シンボルとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > シンボルの意味・解説 

シンボル [1] 【symbol】

象徴 」に同じ。
任意に作られた、意味をもつ記号

シンボル

作者今野敏

収載図書神南安積班―新・安警部補シリーズ
出版社勁文社
刊行年月1998.11
シリーズ名ケイブンシャノベルス

収載図書神南安積
出版社角川春樹事務所
刊行年月2001.12
シリーズ名ハルキ文庫


シンボル

作者パーシヴァル・ワイルド

収載図書悪党どもお楽しみ
出版社国書刊行会
刊行年月2000.11
シリーズ名ミステリー本棚


シンボル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/10 15:59 UTC 版)

シンボル (symbol) は、記号 (sign) を分類した1つの種類である。その厳密な定義は1つではないが、記号のうちその対象との関係が非本来的[1]・隠然的であるものがシンボルとされる。「象徴記号」と訳されることもある。"symbol"の語源は古代ギリシャ語の"symbolon"(σύμβολον) に由来し、syn-が「一緒に」、boleが「投げる」や「飛ばす」を意味し、合わせて、「一緒にする」や、二つに割ったものをつき合わせて同一の物と確認する「割符」や「合言葉」を意味する。


  1. ^ 広辞苑』第5版 (1998)「シンボル」(3)
  2. ^ http://d.hatena.ne.jp/sumim/20051029/p1
  3. ^ 従って、記号学における議論の多くに関係するような側面は、前提の時点で捨象されている。


「シンボル」の続きの解説一覧

シンボル

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 17:36 UTC 版)

名詞

  1. 象徴
  2. 意味をもった記号符号

語源

英語:symbol から。

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シンボルに関連した本

「シンボル」に関係したコラム

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シンボル」の関連用語

シンボルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コリドラス・コンコロール

マップケース

コスミツケ

ギョウジャニンニク

皇太子殿下御成婚記念5,000円銀貨幣

岩

アウト オブ バウンズ

焼き付け塗装





シンボルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンボル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシンボル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS