グノーシス主義とは?

グノーシス しゅぎ [6] 【グノーシス主義】

ギリシャ gnōsis は「認識」の意〕
一,二世紀頃地中海沿岸地域で広まった宗教思想,およびこれに類する考え方。反宇宙二元論立場にたち,人間本質至高神とが本来は同一であることを認識することにより,救済,すなわち神との合一が得られると説くマンダ教マニ教はその代表的宗教形態

グノーシス主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/30 18:20 UTC 版)

Simple crossed circle.svg circular, harmonic cross


[ヘルプ]
  1. ^ ギリシア語ラテン翻字: Gnosis
  2. ^ : Gnostizismus
  3. ^ 要するに、「グノーシス主義」はキリスト教「異端思想」としての「認識」を、「グノーシス」はキリスト教から独立した別個の宗教・哲学体系の「認識」を代表するものであるといえる。この提案では前述の研究史で見られた2つの立場が併存している。
  4. ^ クルト・ルドルフ『グノーシス』、pp.57-58。
  5. ^ クルト・ルドルフ『グノーシス』、p.58。
  6. ^ : anti-cosmic dualism
  7. ^ ギリシア語ラテン翻字: Pleroma
  8. ^ ギリシア語ラテン翻字: Yaldabaoth
  9. ^ ギリシア語ラテン翻字: Demiuruge
  10. ^ 以下この節は全体的にクルト・ルドルフ『グノーシス』pp.1-50に依拠する。
  11. ^ 19世紀以前には『ヘルメス文書』は新プラトン主義の祭儀文書と考えられていた。
  12. ^ 『アスキュー写本』の出版は1851年、『ブルース写本』については1891年、『ベルリンパピルス』については1955年。
  13. ^ 文書自体の公刊は1977年。
  14. ^ D・A・v・ハルナック 『教義史綱要』 久島千枝、1997年、P.47。
  15. ^ D・A・v・ハルナック 『教義史綱要』 久島千枝、1997年、P.47-48。
  16. ^ D・A・v・ハルナック 『教義史綱要』 久島千枝、1997年、P.48。
  17. ^ D・A・v・ハルナック 『教義史綱要』 久島千枝、1997年、P.47,P.49。
  18. ^ : Geisteshaltung







グノーシス主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グノーシス主義」の関連用語

グノーシス主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地方自治法施行60周年記念 京都府分 1,000円銀貨幣

骨伝導レシーバ

月山行人清水の森

薄層アスファルト舗装

函館ラーメン

キソウメンタケ

簡易箱

ハイウエストガードル





グノーシス主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグノーシス主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS