義務とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 義務 > 義務の意味・解説 

ぎ む [1] 【義務】

人が人として,あるいは立場上,身分上当然しなければならないこと。責務
〘哲・倫〙 道徳的必然性をもつ原理によって人が課せられる,ある行為をなすべし,またはなすべからずとする強制拘束
〘法〙 規範によって命令ないし禁止されたこと。あることをせよとする作為義務と,してはならないとする不作為義務がある。 〔津田真道訳「泰西国法論」に「務む可き義」とある。dutyobligation訳語。「和英語林集成三版」(1886年)には双方訳語として載る
▽↔ 権利
「義務」に似た言葉
  義理  債務    任務


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/11 07:28 UTC 版)

義務(ぎむ)とは、従うべきとされることを意味する。義務の根拠としては、理性道徳倫理宗教、法制度(法令・契約など)、慣習などが挙げられる。義務に反した場合には、制裁があるとされる。制裁には、内面的・物理的・社会的なものがある。


  1. ^ 毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年
  2. ^ ただし、フランスでは2004年に、環境に対する国民の具体的権利及び義務を規定する環境憲章を制定するとともに、憲法前文についても環境憲章に言及する改正を行った(那須俊貴[他] 『「シリーズ憲法の論点14―環境権の論点―」』 国立国会図書館調査及び立法考査局、2007年NDLJP:1001031)。
  3. ^ 衆議院憲法調査会事務局(平成15年6月5日開催「基本的人権の保障に関する調査小委員会」参考資料), 「基本的人権と公共の福祉に関する基礎的資料 -国家・共同体・家族・個人の関係の再構築の視点から-」, p. 43, http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/chosa/shukenshi031.pdf/$File/shukenshi031.pdf 
  4. ^ GHQ草案では「国民の三大義務」に相当する条項はなかったが、「憲法改正草案要綱」(昭和21年3月6日発表)の段階では教育の義務が設けられ、その後、帝国議会における審議の過程でさらに納税の義務及び勤労の義務が設けられるに至った。
  5. ^ 野中ほか著、有斐閣「憲法I(第4版)」P535。
  6. ^ 「憲法がかように保護者に子女を就学せしむべき義務を課しているのは、単に普通教育が民主国家の存立、繁栄のため必要であるという国家的要請だけによるものではなくして、それがまた子女の人格の完成に必要欠くべからざるものであるということから、親の本来有している子女を教育すべき責務を完うせしめんとする趣旨に出たものでもある」(最大判昭和39年2月26日民集18巻2号343頁)
  7. ^ 野中ほか、同P534


「義務」の続きの解説一覧

義務

出典:『Wiktionary』 (2012/02/20 09:42 UTC 版)

名詞

(ぎむ)

  1. それを行なわなければ何らかの不利益を被ることを受容なければならないことが、道義的法律的に理由づけられていること。

発音

ぎ↘む

語源

翻訳

関連語






義務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

義務に関連した本

「義務」に関係したコラム

  • 株365の税金は

    株365で利益を得た場合には確定申告をして税金を納めなければなりません。課税方法は申告分離課税で、税率は利益の20%になります。申告は、会社勤めをしているサラリーマン、主婦、フリーターなど、職業を問わ...

  • FXの信託保全とは

    FX(外国為替証拠金取引)の信託保全とは、FX業者が、顧客から預託された保証金を保全するために金銭信託することです。顧客から預託された保証金は、「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「義務」の関連用語

義務のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダリア

榎本武揚

床版上面増厚工法

山縣亮太

住吉鳥居

MOL Efficiency

桂皮

URBANO





義務のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの義務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの義務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS