進化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 進化 > 進化の意味・解説 

しん か -くわ [1] 【進化】

( 名 ) スル
生物不変のものではなく長大年月の間に次第変化して現生の複雑で多様な生物が生じた,という考えに基づく歴史的変化過程種類多様化と,環境への適応による形態機能行動などの変化みられる。この変化は,必ずしも進歩とは限らない。また,生物だけを対象とするにとどまらず社会進歩観を背景社会進化論生まれ,さらに全宇宙・全物質歴史的変化の中でとらえる概念にまで拡大される。
物事次第発達していくこと。 ↔ 退化 〔英語 evolution訳語ダーウィンの進化論紹介した加藤弘之造語考えられ,「人権新説」(1882年)によって広まる〕


進化

英訳・(英)同義/類義語:evolution

生物ゲノムが何世代にもわたって変化し、その結果として表れる形質選択を受けて別の種や系統変化すること。

進化

作者ナンシー・クレス

収載図書20世紀SF遺伝子戦争 6 1990年代
出版社河出書房新社
刊行年月2001.9
シリーズ名河出文庫


進化

作者山本幸生

収載図書山本幸生短編集―「紙」・「丸になる」等
出版社新風舎
刊行年月2002.9
シリーズ名新風舎文庫


進化

作者ベンジャミン・キャヴェル

収載図書ベスト・アメリカン・ミステリスネーク・アイズ
出版社早川書房
刊行年月2005.12
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ


進化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/25 06:31 UTC 版)

進化(しんか、: evolutio: evolution)は、生物形質世代を経る中で変化していく現象のことである[1][2]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c Ridley(2004) p.4
  2. ^ a b c Futuyma(2005) p.2
  3. ^ a b c d e 『岩波生物学辞典』
  4. ^ a b ソーバー(2009) pp.7-8
  5. ^ a b コイン(2010)
  6. ^ a b ドーキンス(2009)
  7. ^ Futuyma(2005) p.2
  8. ^ コイン(2010) pp.66-71
  9. ^ Ridley(2004) p.64
  10. ^ a b コイン(2010) pp.72-78
  11. ^ a b コイン(2010) pp.78-81
  12. ^ ドーキンス(2009) Ch.6
  13. ^ コイン(2010) pp.87-98
  14. ^ Chiappe(2009)
  15. ^ コイン(2010) pp.98-105
  16. ^ Thewissen et al.(2009)
  17. ^ ドーキンス(2009) pp.230-261
  18. ^ シュービン(2008) Ch.2
  19. ^ コイン(2010) pp.106-107
  20. ^ Rybczynski et al.(2009)
  21. ^ Franzen et al.(2009)
  22. ^ ドーキンス(2009) p.266, pp.275-276
  23. ^ コイン(2010) Ch.8
  24. ^ ドーキンス(2009) Ch.7
  25. ^ コイン(2010) p.164
  26. ^ コイン(2010) pp.181-197
  27. ^ Futuyma(2005) p.119
  28. ^ コイン(2010) pp.168-169
  29. ^ Futuyma(2005) p.118
  30. ^ Futuyma(2005) pp.126-128
  31. ^ パターソン(2001) pp.8-11
  32. ^ 遠藤(2006)
  33. ^ ドーキンス(2009) pp.409-422
  34. ^ 遠藤(2006) pp.109-117
  35. ^ a b コイン(2010) pp.112-128
  36. ^ ドーキンス(2009) pp.481-483, pp.490-493
  37. ^ コイン(2010) pp.133-136
  38. ^ 遠藤(2006) pp.47-48
  39. ^ ドーキンス(2009) pp.501-507
  40. ^ ウィリアムズ(1998) pp.232-236
  41. ^ ドーキンス(2009) pp.507-508
  42. ^ 遠藤(2006) Ch.4
  43. ^ ドーキンス(2009) p.508
  44. ^ コイン(2010) pp.38-41
  45. ^ Ridley(2004) pp.61-63
  46. ^ ドーキンス(2009) pp.455-457
  47. ^ a b コイン(2010) pp.139-151
  48. ^ 倉谷(2005)
  49. ^ Ridley(2004) pp.45-47
  50. ^ Majerus(2009)
  51. ^ ワイナー(1995)
  52. ^ Grant & Grant(2002)
  53. ^ ワイナー(1995) Ch.18
  54. ^ 動物好きな研究者の夢 -- 40年の研究からペットギツネが誕生
  55. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ
  56. ^ 地球ドラマチック「不自然な“進化”~今 動物に何が!?~」
  57. ^ 特集:野生動物 ペットへの道
  58. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」
  59. ^ ワイナー(1995) pp.119-126
  60. ^ ドーキンス(2009) pp.216-224
  61. ^ ドーキンス(2009) pp.194-216
  62. ^ a b Blount et al.(2008)
  63. ^ Ridley(2004) p.47
  64. ^ Ridley(2004) pp.53-54
  65. ^ Ridley(2004) pp.87-88
  66. ^ 佐々木(2005)
  67. ^ Jiménez-Delgado S et al (2009)
  68. ^ ドーキンス(2004a) pp.482-485, 493-494
  69. ^ Ridley(2004) p.88-89
  70. ^ Futuyma(2005) pp.178-179
  71. ^ ドーキンス(2004a) pp.452-453
  72. ^ ドーキンス(2004a) pp.491-493
  73. ^ ルース(2008) Ch.11
  74. ^ コイン(2010) pp.46-47
  75. ^ ドーキンス(2004a) p.454
  76. ^ a b パターソン(2001) pp.96-99
  77. ^ Andersson(1982)
  78. ^ 松本(2010)
  79. ^ Futuyma(2005) p.226
  80. ^ Futuyma(2005) pp.231-232
  81. ^ 木村(1988) pp.54-55
  82. ^ a b Futuyma(2005) p.236
  83. ^ 斎藤(2008)は表現型の進化も浮動によって起こる可能性を指摘しているが、逆にオール(2009)は分子進化も相当部分が選択によると主張している。
  84. ^ Ridley(2004) p.591
  85. ^ a b Ridley(2004) pp.606-607
  86. ^ シンプソン(1977) pp.102-103
  87. ^ シンプソン(1977) p.104
  88. ^ パターソン(2001) p.110-111
  89. ^ Futuyma(2005) pp.236-237
  90. ^ パターソン(2001) p.117
  91. ^ Hendriks et al.(1987)
  92. ^ a b 河田(1990) pp.114-115
  93. ^ Ridley(2004) p.381
  94. ^ Moritz et al.(2002)
  95. ^ Ridley(2004) pp.50-53
  96. ^ Ueshima & Asami(2003)
  97. ^ Hoso et al.(2010)
  98. ^ コイン(2010) pp.321-326
  99. ^ 河田(1990) pp.124-125
  100. ^ ステルレルニー(2004) pp.98-99
  101. ^ 河田(1990) pp.127-128
  102. ^ Ridley(2004) pp.605-606
  103. ^ ステルレルニー(2004) p.98
  104. ^ Ridley(2004) pp.600-601
  105. ^ ドーキンス(2004a) p.402
  106. ^ 長谷川・長谷川(2000) pp.36-37
  107. ^ ドーキンス(2004a) p.46
  108. ^ 長谷川・長谷川(2000) pp.39-40
  109. ^ 長谷川・長谷川(2000) p.38
  110. ^ ステルレルニー(2004) pp.140-143
  111. ^ ドーキンス(2004b)
  112. ^ グールド(1984)
  113. ^ 松永(2009) pp.51-52
  114. ^ a b 長谷川・長谷川(2000) pp.40-43
  115. ^ a b ドーキンス(2006) pp.159-160
  116. ^ 渡辺(2010) p.68
  117. ^ a b 『進化経済学ハンドブック』「概説」1.「経済における進化」
  118. ^ 海部・吉岡(2011)
  119. ^ Ziman(2000), I. Evolutionary thinking



進化

出典:『Wiktionary』 (2009/11/11 09:19 UTC 版)

名詞

しんか

  1. サ変動詞)(生物学遺伝子突然変異累積などにより、生物形質が、多様化すること。または他の種に分化すること。
    ヒトチンパンジーは共通の祖先から進化した。
  2. 進歩改良のやや劇的表現

発音

し↘んか

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
進化-する

翻訳






進化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

進化に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「進化」の関連用語

1
92% |||||

2
進化主義 国語辞典
78% |||||

3
進化論 国語辞典
78% |||||








進化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

踊子草

ダブルデボンクリーム

最上川河口の白鳥

ユビワサンゴヤドカリ

くりばり

てん

猩々

タンデム





進化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの進化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの進化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS