飛翔とは?

ひ しょう -しやう [0] 【飛翔

( 名 ) スル
空中を飛ぶこと。 「大空を-するわし


飛翔

作者高橋和巳

収載図書高橋和巳短篇集
出版社阿部出版
刊行年月1991.5


飛翔

作者芳野くるみ

収載図書月のひとしずく
出版社日本図刊行
刊行年月1997.12


飛翔

作者立石伯

収載図書西行桜外伝夢見られた夢のミクロコスモス
出版社深夜叢書
刊行年月2000.2


飛翔

作者谷口雅宣

収載図書神を演じる人々
出版社日本教文社
刊行年月2003.11


飛翔

作者藤本ひとみ

収載図書オデパン
出版社文藝春秋
刊行年月2004.10

収載図書華麗なるオデパン
出版社文藝春秋
刊行年月2007.10
シリーズ名文春文庫


飛翔

作者中瀬二郎

収載図書午後の海光
出版社文芸社
刊行年月2005.6


飛翔


飛翔

作者園村昌弘

収載図書銀幕恋し
出版社海鳥社
刊行年月2007.3


飛翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/04 06:40 UTC 版)

飛翔(ひしょう)あるいは飛行(ひこう)は、空中を進むこと、空中を移動することである。


  1. ^ ウィキペディアの他言語版で、おおむね同じ記事内で動物と人工物について扱っており、日本語版でも動物と人工物でも原理的には類似していることも多く重複する点が多々あり、同じページで解説したほうが何かと都合が良いので、日本語版でもこの記事で併せて解説する。
  2. ^ 「飛翔」という表現はあまり人工物には使われない。一方、「飛行」は動物にも人工物にも用いられることがある。人工物が空中を進むことは専ら「飛行」という表現のほうが用いられる傾向がある。ただしなど比喩的な文脈では人工物でも動物に喩えて「飛翔」と表現することはある。あえて動物・人工物に共通の、一般的な語を選ぶとするならば「飛行」になる。
  3. ^ 「飛翔」や「飛行」という言葉は、基本的にそれ自体がなんらかの能動性を伴って動くことを指しており。投げられたボールの移動などの場合は、ボールは空中を移動するものの、そういうことは基本的に「飛翔」や「飛行」とは言わない。英語ではthrow、日本語では「投擲(とうてき)」「投」などと言う。
  4. ^ なお恐竜の多くが羽毛状のものを体表に供えていたことも明らかになってきていることなどもふまえて、現代に人々が眼にしている鳥というのはいわゆる「恐竜」の一部の直接的な子孫である、とする説もある。が、始祖鳥が現在のへと系統的に見て連続的につながっているかどうかについては、未だに様々な説・議論がある
  5. ^ なお、今から数十年前までは揚力の発生の説明に、「ベルヌーイの原理」がことさら強調されることがしばしばあり、教科書でもそのようにしばしば書かれていたが、近年では、この説明方式は実はあまり正しくなかった、ということが明らかにされるようになった。揚力の原因となっている力をその原因ごとに分類し、その力の大きさもひとつひとつ分析すると、揚力を構成する主たる力というのは、単純に、迎角によって、空気(空気分子)が翼の下側の面から押す力のほうが大部分である、そちらのほうが主たる要因である、ということが、最近では明らかにされるようになった。従来のしばしば見られた「ベルヌーイの原理」だけを強調した説明方式というのは、いわば、ただの思い込みによる説明で、間違った説明であった、と指摘されるようになった(出典:竹内薫『99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』 光文社新書 2006)。NASAの研究者などによっても、同様のことは指摘されている。力の数値を具体的に分析すると、揚力の大部分は迎角によって生まれる力である。であるからこそ、飛行機は背面飛行をすることができるのである。背面飛行では、たとえ翼の曲面が地面側のほうに向いていようが、迎角をしっかりと確保してやればそちらの力のほうがはるかに大きいので、差し引きの結果でも、合力として上方向の力が生じており、よって背面飛行のまま上昇してゆくことも可能なのである。現代では一般に翼の形状は、迎え角がゼロでも、ほんのわずかに揚力が発生するような形状に設計するが、だが一般に、迎え角がゼロで、その機体としての低~中程度の速度で飛ぶ時の揚力は、かなり小さなものであって、その機体が十分に水平飛行ができるほどにはその揚力は大きくないように設計されている。
  1. ^ 広辞苑 第五版「飛行」
  2. ^ 広辞苑 第五版「飛翔」
  3. ^ ナショナルジオグラフィック ニュース
  4. ^ ユッタ・シュトレーター-ベンダー『天使 ― 浮揚と飛行の共同幻想』 青土社、1996
  5. ^ [1]
  6. ^ ピーター・スティーヴンス『自然のパターン・形の生成原理』金子 務 訳、白揚社、1987年、34頁
  7. ^ dictionary.com
  8. ^ 例えばReg Grantの書 Flight, Dorling Kindersley, 2010 が、コンコルドの最終飛行やコロンビア号やチャレンジャー号の事故も特に挙げている。
  9. ^ 『徹底図解 戦闘機のしくみ』 新星出版社 2008年10月5日 p.42


「飛翔」の続きの解説一覧

飛翔

出典:『Wiktionary』 (2011/04/30 15:48 UTC 版)

名詞

ひしょう

  1. 空中を飛ぶこと。

発音

ひ↗しょー

動詞

活用

サ行変格活用
飛翔-する





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「飛翔」の関連用語

飛翔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オセロット

MITO125

イエローサンセット・ツインバー・プラティ

笛吹川水源の森

補給艦「さがみ」型

クローズドエアーインテーク

円筒研削

もち米





飛翔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの飛翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS