アルコール依存症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > アルコール依存症の意味・解説 

アルコールいそんしょう -しやう [7] 【アルコール依存症】

酒類長期わたって習慣的に飲用しているうちに,やめようとしてもやめられなくなる状態。胃腸炎症状顔面鼻の毛細血管拡張精神的道徳的退廃などを生じ,禁酒すると禁症状起こす慢性アルコール中毒
「アルコール依存症」に似た言葉


アルコール依存症

読み方あるこーるいぞんしょう
【英】:alcohol dependence syndrome

アルコール依存症とは、長期間多量飲酒した結果アルコールに対し精神依存身体依存をきたす、精神疾患です。
 

 アルコール依存症とは、アルコール繰り返し多量摂取した結果アルコールに対し依存形成し、生体の精神的および身体的機能持続的あるいは慢性的障害されている状態をいいます。老若男女を問わず、長期間多量飲酒をすれば誰でもアルコール依存症になる可能性ありますまた、アルコール依存症はWHOの策定した国際疾病分類10版では、精神および行動障害中に分類されており、ただ単に個人性格意志問題ではなく精神疾患考えられています。
 症状には、精神依存身体依存とがあります精神依存としては、飲酒したいという強烈欲求渇望)がわきおこる飲酒コントロールがきかず節酒できない飲酒やそれからの回復1日大部分時間消費飲酒以外の娯楽無視する、精神的身体的問題悪化しているにもかかわらず断酒しない、などが挙げられます。身体依存としては、アルコールが体から切れてくると手指のふるえや発汗などの離脱症状禁断症状)が出現する、以前比べて酔うために必要な酒量増える、などが挙げられます。
 結果的には、その人にとって以前にはより大きな価値をもっていた様々な行動よりも、飲酒をすることがはるかに優先的な行動となってしまうのです。


アルコール依存症

【仮名】あるこーるいぞんしょう
原文alcohol dependence

ある人がアルコール渇望する、飲酒制限することができない何らかの効果を得るためにより大量飲酒する必要がある、そして飲酒止めると禁症状を示す疾患。アルコール依存症は身体精神の健康に影響を及ぼし、家族友人仕事に関する問題引き起こす。「alcoholism(アルコール依存症)」とも呼ばれる

アルコール依存症

【仮名】あるこーるいぞんしょう
原文alcoholism

ある人がアルコール渇望する、飲酒制限することができない何らかの効果を得るためにより大量飲酒する必要がある、そして飲酒止めると禁症状を示す疾患。アルコール依存症は、身体および精神上の健康に影響し、家族友人仕事に関する問題引き起こす。「alcohol dependence(アルコール依存症)」とも呼ばれる

アルコール依存症【あるこーるいぞんしょう】

アルコール摂取止められない状態のことです。具体的には、アルコール効果 (酔い効果) を得るために摂取量が増えてしまう状態と一定のアルコール体内にないと心身が不安定になる離脱症状がある状態をいいます。

アルコール依存症(あるこーるいぞんしょう)

酒の乱用により、肉体的にも精神的にも酒なしではいられなくなった状態をいう。習慣飲酒によってアルコール対す耐性ができる反面堪え難い飲酒要求のため酒を自制することができず(精神的依存)、また、酒によってようやく身体のバランスがとれる状態(身体的依存)となり、これが切れると禁症状現れる。週に一、二日、自主的禁酒できるようであればアルコール依存可能性少ない。

アルコール依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/17 05:01 UTC 版)

アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう、Alcoholism)、アルコール使用障害(Alcohol use disorder, AUD)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である[2]。以前は慢性アルコール中毒アル中)、慢性酒精中毒などと呼ばれていたこともある[3]




[ヘルプ]
  1. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  2. ^ a b c d e f g h i 英国国立医療技術評価機構 2011, Introduction.
  3. ^ a b c d e f g h i 信田さよ子 『依存症』 文芸春秋、2000年6月ISBN 978-4166601080 
  4. ^ a b 世界保健機関 2010, ALC.
  5. ^ Kohn R, Saxena S, Levav I, Saraceno B (2004). “The treatment gap in mental health care”. Bull. World Health Organ. (世界保健機関) 82 (11): 858–66. PMC 2623050. PMID 15640922. http://www.who.int/bulletin/volumes/82/11/khon1104abstract/en/. 
  6. ^ 病棟へ凶器持ち込み…アルコール幻覚症で隣室患者惨殺 サンケイスポーツ 2005年6月4日
  7. ^ Galanter, Marc; Kleber, Herbert D. (1 July 2008). The American Psychiatric Publishing Textbook of Substance Abuse Treatment (4th ed.). United States of America: American Psychiatric Publishing Inc. p. 58. ISBN 978-1-58562-276-4. http://books.google.com/?id=6wdJgejlQzYC. 
  8. ^ Dart, Richard C. (1 December 2003). Medical Toxicology (3rd ed.). USA: Lippincott Williams & Wilkins. pp. 139?140. ISBN 978-0-7817-2845-4. http://books.google.com/?id=qDf3AO8nILoC. 
  9. ^ Idemudia SO, Bhadra S, Lal H (June 1989). “The pentylenetetrazol-like interoceptive stimulus produced by ethanol withdrawal is potentiated by bicuculline and picrotoxinin”. Neuropsychopharmacology 2 (2): 115?22. doi:10.1016/0893-133X(89)90014-6. ISSN 0893-133X. PMID 2742726. 
  10. ^ Chastain, G (October 2006). “Alcohol, neurotransmitter systems, and behavior.”. The Journal of general psychology 133 (4): 329?35. doi:10.3200/GENP.133.4.329-335. ISSN 0022-1309. PMID 17128954. 
  11. ^ Martinotti G; Nicola, MD; Reina, D; Andreoli, S; Foca, F; Cunniff, A; Tonioni, F; Bria, P et al. (2008). “Alcohol protracted withdrawal syndrome: the role of anhedonia”. Subst Use Misuse 43 (3?4): 271?84. doi:10.1080/10826080701202429. ISSN 1082-6084. PMID 18365930. 
  12. ^ Stojek A; Madejski, J; Dedelis, E; Janicki, K (May?June 1990). “[Correction of the symptoms of late substance withdrawal syndrome by intra-conjunctival administration of 5% homatropine solution (preliminary report)]”. Psychiatr Pol 24 (3): 195?201. ISSN 0033-2674. PMID 2084727. 
  13. ^ Le Bon O; Murphy, JR; Staner, L; Hoffmann, G; Kormoss, N; Kentos, M; Dupont, P; Lion, K et al. (August 2003). “Double-blind, placebo-controlled study of the efficacy of trazodone in alcohol post-withdrawal syndrome: polysomnographic and clinical evaluations”. J Clin Psychopharmacol 23 (4): 377?83. doi:10.1097/01.jcp.0000085411.08426.d3. ISSN 0271-0749. PMID 12920414. 
  14. ^ Sanna, E; Mostallino, Mc; Busonero, F; Talani, G; Tranquilli, S; Mameli, M; Spiga, S; Follesa, P et al. (17 December 2003). “Changes in GABA(A) receptor gene expression associated with selective alterations in receptor function and pharmacology after ethanol withdrawal”. Journal of Neuroscience 23 (37): 11711?24. ISSN 0270-6474. PMID 14684873. http://www.jneurosci.org/cgi/content/full/23/37/11711. 
  15. ^ Idemudia SO, Bhadra S, Lal H (June 1989). “The pentylenetetrazol-like interoceptive stimulus produced by ethanol withdrawal is potentiated by bicuculline and picrotoxinin”. Neuropsychopharmacology 2 (2): 115?22. doi:10.1016/0893-133X(89)90014-6. PMID 2742726. 
  16. ^ a b c d e f g h i j k 春日武彦 『援助者必携 はじめての精神科』 (2版) 医学書院、2011年12月、126-131頁。ISBN 9784260014908 
  17. ^ アルコール依存症の治療と回復―慈友クリニックの実践 世良 守行, 米沢 宏, 新貝 憲利
  18. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.2.1.4.
  19. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.3.
  20. ^ a b c d 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.6.
  21. ^ a b c d e f g 世界保健機関 2010, ALC1.
  22. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2010, Chapt.1.1.3.
  23. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.5.
  24. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.5.7.
  25. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.1.
  26. ^ Lindsay, S.J.E.; Powell, Graham E., eds (28 July 1998). The Handbook of Clinical Adult Psychology (2nd ed.). Routledge. p. 402. ISBN 978-0-415-07215-1. http://books.google.com/?id=a6A9AAAAIAAJ&pg=PA380. 
  27. ^ Gitlow, Stuart (1 October 2006). Substance Use Disorders: A Practical Guide (2nd ed.). USA: Lippincott Williams and Wilkins. pp. 52 and 103?121. ISBN 978-0-7817-6998-3. http://books.google.com/?id=rbrSdWVerBUC. 
  28. ^ Kushner MG, Abrams K, Borchardt C (March 2000). “The relationship between anxiety disorders and alcohol use disorders: a review of major perspectives and findings”. Clin Psychol Rev 20 (2): 149?71. doi:10.1016/S0272-7358(99)00027-6. PMID 10721495. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0272-7358(99)00027-6. 
  29. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.2.2.6.
  30. ^ Poulos CX, Zack M (November 2004). “Low-dose diazepam primes motivation for alcohol and alcohol-related semantic networks in problem drinkers”. Behav Pharmacol 15 (7): 503?12. doi:10.1097/00008877-200411000-00006. ISSN 0955-8810. PMID 15472572. 
  31. ^ Catherine Le Galès-Camus (2004) (PDF). Global Status Report on Alcohol 2004. World Health Organization. ISBN 92-4-156272-2. http://www.who.int/substance_abuse/publications/global_alcohol_report/msbgsruprofiles.pdf. 
  32. ^ Global status report on alcohol and health 2014. World Health Organization. (2014). p. s8,51. ISBN 9789240692763. http://www.who.int/substance_abuse/publications/global_alcohol_report/msb_gsr_2014_1.pdf?ua=1. 
  33. ^ Global Population Estimates by Age, 1950–2050”. 2015年5月10日閲覧。
  34. ^ OECD 2014, p. 75.
  35. ^ 精神科病院入院患者の状況 (PDF) NCNP 国立精神・神経センター
  36. ^ 被保護者調査 - 平成25年 (Report). 厚生労働省. (2015). Table.5-1. GL08020101. http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/74-16.html. 
  37. ^ The National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism; U.S. Department of Health and Human Services, NIH News (2005年1月18日). “2001-2002 Survey Finds That Many Recover From Alcoholism”. National Institutes of Health. 2011-08-18T07:52Z閲覧。


「アルコール依存症」の続きの解説一覧





アルコール依存症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルコール依存症」の関連用語

アルコール依存症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チュウサギ

ナスターレース

PCM-24デジタル伝送装置

吉原 由香里

ウミヒルモ

アカシタビラメ

瀬戸内海国立公園

George Bush





アルコール依存症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2016 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2016 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルコール依存症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS