle Production, Selected Countries
  20. ^ 1950年から1990年までの数値は英版en:List_of_countries_by_motor_vehicle_productionより。
  21. ^ The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) End-ofLife Vehicle Recycling in the European Union
  22. ^ International Organization of Motor Vehicle (OICA) 2000 Production Statistics
  23. ^ OICA 2010 Production Statistics
  24. ^ OICA 2013 Production Statistics
  25. ^ The Wall Street Journal http://online.wsj.com/articles/SB10001424052702304858104579262412636884466 Global Car Sales Seen Rising to 85 Million in 2014]
  26. ^ 北海道大学 「戦後日本の自動車産業の発展」
  27. ^ 新潟大学・現代社会文化研究 「日本自動車産業の外資政策史」
  28. ^ 「国民車構想とモータリゼーションの進展」
  29. ^ 文部科学省「技術革新の進展とその成果」
  30. ^ 国際自動車工業連合会(OICA)[2]
  31. ^ 日本自動車工業会 「世界各国/地域の四輪車生産台数」
  32. ^ en:UNEP/GRID-Arendal Historic and Future Trends
  33. ^ 特記ない限り人口は世界人口の頁より。
  34. ^ a b c Joyce Dargay et al, Institute for Transport Studies, University of Leeds Vehicle Ownership and Income Growth, Wroldwide: 1960 - 2030
  35. ^ 日本自動車工業会 「世界各国の四輪車保有台数(2012年末)」
  36. ^ a b c 日本自動車工業会 「主要国の四輪車普及率」
  37. ^ 出典元に記載がないため、記載されている台数と台湾の頁の人口より算出。
  38. ^ 日本自動車工業会 「世界各国/地域の二輪車保有台数」
  39. ^ EPA Vehicle Weight Classification
  40. ^ US Census Bureau Los Angeles County, California
  41. ^ Los Angeles Almanac Vehicle Registrations
  42. ^ USA Today Ten cities with the worst traffic
  43. ^ Google Mapでロサンゼルスの午前6時版から午前9時半、午後3時から午後7時の間のトラフィックを見るとピーク時には大半の高速道路で渋滞が見られる。
  44. ^ 日本自動車工業会 「国民車構想とモータリゼーション」
  45. ^ 資源エネルギー庁 エネルギー白書2006 「第212-3-12 車種別保有台数の推移」
  46. ^ a b 自動車検査登録情報協会 「自動車保有台数推移表」
  47. ^ 経済産業省 「物流を取り巻く現状について」平成24年11月6日」
  48. ^ 日本自動車工業会 「二輪車保有台数」
  49. ^ 厚生労働省 「国民生活基礎調査(平成22年)の結果から」
  50. ^ 日本自動車工業会 「都道府県別自家用乗用車の100世帯当たり保有台数(2013年3月末)」
  51. ^ Huffingtonpost Number of cars worldwide surpasses 1 billion.



自動車

出典:『Wiktionary』 (2011/12/18 18:36 UTC 版)

名詞

自動 車、じどうしゃ

  1. ガソリンエンジンなどの内燃機関又はモーターなどの原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで道路走行する3輪以上の車両一般的に(くるま)と言う場合、自動車を意味する。
  2. 語義1のうち、特に乗用車
  3. 法律:道路交通法原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であつて、原動機付自転車自転車及び身体障害者用の車いす並びに歩行補助車その他の小型の車で政令定めるもの以外のもの。本定義によるといわゆるオートバイは自動車に含まれる

発音

じどーしゃ
IPA: /ʤi.doː.ʃa/
X-SAMPA: /dZ)i.do:.Sa/

語源

翻訳






自動車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

自動車に関連した本

「自動車」に関係したコラム

  • CFDのパラジウム相場の見方

    パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。次の図は、パラジウムの生産...

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

  • CFDの原油取引とは

    CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。WTI原油スポットともいいます。スポットとは、1回限りの取引...

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自動車」の関連用語

自動車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ポール・ディラック

アポロ8号

や座

角野直子

グレートオブザバトリー計画

STS-66

すばる望遠鏡

ベガ1号





自動車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2016 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS