ブドウ糖とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > > ブドウ糖の意味・解説 

ぶどうとう ぶだうたう [0] 【葡糖】

炭素数六個の単糖類化学式 C6H12O6 デンプン・グリコーゲンの加水分解により得られる。に溶けて還元性を示す。遊離の状態で甘い果実中に多量分布し,ヒト血液中にもわずかに存在する。動植物エネルギー代謝中心に位置する重要な物質。 D -グルコース。 〔自然科学では「ブドウ糖」と書く〕


グルコース

分子式C6H12O6
その他の名称:ぶどう糖、グルコリン、コーンシュガー、デキストロース、デキストロソール、デキストロプール、Dextrose、Glucolin、D-Glucose、Dextropur、Dextrosol、Corn sugarGrape suger、グレープシュガー、カルトース、セレロース、グルコース、Grape sugar、Cartose、Glucose、Cerelose、D-(+)-デキストロース、D-(+)-Dextrose、ブドウ糖、D-(+)-グルコース、D(+)-グルコース、D(+)-Glucoseテルモ糖、テルモ糖-TK、ブドウ糖-PL、ブドウ糖SN、ブドウ糖T、光糖、純生グルコース、小林糖、大塚糖、Otsuka glucose大塚糖-TN、Otsuka glucose-TN、第一糖、第一葡萄糖、糖MP、糖NP、(+)-D-Glucose
体系名:(2R,3S,4R,5R)-2,3,4,5,6-ペンタヒドロキシヘキサナール、(+)-D-グルコース、D-グルコース


ブドウ糖

ブドウ糖 → グルコース, Glucose

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ブドウ糖(ブドウトウ)


ブドウ糖

読み方ぶどうとう
別名:グルコース
【英】:glucose

 果物穀類などに多く含まれ、自然界に最も多く存在する単糖類日本語ではぶどうか発見されたためブドウ糖と呼ばれます。糖類の中で最も基本的単糖類(糖の最小単位)の代表的なもので、他の単糖類である果糖ガラクトースと(あるいはブドウ糖同士で)結びついてショ糖乳糖でんぷんなどを構成しています。
 食べ物から摂取された糖質は、消化吸収通して最終的にはぶどう糖分解され、エネルギー源として利用されます。脂質よりも早く分解吸収されるため、激し運動消耗した時や糖尿病などインスリンの異常で血糖値が低くなり過ぎた場合素早くエネルギー補給血糖値上げるのに適しています。また、脳がエネルギー源として利用できるのもブドウ糖だけです。
 血液中では血糖として存在し、インスリンによって濃度コントロールされています。血液中のブドウ糖濃度上がるインスリン働き中性脂肪に変えられ、脂肪細胞蓄えられます。このため、ブドウ糖を多く摂り過ぎると結果として肥満招き生活習慣病にも関係します。


ブドウ糖、グルコース


ブドウ糖

澱粉砂糖分解すると得られる糖で、砂糖とは異なった爽快甘味がある。 酸分解水飴多く存在する。精製ブドウ糖、結晶ブドウ糖(含水無水)がある。

グルコース

(ブドウ糖 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/20 04:29 UTC 版)

グルコース(glucose)は、分子式 C6H12O6を持つ単純なである。ブドウ糖ブドウとう葡萄糖)とも呼ばれる。グルコースは血糖として動物の血液中を循環している。糖は植物などに含まれる葉緑体において、太陽光からのエネルギーを使って水と二酸化炭素から光合成によって作られる。グルコースは細胞呼吸英語版のための最も重要なエネルギー源である。植物ではデンプン、動物ではグリコーゲンのようなポリマーとして貯蔵される。




  1. ^ 奥山格「有機化合物命名法」
  2. ^ "glucose." The Columbia Encyclopedia, 6th ed.. 2015. Encyclopedia.com. 17 Nov. 2015 http://www.encyclopedia.com.
  3. ^ a b (英語) Encyclopedia of Food and Health. Academic Press. (2015). p. 239. ISBN 9780123849533. https://books.google.com/books?id=O-t9BAAAQBAJ&pg=RA2-PA239. 
  4. ^ WHO Model List of Essential Medicines”. World Health Organization (2013年10月). 2014年4月22日閲覧。
  5. ^ Online Etymology Dictionary”. 2016年11月25日閲覧。
  6. ^ Thénard, Gay-Lussac, Biot, and Dumas (1838) "Rapport sur un mémoire de M. Péligiot, intitulé: Recherches sur la nature et les propriétés chimiques des sucres" (Report on a memoir of Mr. Péligiot, titled: Investigations on the nature and chemical properties of sugars), Comptes rendus, 7 : 106–113. From page 109: "Il résulte des comparaisons faites par M. Péligot, que le sucre de raisin, celui d'amidon, celui de diabètes et celui de miel ont parfaitement la même composition et les mêmes propriétés, et constituent un seul corps que nous proposons d'appeler Glucose (1). … (1) γλευχος, moût, vin doux." It follows from the comparisons made by Mr. Péligot, that the sugar from grapes, that from starch, that from diabetes and that from honey have exactly the same composition and the same properties, and constitute a single substance that we propose to call glucose (1) … (1) γλευχος, must, sweet wine.
  7. ^ Marggraf (1747) "Experiences chimiques faites dans le dessein de tirer un veritable sucre de diverses plantes, qui croissent dans nos contrées" [Chemical experiments made with the intention of extracting real sugar from diverse plants that grow in our lands], Histoire de l'académie royale des sciences et belles-lettres de Berlin, pages 79–90. From page 90: "Les raisins secs, etant humectés d'une petite quantité d'eau, de maniere qu'ils mollissent, peuvent alors etre pilés, & le suc qu'on en exprime, etant depuré & épaissi, fournira une espece de Sucre." (Raisins, being moistened with a small quantity of water, in a way that they soften, can be then pressed, and the juice that is squeezed out, [after] being purified and thickened, will provide a sort of sugar.)
  8. ^ Emil Fischer, Nobel Foundation, http://nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/1902/fischer-bio.html 2009年9月2日閲覧。 
  9. ^ Fraser-Reid, Bert, “van't Hoff's Glucose”, Chem. Eng. News 77 (39): 8 
  10. ^ ピラノースは六員環、フラノースは五員環の環状ヘミアセタールである
  11. ^ High Blood Glucose and Diabetes Complications: The buildup of molecules known as AGEs may be the key link, American Diabetes Association, (2010), ISSN 0095-8301, http://forecast.diabetes.org/magazine/features/high-blood-glucose-and-diabetes-complications 
  12. ^ http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/aging/doc3/doc3-03-5.html 生体分子に起こる加齢変化 05-異常たんぱく質はなぜ増えるのか?


「グルコース」の続きの解説一覧





ブドウ糖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ブドウ糖に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブドウ糖」の関連用語

ブドウ糖のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブビンガ

鶴見岳

膝関節

ミネラルウォーターの製造工程

有馬山丸

はまつばき

ドレッドノート

はまゆう





ブドウ糖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2017 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
イシハライシハラ
Copyright (C) 2017 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグルコース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS