一九とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 一九の意味・解説 

いっく 【一九】 ○

十返舎(じつぺんしや)一九

十返舎一九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 15:18 UTC 版)

(一九 から転送)

十返舎 一九(じっぺんしゃ いっく、明和2年(1765年) - 天保2年8月7日1831年9月12日))は、江戸時代後期の戯作者、浮世絵師日本で最初に、文筆のみで自活した[要出典]。『東海道中膝栗毛』の作者として知られる。




「十返舎一九」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「一九」の関連用語

一九のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アーミッシュキルト

餅九蔵植林記念碑

特定保健用食品

300形

干潟

メジャー

ニッポノサウルス・サハリネンシス

シグナスX SR





一九のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十返舎一九 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS