メートルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 商標名 > メートルの意味・解説 

メートル [0]フランス mètre】

メートル法SI国際単位系)の長さ基本単位。光が真空中を,1秒の2億99792458分の1の時間に進む長さを1メートルとする。1875年パリ通過する地球子午線全周の4千万分の1と定義され,ついで89年国際メートル原器によって,さらに1960年クリプトン86発する光の波長によって定義されたが,83年から現在のように改められた。メーター記号 m 〔「米」とも書く〕
メーター に同じ。

【メートル】(メートル)

tre
フランスで生み出された、長さにおける国際単位系基本単位で、光が真空中を299,792,458分の1秒間に進む距離。 
1メートル=1.0936133ヤード=0.33丈 となる。
英語では「メーター」(英:metre 米:meter)と呼び一般的には "m" 、漢字では「米」と表記する。

1791年フランス科学アカデミーフランスダンケルクスペインバルセロナの間で子午線実測行い、その結果から導き出された子午線長さ4000分の1を1メートルと定義した。
その後1960年には定義がクリプトン原子真空中で発する光の波長の1,650,763.73倍の長さ変更され、その後1983年現在の定義となった。

国際標準単位としてメートル法採用が決まったのは1875年であり、日本では1886年それまで尺貫法代わる単位として導入され、1966年には尺貫法使用禁止された。
現在、殆どの国で公式の単位として採用されているが、アメリカ英国など一部の国では旧来のヤード」「フィート」「インチ」といった単位使用されている。

関連ヤード 海里 Tu-4


メートル

名前 MaistreMaitreMaîtreMeitreMetre

メートル(meter)

読み方:めーとる

  1. 相場の意の如くならざる者を指していふ。曲り屋のこと。英語のmeter(メター)「度量者」の転訛したものである。〔相場語〕

分類 相場


メートル

読み方:めーとる

  1. 気焔の事。「メートルをあげた」などといふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

メートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/04 11:51 UTC 版)

メートル: mètre、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系[1]における長さ物理単位である。他のとは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである[2]。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる[3][4]




[ヘルプ]
  1. ^ 1736年から10年をかけて、フランスは地球の形状を把握するためラップランドペルーで緯度1度あたりの距離計測を行った。村上陽一郎 「14.地球を測る」『宇宙像の変遷』 講談社1996年、第一刷、189–201。ISBN 4-06-159235-1
  2. ^ 書類1枚につき10フラン、公務員の場合20フランの罰金。同時に質量単位のポンドも使用規制の対象となった。田中館 (1934)、pp. 10–11
  3. ^ 当初フランスで製造されたが不純物が規定の2.0%を上回り、改めてイギリスのジョンソン・マシュー社が作り直した。田中館 (1934)、p.17
  4. ^ 日本へはNo.22原器が割り当てられた。田中館 (1934)、図版-3
  5. ^ イギリスのポンド・ヤード原器は1834年に焼損の憂き目に遭った。単位のいま・むかし、スライド25、新潟職業能力開発短期大学校、制御技術科、金川明
  6. ^ 例えば、国立物理研究所 (National Physical Laboratory) のウェブサイト[1]ではヨウ素安定化レーザーを用いている。
  7. ^ 参照[2]BIPMデータベース)、Optical Frequency - Maintaining the SI Metreカナダ国立研究評議会英語版(2008年)
  1. ^ 宮川勇人. “MKS単位系について (PDF)” (日本語). 香川大学工学部材料創造工学科. 2010年11月13日閲覧。
  2. ^ 沖俊任. “計測工学 ‐第1回(測定と単位系)‐p.p.1-2‐平成20年4月10日 (PDF)” (日本語). 宇部工業高等専門学校. 2010年11月13日閲覧。
  3. ^ Official BIPM definition”. BIPM. 2010年11月13日閲覧。
  4. ^ 田中岳. “独修『水理学』、長谷川和義監修/田中岳著 (PDF)” (日本語). 北海道大学大学院工学研究科環境資源工学・水圏工学. 2010年11月13日閲覧。
  5. ^ a b Resolution 1. of the 17th meeting of the CGPM (1983)、第17回国際度量衡総会決議1” (英語). 国際度量衡局 (International Bureau of Weights and Measures, BIPM) (1983年). 2010年11月15日閲覧。
  6. ^ (独)産業技術総合研究所計量標準総合センターによる訳 (PDF)
  7. ^ a b c d e 授業科目『地球科学A』” (日本語). 広島大学地球資源研究室. 2010年11月13日閲覧。
  8. ^ 計量単位規則 別表第2、長さ・メートルの欄、m
  9. ^ 計量法 別表第1、「長さ」の欄、「メートル」
  10. ^ 大辞泉. “メートル【(フランス)mètre】【米】” (日本語). Yahoo!辞書. 2010年11月13日閲覧。
  11. ^ Pat Naughtin (2008年). “Spelling metre or meter (PDF)” (英語). Metrication Matters. 2010年11月13日閲覧。
  12. ^ BIPM, 2006, p. 130ff.
  13. ^ Interpretation of the International System of Units (the Metric System of Measurement) for the United States A Notice by the National Institute of Standards and Technology on 05/16/2008 II. Modifications to the SI for Its Use in the United States のa.に次の記述がある。 a. The spelling of English words is in accordance with the United States Government Printing Office Style Manual, which follows Webster’s Third New International Dictionary rather than the Oxford Dictionary. Thus, the spellings ‘‘meter,’’ ‘‘liter,’’ and ‘‘deca’’ are used rather than ‘‘metre,’’ ‘‘litre,’’ and ‘‘deka’’ as in the original BIPM English text;
  14. ^ 「国際文書第8版(2006) 国際単位系(SI)日本語版」[3] 34,42,43など
  15. ^ JIS Z8000-3:2014 量及び単位−第3部:空間及び時間 p.7など
  16. ^ Cambridge Advanced Learner's Dictionary” (英語). Cambridge University Press. s.v. (2008年). 2010年11月13日閲覧。
  17. ^ American Heritage Dictionary of the English Language. 3rd ed. (1992). Boston: Houghton Mifflin. s.v. meter.
  18. ^ 国際単位系” (日本語). 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター. 2010年11月13日閲覧。
  19. ^ NIST Guide to the SI: #5.2.3 Other Unacceptable Units - Retrieved 12 March 2010
  20. ^ a b c d e 小川真人. “量子物理工学I (PDF)” (日本語). 神戸大学工学部電気電子工学科. 2010年11月13日閲覧。
  21. ^ 計量法 第8条第1項(非法定計量単位の使用の禁止)
  22. ^ a b ジョン・ウィルキンス (1668年). “An Essay towards a Real Character and a Philosophical Language (Reproduction)/真性の文字と哲学的言語にむけての試論 (PDF)” (英語). 2010年11月13日閲覧。
  23. ^ a b ジョン・ウィルキンス (1668年). “An Essay towards a Real Character and a Philosophical Language (Transcription)/真性の文字と哲学的言語にむけての試論 (PDF)” (英語). 2010年11月13日閲覧。
  24. ^ meter. (2009)” (英語). Merriam-Webster Online Dictionary (2009年). 2010年11月13日閲覧。
  25. ^ 監修:今井秀孝 「第1章 計るって何だろう」『トコトンやさしい計量の本』 日刊工業新聞社2007年、第1刷、24–25。ISBN 978-4-526-05964-3
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n 森一夫、児島昌雄 (1979年). “科学の歩みところどころ 第23回 1メートルはどうして決めた?” (日本語). 啓林館. 2010年11月13日閲覧。
  27. ^ 田中館 (1934)、p. 2
  28. ^ 市瀬陽子. “振子式装置が示す18世紀フランス舞曲のテンポ (PDF)” (日本語). 東京芸術大学附属図書館. p. 4. 2010年11月13日閲覧。
  29. ^ 田中館 (1934)、pp. 3–5
  30. ^ a b オールダー (2006)、pp. 25–57、第1章 北へ向かった天文学者
  31. ^ a b オールダー (2006)、pp. 58–94、第2章 南へ向かった天文学者
  32. ^ a b c d e 原田修治. “「メートル」の定義と歴史/参考文献『単位の辞典』、小泉袈裟勝、1965年” (日本語). 新潟大学工学部. 2010年11月13日閲覧。
  33. ^ a b c d e f 和田 (2002)、第2章 長さ、時間、質量の単位の歴史、pp. 30–31、1. 長さの単位:地球から原器へ
  34. ^ a b c d e f g 地球科学用語集” (日本語). 広島大学地球資源研究室. 2010年11月13日閲覧。
  35. ^ オールダー (2006)、pp. 413 第12章 メートル化された地球
  36. ^ 田中館 (1934)、pp. 10–13
  37. ^ a b c 西條 (2009)、1講.メートル、pp. 4–5. 3. 国際メートル原器を長さの基準に
  38. ^ a b 田中館 (1934)、p. 17
  39. ^ National Institute of Standards and Technology 2003; Historical context of the SI: Unit of length (meter)
  40. ^ 単位のおはなし” (日本語). 山口大学工学部. 2010年11月13日閲覧。
  41. ^ 田中館 (1934)、p.22
  42. ^ Beers & Penzes 1992
  43. ^ 市口恒雄. “電磁気学における混乱とCPT対称性の意義‐対称性に結びつく単位系‐” (日本語). 科学技術政策研究所. 2010年11月13日閲覧。
  44. ^ 和田 (2002)、第2章 長さ、時間、質量の単位の歴史、pp. 30–31、2.長さの単位:原器から光へ
  45. ^ a b 西條 (2009)、1講. メートル、pp. 7–8. 5. 光の速さを長さの標準に
  46. ^ a b Zagar, 1999, pp. 6–67ff.
  47. ^ Penzes 2005
  48. ^ NIST-F1 Cesium Fountain Atomic Clock ;The Primary Time and Frequency Standard for the United States” (英語). NIST, Physical Measurement Laboratory (2009 (Last update 2010-10-05)). 2010年11月13日閲覧。
  49. ^ a b c d 「長さの国家基準」が新方式に” (日本語). 独立行政法人 産業技術総合研究所 広報部 広報業務室 (2009年7月16日). 2010年11月13日閲覧。
  50. ^ National Institute of Standards and Technology
  51. ^ Taylor and Thompson (2008a), Appendix 1, p. 70.
  52. ^ Taylor and Thompson (2008a), Appendix 1, p. 77.
  53. ^ Cardarelli, Francois Encydopaedia of scientific units, weights, and measures: their SI equivalences and origins, Springer-Verlag London Limited 2003, ISBN 1-85233-682-X, page 5, table 2.1, data from Giacomo, P., Du platine a la lumiere, Bull. Bur. Nat. Metrologie, 102 (1995) 5–14.
  54. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  55. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「メートル」の続きの解説一覧

メートル

出典:『Wiktionary』 (2011/07/03 06:56 UTC 版)

名詞

  1. 長さ単位国際単位系基本単位で、1/299,792,458秒の時間真空中を進む距離等しい。記号は m, また新聞等ではとも表記される。メーターともいう。
  2. 酒量表現
    メートルが上がる。これは飲みすぎてしゃっくりが止まらなくなった状態を”尺があがる”とかつて言ったものを、明治時代尺貫法代えメートル法導入された際に庶民ささやかな反発心もあって、揶揄的に「尺」を「メートル」に置き換え言葉遊び定着したものと言われる
    また、メートルが上がるメートルはメートル法のメートルではなく計器メーター (の目盛り) の事である、との説もあります新編 大言海 (大槻文彦 著) より

漢字表記

語源

関連語

翻訳

長さの単位





メートルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

メートルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メートル」の関連用語

メートルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

F-5

ティルトローター

VADS

ダイヤモンド

スタブ翼

タイコンデロガ

フォルスキャノピー

F-14





メートルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメートル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのメートル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS