広告とは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


こう こく くわう- [0] 【広告】

( 名 ) スル
人々関心持たせ購入させるために,有料媒体用いて商品宣伝をすること。また,そのため文書類や記事。 「新製品雑誌に-する」 「新聞に-を出す」 「新聞-」
広く世の中知らせること。 「新聞紙にして…天下に-する/明六雑誌 20」 「その為に一言-します/侏儒の言葉 竜之介」 〔 (1) advertisement訳語。 (2) 類義の語に「公告」がある。広く世間告げ知らせるという点では,共通であるが,「公告」が公的性格を持つ内容告知することをいうのに対し,「広告」は私的内容のものを知らせることをいう〕


広告 advertising, advertisement

アメリカマーケティング協会AMA)の定義によれば、広告とは「メッセージの中で識別可能な営利企業営利組織または個人が、特定のオーディエンスに対して製品サービス団体またはアイデアについて、伝達または説得をするために、さまざまな媒体通して行う、有料の非個人的コミュニケーション」である。広告の必要条件として、広告主明示されていること、ターゲット認識されていること、メディア有料広告主管理可能なこと、などが挙げられる。広告という言葉には、広告物届ける広告活動と、広告活動成果としての広告物広告表現両方の意味がある

広告

読み方こうこく
【英】:advertising

広告とは, 明示された個人組織により告知, 説得目的として有料非人的に提示されるメッセージのことである. 広告の主な媒体には, 新聞, 雑誌, テレビ, ラジオ, 屋外, 交通, ダイレクトメール, 新聞折り込み, 店頭などが挙げられる. 広告政策とは, 告知内容作成, 媒体ミックス選択, 広告量の決定指し, 広告効果測定などを通して決められる.


広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/28 03:15 UTC 版)

広告(こうこく、英語:advertisement)は、宣伝活動の一つであるが、広告であるためには以下の3条件が整っていなければならないというのが国際的に見た広告の定義である。アメリカマーケティング協会やアメリカの多くの研究者の定義を踏まえて定義づけたものがある。


[ヘルプ]
  1. ^ 小林太三郎著「現代広告入門」第2版、ダイヤモンド社、昭和58年、10-12ページ
  2. ^ Don E. Schullz, Stanley I. Tannenbaum, Robert F. Lauterborn(1993)"Integrated Marketing Communications,”NTC Business Books, a division of NTC Publishing Group.
  3. ^ 清水公一(2014)『広告の理論と戦略』第18版、創成社、63-102ページ
  4. ^ 東洋経済オンライン 広告市場は09年度も大幅減少に! メディアは火だるま(1)
  5. ^ a b 電通広告事典プロジェクトチーム「電通広告事典」2008 電通
  6. ^ 産経新聞の例産経新聞媒体資料インターネット版より



広告

出典:『Wiktionary』 (2010/08/17 00:00 UTC 版)

名詞

こうこく

  1. 世間広く知らせること。

意味が似通った同音異義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
広告-する

翻訳






固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

広告に関連した本

広告に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

広告のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




広告のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2014 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの広告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS