技術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 技術 > 技術の意味・解説 

ぎ じゅつ [1] 【技術】

物事巧みにしとげるわざ。技芸。 「運転-」
自然に人為加えて人間の生活に役立てるようにする手段。また,そのため開発された科学実際に応用する手段科学技術。 〔西周にしあまね百学連環」(1870~71年)に載る語。英語 mechanical art を「器械の術」「技術」と訳した〕


技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/30 20:03 UTC 版)

技術(ぎじゅつ)とは、かなり多義的に用いられる言葉であり[1]


  1. ^ a b c d e f g h i [1][リンク切れ]
  2. ^ デジタル大辞泉 [2]
  3. ^ a b 広辞苑 第五版 p.643 技術
  4. ^ 佐々木力『科学論入門』岩波書店、1996年、p.20


「技術」の続きの解説一覧

技術

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 12:00 UTC 版)

名詞

ぎじゅつ

  1. 個人特定の集団において、訓練により身に付けた、物事(たく)みに行う能力テクニックスキル
    佐々木東洋という医者あります。この医者が大へんな変人で、患者をまるで玩具人形のように扱う、愛嬌のない人です。それではやらないかといえば思議なほどはやって、門前市をなす有様です。あんな無愛想な人があれだけはやるのはやはり技術があるからだと思いました。(夏目漱石無題』)
  2. 自然人工事物システム改変保全操作して公共安全健康、および福祉有用な事物や快適な環境作り出す手段[1]テクノロジー
    資本制生産関係に於ては技術発達――それは機械発達と平行するのだ――が如何にして「生産過剰」を生み、それが如何に逆説的に、資本制生産関係によって労働大衆失業相対的貧窮化を結果するかは、古くイギリス産業革命の頃まで溯って跡づけることが出来る。(戸坂潤 『技術の哲学』)
  3. 中学校教科一つ
    技術時間には安全な服装をしたほうがよい。

発音

ぎ↘じゅつ

語源

明治時代西周が『百学連環百學連環)』で「mechanical art直訳すると器械の術となるが適当でないので技術と訳して可である」としたもの

関連語

参照

翻訳

個人小集団の技巧的能力
社会的共有された能力





技術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

技術に関連した本

「技術」に関係したコラム

  • 株式銘柄の分類一覧

    株式市場に上場している銘柄は、さまざまなタイプや条件に分類されます。上場している銘柄を分類することにより、そのグループの値動きの特徴をつかんだりすることができます。例えば、条件で分類する場合、時価総額...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「技術」の関連用語

1
76% |||||

2
76% |||||


4
技工 国語辞典
56% |||||

5
技師 国語辞典
56% |||||

6
技手 国語辞典
56% |||||

7
技術家 国語辞典
56% |||||

8
技術屋 国語辞典
56% |||||

9
技術者 国語辞典
56% |||||


技術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

揖保川

松岡 輝夫

力水

地方自治法施行60周年記念 兵庫県分 1,000円銀貨幣

ダブルリボン

琵琶湖大橋

1070形

AN/AAQ-33





技術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS