道徳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 道徳 > 道徳の意味・解説 

どう とく だう- [0] 【道徳】

ある社会で,人々がそれによって善悪正邪判断し,正しく行為するための規範総体法律違い外的強制力としてではなく個々人内面的原理として働くものをいい,また宗教異なって超越者との関係ではなく人間相互の関係を規定するもの。
小・中学校において,道徳教育を行う教育課程1958年昭和33)に設置
もっぱら道と徳とを説くことから〕 老子の学。


どうとく 【道徳】

人の行うべき倫常の道。倫理と同じ。老子根源的原理(道)と万物育成造化作用(徳)とを説いたので、『老子』を『道徳経』ともいう。仏教でも道徳の語を借用して正法を道とし、それを保持するのを徳とする悟り本質)。中世末期ヨーロッパ栄え教訓宗教劇道徳劇ともいう。作者聖職者が多い。アメリカルター派牧師ブックマン一八七八~一九六一)は道徳再武装運動Moral Re Armament=略称MRA)を起こし道徳的回心を説いた。

道徳

読み方:ドウトク(doutoku)

所在 高知県高岡郡四万十町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

道徳

読み方:ドウトク(doutoku)

所在 愛知県(名古屋鉄道常滑線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

道徳

読み方
道徳どうとく

道徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/12 04:58 UTC 版)

道徳(どうとく)は、道徳的規範(どうとくてききはん)や道徳性(どうとくせい)などのこと。倫理(りんり)はいくつかの意味をもち、道徳を表すことが多い。モラルとも称される。




  1. ^ ピーター・シンガー著、山内友三郎、塚崎智監訳『実践の倫理』新版、昭和堂、1999、p. 6.
  2. ^ Jonathan Haidt and Craig Joseph, Intuitive Ethics: How Innately Prepared Intuitions Generate Culturally Variable Virtues, Daedalus, 133, 4, 2004.
  3. ^ M. S. Tisak and E. Turiel, Children's conceptions of moral and prudential rules, Child Development, 55, 3, pp.1030-1039, June 1984.
  4. ^ Richard A. Shweder and Jonathan Haidt, The Future of Moral Psychology: Truth, Intuition, and the Pluralist Way, Psychological Science, 4, pp.360-365, Request Paper, 1993.
  5. ^ a b J. Haidt, S. Koller and M. Dias, Affect, culture, and morality, or is it wrong to eat your dog?, Journal of Personality and Social Psychology, 65, pp.613-628, 1993.
  6. ^ スティーブン・ピンカー著、山下篤子訳『人間の本性を考える』下、NHKブックス、2004, p.65-66.
  7. ^ Rosenblatt, Abram, et al. "Evidence for Terror Management Theory I: The Effects of Mortality Salience on Reactions to Those Who Violate or Uphold Cultural Values." Journal of Personality and Social Psychology, 57, 1989, pp.681–690.
  8. ^ J. H. Goldberg, J. S. Lerner, and P. E. Tetlock, Rage and reason: The psychology of the intuitive prosecutor, European Journal of Social Psychology, 29, pp.781-795, 1999.
  9. ^ Fiery Cushman, Crime and punishment: Distinguishing the roles of causal and intentional analyses in moral judgment, Cognition, 108, 2, pp.353-380, Aug 2008.
  10. ^ Fiery Cushman, Liane Young, and Marc Hauser, The Role of Conscious Reasoning and Intuition in Moral Judgment : Testing Three Principles of Harm, Psychological Science, 17, 12, pp.1082-1089, 2006.
  11. ^ Kevin M. Carlsmith, John M. Darley and Paul H. Robinson, Why Do We Punish? Deterrence and Just Deserts as Motives for Punishment, Journal of Personality and Social Psychology, 83, 2, pp.284–299, 2002.
  12. ^ Ara Norenzayan, et al. The Origin and Evolution of Religious Prosociality, Science, 322, 58, 2008.
  13. ^ リチャード・ドーキンス著、垂水雄二訳『神は妄想である―宗教との決別』早川書房、2007.(第6章「道徳の起源―なぜ私たちは善良なのか?」、第7章「『よい』聖書と移り変わる『道徳に関する時代精神』」)
  14. ^ a b M. Hauser and P. Singer, Morality without religion, Free Inquiry, Dec. 2005; Project Syndicate, Dec. 2005.
  15. ^ Scott Atran and Ara Norenzayan, Religion's evolutionary landscape: Counterintuition, commitment, compassion, communion, Behavioral and Brain Sciences, 27, 2004.
  16. ^ Alan Macfarlane(アラン・マクファーレン),Japan Through the Looking Glass,2007, Profile Books, page194
  17. ^ Lafcadio Hearn,Japan:An Attempt at Interpretation,1904,Dodo Press,page54,138
  18. ^ John W.Dower,Embracing Defeat,1999,page280-281,ジョン・ダワー、敗北を抱きしめて、下巻、8ページ、2001年、岩波書店
  19. ^ J. Haidt and J. Graham, When morality opposes justice: Conservatives have moral intuitions that liberals may not recognize., Social Justice Research, 20, 98-116, 2007.
  20. ^ フランス・ドゥ・ヴァール著、西田利貞、藤井留美訳『利己的なサル、他人を思いやるサル―モラルはなぜ生まれたのか』草思社、1998.(原題 "Good Natured")
  21. ^ Dogs Understand Fairness, Get Jealous, Study Finds, NPR News, Dec. 9, 2008 at 12:16am.
  22. ^ アントニオ・R・ダマシオ著、田中三彦訳『生存する脳―心と脳と身体の神秘』講談社、2000.(原題 "Descartes' Error")
  23. ^ J. Greene, L. Nystrom, A. Engell, J. Darley and J. Cohen, The Neural Bases of Cognitive Conflict and Control in Moral Judgment, Neuron, 44, 2, pp.389-400, 2004.
  24. ^ P. M. Churchland, Toward a Cognitive Neurobiology of the Moral Virtues, Topoi, 17, 2, Sept. 1998, pp.83-96.
  25. ^ Jonathan Haid, Moral psychology and the misunderstanding of religion, www.edge.org, 2007.
  26. ^ J. Haidt and C. Joseph, The moral mind: How 5 sets of innate moral intuitions guide the development of many culture-specific virtues, and perhaps even modules., in P. Carruthers, S. Laurence, and S. Stich (Eds.), The Innate Mind, 3, 2007.
  27. ^ Jonathan Haidt, The New Synthesis in Moral Psychology, Science, 316, pp. 998-1002, May 2007







道徳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

道徳に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「道徳」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||


7
90% |||||

8
90% |||||

9
人倫 国語辞典
90% |||||

10
倫理 国語辞典
90% |||||

道徳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ビーズワックス

ハロン棒

NGC7089

腓骨

バックロックナイフ

関東型宮型霊柩車

S-662

柿田川湧水群





道徳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS