toとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > toの意味・解説 

【TO】(てぃーおー)

  1. Technical Order の略。
    技術指令書のこと。
    整備等で使用する資料航空機取扱い説明書
    ページ数が半端じゃない

  2. Take Off の略。
    離陸を意味する。 

TO

分子式CH3O4S C19H17N2S
その他の名称:1-Methyl-4-[3-methylbenzothiazole-2(3H)-ylidenemethyl]quinolinium・methylsulfate、TO
体系名:1-メチル-4-[3-メチルベンゾチアゾール-2(3H)-イリデンメチル]キノリニウム・メチルスルファート


To

名前 トー; ト; トウ

TO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/16 06:32 UTC 版)

TO, To, to, T.O.など

地名

科学技術

航空用語

スポーツ

文化

言語

  • 英語の前置詞。意思・状態・目的がTO以下に向かう。

その他


.to

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/02 09:45 UTC 版)

.to
トンガの旗
施行 1995年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Tonga Network Information Center(Tonic)
後援組織 トンガ王国政府
利用地域 トンガ王国に関連のある団体、組織、個人など
使用状況 比較的多く利用されているものの、実際にはトンガ王国関連のサイトは少ない。また、一部トロント市関連のサイトでの利用が見られる。
登録の制限 登録者について特に制限はないが、一部の卑語は登録できず、またスパムアダルトコンテンツのための利用も禁じられている。
階層構造 登録は直接第二レベルに登録できるが、.gov.toなど一部第三レベルでの登録となるものもある。
ウェブサイト Tonga Netowork Information Center 日本事務局
テンプレートを表示

.to(ドットティーオー)はトンガ王国国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) 。Tonga Network Information Center (Tonic)が1995年から管理している。[1]

.toと言う文字から、主に英語圏に於いてドメインハックにより覚え易くなる事もあって、比較的利用されている。 また、カナダの都市であるトロントの略号が「TO」である事から、同市関連のウェブサイトで活用される例も見られる。

.toは契約期間に応じて登録料を支払う形式を取っているが、一部の卑語など登録できない語句が指定されており、またアダルトサイトでの運用やスパムでの運用を固く禁じている。

.toは公式にはWhoisの情報を原則非公開としている数少ないトップレベルドメインの一つである。

脚注

  1. ^ Tonicは本国のみならず、日本大韓民国イタリアドイツ及びスウェーデンにも事務局を設け、現地語での手続きを可能にしている。

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

toに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

toのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

増槽

カールグスタフ

YS-11

スカイホーネット

AIM-9

シリアルナンバー

フェイズドアレイレーダー

偵察機





toのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTO (改訂履歴)、.to (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS