アルコールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > アルコール > アルコールの意味・解説 

アルコール [0]オランダ alcohol】

〔「亜爾箇児」と当てた〕
鎖式,脂環式炭化水素水素原子をヒドロキシル(水酸)基で置き換え化合物総称メタノールメチルアルコール),エタノールエチルアルコール)がその代表的な例。無色揮発しやすい液体燃えやすく,有機物をよく溶かす燃料溶媒とするほか酒類医薬製造などに用いる。デンプン質や果実酵母細菌作用アルコール発酵をおこして酒を生じる。これを蒸留して中世にアルコールが知られた。現在はアセチレンエチレンから工業的に合成される。また,アルコールには分子中にヒドロキシル基が二個ある二価アルコールエチレングリコール),三個ある三価アルコール(グリセリン)がある。
エチルアルコール主成分であることから〕 酒類のこと。

エタノール

分子式C2H6O
その他の名称:酒精、アルコール、AlcoholEthanol、Ethane-1-ol、Wine spiritEthyl alcoholAlcohol,anhydrous、水和エチル、メチルカルビノール、NCL-CO-3134、テクソール、Ethan-1-ol、エコエタオーエタ、O Syoueta、純生局エタ、純生消エタ、消エタコア、消エタサラコール、消毒エタIP消毒用エタノールEthanol for disinfection消毒用エタノールFG消毒用エタノールIPA消毒用エタノールα、消毒用エタプロコール、Ethaprocohol、消毒用エタプロコール-U、Ethaprocohol-U、消毒用エタライト、Ethalight、消毒用エタライト-B、Ethalight-B、Anhydrous ethanol、Ethaprochol for disinfection、Ethaprochol-U for disinfection、Ethalight for disinfection、Ethalight-B for disinfection、Ethanol-FG for disinfection、Etha-IP for disinfection、Ethanol-IPA for disinfectionEthanol-α for disinfectionMethyl carbinol、Spirits of wine
体系名:エチルアルコールエタン-1-オール、エタノール


アルコール(エタノール)

ネイル業界では消毒用のエタノールを意味します。エタノール薬局購入することが出来ます

アルコール

読み方あるこーる
【英】:alcohol

酒の主成分1つであり「酔い」などの効果もたらす広義には酒そのものを指す。

 アルコールといえばそのものを指す言葉として流布している。狭義では酒におけるアルコールとはエチルアルコール(C2H5OH分子量46.07)のことを指す。アルコールは穀類酵母代謝する過程アルコール発酵)で生じ、人は古来よりこれを酒として飲用してきた。酒を飲んで生じる「酔い」の主体はこのアルコールの薬理作用である。アルコールは生体内では主に肝臓代謝される。


アルコール

【仮名】あるこーる
原文alcohol

ビールワイン酒類含まれる化学物質。アルコールはまた、一部医薬品うがい薬エッセンシャルオイル植物から抽出された芳香成分を含んだ液体)、家庭用品などにも含まれている。

アルコール(あるこーる)

分子中に水酸基OH)をもつ有機化合物をいい、1分子中に水酸基を1個もつものを1価アルコール、2個もつものを2価アルコール、3個もつものを3価アルコールという。清酒中にはエチルアルコールプロピルアルコールイソブチルアルコールイソアミルアルコールフェネチルアルコールなどの1価アルコールや、グリセリン呼ばれる3価アルコールが含まれている。

アルコール(あるこーる)

その分子中に水酸基(―OH)を有する一群有機化合物。1分子中に水酸基1個を有するものを1価アルコール、2個を2価アルコール、3個を3価アルコールという。また炭素原子少ない(低級)アルコールはに溶けやすいが、多い(高級)アルコールはに溶けにくくなり、ついにはロウのような固体になる。通常、単にアルコールという場合にはエチル・アルコールエタノール)を指し酒類含まれる主要アルコールで、炭素原子2個を有す無色透明沸点78揮発性液体である。酵母発酵作用により、砂糖ブドウ糖などからつくられるが、穀類などのデンプン質原料デンプン糖化し、ブドウ糖にかえてからアルコール発酵させなければならないまた、石油化学工業副産物であるエチレンからの合成法でもつくられるが、飲用目的での使用禁止されている。エチル・アルコール酒類として人間とのかかわり合い歴史長く人体に対して害の少ないことや致酔性のあることで知られ、人間社会に欠くことのできない存在となっている。酒類中には炭素原子が3個以上のアルコールも微量存在する。これらのうち炭素数が3~5個のものをフーゼル油総称し、タンパク質分解物であるアミノ酸から生成される。酒類香味を引き立たせる有用成分とされており、特に蒸留酒にとっては重要な成分である。アルコールは分子中に水酸基持っているので味覚としては甘く感じる。また発酵過程有機酸結合してエステルをつくり、酒類の重要な芳香成分となる。

アルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/27 05:32 UTC 版)

化学においてのアルコールalcoholNl-alcohol.ogg 蘭語発音[ヘルプ/ファイル]En-us-alcohol.ogg 英語発音[ヘルプ/ファイル])とは、炭化水素水素原子をヒドロキシ基 (-OH) で置き換えた物質の総称である。芳香環の水素原子を置換したものはフェノール類と呼ばれ、アルコールと区別される。




[ヘルプ]


「アルコール」の続きの解説一覧

アルコール






アルコールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アルコールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルコール」の関連用語

1
100% |||||

2
90% |||||


4
アルコール中毒 国語辞典
90% |||||

5
90% |||||

6
アルコール飲料 国語辞典
90% |||||

7
気違い水 国語辞典
90% |||||

8
酒類 国語辞典
90% |||||



アルコールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

玄海国定公園

ブルーベル社

Eos

チュウヒ

方面、方向及び距離

ガーター編み

角島灯台

シルクハット





アルコールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2016 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2016 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2016 Japan Sake Brewers Association
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルコール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルコール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS