匂いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 匂い > 匂いの意味・解説 

におい にほひ [2] 【匂い・臭い】

動詞匂う」の連用形から〕
物から発散されて,鼻で感じ刺激。かおり・くさみなど。臭気。 〔「かおり」が快い刺激についていうのに対し,「におい」は快・不快両方についていう。不快な場合漢字表記多くは「臭い」〕 「花の-をかぐ」 「香水の-」 「玉ねぎ腐った-」 「変な-がする」 「薬品の-をかぐ」
そのものがもつ雰囲気おもむき。それらしい感じ。 「パリの-のする雑誌」 「生活の-の感じられない女優」 「不正の-がする」 「悪の-」
日本刀の重要な見所の一。地肌と刃部との境い目にそってのように白くほんのりと見える部分。 → (にえ)
色,特に赤い色の映えのある美しさ。色が美しく照り映えること。 「紅に染めてし衣雨降りて-はすとも/万葉集 3877
つややか美しさ。はなやかな美しさ。 「この(=若宮)御-には並び給ふべくもあらざりければ/源氏 桐壺
威光栄華。 「官位つかさくらい世の中の-も何ともおぼえずなむ/源氏 椎本
染め色,襲(かさね)や縅(おどし)色目で,濃い色から次第薄くなっているもの。 「蘇枋(すおう)下すだれ,-いと清らにて/枕草子 60
匂い縅(おどし)」の略。 「萌黄の-の鎧きて/平家 7
(か)き眉の,薄くぼかしてある部分
俳諧用語。発句または付句から感じとられる情趣。 「今はうつり・響き・-・位を以て付くるを良しとす/去来抄」 → 匂付け
[句]


匂い

読み方:におい

ワ行五段活用動詞匂う」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

沸・匂い(にえ・におい)

焼入れによって生じた刃文拡大すると、砂を蒔いたような大きな粒子組織と、がかったような小さな粒子確認することができる。科学的には両者ともにマルテンサイトと称され、同じ性質組織だが刀剣界では、この大きな粒子を沸、状のものを匂と称し、刃文全体が沸主調のものを沸出来、匂いによって構成されているものを匂い出来称する焼入れ前に施す土置き焼入れ条件によっても出来方が異なる。

匂い

作者森瑤子

収載図書ベッドおとぎばなし
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3
シリーズ名文春文庫


匂い

作者尾崎翠

収載図書ちくま日本文学全集 020 尾崎翠
出版社筑摩書房
刊行年月1991.11

収載図書尾崎翠―1896-1971
出版社筑摩書房
刊行年月2007.11
シリーズ名ちくま日本文学


匂い

作者高橋洋子

収載図書金魚時代
出版社新潮社
刊行年月1997.10

収載図書エクスタシィ―大人の恋物語り
出版社ベストセラーズ
刊行年月2003.4


匂い

作者森沢みゅう

収載図書猫耳ショートストーリー6
出版社文芸社
刊行年月2002.3


匂い―嗜好帳の二三ペエジ

作者尾崎翠

収載図書尾崎翠集成
出版社筑摩書房
刊行年月2002.10
シリーズ名ちくま文庫






匂いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「匂い」の関連用語

匂いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




匂いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2014 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2014 Weblio RSS