失業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 失業 > 失業の意味・解説 

しつ ぎょう -げふ [0] 【失業】

( 名 ) スル
職を失うこと。失職。 「会社倒産して-する」
社会労働力一部雇用されていない状態。

失業

作者渋谷良一

収載図書ショートショートの広場 6
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名講談社文庫


失業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 08:31 UTC 版)

失業(しつぎょう、: unemployment)とは、仕事を失うことおよび働く意思も能力もあるのに仕事に就けない状態を指す。特に、仕事が無い状態を指す無職(むしょく)のうち、就業に向けた職探しを行っている者の状態を指し、そのような状態の者を失業者(しつぎょうしゃ)と言う。




  1. ^ a b c 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、128頁。
  2. ^ 総務省統計局-労働力調査に関するQ&A
  3. ^ 人材マネジメント用語集・労働統計用語解説
  4. ^ (1/2)日本の失業率、実は米国並みの9%?J-CASTニュース 2009年7月12日
  5. ^ a b c d 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、54頁。
  6. ^ 自発的失業 とはコトバンク
  7. ^ 摩擦的失業 とはコトバンク
  8. ^ a b 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、199頁。
  9. ^ 小塩隆士 『高校生のための経済学入門』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2002年、110頁。
  10. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、37頁。
  11. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、5頁。
  12. ^ 第2回 失業、原因別に3分類RIETI 日本経済新聞 2013年10月18日
  13. ^ 平成14年版 労働経済の分析厚生労働省(2013年1月21日時点のインターネット・アーカイブ)</
  14. ^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、23頁。
  15. ^ a b 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、43頁。
  16. ^ a b c 日本経済新聞社編 『世界を変えた経済学の名著』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、217頁。
  17. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、42頁。
  18. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、211頁。
  19. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、46頁。
  20. ^ a b c 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、47頁。
  21. ^ a b 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、71頁。
  22. ^ この有効需要は、貨幣供給量・貨幣選好・期待利潤率・消費性向に依存する。ケインズは、賃金切り下げの影響は、これらの要因に対する影響を通じて考慮されなければならないとし、新古典派の議論が、全産業での賃金切り下げには当てはまらないと考えていた
  23. ^ 第一勧銀総合研究所編 『基本用語からはじめる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、56頁。
  24. ^ この節はポール・クルーグマン『マクロ経済学』15章を参照。
  25. ^ George A. Akerlof, William T. Dickens and George L. Perry (2000), "Near-Rational Wage and Price Setting and the Optimal Rates of Inflation and Unemployment"
  26. ^ ジョージ・A・アカロフ, ロバート・シラー(2009), 『アニマルスピリット』
  27. ^ 黒田祥子・山本勲 (2003), "名目賃金の下方硬直性が失業率に与える影響 ─ マクロ・モデルのシミュレーションによる検証 ─"
  28. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、42頁。
  29. ^ スティグリッツ『マクロ経済学』p102-103
  30. ^ 「平成14年版労働経済の分析」第7章過剰雇用と潜在失業[1]
  31. ^ 低開発国においては伝統部門(自給自足など)の就業者は「偽装的失業」者、ないし「潜在的失業」者と呼ばれる。「低開発国における潜在的失業」佐藤泰久(経済学研究 北海道大学)[2]
  32. ^ 弘兼憲史・高木勝 『知識ゼロからの経済学入門』 幻冬舎、2008年、115頁。
  33. ^ a b 栗原昇・ダイヤモンド社 『図解 わかる!経済のしくみ[新版]』 ダイヤモンド社、2010年、198頁。
  34. ^ 【WSJで学ぶ経済英語】第148回 U6失業率WSJ 2014年9月22日
  35. ^ 大竹文雄 『経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年、174頁。
  36. ^ 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、128-129頁。
  37. ^ 佐藤雅彦・竹中平蔵 『経済ってそういうことだったのか会議』 日本経済新聞社学〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、342-343頁。
  38. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、129頁。
  39. ^ 三橋貴明 『経済ニュースの裏を読め!』 TAC出版、2009年、90頁。
  40. ^ 三橋貴明 『経済ニュースの裏を読め!』 TAC出版、2009年、77頁。
  41. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる世界経済-日本を取り巻く世界経済の現状とその問題点(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2010年、182頁。
  42. ^ ユーロ圏の11月失業率はなお過去最高、小売売上高は大幅増Reuters 2014年1月8日
  43. ^ http://www.economist.com/blogs/freeexchange/2010/12/labour_markets
  44. ^ http://www.reuters.com/article/2013/12/03/us-usa-economy-joblessbenefits-idUSBRE9B20XA20131203
  45. ^ http://ftp.iza.org/dp3570.pdf
  46. ^ [3]「労働力調査(基本集計)平成27年(2015年)平均(速報)結果の要約」
  47. ^ [4]「労働力調査(基本集計)平成28年(2016年)平均(速報)結果の要約 」
  48. ^ [5]「労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)7月分 (2017年8月29日公表)」
  49. ^ [6]
  50. ^ 野口旭 『「経済のしくみ」がすんなりわかる講座』 ナツメ社、2003年、23頁。
  51. ^ a b 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、217頁。
  52. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、151頁。
  53. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、151-152頁。
  54. ^ 第一勧銀総合研究所編 『基本用語からはじめる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、55頁。
  55. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、212頁。
  56. ^ 小泉祐一郎 『図解経済学者バトルロワイヤル』 ナツメ社、2011年、43頁。
  57. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、130頁。
  58. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、160頁。
  59. ^ 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、130-131頁。
  60. ^ [7]「労働力調査(基本集計)平成28年(2016年)平均(速報)結果の要約 」
  61. ^ [8]「景気拡大による人手不足、苦境に陥るのはブラック企業 労働者には賃上げの好機」
  62. ^ [9]「2019年に失業率ゼロ!? 果たして「1億総賃上げ時代」は来るのかかつてない人手不足、そのとき企業は」
  63. ^ 労働力調査 月次最新結果
  64. ^ 『ニッポンの地域力』 藻谷浩介 日本経済新聞出版 2007年9月
  65. ^ 大竹文雄 『経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年、172-173頁。
  66. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、208頁。
  67. ^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、58頁。
  68. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、42頁。
  69. ^ 佐藤雅彦・竹中平蔵 『経済ってそういうことだったのか会議』 日本経済新聞社学〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、337頁。
  70. ^ 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、132頁。
  71. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、117頁。
  72. ^ 高橋洋一の俗論を撃つ! 消費税増税という金融緩和への逆風下「企業の物価見通し」を新設した日銀の狙いダイヤモンド・オンライン 2014年4月3日
  73. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、122-123頁。
  74. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、19頁。
  75. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、210頁。
  76. ^ a b 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、104頁。
  77. ^ 小泉祐一郎 『図解経済学者バトルロワイヤル』 ナツメ社、2011年、109頁。
  78. ^ 第一勧銀総合研究所編 『基本用語からはじめる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、58頁。
  79. ^ 小峰隆夫 『ビジュアル 日本経済の基本』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫ビジュアル〉、2010年、32頁。
  80. ^ 研究 : 安倍新政権の金融政策の経済学的根拠についてChuo Online : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2012年12月20日
  81. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、215頁。
  82. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、103頁。
  83. ^ ダイヤモンド社編 『日本経済の論点いま何が問題なのか』 ダイヤモンド社、2004年、104頁。
  84. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、84頁。
  85. ^ 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、104頁。
  86. ^ さらに金融緩和を、国債まだ買える 原田泰・早大教授朝日新聞デジタル 2015年1月21日
  87. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、103頁。
  88. ^ 高橋洋一の俗論を撃つ! 賃金が上昇するのはGDPギャップ解消の半年後ダイヤモンド・オンライン 2015年3月5日
  89. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、179頁。
  90. ^ 勝間和代・宮崎哲弥・飯田泰之 『日本経済復活 一番かんたんな方法』 光文社〈光文社新書〉、2010年、115頁。
  91. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、211頁。
  92. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、21頁。
  93. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、4頁。
  94. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、11頁。
  95. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、198頁。
  96. ^ 岡部直明 『ベーシック日本経済入門』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫〉、2009年、64頁。
  97. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、103頁。
  98. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、125-126頁。
  99. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、130頁。
  100. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、87頁。
  101. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、43頁。
  102. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、45頁。
  103. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、130頁。
  104. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、59頁。
  105. ^ 政治・社会 【日本の解き方】実質賃金低下は問題なのか 賃上げ本格化はこれからだ (1/2ページ)ZAKZAK 2014年6月14日
  106. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、160頁。
  107. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、200頁。
  108. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、152-153頁。
  109. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、132頁。
  110. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、226-227頁。
  111. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、128頁。
  112. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、160頁。
  113. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、210頁。
  114. ^ a b 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、83頁。
  115. ^ 竹中平蔵 『経済古典は役に立つ』 光文社〈光文社新書〉、2010年、107頁。
  116. ^ 名目賃金の下方硬直性の緩みとは、名目賃金の切り下げが行われているということである(田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、161頁。)。
  117. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、213頁。
  118. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、214頁。
  119. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、163頁。
  120. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、197頁。
  121. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、144頁。
  122. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、226頁。
  123. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、190頁。
  124. ^ 橘玲 『大震災の後で人生について語るということ』 講談社、2011年、83頁。
  125. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、22-23頁。
  126. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、46頁。
  127. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、84頁。
  128. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、85頁。
  129. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、236頁。
  130. ^ 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、161頁。
  131. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、198頁。
  132. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、217頁。
  133. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、180頁。
  134. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、237頁。
  135. ^ 大竹文雄 『経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年、173-174頁。
  136. ^ 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、147-148頁。
  137. ^ 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、194頁。
  138. ^ 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、194-195頁。
  139. ^ 1)人員削減の必要性、2)解雇回避努力、3)人選の妥当性4)手続きの相当性、という四要件が満たされれば合理的な理由と容認され、解雇権濫用に該当しないとされている(解雇法理の四要件)(大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、163-164頁)。
  140. ^ a b 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、195頁。
  141. ^ 【田中秀臣氏インタビュー】日本をデフレから救うのは、凡庸だが最良の処方箋の「リフレ政策」 ソフトバンク ビジネス+IT 2010年9月10日
  142. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、182頁。
  143. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、157頁。
  144. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、213頁。
  145. ^ 原田泰・大和総研 『新社会人に効く日本経済入門』 毎日新聞社〈毎日ビジネスブックス〉、2009年、37頁。
  146. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、244頁。
  147. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、141頁。
  148. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、244頁。
  149. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、122頁。
  150. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、209頁。
  151. ^ みずほ総合研究所編 『3時間でわかる日本経済-ポイント解説』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、152頁。
  152. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、124頁。
  153. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、149頁。
  154. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、238頁。
  155. ^ 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、160-161頁。
  156. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、155頁。
  157. ^ 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、50-51頁。
  158. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、18頁。
  159. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、239頁。
  160. ^ 大竹文雄 『経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年、178頁。
  161. ^ 中野剛志 『レジーム・チェンジ-恐慌を突破する逆転の発想』 NHK出版〈NHK出版新書〉、2012年、79頁。
  162. ^ a b c d なぜ日本のリベラルはリフレ政策が嫌いなのかWEDGE Infinity(ウェッジ) 2014年9月5日
  163. ^ 自殺者激増は消費税増税のせいだった?Webマガジン 月刊チャージャー 2011年9月(2011年9月23日時点のインターネット・アーカイブ)
  164. ^ 大竹文雄 『経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年、180頁。
  165. ^ インタビュー:日銀は物価目標の再考を、1%や3年など=浜田参与Reuters 2015年2月 23日
  166. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、9頁。
  167. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、201頁。
  168. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、71頁。
  169. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、147頁。
  170. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、148頁。
  171. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、72頁。
  172. ^ 大竹文雄 『経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年、198頁。
  173. ^ UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、94頁。
  174. ^ 新自由主義否定はナンセンス! やっぱり「小泉改革」は日本に必要だった日刊サイゾー 2011年10月29日
  175. ^ 10代で学ぶ金融そもそも講座 第44回「グローバルマーケットの中で」man@bouwまなぼう 2011年6月29日
  176. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、209頁。
  177. ^ 政治・社会【日本の解き方】厚労省は失業対策できない!日銀に責務課すべきZAKZAK 2012年7月5日(2012年7月7日時点のインターネット・アーカイブ)
  178. ^ 2012年インタビューFNホールディング
  179. ^ 高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とはPHPビジネスオンライン 衆知 2014年11月26日
  180. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、109頁。
  181. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、141頁。



失業

出典:『Wiktionary』 (2012/03/09 20:33 UTC 版)

名詞

しつぎょう

  1. 失うこと。
  2. 働く能力意欲のある者が就職できない状態。

類義語

対義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
失業-する

翻訳

cf.失業中である。






失業と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

失業に関連した本

「失業」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • FXの両建てのメリットを活かした取引方法

    FX(外国為替証拠金取引)の両建て(りょうだて)とは、1つの通貨ペアについて、売りポジションと買いポジションの両方のポジションを保有することで、今後の為替レートが安くなるか高くなるかの予想がつかない時...

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「失業」の関連用語

失業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山芹

鹿児島宇宙空間観測所

アレキサンドライト

松原海水浴場

近江国庁跡

オレンジエッジ・デケイセリア L151

傷病見舞

加賀二俣和紙





失業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの失業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの失業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS