振動とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 振動 > 振動の意味・解説 

しん どう [0] 【振動】

( 名 ) スル
振れ動くこと。 「ガラスが-する」
〘物〙 粒子物体位置,あるいは電流方向強さなどの物理量が,限られた範囲周期的変化する現象。 「振り子が-する」
電気磁気の場などが,時間的空間的に周期的変化をすること。空間に関する周期的変化は波とも呼ぶ。
〘数〙 発散数列のうち,正の無限大発散するともなく,負の無限大発散するともないこと。 → 発散


振動

物体がある一点中心に,ある周期をもってゆれ動くことですが,この動きによって人の生活等が阻害されることを振動による公害といいます。したがって,公害発生させる振動は「不快な振動」「好ましくない振動」といえます。

振動 (しんどう)

 物体がある1点を中心に周期をもってゆれ動くことであるが、この動きによって人の生活等が阻害されることを振動による公害という。従って、公害発生させる振動は「不快な振動」「好ましくない振動」といえる

振動

英語 vibration

ある量が、基準値付近時間とともに大きくなったり小さくなったりする現象のことで、機械系、電気系などあらゆる分野で用いられる用語である。自動車ではおもに機械振動対象になる。振動を表すには、変位速度加速度などに加えて、どの周波数成分がどの程度振幅であるかを示す必要がある。振動にはその発生状態からいくつか分類される。加えていた力を取り除いたあとに起こる振動を自由振動(突起乗り越えたあとに数回起こる車体の上下振動など)、加えつづけている力で定常的に起こる振動を強制振動(運転時のエンジン振動など)、継続時間が1秒にも満たないような、非常に短い振動を衝撃振動という。

参照 周波数
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/21 06:19 UTC 版)

振動(しんどう、英語:vibration)とは、状態が一意に定まらず揺れ動く事象をいう。英語などにおいては、重力などによる周期が長い振動をoscillation弾性分子間力などによる周期の短い振動をvibrationとよびわける[1]が、日本語ではどちらの現象に対しても「振動」という訳語をあてる。周期性のある振動において、単位時間あたりの振動の数を振動数(または周波数)、振動のふれ幅を振幅(しんぷく)、振動の一単位にかかる時間を周期という。


  1. ^ Webster Dictionary, 1913[1]


「振動」の続きの解説一覧

振動

出典:『Wiktionary』 (2012/04/26 05:11 UTC 版)

名詞

しんどう

  1. 揺れ動くこと。
  2. 位置物理量がある範囲周期的変動すること。
  3. 無限続く数列無限大にも無限大にも発散せず、極限確定しないこと。

発音

し↗んどー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
振動-する





振動と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「振動」の関連用語

振動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

商用車

アウタースライディングサンルーフ

円錐コイルスプリング

バルブ配置

曲面線図

ラガー・ワゴン

チャンファー

4WD





振動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの振動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの振動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS