土台とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(物) > 土台の意味・解説 

ど だい [0] 【土台】

( 名 )
木造建築で,の下にあって,から伝えられる荷重基礎伝え役割を果たす横材。
家やなどの建造物底部にあって,上の重み支えるもの。基礎。 「 -石」
物事基礎。もとい。基本。 「会社の-をつくった人」
( 副 )
〔「土台からして」の意から〕 (多く否定的表現伴って)その物事根本に立ち返って結論づける気持ちを表す。もともと。元来。 「 -目算が立たない」 「 -無理な話だ」


土台

【用  語】土台
よみがなどだい
【意  味】
 土台は軸組最下部平材で基礎の上取り付きます。
 下端連結し、不同沈下防ぎ上部からの荷重基礎伝えます。
 取り付け位置や、土台の継手から15cmぐらい離れた所と途中4m間隔以内の所をアンカーボルト緊結します。これは、風圧力地震力等の水平荷重による浮き上がり移動を防ぐためです。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

土台

構造躯体最下部設けられる構造材のこと。木造住宅場合基礎コンクリートの上に土台を寝かせアンカーボルト固定する。等から伝わる荷重支え基礎伝え役目を果たす。耐久性高めるために、防腐防蟻(ぼうぎ)処理を施すことが一般的


土台(どだい)

アンカーボルト基礎平に固定される角材。家を支える重要な部位でもある。この上ログウォールを積んでいくのが一般的だが、場合によっては最下段ログがこれを兼用することもある。地面から近く湿気影響を受けやすいことから、耐久性の高い材(ヒノキヒバなど)や防腐剤加圧注入させた材がよく使われ、基礎との間には防水紙を敷き湿気遮断する。土台の上端には、水切り鉄板などのじまい対策を施すことが望ましい。→アンカーボルト

土台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/21 09:53 UTC 版)

土台(どだい)は、木造建築で、基礎の上に横にして据える材のこと。この材に、ほぞ穴をあけてを差し込む。近年では専用の金属プレートを用いて固定するケースも増えている。




「土台」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

土台に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土台」の関連用語

土台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デッキプレート

大壁

柱

妻

床厚

回り縁

間柱

元金均等返済





土台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2017 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2017 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS