蒸留とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 蒸留 > 蒸留の意味・解説 

じょう りゅう -りう [0] 【蒸留・蒸溜・蒸餾

( 名 ) スル
液体熱し気化させ,その気体冷却して,再び液体とすること。不純物が除かれ,純粋な液体が得られる。 「海水を-する」 → 乾留
成分混合溶液熱し沸点違い利用して各成分分離すること。精留分留


蒸留(じょうりゅう)

復数の成分からなる混分溶液加熱し、沸点の差を利用して精製分離を行う操作をいう。ふだんわれわれが生活している環境気圧常圧)下で熱すると100同様にエチルアルコール沸点78度でありよりかなり低い。酒の主成分であるアルコールからなるアルコール水溶液加熱していくと、まず沸点の低いアルコール蒸気となり、もわずかではあるが蒸気となる。この蒸気冷却して再び液体にする(凝縮)と初めアルコール水溶液よりはるかにアルコール濃度の高い溶液が得られる。この原理酒類アルコール発酵醪(もろみ)に応用したのがアルコール蒸留であり、その結果得られる酒類蒸留酒である。蒸留法は、蒸留するときの機内圧力によって、(1)常圧蒸留、(2)減圧蒸留、(3)加圧蒸留に、また、蒸留する溶液供給方法によって、(1)単式(回分式)蒸留と(2)連続式蒸留に分類される(第9表参照)。酒類の蒸留は主に常圧蒸留単式または連続式の蒸留法が採られている。単式蒸留法は本格焼酎モルト・ウイスキーブランデーなどに適用され、発酵によって形成された風味成分多く製品回収される。連続式蒸留法は焼酎甲類グレーン・ウイスキーなどに適用され、アルコール以外の成分少ないピュアーな製品が得られる。また最近では、一部本格焼酎減圧単式蒸留法が採用されている。

蒸留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/18 14:41 UTC 版)

蒸留(じょうりゅう、Distillation)とは、混合物を一度蒸発させ、後で再び凝縮させることで、沸点の異なる成分を分離・濃縮する操作をいう。通常、目的成分が常温で液体であるか、融点が高々100℃程度の固体の場合に用いられる。共沸しない混合物であれば、蒸留によりほぼ完全に単離精製することが可能であり、この操作を特に分留という。




「蒸留」の続きの解説一覧





蒸留と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

蒸留に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「蒸留」の関連用語

蒸留のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木和田川砂防一号堰堤

アガード石

ドットボタン

岩崎彌之助

アーカンサストウースピック

油しぼり機

送り槓

びなす





蒸留のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蒸留 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS