NHKとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > NHKの意味・解説 

エヌ エイチ ケー 【 NHK 】 〔Nippon Hoso Kyokai〕


NHK


NHK

作者シバタ・カズキ

収載図書ショートショートの広場 19
出版社講談社
刊行年月2007.5
シリーズ名講談社文庫


日本放送協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/16 13:46 UTC 版)

(NHK から転送)

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい[1]英称Japan Broadcasting Corporation[2])は、日本公共放送を担う事業者。日本の放送法昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人[3]総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI[4]」の頭文字を取り「NHKエヌ・エイチ・ケイ[5]」と呼称・記される[6]




[ヘルプ]
  1. ^ NHKオンライン「NHKの概要」
  2. ^ NHKオンライン「NHKの概要」
  3. ^ 放送法第16条、日本放送協会定款第1条
  4. ^ NHKオンライン「NHKの概要」
  5. ^ NHKオンライン「NHKの概要」
  6. ^ 「NHK」は日本放送協会定款第2条で定められた公式な略称である日本放送協会定款 (PDF) 第2条「本協会は、日本放送協会と称し、NHKと略称する。」
  7. ^ 典拠;NHK経営情報より。
  8. ^ 株式会社放送衛星システムもNHKが49.998%を出資する関連会社である。
  9. ^ 放送法第15条、日本放送協会定款第3条
  10. ^ 放送法附則第13項
  11. ^ 社団法人日本放送協会設立 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  12. ^ 放送法第17条、日本放送協会定款第6条第1項
  13. ^ 放送法第20条第1項に国内地上基幹放送は特定地上基幹放送局によることが、つまり特定地上基幹放送事業者たることが義務付けられている。その他の地上基幹放送についても特定地上基幹放送事業者として実施している。
  14. ^ 放送法第4条第1項
  15. ^ 石井清司 「4章」『日本の放送をつくった男 - フランク馬場物語』 毎日新聞社(原著1998年10月30日)、初版、138ページ。ISBN 4-620-31247-9
  16. ^ 登録(第386781号)、なお日本発条は1951年10月19日(第404159号)。
  17. ^ 第3048038号
  18. ^ のちにデジタル・スタジアムのデジスタ・ナビゲーター、解説委員を務める。
  19. ^ 地上デジタル放送のチャンネルロゴは総合テレビでは「NHK G」と表示されており、教育テレビでは「NHK E」と表示されていたが、2011年4月11日の放送開始から「NHK Eテレ」の表示となった。
  20. ^ 2011年4月1日のチャンネル再編までは第1放送がBS1(ビーエスワン)、第2放送がBS2ビーエスツー、ハイビジョン放送がBShiビーエスハイビジョンと略称されていた。
  21. ^ 放送法第66条
  22. ^ 放送法第67条
  23. ^ a b NHK受信料公共放送参照
  24. ^ 放送法第74条第3項
  25. ^ 放送法第79条
  26. ^ 平成25年度 NHK決算 (PDF)
  27. ^ 日本放送協会平成14年度連結決算報告書 (PDF)
  28. ^ 日本放送協会平成15年度連結決算報告書 (PDF)
  29. ^ 平成17年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  30. ^ 平成19年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  31. ^ 平成21年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  32. ^ 平成23年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  33. ^ 災害対策基本法第2条第5号
  34. ^ 災害対策基本法第6条
  35. ^ 気象業務法第15条第6号
  36. ^ NHK放送ガイドライン
  37. ^ 2015年朝ドラまれ』では、輪島塗という言葉が何度も用いられている。
  38. ^ AKB48選抜総選挙」、「じゃんけん大会」についてデータ放送ニュースや、土曜夜の『AKB48 SHOW!』にて扱われることもある。
  39. ^ 朝ドラ大河ドラマの制作発表および出演者決定とNHK紅白歌合戦の司会者および出場歌手決定は、放送局の性質上扱わなければならない。
  40. ^ 後藤洋平 (2016年6月6日). “朝ドラと企業家、蜜月なぜ NHKが宣伝に加担してる?”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ636KS5J63UCLV013.html 2016年7月21日閲覧。 
  41. ^ 殿村美樹 (2016年5月14日). “企業PR?NHK朝ドラが女性実業家ばかりのワケ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). http://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20160511-OYT8T50080.html 2016年9月30日閲覧。 
  42. ^ 山崎春奈 (2016年9月12日). “「コップのフチ子」が「OL人形」に 原因は原案者との確執?”. BuzzFeed (BuzzFeed Japan). https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/fuchico-ol?utm_term=.jf8ANaDv5m#.adn0l9RrmB 2016年9月30日閲覧。 
  43. ^ NHK放送受信料窓口のご案内”. NHK札幌放送局. 2015年12月30日閲覧。
  44. ^ 福山支局の移転について”. NHK広島放送局. 2015年12月30日閲覧。
  45. ^ NHK年鑑2013 各波の編集方針
  46. ^ スクランブル配信・ノンスクランブル放送が混在するチャンネル。
  47. ^ 放送法第49条、日本放送協会定款第35条第1項
  48. ^ 放送法第42条第3項、日本放送協会定款第25条第3項
  49. ^ 放送法第29条第1項、日本放送協会定款第12条
  50. ^ 放送法第30条第1項、日本放送協会定款第15条
  51. ^ 放送法第31条第1項
  52. ^ 放送法第33条第1項、日本放送協会定款第16条
  53. ^ 放送法第30条第2項、日本放送協会定款第15条第2項
  54. ^ 放送法第29条第1項、日本放送協会定款第13条第1項
  55. ^ 放送法第42条第1項、日本放送協会定款第25条第1項
  56. ^ 放送法第42条第2項・第3項、日本放送協会定款第25条第2項・第3項
  57. ^ 放送法第43条、日本放送協会定款第26条
  58. ^ 放送法第50条第1項
  59. ^ 放送法第50条第2項
  60. ^ 放送法第52条第1項・第2項、日本放送協会定款第38条
  61. ^ a b c 放送法第53条第1項、日本放送協会定款第39条
  62. ^ 放送法第51条第1項、日本放送協会定款第36条第1項
  63. ^ それでも、第3代目〜第11代目までの会長は、外部企業の要職を務めた者の民間登用、または外部企業を経てNHKの役員に就任した者ばかりだった
  64. ^ 週刊文春』2013年11月28日号
  65. ^ a b 放送法第52条第3項、日本放送協会定款第38条
  66. ^ 放送法第51条第2項、日本放送協会定款第36条第2項
  67. ^ 放送法第51条第3項
  68. ^ 放送法第82条
  69. ^ 特集 その時、舞台裏では…「番組編成編」 NHKアーカイブス
  70. ^ 「平成27年度、収支予算と事業計画の説明資料[1]」職員給与総額(各種手当込:退職金除く)1194.1億円 /(職員数)10292人=1,160万円。
  71. ^ 東京都世田谷区- エントランスホールでは放送技術の紹介が行われている。また毎年5月には一般公開が開催される。
  72. ^ NHK放送番組記録 NHKアーカイブス保存番組検索
  73. ^ 名作時代劇 大岡越前 第2部 NHK
  74. ^ 解説:番組のネット配信、出演料やタレント価値の低下を気にする芸能界が敬遠」ITpro、2006年2月17日
  75. ^ 織田淳嗣(NHK取材班) (2013年2月19日). “【ZOOM】厚遇批判に「自主的な変化」 NHK「基本賃金10%削減」案”. 産業経済新聞 (MSN産經ニュース). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130219/ent13021907490002-n1.htm 2013年2月20日閲覧。 
  76. ^ NHK、給与1割削減に労使合意 - 2013年4月4日日本経済新聞Web刊(2013年10月13日閲覧)
  77. ^ NHKの「皆様の受信料」がOBの年金に補填される奇怪 | inside Enterprise | ダイヤモンド・オンライン
  78. ^ 「公共放送の在り方 NHK改革を巡る議論」国立国会図書館ISSUE BRIEF 2006年3月3日 (PDF)
  79. ^ 武田徹 『NHK問題』 筑摩書房、2006年12月、108〜122頁。ISBN 978-4-480-06336-6
  80. ^ 総裁選報道への質問電話に NHK側『自民のPR』] 東京新聞 2008年10月9日 夕刊
  81. ^ “Japan’s ‘BBC’ bans any reference to wartime ‘sex slaves’”. タイムズ. (2014年10月17日). http://www.thetimes.co.uk/tto/news/world/asia/article4239769.ece 2014年10月18日閲覧。 
  82. ^ “「政治と癒着…NHKのためなら」籾井節、最後の会見も’”. 朝日新聞デジタル版. (2017年1月20日). https://web-beta.archive.org/web/20170223181831/http://www.asahi.com/articles/ASK1M5GBNK1MUCLV00R.html 2017年2月23日閲覧。 
  83. ^ NHK:軍用地所有 東京・六本木の米軍基地一部、国有地交換後も残る 毎日新聞 2009年5月25日
  84. ^ 原発容認で出演中止 NHK番組 「意見変えて」要請産経新聞 2013年4月1日
  85. ^ NHK:「脱原発」拒否 ラジオ番組、大学教授出演取りやめ 毎日新聞 2014年1月31日
  86. ^ 社説:NHKと政治 萎縮せず果敢な放送を 毎日新聞 2014年2月1日
  87. ^ 【ビジネス・ジャーナル】2014年1月23日付「NHK、天皇陛下の「お言葉」を恣意的に一部カットして報道〜蜜月・安倍政権への“配慮”」
  88. ^ 『NHK受信料拒否の論理』未来社 1973 のち朝日文庫1991
  89. ^ 民事手続きによる受信料の支払督促の実施について」 日本放送協会、2006年10月5日。
  90. ^ 受信料「不服」、NHK元職員が請求凍結求め提訴 - 社会(朝日新聞
  91. ^ a b 【YouTube】NHK受信料巡る訴訟合戦勃発か サーチナ 2009年6月24日
  92. ^ 受信契約拒否問題でNHKが提訴取り下げ 会社側が受信料支払いへ 産経新聞 2009年7月9日更新、28日閲覧
  93. ^ NHK受信料未払いはダメ!東京地裁「自由意思で契約、解約できた」 産経新聞 2009年7月28日更新、同日閲覧
  94. ^ NHK受信料の未払い「5年で時効」 最高裁が初判断
  95. ^ NHK受信料5年で時効 最高裁が初判断
  96. ^ NHK受信料、5年で時効成立…最高裁初判断
  97. ^ 受信料:時効5年確定、NHKの上告棄却…最高裁初判断
  98. ^ NHK受信料、5年で時効=最高裁が初判断
  99. ^ 受信料は時効5年と最高裁判決も「主張があれば5年に」とNHKは変わらず
  100. ^ NHK受信料滞納、時効5年確定
  101. ^ NHK受信料の滞納は、5年で時効 最高裁が初判断
  102. ^ 受信料請求の前に国益に資する放送を NHK受信料未払いは5年で時効
  103. ^ a b c ワンセグ携帯所有者はNHK受信料不要、さいたま地裁判決 - 弁護士ドットコム
  104. ^ ワンセグ携帯所有者、NHK受信料の契約義務なし さいたま地裁判決”. 産経ニュース (2016年8月26日). 2016年8月26日閲覧。
  105. ^ NHK放送文化研究所 2004年11月号「放送研究と調査」
  106. ^ a b 三橋貴明『疑惑の報道』
  107. ^ http://sankei.jp.msn.com/.../news/.../ent13092108230002-n1.htm MSN産経ニュース(2013年9月21日)
  108. ^ 毎日新聞メディア編成本部 毎日新聞戦後の重大事件早見表 1991年5月25日印刷 1991年6月10日発行 沢畠 毅 p.378 ISBN 4-620-30794-7
  109. ^ テロップ表記も原則カタカナだが漢字表記が分かる人物については最初の表記分についてはカッコ書きで書かれている。 代表例:"キム・デジュン(金大中)氏"
  110. ^ パイワン人も提訴、原告1万人突破 NHK台湾特集訴訟 産経新聞 2009.8.12
  111. ^ a b NHK相手に8400人が集団提訴 「JAPANデビュー」歪曲報道で 産経新聞 2009.6.25
  112. ^ NHKの台湾支配報道は「捏造」 歴史研究者ら8千人提訴 共同通信 2009/06/25
  113. ^ a b 日台友好団体がNHKに抗議デモ 産経新聞 2009.5.30
  114. ^ 総理大臣経験者を始めとする約60人の国会議員が集まった。「自民党:公共放送を考える議員の会が発足総会」 毎日新聞2009年6月11日
  115. ^ 「一方的ではない」 Nスペ「偏向番組問題」で福地会長 産経ニュース 2009.5.14
  116. ^ a b 「偏向報道」抗議者に「不問」求める 訪台のNHK番組関係者 産経新聞 2009.10.6
  117. ^ プロジェクトJAPAN 未来へのプレーバック。NHK 2009年6月17日
  118. ^ 魂の旋律―佐村河内守 [単行本]
  119. ^ 佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか?ハフィントンポスト 2014年2月8日
  120. ^ 佐村河内氏のゴースト疑惑 NHKは知っていた?スポニチ 2014年2月5日
  121. ^ 札幌の写真家がNHK告訴 著作権法違反容疑 - 47NEWS(よんななニュース)(2008年6月24日 共同通信)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

NHKに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「NHK」の関連用語

NHKのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

一角仙人

サルナシ

蚕くれ台

オーバーラップ・グリップ

アタリ

第八十一玉高丸

FLSTN

梅樹透図鐔





NHKのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本放送協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS