尺貫法とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 建築用語 > 尺貫法の意味・解説 

しゃっかん ほう しやくくわんはふ [0] 【尺貫法】

長さの単位を尺,質量単位を貫,体積の単位を升とする日本古来度量衡法メートル条約加入後,1891年明治24メートル法基準として,尺・坪面積の単位)・升・貫を定義し,1958年昭和33)までメートル法併用されていた。

尺貫法

【用  語】尺貫法
よみがなしゃっかんほう
【意  味】
 
よく用いられる寸法1間=6尺≒1820mm
 半間=3尺≒ 910mm
 1尺5寸≒455mm
 (1尺=303mm=10寸、1寸=30.3mm)よく用いられる寸法
 3寸5分≒105
 4寸 ≒120角よく用いられる面積の単位1坪1間×1間=3.3124


※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

尺貫法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/17 02:14 UTC 版)

尺貫法(しゃっかんほう)は、長さ面積などの単位系の一つ。東アジアで広く使用されている。尺貫法という名称は、長さの単位に質量の単位にを基本の単位とすることによる。ただし、「貫」は日本独自の単位であり、したがって尺貫法という名称も日本のみのものである。尺貫法と言った場合、狭義には日本固有の単位系のみを指す。尺貫法に対し、中国固有の単位系は貫ではなく斤であるので尺斤法という。本項では、広義の尺貫法として、中国を発祥として東アジア一円で使われている、あるいは使われていた単位系について説明する。


  1. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第4条第1号
  2. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第4条第1号 「長さの計量単位は、尺及び鯨尺尺とする。」
  3. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第4条第3号
  4. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第4条第4号
  5. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第4条第2号
  6. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第5条第1号、第3号 
  7. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第5条第1号、第3号


「尺貫法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

尺貫法に関連した本

尺貫法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尺貫法」の関連用語

尺貫法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




尺貫法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2014 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尺貫法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS