トンネルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > トンネル > トンネルの意味・解説 

トンネル [0] 【tunnel】

( 名 ) スル
山・川海底建物などの下を掘り貫いて,鉄道道路水路などを通すため地下設けた穴。隧道ずいどう
野球で,球を股(また)の間から後方にのがすこと。 「三塁手ゴロを-する」

トンネル

国内で最も長いトンネル昭和63年3月完成したJR津軽海峡線青函トンネルの53.8kmで、地下鉄を除く民鉄では近鉄大阪線新青山トンネル(5,652m)、西武鉄道秩父線正丸トンネル(4,811m)などが長大トンネルとしてあげられます。

日本のトンネル掘削技術世界に誇る高度な水準として知られていて、1994年5月開通した英仏海峡トンネル建設工事では青函トンネルでも威力発揮した大型掘削機など日本土木技術活躍しました。英仏海峡トンネル全長53.8kmの青函トンネルより短いですが、海底部分は38kmで青函よりも長く世界一となっています。


トンネル

 #一括下請負をみよ!

トンネル(道路)

トンネル
トンネル(道路)は、地下通っている道路をあらわします。複数道路近くにあって、それぞれがトンネルとなる場合も、すべて表示します。坑口記号いっしょ表示します。
1:25,000地形図笹子
山梨県大月市付近の地形図

トンネル(中央自動車道);山梨県大月市
トンネル(道路)の画像


トンネル(鉄道)

トンネル
トンネル(鉄道)は、地下通っている鉄道をあらわします。複数鉄道近くにあって、それぞれがトンネルとなる場合も、すべて表示します。坑口記号いっしょ表示します。
1:25,000地形図笹子
山梨県大月市付近の地形図

笹子トンネルJR中央本線);山梨県大月市
トンネル(鉄道)の画像


大山崎山荘琅洞(トンネル)

名称: 大山崎山荘琅洞(トンネル)
ふりがな おおやまざきさんそうろうかんどうとんねる
登録番号 26 - 0181
員数(数): 1
員数(単位):
構造 煉瓦造延長5.6m、幅員3.6m
時代区分 昭和
年代 昭和初期
代表都道府県 京都府
所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎小字上ノ田5-1
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 敷地南東隅部,山荘への進入路として設けられたトンネル。延長5.6m,幅員3.6m,岩盤をくり抜いて煉瓦造躯体でフラットアーチ形に築き,正面側坑門は切石積とする。小規模だが,内部覆工の煉瓦積に焼過ぎ煉瓦織りまぜるなど,装飾的造りとする。

トンネル

作者津山紘一

収載図書ショート・ショート劇場 3
出版社双葉社
刊行年月1986.7
シリーズ名双葉文庫


トンネル

作者福澤徹三

収載図書廃屋の幽霊
出版社双葉社
刊行年月2003.8

収載図書廃屋の幽霊
出版社双葉社
刊行年月2006.8
シリーズ名双葉文庫


トンネル

作者加用章勝

収載図書トンネル―幻想短編小説
出版社驢馬出版
刊行年月2003.9


トンネル

作者草上仁

収載図書アジアン怪綺―異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2003.12
シリーズ名光文社文庫


トンネル

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


トンネル

作者グレアム・スウィフト

収載図書しみじみ読むイギリス・アイルランド文学現代文学短編作品集
出版社松柏社
刊行年月2007.6


トンネル

作者平山夢明

収載図書怖い本 8
出版社角川春樹事務所
刊行年月2008.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


トンネル

作者矢橋

収載図書Give way交通安全ショート・ショート
出版社中日出版社
刊行年月2008.10


トンネル

作者笠原淳

収載図書サイモンの塔
出版社文芸春秋
刊行年月1986.11


トンネル

作者伊集院静

収載図書現代小説 1993
出版社徳間書店
刊行年月1993.5


トンネル


トンネル

作者清水義範

収載図書茶色い部屋の謎
出版社光文社
刊行年月1997.3
シリーズ名光文社文庫


トンネル

作者鶴島緋沙子

収載図書トミーの夕陽
出版社柘植書房新社
刊行年月1997.4


トンネル

作者佐伯一麦

収載図書少年詩篇
出版社新潮社
刊行年月1997.8

収載図書あんちゃんおやすみ
出版社新潮社
刊行年月2007.12
シリーズ名新潮文庫


トンネル

作者水本真稀

収載図書転生
出版社新風舎
刊行年月1999.10
シリーズ名新風選書


トンネル

作者稲葉真弓

収載図書花響
出版社平凡社
刊行年月2002.2


トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/16 16:07 UTC 版)

トンネル: tunnel英語発音: [ˈtʌnl])とは、地上から目的地まで地下海底山岳などの土中を通る人工の、または自然に形成された土木構造物であり、断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間をいう。1970年OECDトンネル会議で「計画された位置に所定の断面寸法をもって設けられた地下構造物で、その施工法は問わないが、仕上がり断面積が2m2以上のものとする」と定義された[1]




[ヘルプ]
  1. ^ トンネルとは?、一般社団法人日本トンネル技術協会
  2. ^ 「すい」は漢音、「ずい」は呉音でどちらも正しい読み方
  3. ^ a b c d e 浅井建爾 2001, p. 234.
  4. ^ より稀な例としては、川沿いや谷底の道が冬季に雪崩の危険があることからトンネルで迂回することもある。
  5. ^ トンネルでは基準の10倍超 - 東大など、高速道路上の二酸化窒素濃度を調査(2012年1月13日マイナビニュース)
  6. ^ 長いトンネル、外気は禁物…NO2基準の50倍(2012年1月14日読売新聞
  7. ^ 『東北新幹線工事誌 黒川・有壁間』(日本国有鉄道仙台新幹線工事局編)及び『上越新幹線工事誌 大宮・水上間』(日本鉄道建設公団東京新幹線建設局編)による
  8. ^ 厚生労働省:女性の坑内労働に係る専門家会合報告書
  9. ^ 改正労働基準法(妊産婦等の坑内労働の就業制限関係)の施行について
  10. ^ 労災保険率表 平成24年4月1日改定
  11. ^ 浅井建爾 2001, pp. 234-235.
  12. ^ 例:旭川市・旭山動物園
  13. ^ 下水処理場なんでも一番・その2_日本最初のトンネル式下水処理場
  14. ^ 産業遺産保存・活用事例集33_甲州市勝沼地域におけるワイン貯蔵庫・遊歩道としての活用
  15. ^ 「予防医療.com」・特集・キノコ多糖体
  16. ^ a b 社団法人交通工学研究会, ed. (2007), 道路交通技術必携2007, p. 116, ISBN ISBN 978-4-7676-7600-5 (PDF)
  17. ^ 品川線の秘密13 トンネルの換気方式 (PDF) - 東京SMOOTH(首都高速道路特設サイト)内
  18. ^ 関越トンネルでは天井板の撤去は難しいとされ、撤去は一部にとどまった。
  19. ^ a b 浅井建爾 2001, p. 241.
  20. ^ 月報KAJIMA 2001 October
  21. ^ ジオスター(株)
  22. ^ 浅井建爾 2001, p. 240.
  23. ^ 浅井建爾 2001, pp. 238-239.
  24. ^ 『南日本新聞』 2012年2月14日付 4面(新武岡トンネル貫通)
  25. ^ a b 高速道路のトンネルで火災が発生した場合の対処とは?”. 日本自動車連盟. 2013年12月10日閲覧。
  26. ^ a b c d e ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 95-96.
  27. ^ 一例として[1]
  28. ^ 圧巻のスケールと技術力、世界の巨大トンネル10選 CNN(2017年3月25日)2017年5月14日閲覧]



トンネル

出典:『Wiktionary』 (2012/01/02 10:12 UTC 版)

語源

英語:tunnel転写

名詞

  1. 隧道山腹河底地下を掘り抜いた通路
  2. 野球捕球ゴロから取り逃がすこと。

関連語






トンネルと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トンネル」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

比高

滝

警察署

国道等

国道等

その他の樹木畑

坑口

真幅道路





トンネルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2017 (社)日本民営鉄道協会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS