日本人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 雑誌 > 日本人の意味・解説 

にほん じん [4] 【日本人】

日本国籍をもつ者。日本国民

にほんじん 【日本人】


日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 09:20 UTC 版)

日本人(にほんじん、にっぽんじん、: Japanese)は、日本国籍日本国籍)をもつ人、日本国民。または祖先が日本列島に居住していた民族集団を指す。




  1. ^ [1]
  2. ^ American FactFinder - Results
  3. ^ a b http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/11/pdfs/1.pdf
  4. ^ Japan news, commentary, culture, sports | The Japan Times. Search.japantimes.co.jp. Retrieved on 2013-08-24.
  5. ^ Adachi, Nobuko (2006-05-30). Japanese diasporas: Unsung pasts, conflicting presents, and uncertain futures. ISBN 978-0-415-77035-4. http://books.google.com/?id=litYzL0GYSkC&pg=PA97&lpg=PA97#v=onepage&q&f=false. 
  6. ^ 2011 National Household Survey: Data tables | Ethnic Origin (264), Single and Multiple Ethnic Origin Responses (3), Generation Status (4), Age Groups (10) and Sex (3) for the ...
  7. ^ MOFA: Japan-Peru Relations
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/10/pdfs/1.pdf
  9. ^ 外務省: 英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)基礎データ
  10. ^ MOFA: Japan-Argentine Relations
  11. ^ Tourism New Caledonia | Prepare your trip in New Caledonia
  12. ^ MOFA: Japan-Singapore Relations
  13. ^ http://www.mra.fm/pdfs/nr_los_FromFSMAmbassador.pdf
  14. ^ MOFA: Japan-Mexico Relations
  15. ^ ボリビア日系協会連合会(FENABOJA)
  16. ^ Bangladesh Japanese Population”. 2016年2月12日閲覧。
  17. ^ Pacific Islands President, Bainbridge Lawmakers Find Common Ground » Kitsap Sun
  18. ^ 外務省: インド
  19. ^ 内藤芳篤著 「日本人」『世界大百科事典』21、下中直人編、平凡社2009年、改定新版、445頁。
  20. ^ 塚田史紀・片山一道「『骨が語る日本人の歴史』を書いた京都大学名誉教授片山一道氏に聞く」、『週刊東洋経済』7月18日号、東洋経済新報社、2015年、 114頁。
  21. ^ 前掲 『世界大百科事典』21、447頁。
  22. ^ 前掲 『世界大百科事典』21、447-448頁。
  23. ^ 溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』日本人の成り立ちについての3つの仮説(P173)
  24. ^ “日本人”. 広辞苑. 
  25. ^ 日本国憲法第10条
  26. ^ “日本人”. マイペディア. 平凡社. 
  27. ^ 環日本海交流、山東半島などからの渡来ルートを含む
  28. ^ 南西諸島、東南アジア諸地域からの渡来ルート
  29. ^ 古代世界の航海技術は従来考えられてきたよりもずっとさかのぼって高度に発達していた可能性が近年の考古学では明らかになってきているが、まだ年代や具体的な技術の内容については確定できない。海部陽介『人類がたどってきた道』NHK出版ほかより。
  30. ^ なお、佐原真はこの語の原義である「縄紋土器を使用していた人間」ということを強調するために「縄紋人」という呼称を提唱している。
  31. ^ 『日本大百科全書』(小学館)「弥生文化」の項参照。
  32. ^ http://www.japanology.cn/japanese/book/nihonzo/01/1.htm/ 『中国史のなかの日本像』王勇]参照。
  33. ^ 佐々木高明『日本文化の多重構造?アジア的視野から日本文化を再考する』小学館,1997,p.112。
  34. ^ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E6%96%B9%E5%BE%8C%E5%86%86%E5%A2%B3
  35. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会 、p.32.
  36. ^ Haplogroup M7.
  37. ^ 崎谷満『新日本人の起源』勉誠出版、2009年、P45
  38. ^ 『新日本人の起源』P35 - 38、52
  39. ^ McDonald, J. D. (2005), Y chromosome and Mitochondrial DNA haplogroups, http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf 2008年4月14日閲覧。 
  40. ^ National Geographic, ed., Atlas of the Human Journey, https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html 2008年4月14日閲覧。 
  41. ^ International Society of Genetic Genealogy, ed. (2007), Y-DNA Haplogroup Tree 2006, 1.24, http://www.isogg.org/tree/Main06.html 2008年4月14日閲覧。 要引用
  42. ^ 崎谷満 (2008), DNAでたどる日本人10万年の旅, 昭和堂, ISBN 978-4-8122-0753-6 
  43. ^ 文献等(2014年以前)ではO2b*と表記されているが、実際はO1b2(旧O2b)からO-47zを除いたものである。
  44. ^ a b c I. Nonaka, K. Minaguchi, and N. Takezaki, "Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms," Annals of Human Genetics (2007) 71,480–495. doi: 10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x
  45. ^ a b c d e Michael F. Hammer他 (2006年). "Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes"Journal of Human Genetics January 2006, Volume 51, Issue 1, pp 47-58、Supplementary Material
  46. ^ YOUICHI SATO, TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS, AIKO YAMAUCHI, TERUAKI IWAMOTO, YUTAKA NAKAHORI Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males.
  47. ^ a b c Atsushi Tajima, Masanori Hayami, Katsushi Tokunaga, Takeo Juji, Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki, Keiichi Omoto, and Satoshi Horai, "Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages." Journal of Human Genetics (2004) 49:187–193. DOI 10.1007/s10038-004-0131-x
  48. ^ Yasuhisa Seo, Yasunari Takami, Tatsuo Nakayama, and Keiichi Takahama, "Y chromosome DNA polymorphisms and their haplotypes in a Japanese population." Legal Medicine (Tokyo). 1999 Sep;1(3):145-9. DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S1344-6223(99)80027-3
  49. ^ a b c Toshikatsu Shinka, Keiko Tomita, Tatsushi Toda, Svetlana E. Kotliarova, Juwon Lee, Yoko Kuroki, Dong Kyu Jin, Katsushi Tokunaga, Hideki Nakamura, and Yutaka Nakahori, "Genetic variations on the Y chromosome in the Japanese population and implications for modern human Y chromosome lineage," Journal of Human Genetics (1999) 44:240-245
  50. ^ Jean A Trejaut, Estella S Poloni, Ju-Chen Yen, Ying-Hui Lai, Jun-Hun Loo, Chien-Liang Lee, Chun-Lin He and Marie Lin "Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia."BMC Genet. 2014 Jun 26;15:77. doi: 10.1186/1471-2156-15-77.
  51. ^ Kumarasamy et al.(2003)Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population Current Biology Volume 13, Issue 2, Pages 86–93
  52. ^ Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes
  53. ^ Duggan AT, Whitten M, Wiebe V, Crawford M, Butthof A, et al. (2013)  Investigating the Prehistory of Tungusic Peoples of Siberia and the Amur-Ussuri Region with Complete mtDNA Genome Sequences and Y-chromosomal Markers PLoS ONE 8(12): e83570. doi:10.1371/journal.pone.0083570
  54. ^ Lell, Jeffrey T. et al. 2001-2002, The Dual Origin and Siberian Affinities of Native American Y Chromosomes
  55. ^ ただし近年の遺伝子調査により、アイヌは縄文人の単純な子孫ではなく、オホーツク人等の新モンゴロイド系北方民族のY-DNAも10%ほど見られ、複雑な過程を経て誕生したことが明らかになった。消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査
  56. ^ Michael F. Hammer他 (2006年). “"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" (PDF)” (英語). ResearchGate. 2015年6月3日閲覧。 “Outside of Japan D-P37.1 and its sub-lineages are extremely rare, being found in only three Korean males (D-P37.1* and D-M125*) and one male from Micronesia (D-M116.1*).”
  57. ^ Meryanne K Tumonggor, Tatiana M Karafet, Sean Downey, et al., "Isolation, contact and social behavior shaped genetic diversity in West Timor." Journal of Human Genetics (2014) 59, 494–503; doi:10.1038/jhg.2014.62
  58. ^ 道方しのぶ『日本人のルーツ 探索マップ』平凡社新書,2005年,61頁
  59. ^ Michael F. Hammer (2005) (PDF). Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes. The Japan Society of Human Genetics and Springer-Verlag. http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf 2007年1月19日閲覧。. 
  60. ^ University of Pittsburgh, Jomon Genes - Using DNA, researchers probe the genetic origins of modern Japanese by John Travis
  61. ^ Shi Yan, Chuan-Chao Wang,Hong-XiangZheng et al. (2013), "Y Chromosomes of 40% Chinese Are Descendants of Three Neolithic Super-grandfathers." E-print at arXiv:1310.3897 [q-bio.PE].
  62. ^ Shi, Hong; Zhong, Hua; Peng, Yi; Dong, Yong-li; Qi, Xue-bin; Zhang, Feng; Liu, Lu-Fang; Tan, Si-jie et al. (October29,2008). “Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations”. BMC Biology (BioMedCentral) 6: 45. doi:10.1186/1741-7007-6-45. PMC 2605740. PMID 18959782. http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45 2010年11月21日閲覧。.  オープンアクセス
  63. ^ a b Michael F. Hammer, Tatiana M. Karafet, Hwayong Park et al., "Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes." Journal of Human Genetics (2006) 51:47–58. DOI 10.1007/s10038-005-0322-0
  64. ^ Jin, Han-Jun; Kwak, Kyoung-Don; Hammer, Michael F.; Nakahori, Yutaka; Shinka, Toshikatsu; Lee, Ju-Won; Jin, Feng; Jia, Xuming et al. (2003). "Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans". Human Genetics 114 (1): 27–35. doi:10.1007/s00439-003-1019-0. PMID 14505036.
  65. ^ Shi Yan, Chuan-Chao Wang, Hui Li et al., "An updated tree of Y-chromosome Haplogroup O and revised phylogenetic positions of mutations P164 and PK4." European Journal of Human Genetics (2011) 19, 1013–1015.
  66. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  67. ^ Scozzari R, Massaia A, D’Atanasio E, Myres NM, Perego UA, et al. (2012), "Molecular Dissection of the Basal Clades in the Human Y Chromosome Phylogenetic Tree." PLoS ONE 7(11): e49170. doi:10.1371/journal.pone.0049170
  68. ^ Pille Hallast, Chiara Batini, Daniel Zadik, et al. (2014), "The Y-Chromosome Tree Bursts into Leaf: 13,000 High-Confidence SNPs Covering the Majority of Known Clades." Mol. Biol. Evol. Advance Access publication December 2, 2014. doi:10.1093/molbev/msu327
  69. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  70. ^ So Yeun Kwon, Hwan Young Lee, Eun Young Lee, Woo Ick Yang, and Kyoung-Jin Shin, "Confirmation of Y haplogroup tree topologies with newly suggested Y-SNPs for the C2, O2b and O3a subhaplogroups." Forensic Science International: Genetics 19 (2015) 42–46. http://dx.doi.org/10.1016/j.fsigen.2015.06.003
  71. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  72. ^ Hammer, Michael F.; Karafet, Tatiana M.; Park, Hwayong; Omoto, Keiichi; Harihara, Shinji; Stoneking, Mark; Horai, Satoshi (2005). "Dual origins of the Japanese: Common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes". Journal of Human Genetics 51 (1): 47–58. doi:10.1007/s10038-005-0322-0. PMID 16328082.
  73. ^ Yinqiu Cui, Hongjie Li, Chao Ning, Ye Zhang, Lu Chen, Xin Zhao, Erika Hagelberg and Hui Zhou (2013)"Y Chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. " BMC 13:216
  74. ^ 中国北方新石器文化研究の新展開【詳細報告】「東北アジアにおける先史文化の交流」王 巍(中国社会科学院考古研究所・副所長)
  75. ^ 徳永勝士 (1995)「HLA遺伝子群からみた日本人のなりたち」『モンゴロイドの地球(3)日本人のなりたち』東京大学出版会,第4章,遺伝子からみた日本人,p193-210
  76. ^ 徳永勝士 (1996) 「HLA の人類遺伝学」『日本臨床免疫学会会誌』=『Japanese journal of clinical immunology』19(6), 541-543
  77. ^ 徳永勝士 (2003)「HLA と人類の移動」『Science of humanity Bensei 』(42), 4-9, 東京:勉誠出版
  78. ^ 徳永勝士 (2008)「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部,東京:宝島社,p264-p280
  79. ^ a b 北朝鮮では調査がなされていない
  80. ^ 宝来聡「DNA人類類進化学」岩波書店、116頁。宝来聡「ミトコンドリアDNAからみた日本人の成立」琉球大学医学部公開講座講演要旨、1997年3月
  81. ^ International Human Genome Sequencing Consortium (2001) Initial sequencing and analysis of the human genome. Nature, 409: 860-921.
  82. ^ a b International HapMap Consortium (2005) A haplotype map of the human genome. Nature, 437: 1299-1320.
  83. ^ 太田(2007)  ゲノム科学と人類学―世界の動向と今後の展望―Anthropological Science (Japanese Series). 115(2), 73-83.
  84. ^ 斉藤(2009) ヒトゲノム研究の新しい地平Anthropological Science (Japanese Series). 117(1), 1-9.
  85. ^ Chao Tian, Roman Kosoy, Annette Lee, Michael Ransom, John W. Belmont, Peter K. Gregersen, Michael F. Seldin (2008) Analysis of East Asia Genetic Substructure Using Genome-Wide SNP Arrays PLoS ONE, 3(12): e3862.
  86. ^ HUGO Pan-Asian SNP Consortium(2009) Mapping Human Genetic Diversity in Asia. Science. 326, 1541-1545.
  87. ^ Yumi Yamaguchi-Kabata, Kazuyuki Nakazono, Atsushi Takahashi, Susumu Saito, Naoya Hosono, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura, Naoyuki Kamatani(2008) Japanese Population Structure, Based on SNP Genotypes from 7003 Individuals Compared to Other Ethnic Groups: Effects on Population-Based Association Studies. The American Journal of Human Genetics, 83(4), 445-456.
  88. ^ http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080926/detail.html
  89. ^ http://www.soken.ac.jp/news_all/2719.html
  90. ^ アイヌ人集団および沖縄に住む日本人集団に特に着目した、全ゲノムSNPデータから推測される日本列島人集団の歴史
  91. ^ 宝来聰『DNA 人類進化学』(岩波書店、1997年)
  92. ^ 月刊誌『選択』2007年12月号
  93. ^ 尾本恵市 (1996), 分子人類学と日本人の起源, 裳華房, ISBN 978-4785386382  要ページ表記
  94. ^ 斉藤成也『DNAからみた日本人』筑摩書房 p56
  95. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会, ISBN 978-4140910788 要ページ表記
  96. ^ 松本秀雄 (1992), 日本人は何処から来たか — 血液型遺伝子から解く, 日本放送出版協会, ISBN 978-4140016527 
  97. ^ 李成柱 (2001), “血液分析により民族の移動経路を判明する”, 東亜日報, http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828 2008年4月14日閲覧。 
  98. ^ 日沼頼夫(1998) 「ウイルスから日本人の起源を探る」『日本農村医学会誌』,46(6),908-911
  99. ^ 馬場悠男「港川人1号人骨」東京大学総合研究資料館1996ほか。
  100. ^ a b 篠田謙一『日本人になった祖先たち』(2007年)p185
  101. ^ 『日本人はるかな旅・5/そして日本人が生まれた』(NHK出版)
  102. ^ 鳥越憲三郎『原弥生人の渡来』(角川書店、1982年)『倭族から日本人へ』(弘文堂、1985年)『古代朝鮮と倭族』(中公新書、1992年)『倭族トラジャ』(若林弘子との共著、大修館書店、1995年)『弥生文化の源流考』(若林弘子との共著、大修館書店、1998年)『古代中国と倭族』(中公新書、2000年)、『中国正史倭人・倭国伝全釈』(中央公論新社、2004年)
  103. ^ 諏訪春雄編『倭族と古代日本』(雄山閣出版、1993年)7 - 8頁
  104. ^ 倭・倭人関連の中国文献倭・倭人関連の朝鮮文献
  105. ^ 三国志地名事典(索引)も参照
  106. ^ 『古代中国と倭族』(中公新書、2000年)263頁
  107. ^ 『弥生文化の源流考』(若林弘子との共著、大修館書店、1998年)
  108. ^ 中国の少数民族・タイの民族
  109. ^ 諏訪春雄編『倭族と古代日本』(雄山閣出版、1993年)
  110. ^ 澤田洋太郎『日本語形成の謎に迫る』(新泉社、1999年)
  111. ^ 『鳥居龍蔵全集』第1巻、朝日新聞社、1975年
  112. ^ 異人その他 日本民族=文化の源流と日本国家の形成 言叢社 1979
  113. ^ 『異人その他 他十二篇 岡正雄論文集』岩波文庫、1994年
  114. ^ 平成17年度から平成21年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(S))による研究「更新世から縄文・弥生期にかけての日本人の変遷に関する総合的研究 」日本人形成過程のシナリオまとめ2010年5月2010年9月20日閲覧。および『科学』岩波書店、2010年4月号
  115. ^ 溝口は「本プロジェクト研究班の班員全員の合意によるものではない」と明記している。同リンク先。
  116. ^ [2] キーローはメルボルンの北西19kmに位置し、1940年に約1万3000年前のキーロー頭骨と4万年前と考えられる石器が出土した。
  117. ^ 同リンク
  118. ^ Geno 2.0: The Greatest Journey Ever Told” (en). (official website). National Geographic Society. 2013年1月23日閲覧。:有料。 ※日本語版
  119. ^ DNAルーツ”. (公式ウェブサイト). 株式会社ローカス (Rucus). 2013年1月23日閲覧。:有料。
  120. ^ 研究チーム紹介・健康長寿ゲノム探索研究チーム”. (公式ウェブサイト). 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 東京都健康長寿医療センター研究所. 2009年8月30日閲覧。
  121. ^ 産経新聞生命ビッグバン取材班 『ここまでわかってきた日本人の起源』 産経新聞出版2009年5月30日、17頁。ISBN 4-5940-5955-4 IPSN-13 978-4-5940-5955-2。
  122. ^ 在アルジェリア邦人拘束事件(我が国の働きかけ)”. (公式ウェブサイト). 外務省 (2013年1月21日). 2013年1月23日閲覧。


「日本人」の続きの解説一覧

日本人

出典:『Wiktionary』 (2012/01/04 09:02 UTC 版)

名詞

にほんじん (nihonjin), にっぽんじん (nipponjin))

  1. 日本国籍を持つ
  2. 日本本州四国九州古くから住んでいる民族大和民族

訳語






日本人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日本人に関連した本

「日本人」に関係したコラム

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本人」の関連用語

日本人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

蛍ビーズ

シャフルボード

キハダ

潰れ

XL1200C

チャグチャグ馬コの鈴の音

どうじま号

衛星移動通信





日本人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの日本人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS