動機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 動機の意味・解説 

どう き [0] 【動機】

が行動を起こしたり,決意したりする時の直接の(心理的な原因きっかけまたは目的。 「犯行の-」 「執筆の-」 「 -が不純だ」
〘心〙 人の行動決定する意識的無意識的原因動因
〘倫〙 行動規定する根拠となる目的意識を伴った欲望衝動
〘法〙 犯罪および意思表示法律行為を行う際の内的原因原因
モチーフ に同じ。 〔もと「機械動力運動」の意。「哲学字彙」(1881年)に英語 motive訳語として載る倫理学心理学の用語として一般化


動機

作者小杉健治

収載図書動機
出版社光文社
刊行年月1990.3

収載図書動機
出版社光文社
刊行年月1993.10
シリーズ名光文社文庫


動機

作者山下憲子

収載図書ショートショートの広場 6
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名講談社文庫


動機

作者横山秀夫

収載図書ザ・ベストミステリーズ推理小説年鑑 2000
出版社講談社
刊行年月2000.6

収載図書動機
出版社文芸春秋
刊行年月2000.10

収載図書動機
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11
シリーズ名文春文庫

収載図書罪深き者に罰を―ミステリー傑作42
出版社講談社
刊行年月2002.11
シリーズ名講談社文庫


動機

作者ダフネ・デュ・モーリア

収載図書デュ・モーリア傑作
出版社東京創元社
刊行年月2000.11
シリーズ名創元推理文庫


動機


動機

作者金堀常美

収載図書真夜中ココア
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


動機

作者ロナルド・A.ノックス

収載図書法月綸太郎本格ミステリ・アンソロジー
出版社角川書店
刊行年月2005.10
シリーズ名角川文庫


動機

作者家田満理

収載図書ショートショートの広場 20
出版社講談社
刊行年月2008.3
シリーズ名講談社文庫


動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/08 07:25 UTC 版)

動機(どうき)は、




「動機」の続きの解説一覧

動機

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 07:33 UTC 版)

名詞

どうき

  1. 考え行動始めようになった意識的または無意識的原因
    しばらくして庄兵衛はこらえ切れなくなって呼びかけた。「喜助。お前何を思っているのか。」「はい」と言ってあたりを見回し喜助は、何事をかお役人に見とがめられたのではないかと気づかうらしく、居ずまいを直し庄兵衛気色を伺った。庄兵衛自分突然問いを発した動機明かして、役目離れ応対求める言いわけをしなくてはならぬように感じた。そこでこう言った。(森鴎外高瀬舟』)

発音

ど↗ーき

関連語

翻訳






動機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

動機に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「動機」の関連用語

動機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カルノー

ドラッグスター250

フチドリワモンヤドカリ

矢竹

コンフリー

LIGHTNING XB12Scg

Lyndon B. Johnson

福岡堰





動機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS