ゴルフとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ゴルフ > ゴルフの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


ゴルフ

作者藤本義一

収載図書傑作世紀末短篇集
出版社PHP研究所
刊行年月1989.6


ゴルフ

作者スティーヴン・ラリー・バイラー

収載図書海は僕を見つめた
出版社アーティストハウスパブリッシャーズ
刊行年月2003.6


ゴルフ

作者山田悠介

収載図書ブレーキ
出版社角川書店
刊行年月2005.7

収載図書ブレーキ
出版社角川書店
刊行年月2008.5
シリーズ名角川ホラー文庫


ゴルフ

歴史と沿革

ゴルフ競技起源は「スコットランド羊飼い遊び」や「中国宮廷行われていた球技」など諸説あり、現在では定かではありません。また、1295年オランダ冬季凍結した湖面で球を打つ遊び模様が描かれた絵画に「Colf」という題名ついていることから、この遊びがゴルフの起源であるともいわれています。

歴史書の中でゴルフという言葉初め現れたのは1457年時のスコットランド王ジェームズ2世が「ゴルフ禁止令」を公布したのです。当時スコットランド隣国イングランドは、いつ戦争が始まってもおかしくない緊張状態にあり、国民にも軍務訓練の必要がありました。しかし、ゴルフに熱中しすぎて軍務訓練身が入らない国民様子を見かねたジェームズ2世が、「フットボールとゴルフを禁止する」という法令出したのです。

その後海外でゴルフの普及が進む中、日本初めプレイされたのは1901年イギリス人商、アーサー・ヘスケス・グルーム兵庫県六甲山上に4ホールゴルフ場神戸ゴルフ倶楽部」を開設したのが始まりです。以来、約1世紀経て国内のゴルフ人口は1,000万人を超え、1999年には国民体育大会の正式種目になるなど、国民的スポーツとして発展遂げています。


競技方法

ゴルフ競技18ホールプレイしたときの打数により、勝敗決するスポーツです。地面に止まっている球を打ちホールに沈める単純明快スポーツですが、コース長さレイアウトはさまざまですし、球の止まっている場所の状況気象条件プレイヤー精神状態などにより、全く同じ状況2度現れません。このことが、ゴルフを奥深いスポーツにし、多く人々がゴルフに魅了される要因のひとつにもなっています。

競技方式にはマッチプレーホールごとに勝敗決めていく)と、ストロークプレイ(18ホール合計打数少なさ競う)があり、対戦方式には各個人の記録で争う1対1のシングルマッチから、フォアサム2人2人で各組ごとに1つの球を使って争う)やフォアボールマッチプレー(2人のうち良いほうのスコア対他の組の良いほうのスコアで争う)といったチーム対戦のものなど、いろいろあります


ルール

現存するもので、ゴルフに関する最も古いルールは、1744年スコットランドの「オナラブル・カンパニー・オブ・エジンバラ・ゴルファーズ」が成文化したといわれる13カ条のルール」です。この規則取りまとめられたことにより、ゴルフが競技として発展する基礎できあがりました。

その後ゴルフ規則何回追加変更が行われ、現在では61の定義と34規則にまとめられています。このゴルフ規則は、現在でも4年1度見直しが行われており、時代にあった内容改められています。

ゴルフは「紳士スポーツ」といわれています。それは、ゴルフにはほとんどの場合審判がおらず、プレイヤー自身審判員となってゴルフ規則遵守し、他のプレイヤーへの心配りなどのマナースポーツマンシップ重要視されるスポーツだからです。


道具・コース

ゴルフ規則では、競技に関することだけでなく、道具についても規定しています。1908年ゴルフ規則改定までは、プレイヤーどのようなクラブ・球を使うことも自由でしたが、現在ではゴルフ規則定め基準クリアした14以内クラブと球を使わなければなりません。

ホールはティーインググラウンドからプレイスタートし、途中バンカーや池などのハザード障害物)をクリアしながらホールに球を沈めていきます。各ホールには距離に応じた基準打数パー)が定められています。



ゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/02 04:52 UTC 版)

ゴルフスコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。
スポーツとして広く親しまれているが、一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられる場合が多い。漢字では孔球と表記する。




[ヘルプ]
  1. ^ 「ゴルフを知らない日本人」p74 市村操一 PHP研究所 2001年4月27日第1版第1刷
  2. ^ 「ゴルフを知らない日本人」pp123-125 市村操一 PHP研究所 2001年4月27日第1版第1刷
  3. ^ 歴史 東京ゴルフ倶楽部2012年9月1日閲覧
  4. ^ 深沢ハウスプロジェクト
  5. ^ Saito, Dr., Osamu. Measuring the Lifecycle Carbon Footprint of a Golf Course and Greening the Golf Industry in Japan, 2010
  6. ^ http://golfpedia.com/Directory/Lessons/Glossary/index.html
  7. ^ 「太平洋渡るアホウドリ」『東京新聞2009年(平成21年)10月28日 *11版S 特報 24面、より。



ゴルフ

出典:『Wiktionary』 (2011/08/03 05:16 UTC 版)

名詞

ゴルフ

  1. スポーツ球技一つボール上のクラブ打ちホールに入れる。コース中に設けられている18ホール順次回っていき、最終的に総打数少ない者を勝ちとする競技

発音

  • ご↘るふ

語源

翻訳






ゴルフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ゴルフに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゴルフ」の関連用語

ゴルフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウォークラリー

フラッグフットボール

ビーチサッカー

ウォールハンドボール

軟式野球

スポーツカイト

釣り

アームレスリング





ゴルフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴルフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのゴルフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS