ヘブライ語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 公用語 > ヘブライ語の意味・解説 

ヘブライご [0] 【ヘブライ語】

イスラエル国公用語。また,各地ユダヤ人社会で使われる。アフロ-アジア諸語西北セム語派属す古代ヘブライ語は旧約聖書言語話し言葉としては紀元前三世以来使われなくなっていたのを,シオニズム運動の中で人工的復活させた。ヘブル語

ヘブライ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 13:26 UTC 版)

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, ラテン語: Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族セム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。


  1. ^ ヘブライ語ラテン文字翻字
  2. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3127540 「イスラエル、アラビア語を公用語から外す法案を閣議決定」AFPBB 2017年05月08日 2017年6月21日閲覧
  3. ^ Amal Jamal (2006年9月). “The Culture of Media Consumption among National Minorities: The Case of Arab Society in Israel”. I’lam Media Center for Arab Palestinians in Israel. 2014年6月29日閲覧。


「ヘブライ語」の続きの解説一覧

ヘブライ語

出典:『Wiktionary』 (2010/03/25 20:44 UTC 版)

名詞

  1. アフロ・アジア語族セム語派言語イスラエル公用語古代パレスチナに住んでいたヘブライ人ユダヤ人)が母語として用いていた言語古典ヘブライ語または聖書ヘブライ語)を祖語とするが、西暦紀元前後にはほとんど失われており、紀元70年ユダヤ人世界離散ディアスポラ)で日常語としては死語となった。19世紀シオニズム運動に伴い聖書など古典文献から復活、現在イスラエル国で話される現代ヘブライ語となった。表記にはヘブライ文字(アレフベート)を用いる。言語コードISO639-1ではheISO 639-2ではheb

訳語






ヘブライ語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヘブライ語に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヘブライ語」の関連用語

ヘブライ語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

奥裾花

正法寺川北沢第五号石堰堤

地方自治法施行60周年記念 奈良県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

ウォーターカップ

平削り

マユミ

青葉山丸

布引渓流





ヘブライ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘブライ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヘブライ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS