栗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > の意味・解説 

くり [2] 【栗

ブナ科落葉高木山中生え,また果樹として栽植雌雄同株狭長楕円形六月頃,数個雌花黄白色の雄花穂をつけ,秋,いがに包まれた果実食用。材は重硬で,腐りにくく建築土台枕木家具用。 [季] 秋。 《 古寺や-を埋けたる縁の下鬼貫 》 〔「栗の花」は [季]夏。《日高きに宿もとめ得つ-の花/虚子》〕

クリ

別名:栗
【英】:Castanea crenata
(ブナ科)


北海道南部本州四国九州分布します。福島県宮城県岩手県島根県などに蓄積が多いとされています。食用にするクリを採取するために植栽されています。甘栗中国原産で、C.mollissimaから採取されたものです。クリの名前から食用になるクリの果実のみを想像するかもしれませんが、木材忘れてはなりません。今でもクリの多く生育している地方で、ほとんでのがクリでできている建物をみることがありますこのようなものは建築材料としての優秀性を示すよい例です。

木材
年輪境界大きな道管帯状配列して、環状になっているので、年輪がはっきりとしています。クリの道管日本広葉樹のなかではもっとも大き部類入ります。
このため、肌目の粗い木材となっています。心材褐色辺材はやや褐色を帯びた灰白色で、両者の差ははっきりとしています。気乾比重は0.44~0.60 (平均値)~0.78で重硬な木材といえます。心材保存性は極めて高く、日本産材中では最高といえるでしょう。したがってよく湿に耐えます。上述のように重硬で、強く、しかも保存性が高いことから、建築に用いると非常に丈夫なものが出来ることなります。このことが昔からよく知られており、家を建てる際には最小限でも、建物土台にはクリが用いられてきていました。最近では、このような例は少なくなったことでしょう切削などの加工難しく表面仕上がり中庸です。

用途
建築土台装飾)、家具器具車両ひきもの枕木土木などに使われます。


くり 【栗】

ブナ科落葉高木日本では栗は正月縁起物歯固めに用いられ、干して臼でついて渋皮取ったものを勝ち栗といって(じつは搗ち栗)、戦陣勝利縁起物ともした。だが反面屋敷内に植えると栄えないとしたり、双子栗を食べると双子生まれる、などの俗信もある。

作者金井美恵子

収載図書金井美恵子短篇 3
出版社日本文芸社
刊行年月1992.4


作者林田遼子

収載図書天皇が来た日
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2004.1
シリーズ名民主文学


クリ

クリ
科名 ブナ科
別名: シバグリ
生薬名: リツモウキュウ栗毛毬)・リツヨウ栗葉
漢字表記
原産 日本
用途 朝鮮半島日本自生する落葉高木野生のクリを改良して、栽培品種作り出され食用にされます。樹皮には、多量タンニンが含まれているので、民間薬として煎じ液を漆かぶれに用いたり、染物媒染剤利用されています。材は腐りにくいので、鉄道枕木などに利用されていました。
学名: Castanea crenata S. et Z.
   

くり (栗)

Castanea crenata

Castanea crenata

Castanea crenata

Castanea crenata

Castanea crenata

Castanea crenata

わが国北海道西南部から本州四国九州、それに朝鮮半島中国分布しています。丘陵から山地帯雑木林生え、高さは10メートルほどになり、長楕円形の互生します。6月から7月ごろ、たくさんのひも状の雄花と、その基部数個雌花を咲かせます。花が開くと独特の匂いがあり、誘います。野生クリは「シバグリ柴栗)」とも呼ばれ、果実小さいものです。写真中4・下は、クリタマバチによる虫えいで、「クリメコブズイフシ」。
ブナ科クリ属落葉高木で、学名Castanea crenata。英名は Japanese chestnut

読み方:クリkuri

ブナ科落葉高木で、いがに包まれた実がなる

季節

分類 植物


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
くり
くりさき
くりざき
たかくり
たかくわ
りち
りつ

クリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/21 00:18 UTC 版)

( から転送)

クリ(栗、学名: Castanea crenata)とは、ブナ科クリ属の一


[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Castanea crenata Siebold et Zucc.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年8月22日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Castanea crenata Siebold et Zucc. var. kusakuri (Blume) Nakai”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年8月22日閲覧。
  3. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  4. ^ 毬果とは、松かさのようなマツ綱植物の果実を指す。
  5. ^ 柴田書店, ed (2006). 一〇〇の素材と日本料理〈下巻〉野菜・肉篇. 柴田書店. ISBN 4388059951. 
  6. ^ 齋藤 寿広,壽 和夫,澤村 豊,他 (2009). “ニホングリ新品種‘ぽろたん’” (PDF). 果樹研究所研究報告 (農業技術研究機構果樹研究所) (9): 1-9. http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010791637.pdf 2016年6月9日閲覧。. 
  7. ^ 農林水産省 平成23年産西洋なし、かき、くりの結果樹面積、収穫量及び出荷量
  8. ^ 『信州の民間薬』全212頁中80頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集


「クリ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 02:11 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





栗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

栗に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「栗」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

栗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野葡萄

コメナモミ

イチイ

薔薇

アイ

タブノキ

コルムネア・ユーフォラ・ルテア

サイカチ





栗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2016, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2016 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS