愛人とは?

あい じん [0] 【愛人】

愛している相手。特別に深い関係にある異性情婦情夫情人
人間大切なもの考えること。 「敬天-」 〔sweet heart, lover などの訳語として幕末から使われた〕


愛人

読み方:あいじん

主に「情交の関係にある人」の意味で用いられる表現。特に不倫関係において特別な交わりをもった異性を指すことが多い。女性の愛人の場合は「情婦」、男性場合は「情夫」、夫から見た場合の妻の愛人は「間男」などと言う

愛人

作者豊田有恒

収載図書悪魔の城
出版社講談社
刊行年月1986.10
シリーズ名講談社文庫


愛人

作者笹沢左保

収載図書愛人
出版社光文社
刊行年月1990.7
シリーズ名光文社文庫

収載図書愛人
出版社双葉社
刊行年月1999.7
シリーズ名双葉文庫


愛人

作者井上八三

収載図書短編集 コーヒーブレイク 2
出版社新風舎
刊行年月2007.9
シリーズ名新風舎文庫


愛人

作者ラーラ・ヴァプニャール

収載図書うちにユダヤ人がいます
出版社朝日出版社
刊行年月2008.7


愛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/29 04:47 UTC 版)

愛人(あいじん)とは、


[ヘルプ]
  1. ^ 古川典代『中国語で歌おう! 決定版 テレサ・テン編』アルク
  2. ^ 阿川弘之『犬と麻ちゃん』にこの表現が出てくる。舞台は1968年
  3. ^ 驚きももの木20世紀の放送一覧 驚きももの木20世紀1995年12月22日放送、嵐寛寿郎・痛快一代記より


「愛人」の続きの解説一覧

愛人

出典:『Wiktionary』 (2011/07/11 15:40 UTC 版)

名詞: 日本語

あいじん

  1. 愛する人恋人情人情夫情婦
  2. 現代日本語用法としては最も一般的な用法法律上配偶者以外に交際する異性。特に、男性から見た女性のそれ。
  3. 人間大切にすること。
    敬天愛人

翻訳: 日本語

語義1





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「愛人」の関連用語

愛人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

合わせ包み

ナヌカザメ

草図小柄

小山

ヨーク

スイバ

胸肋関節

神明鳥居





愛人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2016 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの愛人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS