鉄道とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 鉄道 > 鉄道の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


てつ どう -だう [0] 【鉄道】

レールを敷いた線路上を汽車電車などを走らせ旅客貨物輸送する運輸機関。また,レールを敷いた線路日本では,1872年明治5)に新橋横浜間を開業したのが最初。 「東京より横浜までの-落成し/新聞雑誌 42


【鉄道】(てつどう)

Railway/Railroad.

の上鉄製軌道レール)を敷く事。
便宜上そのように敷かれた軌道利用して走る車両や、そうした軌道・車両を利用する物流システム全般も指す。

予め土地確保してレールを敷く必要があるため、インフラ整備のために極めて多大時間初期投資を必要とする。
一方鉄道車両悪路想定する必要がなく、また道路ではとても走れないよう長大車両運用する事ができる
また、自動車比べ減速・停止や安全確認機会少なくなるため、安全・迅速効率的運行が可能である。
整備された鉄道網は、同じ条件下で自動車を使う場合1/10程度低コスト輸送を行う事ができる。

18世紀後半登場し、初期馬車人力車行われていた荷役負担軽減するために用いられた。
エンジン技術結びつく事で世界中に広まり、現代でも交通網の要として広く利用されている。

兵器としての鉄道車両

鉄道の登場軍事革命的な出来事でもあり、国家総力戦を戦う上で重要な要素であった。
鉄道を利用すれば、武器弾薬食料人員資材など、大量物資高速効率良く輸送する事が可能になったためである。
このため一時期兵站戦略上の方針基づいて輜重兵科工兵科軍用鉄道網を管理していた。

また、極めて多大ペイロードを活かし、巨大兵器搭載して戦闘直接参加する鉄道車両登場した。

当時戦車では搭載困難な大型榴弾砲台車搭載した「列車砲」。
あるいは装甲化した機関車高射砲カノン砲機関砲牽引する「装甲列車」など。

しかし、戦闘兵器としての鉄道車両は、その機動致命的欠陥抱えていた。
列車レール上で前進後退しかできないため、回避機動を取る事も隠れる事もできない
よって、機動戦徹する戦車航空機への対処事実上不可能であった。
この弱点第二次世界大戦において浮き彫りになり、鉄道は軍事第一線から退いていった

現代至っては、軍隊レールを敷く時間すら確保できないほど活発に機動するのが普通である。
このため、鉄道の本領であった兵站輸送においても、機動性優れた自動車航空機置き換えられつつある。

とはいえ交戦想定しない場合には現代でもコスト・パフォーマンス面で最優に近い。
このため平時領土交通では兵站網の構成要素として現在も鉄道が活用されている。

また、現代でも列車砲後継として、弾道ミサイルとその発射装置搭載した列車運用される場合がある。
弾道ミサイル1発は少なくとも5~7トン上の重量持ち車両輸送はあまり現実的でないためである。
こうした弾道ミサイル搭載列車中には戦略核兵器搭載されたものも含まれているという。

関連戦略哨戒


鉄道

「鉄道とは何か」。という質問に対しては、さまざまな答え予想されます。「日常生活ビジネスレジャー観光欠かせない移動手段」、「安全、確実で効率的乗り物」、「省エネ環境保護型の大量輸送機関」、「暮らし生命線」、「効率よく線路の上を走る車両」……などが挙げられます。

しかし、鉄道の定義は「レールを敷いた専用通路上」を「人と物を迅速かつ大量運送する一切設備と、人を含む事業ということになります。最近高速鉄道網の発達から人、物の移動が増え、これが国内国際間の情報通信発展を促している、との回答あります

一方軌道というのは、法規上は路面電車のように道路上に敷設されたものをいうが、もう1つの定義として、列車が通る道の意味にも使われます。

民鉄経営は、鉄道事業法軌道法規制を受けており、法的には鉄道と軌道で、かなりの相違あります。しかし、事業者経営形態こうした区分が必ずしも明確でないため、各種統計などでも両者合わせて鉄・軌道」と呼ばれています。


鉄道 鉄道駅 Railway/Railway station

鉄道 (画像をクリックすると拡大します)  

鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/20 15:10 UTC 版)

鉄道(てつどう、英語:railroad, railway)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車運行管理信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。




[ヘルプ]
  1. ^ 毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年
  2. ^ 『電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ』宇田 賢吉 中公新書1948 P4-7
  3. ^ 『鉄道の科学 旅が楽しくなる本』丸山 弘志 講談社 ブルーバックスB-431 1980年 P100
  4. ^ 国土交通省運輸部門の地球温暖化対策についてによると旅客輸送では営業用乗用車・自家用乗用車・航空・バス、貨物輸送では自家用貨物車・営業用貨物車・船舶に比べて輸送量あたりの排出量が少ない。
  5. ^ 鉄道なぜなぜおもしろ読本 2003/10 新鉄道システム研究会 (著) P90
  6. ^ 鉄道なぜなぜおもしろ読本 2003/10 新鉄道システム研究会 (著) P91
  7. ^ 『電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ』宇田 賢吉 中公新書1948 P9
  8. ^ 『電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ』宇田 賢吉 中公新書1948 P10-11
  9. ^ 『電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ』宇田 賢吉 中公新書1948 P3
  10. ^ 『定刻発車』三戸祐子 新潮文庫 P176
  11. ^ なぜ風が吹くと電車は止まるのか 鉄道と自然災害 (PHP新書)
  12. ^ 『新交通システムをつくる』斎間 亭 筑摩書房 P213
  13. ^ 鉄道なぜなぜおもしろ読本 2003/10 新鉄道システム研究会 (著) P242
  14. ^ 『電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ』宇田 賢吉 中公新書1948 P168
  15. ^ 『定刻発車』三戸祐子 新潮文庫 P280
  16. ^ 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 JR株式の処分
  17. ^ 東京メトロ 会社概要
  18. ^ a b 『鉄道は赤字が基本!? 赤字ローカル線は日本国民の“公共財”?』2008年4月号 サイゾー
  19. ^ 『実測!ニッポンの地域力』藻谷浩介 日本経済新聞出版 2007年9月 ISBN 9784532352622
  20. ^ 『定刻発車』三戸祐子 新潮文庫 P17
  21. ^ 『定刻発車』三戸祐子 新潮文庫 P14
  22. ^ 鉄道重大事故の歴史 2000/6 久保田 博 (著) P3
  23. ^ 鉄道なぜなぜおもしろ読本 2003/10 新鉄道システム研究会 (著) P91


「鉄道」の続きの解説一覧

鉄道

出典:『Wiktionary』 (2012/02/25 13:14 UTC 版)

名詞

てつどう

  1. 車両ルート上に設置されたレールなどに沿って走行する交通機関

翻訳






鉄道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鉄道に関連した本

「鉄道」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鉄道」の関連用語

鉄道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コブラ

B-52

96式多目的誘導弾

プローブ

スパイリグ

ローリングコンバットピッチ

テイルスライド

フォルスキャノピー





鉄道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2016 (社)日本民営鉄道協会
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS