現実とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 現実 > 現実の意味・解説 

げん じつ [0] 【現実】

今,現に事実として存在している事柄・状態。 ↔ 理想 「きびしい-を直視する」 「理想と-との違い」 「 -に起こった事件
〘哲〙 現に事実として与えられていること。また,そのもの
理想に対してその素材障害となる日常的物質的なもの。現状
理想
現に存在活動するもの。想像虚構可能性ではなく,現に成り立っている状態。実際存在実在
実現すること。 「光明より流れ出づ趣味を-せん事を要す野分 漱石」 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 actuality訳語として載る。英語 reality訳語としても用いる〕


現実

作者星新一

収載図書星新一ちょっと長めショートショート 8 長生き競争
出版社理論社
刊行年月2006.9


現実

作者三巻昌之

収載図書真夜中の決闘
出版社日本文学館
刊行年月2008.8


現実

読み方:げんじつ

  1. 男女交会することをいふ。男女不良学生間に用ひられてる語である。現実的快楽の意からいつたもの。〔情事語〕
  2. 〔情〕男○○○のことをいふ。現実的享楽の意から来たれるもの。「切実参照

分類 情、情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

現実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/09 01:32 UTC 版)

現実(げんじつ、: Reality, Actuality)は、いま目の前に事実として現れているもののこと。対語虚構フィクション)ないし理想。あるいは現実とは、個々の主体によって体験される出来事を、外部から基本的に制約し規定するもの、もしくはそうした出来事の基底となる一次的な場のことである。現実と区別されるのは、嘘や真実を組み合わせてできたものである。


[ヘルプ]
  1. ^ なお、「上」「下」という表現については、より「現実」のがわのものは、優先度や制約性に着目したときは「上位の」と表現されるのに対し(決定のオーダーにおける上位というイメージである)、基底性など、「下で支える」という点に着目したときは「下位の」という表現が選ばれる傾向があり(マルクス主義の「下部構造」など)、一定の紛らわしさが存在する
  2. ^ 西部邁 『虚無の構造』 中央公論新社〈中公文庫〉、2013年、172頁。


「現実」の続きの解説一覧

現実

出典:『Wiktionary』 (2012/01/20 10:33 UTC 版)

名詞

げんじつ

  1. 目の前にあるありのまま事実

発音

げ↗んじつ





現実と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

現実に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「現実」の関連用語

現実のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ノコギリザメ

スクリムショー

ジェラールカマンベール・クラシック

野外手術システム

FLSTC ANV

平ペダル

アボカド油

妻梁





現実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの現実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの現実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS