柱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > こま > の意味・解説 

[0] 【柱

琴などの弦楽器のこま。 → 琴柱(ことじ)

じゅう ぢゆう [1] 【柱

琵琶の弦を支えているもの。海老尾(えびお)に近い方から順に一の柱,二の柱と呼ぶ。

ちゅう [1] 【柱】

琴柱(ことじ)
柱体(ちゆうたい。はしら。

【ちゅう】[漢字]

【 丑ちう [音] チュウ
十二支第二。うし。 「 己丑(きちゆう)辛丑(しんちゆう)
【 中 】 [音] チュウ
まんなか中心部。 「 中央中核中堅中軸中心中枢中天正中
うちがわ内部。 「 胸中市中車中心中水中
二つのものに挟まれた所。あいだ。 「 中間中継中世中腹中略
三つ分けたときの二番目。 「 中位中尉中級中佐中旬中将
その範囲含まれる全部。 「 年中(ねんじゆう)世界中(じゆう)
その中に所属する人。 「 講中(こうじゆう)連中(れんじゆう)(れんちゆう)) 」
片寄らない。 「 中正中性中庸中立中和
あたる。 「 中気中毒的中命中百発百中
中学校」の略。 「 中卒付属中 」
中国」の略。 「 日中訪中
【 仲 】 [音] チュウ
人と人との間。 「 仲介仲裁仲人(ちゆうにん)
春夏秋冬季節をさらに三分したときのまんなか。 「 仲夏仲秋
二番目。次。 「 仲兄伯仲
) 】 [音] チュウ
むし。 「 虫垂類 ・益虫回虫害虫昆虫成虫幼虫虫媒花寄生虫 」 〔本来,「」の音は「キ」で「まむし」の意。「むし」の意の「チユウ」とは別字だが,同義に用いられてきた〕
【 沖 】 [音] チュウ
むなしい。 「 沖虚
がわく。深い。 「 沖積
やわらぐ。 「 沖融
おさない。 「 幼沖
高く飛び上がる。 「 沖天
【 宙 】 ちう [音] チュウ
そら。おおぞら。また,無限に続く時間。 「 宙空宇宙
【 忠 】 [音] チュウ
まごころ。 「 忠言忠告忠実忠信忠誠
主人心から仕える。 「 忠諫(ちゆうかん)忠義忠勤忠君忠犬忠孝忠臣忠節忠僕忠勇尽忠不忠
【 抽 】 ちう [音] チュウ
ひき出す。抜き出す。 「 抽出抽籤(ちゆうせん
【 注 】 [音] チュウ
そそぐ。つぐ。 「 注射注水注入注油
心を集中して向ける。 「 注意注視注目
書き記す。 「 注進注文受注発注
詳しく説明する。 「 注解注記注釈注疏(ちゆうそ)脚注集注(しゆうちゆう)(しつちゆう)) ・頭注評注 」 〔「註」の書き換え字としても用いられる〕
【 昼 ( 晝 ) 】 ちう [音] チュウ
ひるま。 「 昼間昼夜白昼
まひる。 「 昼食
【 柱 】 [音] チュウ
はしら。 「 柱石柱頭円柱支柱石柱脊柱(せきちゆう)鉄柱電柱門柱
【 衷 】 [音] チュウ
片寄らないこと。まんなか。 「 折衷
【 厨[音] チュウ ・ズ
炊事場。くりや。 「 厨房庖厨(ほうちゆう)
ひつ。はこ。 「 厨子(ずし)書厨
【 註[音] チュウ
詳しく説明する。 「 註釈脚註頭註 ・傍註 」 〔「注」とも書き換えられる〕
【 誅[音] チュウ
罪をせめる。 「 誅求誅罰筆誅
罪のある者を殺す。 「 誅伐誅滅誅戮(ちゆうりく)天誅
【 鋳 ( 鑄 ) 】 ちう [音] チュウ
金属をとかして器物をつくること。いる。 「 鋳金鋳造鋳像鋳鉄改鋳私鋳新鋳
【 駐 】 [音] チュウ
乗り物をとめる。 「 駐車駐輦(ちゆうれん
滞在する。特に,官吏軍隊任務のために滞在する。 「 駐在駐箚(ちゆうさつ駐屯駐留進駐
【 疇ちう [音] チュウ
うね。田の境。 「 田疇
部類。 「 範疇
【 籌ちう [音] チュウ
かずとりの棒。計算する。はかりごと。 「 籌画(ちゆうかく籌策籌算籌略牙籌(がちゆう)
【 躊ちう [音] チュウ
ためらう。迷ってぐずぐずする。 「 躊躇(ちゆうちよ)

はしら 【柱】

[3][0] ( 名 )
建物の,土台の上直立し,棟・梁(はり)・床などを支えている材。
直立して物を支える材。 「テントの-」
一つ組織成り立たせたり,支えたりする,最も重要な人や物。 「企画の-となる人」
和装本で,各丁の折り目に当たる所に記した書名巻数標題など。版心
貝柱 」に同じ。
接尾
助数詞
死者の霊を数えるのに用いる。 「二〇-の戦死者を祀(まつ)った神社
神・仏高貴の人を数えるのに用いる。 「九-の神」 「十-の賢者今昔 5


はしら 【柱】


【用  語】
よみがなはしら
【意  味】
 柱は、床屋根などの上荷重土台伝え鉛直材で2階建では1本の材を用いる通し柱と各階に
 設け管柱あります。柱の太さ建築基準法構造計算によって異なります。
 柱の上部、下部土台軒桁胴差し差し込みます。
 (記号例) 1C1 1=使用階 C=columの略 1=柱種類(柱サイズ配筋により番号設定)
 【英   語】colum

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

建築物構成要素地面に対して垂直の構造体を指す。用途、場所、役割によって呼び名異なり床の間に使う装飾的な柱を床柱、門を支えるものを門柱、塀を支える柱を控柱、また、大壁真壁見せかけるための付け柱などとそれぞれに名称がある。特に、家の中心となるような太い柱は大黒柱呼ばれる由来昔の日本家屋の多く地震対策為に台所付近に太い柱が立ったため、厨房神様である大黒天なぞらえ、家を支える柱=大黒柱となったことに因るといわれる

柱(はしら)

建物上部からの荷重を下に伝える垂直の材。丸太組み構法ログハウス場合構造上なくてもよい部材であるが、ポスト&ビームなどの軸組み構法では、支え構造材として必要不可欠部材である。ちなみにポスト&ビームポストは柱、ビームという意味。

はしら 【柱】

一般に直立して屋根上の荷重支える材。宗教的・記念的・装飾的に建てられるものもある。西洋では多角柱を含む円柱コラム中世教会堂などにみられる壁柱などをピアと呼んで区別する。日本では神や霊を数える語とし、主人を「一家の柱」などというように、「中心」の意もある。また法隆寺などの古寺建築には中国経由オリエント建築様式みられる

作者稲垣瑞雄

収載図書風の匠
出版社岩波書店
刊行年月2006.9


読み方:はしら

  1. 教誨師牧師。〔第二類 人物風俗
  2. 教誨師牧師を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハシラ(hashira)

所在 愛知県岡崎市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/20 08:20 UTC 版)

(はしら)は、材を垂直に立てて建築物の支え(ささえ)としたもの。


  1. ^ 中村恒善編 『建築構造力学 図説・演習Ⅰ』 (2版) 丸善、1994年、69頁。ISBN 4-621-03965-2 


「柱」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/11/20 13:41 UTC 版)

発音

名詞

  1. () 琴などの弦楽器のこま。
  2. (ジュウ) 琵琶支えているもの。海老尾近いからと呼ぶ。
  3. (チュウ) 琴柱
  4. (チュウ) 柱体はしら
  5. (はしら) 建物の、土台の上直立し、棟・梁・床などを支えている
  6. (はしら) 直立して物を支え
  7. (はしら) 一つ組織成り立たせたり、支えたりする、最も重要な人や物。
  8. (はしら) 洋装で、版面周辺余白印刷した見出し
  9. (はしら) 和装で、各丁の折り目に当たるに記した書名巻数標題など。版心
  10. (はしら) 二枚貝両方貝殻をつなぎ、閉じさせる筋肉閉殻筋肉柱
  11. (はしら) ホタテガイイタヤガイなどの肉柱加工した食品はしら

接尾辞

  1. (はしら) 死者数えるのに用いる
  2. (はしら) 神・高貴の人を数えるのに用いる

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





柱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

柱に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「柱」の関連用語


2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||


9
78% |||||

10
78% |||||

柱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

片流れ

なかとじ

増築

こうせい きごう

工程表

たちわり

野縁

とびら





柱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2016 K'sBookshelf All Rights Reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2016 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2016 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS