機関砲とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 機関砲の意味・解説 

き かんほう -くわんはう [2] [0] 【機関砲】


【機関砲】(きかんほう)

Auto cannon.

手動での装填作業を行わずに連続発射が可能で、人が携帯できない大型火砲の事。
NATOでは口径20mm以上を機関砲、それ未満機関銃(machine gun)として区別する。
もちろん、国や時代によって正確な定義は異なる。

航空機車両艦艇搭載される最も一般的な武装であり、陸海空あらゆる戦場で幅広く使用される。
しかしながら戦果主体とは言い難く基本的に防御迎撃のために用いられる。

関連ガトリングガン チェーンガン リボルバーカノン 近接信管

航空機搭載機関砲

現代戦闘機は、ドッグファイト備えて機関砲を標準装備する。
この用途使用される弾薬は、口径20mm~30mmの徹甲弾が普通である。

航空戦黎明期では拳銃軽機関銃でも航空機撃墜可能であった。
しかし、対応防御思想による装甲強化に応じて大口径化、空対空ミサイル登場をもって現状落ち着いた

また、攻撃機攻撃ヘリコプター搭載されるものでは、対地攻撃用に30mm程度榴弾焼夷弾が用いられる。

車載機関砲

歩兵戦闘車偵察車両の機関砲は、軽装車両標的として20mm~35mm程度徹甲弾発射する。
対人制圧用途では小口径の機関銃がよく用いられる。

対空車両では、35mm~57mm程度榴弾焼夷弾近接信管炸裂させ、高速飛翔する航空機撃破する。
また、近年対空機関砲は、徹甲弾直撃させるほどの高度な火器管制装置備えた物も登場している。

艦載機関砲

戦闘艦艇では、攻撃機ミサイル撃墜目的とした20~30mm程度の機関砲、通称CIWSを主に用いる。
ミサイル普及以前では、25mm~40mmの対空機関砲を多数用いて弾幕張る事がよく行われていた。

また、この他の艦艇でも機関砲を装備するケースがある。

掃海艦
掃海具やダイバーによって海面引き上げられた機雷爆破理するために装備される。
海上警察機構警備船舶
海賊行為テロ活動を働く船舶制圧したり、それらの攻撃から自船を防御するために装備される。

機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/08 13:07 UTC 版)

機関砲(きかんほう、: Autocannon)は、機関銃銃弾より口径が大きい砲弾を連射することを目的とした砲。




「機関砲」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「機関砲」の関連用語

機関砲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レッドアローズ

F-2

74式戦車

AGM-84

航空母艦

B727

スカイホーネット

F-14





機関砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機関砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS