秘書とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > > 秘書の意味・解説 

ひ しょ [1] [2] 【秘書】

要職にある人に直属し,機密事務文書扱いその人仕事助ける役。また,その役の人。セクレタリー。 「社長-」
秘蔵して,めったに人に見せない書物文書。秘籍。 〔は,「和英語林集成 三版」(1886年)に訳語として secretary載る明治中期に「秘書官」「秘書役」などの役職部署設置されたことで,大正時代一般化


秘書

読み方ヒショ

概要解説 社長重役など、経営組織トップ傍らで、日常身辺処理やこまごまとした用事引き受けているのが、秘書と呼ばれる人たちです。秘書は、トップの人たちの目となり耳となり、手足となってその仕事助けています。秘書の仕事大きく分けると、「社内外との連絡・応対業務」「文書作成受発注管理」「資料情報収集整理管理」「スケジュール表の作成」「その他の用務」となります。近年わが国でも、欧米のように短大専門学校専門の秘書教育を受けて、企業団体入職して秘書室に配属される人が増えています。 必要な能力資格など 秘書業務に関する基礎的知識技能を身につけたいなら、短大専門学校などで秘書概論、秘書実務、レコードマネージメント、秘書英語、会計事務商業英語などの秘書に関連した科目習得した方がよいでしょう。秘書技能向上させるために、多くの人が「秘書技能検定(1級~3級)」「国際秘書検定(CBS)」などの検定試験にも挑戦しています。実際の秘書業務遂行仕方は、各企業によって異なります。 関連する職業

秘書

読み方:ヒショ(hisho)

他人に見せない書物


秘書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 03:33 UTC 版)

秘書(ひしょ)とは、組織あるいは上司の書類面における仕事を請け負う職務、職業。またそれを行う人。職務は幅広いが、共通するのは、重要書類を扱う仕事であるということである。その他にも上司の身の回りの世話、メールや電話の応対、来客の接遇、スケジュール管理、書類・原稿作成など、「総務の専門家」として機能する。 日本では、アシスタントと英訳されるのが適当である場合が多い。 セクレタリーも秘書と和訳されているが、これは、取締役クラスを意味するため、事務局長など実体に合わせ和訳に注意が必要である。









秘書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「秘書」の関連用語




4
74% |||||


6
52% |||||


8
50% |||||

9
主事 国語辞典
50% |||||

10
事務官 国語辞典
50% |||||

秘書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

筑後川

胴差し

日本水の森

SH-60K

微小重力実験機の比較

docomo STYLE series P-03A

ティグ溶接

Cストローク





秘書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
総務省総務省
Copyright(c)2017 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2017 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秘書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS