部分とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 一部 > 部分の意味・解説 

ぶ ぶん [1] 【部分】

全体いくつか分けたものの一部。また,小分けしたもの。 「 -にこだわって全体を見ない」


半分、部分

【英】Semi-
読み方はんぶん、ぶぶん

半または片側の意を表す接頭語

部分

作者松本清張

収載図書松本清張小説セレクション 34 短篇集 3
出版社中央公論社
刊行年月1995.11

収載図書共犯者松本清張短編全集 11 第3版
出版社光文社
刊行年月2003.5
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書殺意
出版社岩崎書店
刊行年月2007.2
シリーズ名現代ミステリー短編集


部分

作者内田春菊

収載図書隣人内田春菊ホラー傑作
出版社角川書店
刊行年月2002.9
シリーズ名角川ホラー文庫


一部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/28 16:12 UTC 版)

(部分 から転送)

一部 (いちぶ)




「一部」の続きの解説一覧

部分

出典:『Wiktionary』 (2010/11/03 08:30 UTC 版)

名詞

(ぶぶん)

  1. 全体幾つか分けたうちのひとつ

翻訳






部分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

部分に関連した本

「部分」に関係したコラム

  • FXのエンベロープとは

    FX(外国為替証拠金取引)のエンベロープ(envelope)とは、移動平均線を応用したテクニカル指標の1つです。エンベロープは、移動平均線を中心にして、上値と下値に平行線を描画します。そして、上値を超...

  • FXでフィボナッチを使うには

    FX(外国為替証拠金取引)のフィボナッチ(Fibonacci)とは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチが発見した法則をFXに応用したテクニカル指標の1つです。フィボナッチは、チャート画面に複数...

  • FXやCFDのスキャターとは

    FXやCFDのスキャター(Scatter)とは、1日の値動きを点だけで描画して時系列に並べたものです。スキャッターともいいます。スキャターの描き方は、終値の地点に点を打つだけです。分析ツールによっては...

  • FXやCFDのフィッシャートランスフォームとは

    FXやCFDのフィッシャートランスフォーム(Fisher Transform)とは価格の変動からトレンドの転換点を見つけるためのオシレーター系のテクニカル指標です。フィッシャー変換ともいいます。フィッ...

  • FXのADXの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のADXとは、為替レートのトレンドの強さを数値として算出したテクニカル指標のことで、一般的にはチャートの下側に折れ線グラフで表します。また、ADXはDMIというテクニカル指標...

  • FXやCFDの標準偏差チャネルとは

    FXやCFDの標準偏差チャネルとは、線形回帰線から一定の標準偏差分を乖離した直線のことです。標準偏差チャネルは、線形回帰線からプラスに乖離した直線と、マイナスに乖離した直線の2本の線を描画します。下の...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「部分」の関連用語

部分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エアトレック

アストロノーツ

ホワイトライン・ピメロドゥス

自動車保険

スクリムショー

宮崎荊口

黒田清輝

バックティ





部分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2016 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの部分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS