種子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 種子 > 種子の意味・解説 

しゅ し [1] 【種子】

古くは「しゅじ」とも〕
種子植物胚珠受精後発達したもの。種皮に包まれ,胚とそれを養う胚乳をもち,一定の休眠期後発して新個体となる。たね。 → しゅうじ(種子)しゅじ(種子)

しゅう じ [1] 【種子】 〔 bīja〕

〘仏〙 唯識ゆいしきで,人間の心の根元である阿頼耶識あらやしき中にあって,あらゆる現象を生じさせる原因。 → しゅじ(種子)しゅし(種子)

しゅ じ [1] 【種子】

〔すべてを含み,またすべてがそこから生ずるところから〕
密教で,仏・菩薩などの諸尊事項象徴的に表す梵字。種子字。種字。 → しゅうじ(種子)しゅし(種子)
「種子」に似た言葉
    内果皮  種物  物種


種子

英訳・(英)同義/類義語:seed

植物受粉後に形成する休眠胚で、耐候性種皮で覆われ長期間保存厳し環境耐える

種子

読み方:シュジshuji

仏・菩薩の各尊。

別名 梵字


種子

たね。(seed
ラン科植物の種子には次のような特徴がある。
ダスト・シードdust seed=埃のような種子)と言われるほど、ランの種子は極めて小さく、その長さ0.10.5mmである。
ラン一子房中には数十から百万の種子が入っている。
③ランの種子内部には未分化の胚しかなく、胚乳胚の発育のために必要な養分貯え器官)を有しない。したがって、ランの種子が発芽するにはラン菌助けが必要になる。
着生ラン地生ランでの種子の違い
着生ランの種子 地生ランの種子
種子発芽 容易 困難
大きさ 比較小さ 比較大き
との相性 親水性 疎水性
沈む 浮く

種子

読み方:つおんつ

  1. 白米。〔支那人隠語
  2. 白米を云ふ。

分類 支那人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

種子

読み方
種子たね

種子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/25 14:25 UTC 版)

種子 (しゅし、〈たね〉) とは種子植物有性生殖によって形成される散布体である。一般には、単にたね)と呼ばれることが多い。











種子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

種子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「種子」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

種子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヘイズ

ビーズリーマー

ソフトクローズ式

若狭和田海水浴場

後藤新平

愛知県民の森

ウォーターカップ

硫黄鳥島





種子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの種子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS