天皇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 天皇の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


すべらぎ 【〈天皇〉】

古くは「すべらき」か〕
すめろぎ(天皇) 」に同じ。 「 -のあめのしたしろしめすこと/古今 仮名序

すめらぎ 【〈天皇〉】

古くは「すめらき」とも〕
すめろぎ(天皇) 」に同じ。

すめらみこと 【〈天皇〉・皇

天皇を敬って呼ぶ語。

すめろ ぎ 【〈天皇〉】

古くは「すめろき」〕
天皇てんのう皇統。 「 -の御代万代に/万葉集 4267」 〔「すめらぎ」と同源であろうが,どちらが古いかは未詳

てん こう -くわう [3] 【天皇】

中国で,天帝天子別称。 → てんのう(天皇)

てん のう -わう [3] 【天皇】

〔「てんおう」の連声
日本国憲法において,国民総意基づいて日本国および日本国民統合象徴規定される地位,あるいはその地位にある個人皇室典範規定により皇統属す男系男子によって継承される。明治憲法においては国家元首として神聖不可侵統治権総攬者とされた。
皇帝君主敬っていう語。 〔「天皇」は中国では,古く最高神の意で北極星神格化した語。唐代君主正式名称として用いた。日本では古代政治軍事権力頂点に立つ者を「おおきみ大王)」といったが,天武朝ごろから中央集権国家君主として「天皇」の称号が用いられるようになった律令用語であることから伝統的呉音読みをする。古くは,神と一体化させて「現神あきつかみ」,天照大神の子孫の意で,「日(ひ)御子(みこ)」などとも呼ばれた。この他,「みかど」「上(うえ)」「上(かみ)」「皇上」「主上」「天子」など多くの名称が使われていたが,明治憲法によって「天皇」の公称確立。のち1936年昭和11),外交文書それまで用いていた「皇帝」との併用をやめ,称号は「天皇」に統一された〕

天皇

読み方:テンノウ(tennou)

皇統


天皇(てんのう)

日本国象徴

明治憲法では、天皇は国会議決を経ることなく法律制定ができた。さらに軍隊統帥権があって、軍隊恣意に動かすことができた。

戦後そういう歴史があったことを重視して、天皇の行為には厳し制限加えられた。天皇は形式的儀礼的仕事である国事行為だけを行う。天皇が国政にかかわることはできない

天皇家行政機関1つとして、宮内庁監督を受ける。宮内庁は、1949年総理府設置法にもとづき総理府外局として設置された。2001年からは、内閣府設置法に基づき宮内庁内閣府に置かれている

宮内庁関係の予算は、2000年度では全体で約1895000万円上る。うち皇室費706000万円で、宮内庁費が1189000万円だ。皇室費皇族日常費用国賓接遇宮家への支出当てられるのに対し、宮内庁費は宮内庁運営のための人件費事務費などに当てられる

現在の天皇家構成は、天皇陛下皇后陛下皇太子殿下皇太子妃殿下紀宮殿下の5人だ。その他の宮家には、秋篠宮家常陸宮家高松宮家三笠宮家、仁親王家桂宮家高円宮家がある。

(2000.11.08掲載


てんのう 【天皇】

テンオウ連声皇帝君主敬っていう語。古代中国では最高神の意で北極星神格化した語だったが、唐代君主正式名称となった。古代日本では大王といったが、天武朝の頃から天皇の称号が用いられた。古く天照大神の子孫の意で「日の御子」とも呼ばれた。

天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 08:07 UTC 版)

天皇(てんのう)は、日本国憲法に定められた日本国および日本国民統合の象徴たる地位、または当該地位にある個人[1][2][3]7世紀頃に大王が用いた称号に始まり、歴史的な権能の変遷を経て現在に至っている[3]




  1. ^ 総攬(そうらん)とは「統合して一手に掌握すること」、「(政治・人心などを)掌握して治めること」の意[15]
  2. ^ 始皇帝以来使用された「皇帝」に対して日本を含めた周辺諸国には皇帝から「」の称号が与えられた。しかし日本はみずから「天皇」の称号を用いるようになる[25]
  3. ^ 『岩波 古語辞典』は、「すめら」(皇)の項で、サンスクリット 'sume:ru'(“須弥山”)と音韻・意味が一致し、モンゴル語 'sümer'(“須弥山”)と同源であろうとしている[要ページ番号]
  4. ^ 国立国会図書館レファレンス共同データベース 『大日本古文書 幕末外國関係文書 1 嘉永六年癸丑六月~七月』(東京大学史料編纂所編 東京大学出版会 1972)p238 - 251[52]



天皇

出典:『Wiktionary』 (2009/09/12 15:09 UTC 版)

名詞

てんのう, すめらぎ, すべらき, すべろき, すめらみこと, てんこう

  1. 日本古代からの君主称号
    発音: てんのうすめらみことすめらぎ、すべらき
  2. 大日本帝国憲法1889年発布)における日本元首
  3. 日本国憲法1946年公布)における日本象徴
  4. てんこう道教において、北極星を司どる。天皇太帝
  5. てんこう中国伝説登場する三皇五帝一人

関連語

翻訳

1.2.3






天皇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天皇」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インスペクションランプ

水木海水浴場

822SH

リネンマイカルタ

金明御器竹

アーコレード

温泉

リベット





天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS