イスラエルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > イスラエルの意味・解説 

イスラエル 【Israel】


イスラエル(いすらえる)

古代パレスチナ
およそ2000年前、パレスチナにはユダヤ人が住んでいた。ところが、紀元2世紀頃、当時強国だったローマ帝国が、パレスチナ進出してきた。このためユダヤ人パレスチナから追い出されてしまった。

その後ユダヤ人は家なき民としてヨーロッパ転々とした。一方ユダヤ人がいなくなったパレスチナには、アラブ人が入ってきた。その後2000年わたってパレスチナにはアラブ民族居住しつづけた。

訪れ転機
パレスチナ転機訪れるのが、20世紀はじめころだ。アラブ人かいなかったパレスチナに、イギリスアメリカ進出してく。これによってパレスチナ勢力地図大きく変わることになった。

まず、イギリスユダヤ人利用思いついた。ユダヤ人中にはロスチャイルド家のような大金持ちがった。イギリスは、ユダヤ資本利用したいと考えたのだ。

イギリスは、そのころ大英帝国として力をふるっていた。しかし第一次世界大戦などの戦争のため、戦争費用がかさんでいた。ユダヤ資本利用すれば、第一次世界大戦を有利に進めることができる。

第一次世界大戦のさなか、イギリスは、ロスチャイルド家あての手紙の中でひそかに約束をした。これは、「戦争協力してほしい。そのかわり戦後ユダヤ人国家建設してあげる」という内容だった。

【イスラエル建国
第二次世界大戦後イギリスユダヤとの約束実行した。イギリスアメリカ相談して、ユダヤ人の国イスラエルを建国することにしたのだ。イギリス・アメリカはアラブ社会介入し、強制的土地一部分割した。

その後、イスラエルには、ぞくぞくユダヤ人入植した。イスラエルはユダヤ人土地となったのだ。

しかし、イスラエルは、アラブ人からはこころよく思われなかった。アラブ人にとってみれば、成立過程からして「大事な聖地がイスラエルに奪われた」という思いが強いのだ。このため、イスラエル対アラブ諸国のあいだで、何回戦争が起きている。

(2000.10.24掲載


イスラエル

名前 IsraelIsraëlIsraelsIsrahelYsrael

イスラエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/02 14:48 UTC 版)

イスラエル国(イスラエルこく、ヘブライ語: מְדִינַת יִשְׂרָאֵלメディナット・イスラエルアラビア語: دولة إسرائيلダウラト・イスラーイール英語: State of Israel)、通称イスラエルは、中東パレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区ヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。




[ヘルプ]
  1. ^ country profile | Israel”. 国連統計部. 2014年4月4日閲覧。
  2. ^ Time Series-DataBank”. イスラエル中央統計局 (2014年2月). 2014年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e Report for Selected Countries and Subjects”. 国際通貨基金. 2014年4月4日閲覧。
  4. ^ 創世記 32:24-29創世記 35:9-10
  5. ^ Popular Opinion”. パレスチナ・ポスト (1947年12月7日). 2014年4月7日閲覧。
  6. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.8-20
  7. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.24-37
  8. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.12
  9. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.53-59
  10. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.63-64
  11. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.75-79
  12. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.82-59
  13. ^ Shimon Applebaum (1989). Judaea in Hellenistic and Roman Times: Historical and Archaeological Essays. Brill Archive. p. 93. ISBN 978-9004088214. http://books.google.co.jp/books?id=ScwUAAAAIAAJ&pg=PA93. 
  14. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.20
  15. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.98-99
  16. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 pp.22-25
  17. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.113
  18. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.118
  19. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.129
  20. ^ The First Aliyah (1882-1903)”. Jewish Virtual Library. 2014年4月4日閲覧。
  21. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.44
  22. ^ シュラキ 『イスラエル』1974年 p.21
  23. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.33
  24. ^ ハレヴィ『ユダヤ人の歴史』1990年 p.246
  25. ^ ハレヴィ『ユダヤ人の歴史』1990年 p.255
  26. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.8-11, 125-127
  27. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.251-254
  28. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.124-125
  29. ^ The Second Aliyah (1904-1914)”. Jewish Virtual Library. 2014年4月4日閲覧。
  30. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.44
  31. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.130
  32. ^ ハレヴィ『ユダヤ人の歴史』1990年 p.251
  33. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.128
  34. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.15-18
  35. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.133
  36. ^ シュラキ 『イスラエル』1974年 p.26
  37. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.22-31
  38. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.134-141
  39. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.33-34, 142-143
  40. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.34-35, 144-145
  41. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.46
  42. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.149-150
  43. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.277-278
  44. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.41-42
  45. ^ 阿部『パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史』2004年 p.33
  46. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.44, 150-152
  47. ^ ロス『ユダヤ人の歴史』1997年 pp.291-292
  48. ^ シュラキ 『イスラエル』1974年 pp.30-31
  49. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.157-159
  50. ^ UNITED NATIONS: General Assembly: A/364: 3 September 1947: OFFICIAL RECORDS OF THE SECOND SESSION OF THE GENERAL ASSEMBLY: SUPPLEMENT No. 11: UNTIED NATIONS SPECIAL COMMITTEE ON PALESTINE: REPORT TO THE GENERAL ASSEMBLY: VOLUME 1” (1947年9月3日). 2014年1月20日閲覧。
  51. ^ A/PV.128 of 29 November 1947” (1947年11月29日). 2014年1月22日閲覧。
  52. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.161-162
  53. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.37
  54. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.163-164
  55. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.164-165
  56. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.167
  57. ^ シュラキ 『イスラエル』1974年 pp.44-46
  58. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.178-179
  59. ^ 阿部『パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史』2004年 pp.55-58
  60. ^ Admission of Israel to membership in the United Nations (A/PV.207) (PDF)”. 国際連合 (1949年5月11日). 2014年4月3日閲覧。
  61. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.168-170
  62. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.172
  63. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.53-54
  64. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.173-176
  65. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.64
  66. ^ S/RES/242 (1967) of 22 November 1967” (1967年11月22日). 2014年4月5日閲覧。
  67. ^ 阿部『パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史』2004年 p.75
  68. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.58-68
  69. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.67-72
  70. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.68
  71. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.75-76, 185
  72. ^ 阿部『パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史』2004年 pp.78-79
  73. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.76, 83
  74. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 p.186
  75. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.187-188
  76. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.69
  77. ^ 奈良本『君はパレスチナを知っているか : パレスチナの100年』1997年 pp.177-183
  78. ^ S/RES/605 (1987) of 22 December 1987”. 国際連合 (1987年12月22日). 2014年4月5日閲覧。
  79. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.84-85
  80. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.70
  81. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.92, 199
  82. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.199-201
  83. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.201-203
  84. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.93, 203
  85. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.203-209
  86. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.339
  87. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.76
  88. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 pp.83-84
  89. ^ a b c d e f 衆議院ロシア等欧州各国及びイスラエル憲法調査議員団報告書 (PDF)”. 衆議院. pp. 269-279 (2001年11月). 2014年4月7日閲覧。
  90. ^ Declaration of Establishment of State of Israel”. イスラエル外務省 (1948年5月14日). 2014年4月7日閲覧。
  91. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.171
  92. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.77
  93. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.79
  94. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 p.16
  95. ^ a b 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 pp.17-18
  96. ^ Israel: Background and Relations with the United States (PDF)”. アメリカ議会図書館. p. 7 (2006年5月18日). 2014年4月7日閲覧。
  97. ^ イスラエル基礎データ | 外務省”. 外務省 (2013年10月1日). 2014年4月7日閲覧。
  98. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 pp.81-82
  99. ^ 池田明史 (2001年11月21日). “イスラエルに於ける首相公選制度:導入と蹉跌”. 内閣官房内閣広報室. 2014年4月7日閲覧。
  100. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.85
  101. ^ Capital Punishment”. Jewish Virtual Library. 2014年4月7日閲覧。
  102. ^ “イスラエル刑務所に2か月超 パレスチナ人12歳少女、釈放される”. フランス通信社. (2016年4月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3085186 2016年5月22日閲覧。 
  103. ^ アリス・ミリケン (2015年7月1日). “イスラエルが考え出した新たな「拷問」”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3742.php 2015年7月11日閲覧。 
  104. ^ Najeeb Farraj (2008年2月2日). “Palestinian Sources: Israel transferred 120 Palestinian prisoners to administrative detention”. 2014年4月5日閲覧。
  105. ^ 手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」(幻冬舎新書)
  106. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.188
  107. ^ Matthew Kroenig (2010). Exporting the Bomb: Technology Transfer and the Spread of Nuclear Weapons. Cornell University Press. pp. 71-74. ISBN 9780801476402. http://books.google.co.jp/books?id=8Rm8IqbPuZIC&pg=PA71. 
  108. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.306-308
  109. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 pp.149-150
  110. ^ 福田毅 (2007年6月). “冷戦後のNATOのパートナーシップ政策の発展 (PDF)”. 国立国会図書館. p. 3. 2014年4月8日閲覧。
  111. ^ OECDとは?”. 経済産業省. 2014年4月8日閲覧。
  112. ^ EU and Israel initiate negotiations on Israel participation in Framework Programme for Research and Innovation 2014-2020”. EU Neighbourhood Info Centre (2013年8月20日). 2014年4月8日閲覧。
  113. ^ CERN to admit Israel as first new Member State since 1999”. 欧州原子核研究機構 (2014年1月15日). 2014年4月8日閲覧。
  114. ^ EMBC Member States”. 欧州分子生物学機構. 2014年4月8日閲覧。
  115. ^ EMBL History”. 欧州分子生物学研究所. 2014年4月8日閲覧。
  116. ^ “イスラエルが外交多角化 中印に急接近、日仏と連携強化”. 日本経済新聞. (2014年5月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0804P_Z00C14A5FF2000/ 2014年5月17日閲覧。 
  117. ^ Ažubalis in Jerusalem: Lithuania and Israel are simila”. en.15min.lt:. 2014年4月2日閲覧。
  118. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.297
  119. ^ a b U.S. Relations With Israel”. アメリカ合衆国国務省 (2014年3月10日). 2014年4月9日閲覧。
  120. ^ Foreign Assistance Fast Facts: FY2012”. アメリカ合衆国国際開発庁. 2014年4月14日閲覧。
  121. ^ 外務省 イスラエル国基礎データ 2015年6月19日
  122. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 pp.179-180
  123. ^ Jewish Population of the World”. 2014年4月14日閲覧。
  124. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.291-292
  125. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 p.180
  126. ^ 宮家邦彦 (2011年10月30日). “シリーズ:なぜ日本人は中東情勢を読み誤るのか 第三回:米国「イスラエル・ロビー」にまつわる7つの神話:中東情勢分析 (PDF)”. 中東協力センター. 2014年4月14日閲覧。
  127. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 p.188
  128. ^ Denmark 'Egypt's foe', says poll”. BBCニュース (2006年11月1日). 2014年4月8日閲覧。
  129. ^ ハマス、ヒズボラにシリア撤退要請 「敵はイスラエル」”. 朝日新聞 (2013年6月17日). 2014年4月9日閲覧。
  130. ^ ヒズボラ | 国際テロリズム要覧(要約版)”. 公安調査庁. 2014年4月8日閲覧。
  131. ^ イスラエル基礎データ”. 外務省. 2014年4月9日閲覧。
  132. ^ “Lieberman asks new UN chief to revoke Iran's membership Israel News”. ハアレツ. AP通信. (2007年1月2日). http://www.haaretz.com/news/lieberman-asks-new-un-chief-to-revoke-iran-s-membership-1.208874 2014年4月6日閲覧。 
  133. ^ ホロコースト、イスラエル建設のための口実=イラン大統領”. ロイター (2009年9月18日). 2014年4月8日閲覧。
  134. ^ Lieberman: U.S. will accept any Israeli policy decision Israel News”. ハアレツ (2009年4月22日). 2014年4月8日閲覧。
  135. ^ Afghans sign up to fight Israeli troops in Gaza”. ロイター (2009年1月8日). 2014年4月8日閲覧。
  136. ^ Leila Hatoum (2006年8月31日). “Siniora vows to be last in making peace with Israel”. The Daily Star. 2014年4月8日閲覧。
  137. ^ イスラエル、またシリア空爆か ミサイルの輸送阻む狙い”. 朝日新聞 (2013年11月1日). 2014年4月8日閲覧。
  138. ^ 『ダイヤモンドと死の商人』 pp.124-127.
  139. ^ a b c ジェトロ世界貿易投資報告2012年版 (PDF)”. 日本貿易振興機構 (2012年8月31日). 2014年4月13日閲覧。
  140. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.222
  141. ^ 『ダイヤモンドと死の商人』 pp.81-85.
  142. ^ 『ダイヤモンドと死の商人』 pp.128-132.
  143. ^ 『ダイヤモンドと死の商人』 pp.144-145.
  144. ^ Jonathan Marcus (1999年2月18日). “Analysis: Middle East's 'phantom alliance'”. BBCニュース. 2014年4月8日閲覧。
  145. ^ 外務省: トルコとイスラエルの関係正常化について(外務報道官談話)”. 外務省 (2013年3月25日). 2014年4月8日閲覧。
  146. ^ イスラエル首相、支援船急襲事件でトルコに謝罪”. CNN (2013年3月23日). 2014年4月8日閲覧。
  147. ^ Israel-India relations / Strong, but low-key Israel News”. ハアレツ (2008年12月1日). 2014年4月8日閲覧。
  148. ^ David Isenberg (2002年12月4日). “Israel's role in China's new warplane”. Asia Times. 2014年4月8日閲覧。
  149. ^ Israel's image in China”. エルサレム・ポスト (2009年3月16日). 2014年4月8日閲覧。
  150. ^ 特に金額について。孫引きになるが Klaus Polkehn The Secret Contacts: Zionism and Germany Journal of Palestine Studies
  151. ^ 『ユダヤ人とは何か』 pp.157-159.
  152. ^ 『ダイヤモンドと死の商人』 pp.124-125.
  153. ^ コンシャーボク&アラミー『双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史』2011年 pp.163-164
  154. ^ Statistical Abstract of Israel 2011 - No. 62 Subject 4 - Table No. 4”. イスラエル中央統計局 (2011年). 2014年4月7日閲覧。
  155. ^ 衆議院ロシア等欧州各国及びイスラエル憲法調査議員団報告書 (PDF)”. 衆議院. pp. 269-279 (2001年11月). 2014年4月7日閲覧。
  156. ^ イスラエルの女性ファッション市場調査”. 日本貿易振興機構. p. 1 (2013年5月31日). 2014年4月14日閲覧。
  157. ^ イスラエルとパレスチナの共存共栄に向けた日本の中長期的な取組:「平和と繁栄の回廊」創設構想”. 外務省 (2006年7月). 2014年4月8日閲覧。
  158. ^ 「平和と繁栄の回廊」構想第3回4者協議閣僚級会合におけるプレス・ステートメント(仮訳)”. 外務省 (2008年7月2日). 2014年4月8日閲覧。
  159. ^ 外相、23日から中東歴訪 5年ぶり4者閣僚級会合開く” (2013年7月23日). 2014年4月8日閲覧。
  160. ^ “安保分野の協力推進で一致…日・イスラエル首脳”. 読売新聞. (2014年5月12日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140512-OYT1T50138.html 2014年5月17日閲覧。 
  161. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 pp.91-92
  162. ^ Defence Service Law -Consolidated Version 5746-1986”. イスラエル外務省 (1986年1月30日). 2014年4月8日閲覧。
  163. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.143
  164. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.102
  165. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 p.77
  166. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.6
  167. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 p.139
  168. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.91
  169. ^ イスラエル軍がパレスチナ人未成年者を虐待、ユニセフ報告”. フランス通信社 (2013年3月7日). 2014年4月5日閲覧。
  170. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 p.129
  171. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.183-184
  172. ^ Nuclear Weapons - Israel”. アメリカ科学者連盟 (2007年1月8日). 2014年4月5日閲覧。
  173. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.183-184
  174. ^ asahi.com:イスラエルの核保有「公表」 米次期国防長官”. 朝日新聞社 (2006年12月8日). 2006年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月5日閲覧。
  175. ^ イスラエル首相、核兵器保有示唆で波紋広がる”. 中国国際放送局 (2006年12月13日). 2014年4月5日閲覧。
  176. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.98
  177. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 pp.98-101
  178. ^ 創世記 15:18-21
  179. ^ 出エジプト記 23:30-31
  180. ^ 民数記 34:1-15
  181. ^ エゼキエル書 47:13-20
  182. ^ 阿部『パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史』2004年 pp.263-268
  183. ^ 立山『揺れるユダヤ人国家 : ポスト・シオニズム』2000年 pp.48-55
  184. ^ 平成22年度県民経済計算について (PDF)”. 内閣府経済社会総合研究所 (2013年5月29日). 2014年4月5日閲覧。
  185. ^ a b 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.214
  186. ^ Statistical Abstract of Israel 2013 No.of Diagram 64 Chapter 16 No. of Diagram 1”. イスラエル中央統計局. 2014年4月13日閲覧。
  187. ^ イスラエル国 / 新成長国各国ガイド|BRICs ネクスト11 新興国”. ゴールドマン・サックス. 2014年4月13日閲覧。
  188. ^ イスラエルの至宝、女性起業家ヤエル・カロブ”. 日経BP (2014年1月14日). 2014年4月13日閲覧。
  189. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.228
  190. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.8
  191. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.215-216
  192. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.302
  193. ^ Israel Central Bureau of Statistics, Statistical Abstract of Israel 2008, p.642.
  194. ^ OECD, Entrepreneurship at a Glance
  195. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.219
  196. ^ 間近で見たイスラエル農業の先進性 (PDF)”. JA全農 (2011年3月28日). 2014年4月13日閲覧。
  197. ^ Helena Lindholm "Water and the Arab-Israeli Conflict" in Ohlsson ed. Hydropolitics p.58.
  198. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.222
  199. ^ A summary of SIPRI Yearbook 2013”. ストックホルム国際平和研究所 (2013年6月3日). 2014年4月13日閲覧。
  200. ^ Israel marks record defense exports in 2010”. エルサレム・ポスト (2011年6月16日). 2014年4月13日閲覧。
  201. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.189
  202. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.7
  203. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 pp.50-55
  204. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.216
  205. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.11
  206. ^ a b マイクロ衛星打ち上げ用空中発射システムに関する調査研究 (PDF)”. 宇宙システム開発利用推進機構. p. 17 (2007年3月). 2014年4月15日閲覧。
  207. ^ 人工衛星についてのFAQ”. 宇宙航空研究開発機構. 2014年4月15日閲覧。
  208. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.163
  209. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.237
  210. ^ “Study: 850,000 children live in poverty in Israel”. ハアレツ. (2010年12月22日). http://www.haaretz.com/news/national/study-850-000-children-live-in-poverty-in-israel-1.332047 2010年12月24日閲覧。 
  211. ^ イスラエル経済月報 (PDF)”. 在イスラエル日本国大使館 (2013年2月). 2014年4月13日閲覧。
  212. ^ “Report: Standard of living rises, poor remain impoverished”. ynetnews.com. (2008年2月14日). http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3506852,00.html 2010年12月25日閲覧。 
  213. ^ “イスラエルで15万人デモ 住宅価格高騰に抗議”. 産経新聞. (2011年7月31日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110731/mds11073110240000-n1.htm 2011年7月31日閲覧。 
  214. ^ “イスラエルで30万人デモ 物価高騰で「史上最大規模」”. 産経新聞. (2011年8月7日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110807/mds11080711310005-n1.htm 2011年8月7日閲覧。 
  215. ^ Israel ranked poorest member of OECD”. PressTV (2013年12月8日). 2014年4月5日閲覧。
  216. ^ 65th Independence Day - More than 8 Million Residents in the State of Israel (PDF)”. イスラエル中央統計局 (2013年5月19日). 2014年4月5日閲覧。
  217. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.129
  218. ^ a b The population of Israel 1990-2009 Demographic characteristics (PDF)”. イスラエル中央統計局 (2010年10月20日). 2014年4月5日閲覧。
  219. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.20
  220. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 pp.79-80
  221. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.145
  222. ^ POPULATION, BY RELIGION AND POPULATION GROUP (PDF)”. イスラエル中央統計局 (2005年9月14日). 2014年4月5日閲覧。
  223. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.135
  224. ^ Guide: Christians in the Middle EastBBC
  225. ^ “"Table 2.24 – Jews, by country of origin and age" (PDF)”. イスラエル中央統計局. (2010年3月22日). http://www.cbs.gov.il/reader/shnaton/templ_shnaton_e.html?num_tab=st02_24x&CYear=2009 2015年6月3日閲覧。 
  226. ^ “【海外事件簿】イスラエルで強まるアフリカ移民排斥感情”. 産経新聞. (2012年6月10日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120610/mds12061007000001-n4.htm 2012年8月6日閲覧。 
  227. ^ “平和だったアラブ系イスラエル人の村、憎悪犯罪の標的に”. AFPBB News. (2013年6月26日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2952275/10926640 2013年6月26日閲覧。 
  228. ^ ジャック・ムーア (2015年3月12日). “イスラエル総選挙でアラブ系統一会派が歴史的躍進”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/03/post-3584.php 2015年3月21日閲覧。 
  229. ^ Hazel Ward (2015年5月5日). “イスラエル、「人種差別」取り締まり約束 エチオピア系市民のデモ暴徒化”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3047424 2015年5月7日閲覧。 
  230. ^ “イスラエル、パレスチナ人のバス同乗禁止を凍結 国内で批判”. CNN. (2015年5月21日). http://www.cnn.co.jp/world/35064844.html 2015年5月24日閲覧。 
  231. ^ “パレスチナ人のバス同乗禁止措置、イスラエル首相が凍結命令”. AFPBB News. (2015年5月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3049252 2015年5月21日閲覧。 
  232. ^ “パレスチナ人のバス同乗禁止 一転して中止”. NHK. (2015年5月21日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150521/k10010086501000.html 2015年5月24日閲覧。 
  233. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.5
  234. ^ a b c シンポジウム「高齢社会における人権」ILCイスラエル (PDF)”. 国際長寿センター (2007年10月16日). 2014年4月15日閲覧。
  235. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.105
  236. ^ a b c Society at a Glance 2014 - Highlights: ISRAEL - OECD Social Indicators”. 経済協力開発機構 (2014年). 2014年4月16日閲覧。
  237. ^ Human Development Reports”. 国際連合開発計画. 2014年4月15日閲覧。
  238. ^ 創世記 1:28
  239. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.96
  240. ^ Israel Is Leading the World in In Vitro Fertilization”. ニューヨーク・タイムズ (2011年7月17日). 2014年4月16日閲覧。
  241. ^ John A.Collins (2002). “An international survey of the health economics of IVF and ICSI” (PDF). Human Reproduction Update (ヨーロッパ生殖医学学会) 8 (3): 268. http://humupd.oxfordjournals.org/content/8/3/265.full.pdf 2014年4月17日閲覧。. 
  242. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.163
  243. ^ 子どもへの司法面接:面接法の改善その評価: イスラエルを訪問し,司法面接事情を視察しました。”. 北海道大学 (2010年6月5日). 2014年4月15日閲覧。
  244. ^ Life expectancy at birth, total population”. OECD iLibrary (2013年12月6日). 2014年4月15日閲覧。
  245. ^ Human Development Report 2013”. 国際連合開発計画. pp. 144-146 (2013年). 2014年4月16日閲覧。
  246. ^ イスラエル外務省 『イスラエルの情報』 p.161
  247. ^ OECD iLibrary: Statistics / OECD Factbook / 2011 / Elderly population by region”. 経済協力開発機構 (2011年). 2014年4月16日閲覧。
  248. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.11
  249. ^ イスラエル (PDF)”. 国際金融情報センター (2013年10月28日). 2014年4月15日閲覧。
  250. ^ Knesset raises school dropout age to 18”. ハアレツ (2007年7月18日). 2014年4月15日閲覧。
  251. ^ Piron extends compulsory education law” (2013年8月27日). 2014年4月16日閲覧。
  252. ^ 諸外国・地域の学校情報(国・地域の詳細情報)”. 外務省 (2011年3月). 2014年4月14日閲覧。
  253. ^ 外務省: 世界の学校を見てみよう! イスラエル国”. 外務省. 2014年4月14日閲覧。
  254. ^ 科学技術振興機構 『科学技術・イノベーション政策動向報告 イスラエル編』 p.8
  255. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.88
  256. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 pp.81-82
  257. ^ Israeli couples wed at mass civil ceremony in Cyprus”. ハアレツ (2011年1月19日). 2014年4月17日閲覧。
  258. ^ About AFC(AFCについて 歴史など説明)-AFC公式HP英語版2007年9月6日
  259. ^ デイヴィッド・ゴールドブラッド著・野間けいこ訳『2002ワールドカップ32カ国・データブック』株式会社ネコパブリッシング ネコウェブ
  260. ^ 後藤健生「日本サッカー史 日本代表の90年 1917→2006」
  261. ^ 立山『イスラエルを知るための60章』2012年 p.273



イスラエル

出典:『Wiktionary』 (2011/05/10 18:26 UTC 版)

固有名詞

  1. 歴史紀元前10世紀頃、ダビデユダヤ人統一して築いた国、イスラエル王国
  2. 現代西アジア中東)、地中海沿岸にあるユダヤ人の国。イスラエル共和国首都エルサレムであると宣言したが、国際的には認められず、テルアビブとみなされている。公用語ヘブライ語

翻訳






イスラエルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イスラエル」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イスラエル」の関連用語

イスラエルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

片男波海水浴場

平削り

搾乳ロボット

神無月

開口部

マーク・アンドリーセン

高度道路交通システム

GMサーベイメータ





イスラエルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイスラエル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイスラエル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS