マン島語とは?

マン島語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/27 17:55 UTC 版)

マン島語(マンとうご、Manx、マン島語では Gaelg)は、アイリッシュ海に浮かぶマン島で使われていたゲール語である。マンクス語 (Manx)、マン島ゲール語マニン語あるいはマニン・ゲール語[1]とも呼ばれる。学術的には、アイルランド語スコットランド・ゲール語とともにケルト語派ゲール語群を形成していた。最後の母語話者であったネッド・マドレル (Ned Maddrell) は1974年に没したが、学術的な言語再生運動が大衆へと広がり始め、人為的な努力によって復興した。多くの人が第二言語としてマン島語を学んだ結果、今日では英語との併用ではあるものの、マン島語を母語とする人々が再び現れている。




  1. ^ 原聖, ed (2012). ケルト諸語文化の復興. ことばと社会 別冊4(多言語社会研究). 三元社. ISBN 978-4-88303-309-6. 
  2. ^ The Ogham Stones of the Isle of Man”. BabelStone (2011年6月30日). 2013年11月11日閲覧。
  3. ^ Broderick 1993, 228
  4. ^ Cumming 1848:315–316 Appendix M
  5. ^ Gunther 1990, 59–60
  6. ^ Ager, Simon. "A Study of Language Death and Revival with a Particular Focus on Manx Gaelic." Master's Dissertation University of Wales, Lampeter, 2009. PDF.
  7. ^ a b c How the Manx language came back from the dead” (2015年4月2日). 2015年4月4日閲覧。
  8. ^ UN declares Manx Gaelic 'extinct'”. 2015年4月4日閲覧。
  9. ^ Isle of Man Census Report 2011. Retrieved 2012-10-19.
  10. ^ Manx Gaelic revival 'impressive'. Retrieved 2008-11-30.
  11. ^ a b c d e Censuses of Manx Speakers”. 2015年10月27日閲覧。
  12. ^ Belchem, John (2000-01-01). A New History of the Isle of Man: The modern period 1830-1999. Liverpool University Press. ISBN 9780853237266. https://books.google.com/books?id=yjHHVG_aiOAC. 
  13. ^ 2001 Isle of Man Census: Volume 2”. 2016年2月7日閲覧。
  14. ^ 2011 Isle of Man Census”. 2016年2月7日閲覧。


「マン島語」の続きの解説一覧

マン島語

出典:『Wiktionary』 (2009/03/11 20:34 UTC 版)

名詞

  1. グレートブリテン島アイルランドに囲まれたアイリッシュ海中央位置するマン島で用いられる言語インド・ヨーロッパ語族ケルト語派属すゲール語一種であり、マン島ゲール語とも呼ばれるISO639において、2文字コードgv, 3文字コードglv

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マン島語」の関連用語

マン島語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヘビノボラズ

大井手用水

七夕祭

麝香

日野ポンチョ ロング

メリヤス編み

グランド チェロキー

チャイロサンゴヤドカリ





マン島語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマン島語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマン島語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS