アニメとは?

アニメ

アニメーション(animation)の略。ただし英語圏animeという場合は、日本製アニメーションを意味し、他のアニメーションanimeとは呼ばない。アジアではドラえもんが受けるが、欧米では主人公のび太情けないという理由で全く受けない。

アニメ

作者篠崎未知

収載図書透き通ったタマゴ
出版社マガジンハウス
刊行年月1994.8


アニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 18:20 UTC 版)

アニメは、アニメーション略語である[1]。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。

概要

各種メディアで提供されるサブカルチャーの一つ。「文化芸術振興基本法」ではメディア芸術、関連法律の「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」ではコンテンツの一つと定義されており、どちらの法律でもアニメと略されてはおらず、アニメーションと正式表記されている。別定義として、多角的芸術分類観点において、美術(映像を含まない)、映像音楽文学芸能の総合芸術とされるときもある。

テレビ放送用の1話30分枠の連続作品(詳細はテレビアニメの標準フォーマットを参照)が主流で、劇場用やDVDなどでの単発作品の比率は低い。取り上げる題材は幅広く、多種多様なものが使用されている(詳細は後述、「Category:アニメのジャンル」も参照)。また、人気作品には1期、2期といった分け方がされており基本的に13話で構成されている(これに当てはまらないものも多い)。

単に「アニメ」という場合は、セルアニメーション(セルアニメ)のことを指していることが多い。本項では、主に日本で製作された商業用セルアニメーションについて解説する。

作品に関しては、『アニメ作品一覧』を参照。

流通形態

語の変遷と普及

年代 内容
1930年代 線画 映画(本編)の前座としてニュース映画と短編アニメが上映されていた。アニメーションだけでなく実写映画に使われる地図、グラフや図表なども描くこともあった。
1940年代以降 - 現在 動画 動画はアニメーターであり日本最初期のアニメーション制作会社日本動画の設立メンバーである政岡憲三によって英語animationの日本語訳として提唱。1943年『くもとちゅうりっぷ』(松竹動画研究所)、1944年『フクちゃんの潜水艦』(朝日映画社)、1947年『すて猫トラちゃん』(日本動画社)でクレジットされている。商業用アニメの製作工程の名称(原画と動画 (アニメーション))としても現在まで使用されている。アニメーションという語が普及し定着する1980年頃までは、世間一般では下記のように漫画映画・テレビ漫画と呼ばれていたが、業界での正式名称は動画であり、東映動画シンエイ動画など動画が付く社名の制作会社が設立されている。動画は各種国語辞典にもアニメーションの日本語訳として記載されており、現在の日本のアニメ業界団体名も「日本動画協会」である。
1950年代 - 1970年代頃 漫画映画
漫画
戦前戦後を通じアニメーション(略してアニメ)という語が普及する以前のアニメーション映画特に児童向けのそれは「漫画映画」あるいは単に「漫画」と呼ばれていた。興行タイトルに漫画が付いているものとして1980年代まで使用された「東映まんがまつり」などがある。現在一部で「もはや戦後ではない昭和30年代に製作を始めた東映動画のフルアニメーションによる劇場作品群と、1970年代初めにそれらの製作を停止した東映に代わって道統を受け継ぐとされる制作者の作品群を特にそう称することもある。
1960年代 - 1970年代頃 テレビまんが テレビ漫画・テレビマンガとも表記される。当時はまだアニメーションは映像業界の専門用語であり、『鉄腕アトム』などのテレビアニメーション (セルアニメ) 番組は、人形劇 (人形アニメ) や『サンダーバード』『仮面ライダー』などの特殊撮影技術を併用する劇映画 (特撮) 番組と一緒くたにテレビまんがと呼ばれていた。主にセルアニメーションで作成された作品を含む子供向けテレビ番組の呼称。タイトルにまんがが付いてた作品として『カルピスまんが劇場[注 1]や1990年代まで放送された『まんが日本昔ばなし』などがある。1980年代前半を境にして、テレビまんがなどの呼称は衰退したが、2000年代においても児童向けテレビアニメ & 特撮作品のアニメソングコンピレーション・アルバムなどのタイトルで「テレビまんが」が使用されたり、1960 - 1970年代のアニメ作品を指してノスタルジー的趣向で「懐かしのテレビ漫画」などと表記されたりすることもある。
1960年代以降 - 現在 アニメーション
アニメ
小型映画」(映像制作者向けの専門雑誌)で1965年6月号までは主に英語をそのまま片仮名にしたアニメーションという語を使用しており、アニメという略語を使用する場合はアニメーションとセットで用いられていた。7月号でアニメという語がアニメーションの略であるという断りなしで初めて使用された。この頃から映像業界内でアニメが一般的になり始めたとみられる。専門用語であったアニメーション・アニメであるが、1975年には一般用語としても登場し出し、絵本シリーズ『テレビ名作アニメ劇場』ポプラ社はタイトル名にアニメを使用した最初の書籍とみられる。日本アニメーションが設立され、同社制作の番組内では毎週社名の一部としてアニメーションという語が表示されるようになり、1978年には「アニメージュ」が創刊され、その後数年で誌名にアニメを含む専門雑誌が相次いで創刊されるなど急速に普及していき、1980年代前半には世間一般でもそれまでのテレビ漫画などの呼称に代わってアニメと呼ばれるようになった。
1968年 アニメート 絵本シリーズ『名作アニメート絵話』、偕成社。アニメーションを略したものではなく、animation の動詞形の animate を日本語読みにしたもの。一般向けにアニメを含む語をタイトルに用いた最初期の例である。
1969年 アニメラマ 虫プロによるアニメーションとドラマ造語。映画『千夜一夜物語』(1969年公開)『クレオパトラ』(1970年公開)で使用された。『哀しみのベラドンナ』(1973年公開)では「アニメロマネスク」が使われる。いずれもその後広く普及して使用され続ける語にはなっていない。

anime

ラテン文字のanimationの m の次は a であり e が含まれていないので、animeと略すことは出来ない。アニメーションをアニメと略せる言語は日本語に限られるため、日本国外の英語圏などで「anime」という場合は日本のアニメや日本風の表現様式のアニメに対して用いられる[2]。日本国内では、製作国や作風に関わりなくanimeが使用される[3][4][注 2]

英語ではanimeと綴った場合の発音は「エイニム」あるいは「アニーム」のようになるが、日本語と同じ「アニメ」と発音している。animation(英)→アニメーション(日)→アニメ(日)→anime(英)として逆輸入されたものである。日本での「アニメ」読みが名詞として辞書に掲載される例もある。

フランス語には animer(動く)の過去分詞形の animé(アニメ、動いた、動かれた)があり[5]、同用途で英語でも animé と綴られるため、フランス語由来説も存在する。

アメリカ合衆国での普及
1972年、ビデオデッキが発売されると、1976年2月にはファンサブ(無断で英語字幕をつけた海賊版。著作権違反であり、アニメDVDの販売に悪影響も出ている)活動が始まり、1977年には専門のサークルが活動を開始した。既に日本製ロボットアニメーションを指す語としてanimeという語が用いられていたが、愛好家たちの隠語か専門用語のようなもので、一般には広まらなかった[6]。1991年、The Society for the Promotion of Japanese Animation(略称SPJA)が発足し、翌1992年から毎年「Anime Expo」が開催されると、OTAKU(おたく)が増加するなど[7]、animeは急速に普及していった[8]。ただし、彼らは対価を払ってから視聴する者よりも無料なファンサブなどの海賊版でアニメを視聴している者の方が多い。
フランスでの普及
日本製アニメーションはanimeアニメと呼ばれる。英語から輸出される形で移入される。アニメーション(動画)はdessin animéデサンナニメ(動く画) と呼ばれる。

ジャパニメーション(Japanimation

北米

主に1970-1980年代に使用された日本製アニメーションを指す語。日本で用いられるようになった1990年代には、現地では既にほぼ死語と化していた。音節的に Japan-animation から Japanimation略語であるが、Jap日本人の蔑称)の animation とも読めるため、日本人と文化に対する差別・偏見と、アニメーションへの偏見から、日本製アニメーションを指して「くだらないもの」あるいは「子供の教育上良くないもの」の意味を含めていた可能性もある。当時、北米に輸出された作品は、文化・習慣・表現規制の違いから、日本的・性的・暴力的な表現は削除されていた。

また、長期に渡り連続する複数の作品を1作品として編集し、制作者の意向と掛け離れた独自改変された作品を示すこともある[9]。2000年代以降、一部のアニメーション関連のオンラインショップ[10]で使用される場合もある。

日本

前述の北米での発祥を受け「海外(日本の外)で視聴される、人気を呼び且つ評判になっている日本製のアニメーション」という意味で1990年代に『AKIRA』『攻殻機動隊』の原作漫画出版元である講談社をはじめメディア上で度々使用されていたが、2000年代以降は減っている。2011年には同名のアメリカの人気テレビドラマをアニメ化したOVAシリーズ『スーパーナチュラル・ジ・アニメーション』において、海外ドラマを日本のアニメ制作会社マッドハウスがアニメ化し世界で発売されたということでジャパニメーションと銘打たれていた(テレビ放送時の宣伝でも使用された)[11][12]。「世界で通用する日本のアニメ」など、世界を意識した視点で作品を紹介する際に使用されている[13]

制作工程

作品の制作過程は、大きく分けると3つの工程に別れている。

  1. プリプロダクション
    • 企画書をもとに、スタッフ編成と制作のフローを確定し、脚本・設定・絵コンテなど制作に必要な各種設定など行う作業。
  2. プロダクション
  3. ポストプロダクション
    • アフレコ・BGM・効果音を加える音作業やVTR編集などの作業。

さらに詳細な工程を経て制作される。制作会社、作品に投入される各部門のスタッフ数、技術の進歩などにより役職名や工程の違いもあるが、企画から完成までの基本的な工程は以下の通りである[注 3]

  1. 企画
    • 作品の全体像、企画意図、セールスポイントなどが記述された企画書、パイロット版等をテレビ局や映画配給会社、制作費を受け持つスポンサーとなる会社に提出する。配信する側が採否を決定する。
  2. スタッフ編成とワークフローの確定
  3. 脚本(シナリオ・本読み
    • ストーリーの制作作業で、柱、台詞ト書きで構成される。
    • シリーズ構成は、脚本の監督的な仕事を担い、作品全体の構成を考えて、複数の脚本家にエピソードを配分していく。脚本が作品のイメージの逸脱、矛盾の発生などの問題をチェックする。
  4. 設定
  5. 絵コンテ
    • 監督演出プロデューサー)が脚本を絵として組み立てる作業。作品の内容の流れがコマ割りの絵で描かれる。これを元に原画作業が行われる。コマ割りの状況説明・カメラワーク・効果音など、セリフ、撮影のカットの秒数が指示される。
  6. 原画(原図・作画レイアウトシステム
    1. 原画マン(原画家、原画担当者、レイアウトマン)と呼ばれる職制が担当する。絵コンテを元に完成画面を想定し背景の構図とキャラクターのレイアウト(画面構成)を作成する。原画作業もペンタブレットなどの進化で、デジタル制作に移行している。
    2. 演出(プロデューサー)は、レイアウトが絵コンテの内容、演出意図との差異を確認、修正指示を入れ作画監督に渡す。
    3. 作画監督は動きやキャラクターデザインを修正し、画面の統一を図る、作監修正と呼ばれる作業を行う。
  7. 動画
    1. 動画マンと呼ばれる職制が担当する。ラフに描かれた原画の清書作業を行い、原画の間の絵を描きおこし全ての動きを完成させる作業。中割りとも呼ばれる。
    2. 動画検査と呼ばれる職制が簡易撮影装置で動画をチェックし、修正を指示する。
  8. 仕上げ(色トレス、彩色、デジタル彩色):色彩設定(色彩設計)の指示・動画に指定されている色指定の通りに着色する作業。
    • セルアニメ : 動画をトレスマシンでセルに転写して、セルの裏側に彩色を行う。セル画も参照。
    • デジタルアニメ : スキャナーで取り込み線をクリンナップ。影線やハイライト線を輪郭線とは別色でトレスする。影線などの不要な線は塗りつぶされ見えなくなる。この時点でオブジェクトに アンチエイリアスは、かかっていない(かかっていると色が塗れない)。
  9. 背景
    • 美術監督は、背景設定となる美術ボードを制作する。原画で指定された背景設定に合わせて、背景スタッフが背景を作成する作業。デジタルアニメも背景は絵の具で仕上げが多かったが、デジタル制作の背景も増えている。
  10. 撮影撮影監督が作業を監督し、仕上げと背景を組み合わせる工程。透過光マルチプレーン・カメラ、多重露光などのエフェクト処理を加える。
    • セルアニメ : セル画と背景を撮影台にセットし1コマずつフィルム撮影する。
    • デジタルアニメ : 仕上げと背景を合成して映像データにする。アンチエイリアス処理がかけられる。
  11. 楽曲作成
    • 様々な場面に合わせた楽曲BGMを作成する作業。
  12. 音作業:音響監督は、声優のキャスティングと演技指導、ダビングなどの音響演出を担当する。監督や演出(プロデューサー)などが参加する場合が多い。
    1. アフレコ
      • 撮影された映像に声優がアフレコ台本をもとに声を収録する作業。アフレコ演出と呼ばれる職制が演技指導を行う場合もある。
    2. ダビング
      • アフレコにBGMや演出に合わせた効果音を加える作業。
  13. VTR編集
    • オープニング、エンディング、CM前後のアイキャッチを組み合わせて完成させる作業。オブジェクトの最終調整、色彩調整も行われる。

ただし諸事情により企画段階[14]もしくは制作途中で中止になることもあり[15]、中にはアフレコも終えた段階でお蔵入りになったケースもある[16]。稀に一度は中止にされた作品が時を経て再起動するケースもある[17]

製作会社と制作会社

作品制作数の増加に伴い分業化が進み、プリプロダクションの企画・製作会社と、プロダクションの作画・動画スタジオ、美術スタジオなどと、ポストプロダクションの撮影会社、音源制作など制作工程別に作業を請け負う専門スタジオと分業化されている。

また、グロス請けと呼ばれる、1話単位で制作作業を一括受注し制作業務全般を行う制作会社もある。

制作業界と環境

アニメ産業と呼べるほどの規模はなく、映像制作の一分野に留まり、業界の構造としては建設業下請け制度に類似する構造を持っているとされ、「大手制作プロダクション(元請け)」→「中堅制作プロ(子請け)」→「零細制作プロ(孫請け)」と段階ごとに制作費の「中抜き(ピンハネ)」が存在するといわれている[18][19]

表現技法の発展と向上は、個人の感性と技術の熟練度に依存し、技量差が品質に反映される労働集約的作業に支えられているが、制作環境はアニメーターの場合、収入は新人で月額で約2 - 3万円。中堅で約7万5000円 - 10万円程度といわれ、約25%は年収100万円以下である(日本芸能実演家団体協議会、2008年調査)などの賃金や雇用環境、労働条件などの問題で、国内での人材の確保もままならない状態も恒常的に続いている。

その為、人件費の安い中国や韓国などの制作会社に外注され、日本国内でアニメ制作の根底を支えるセルの作画など制作現場と、それを継続させる人材育成の両面で空洞化が危惧されている。また、海外へ外注することにより日本の技術が流出する恐れもある。

製作工程の省力化とデジタル化

アニメーション製作のデジタル化に至るまでには、フィルム・アニメーションから、ビデオ・アニメーション、ビデオ変換装置など、さまざまなシステム開発が進められてきた。

1986年に池田宏(東映動画技術研究室長)は、「映像というメディアはこうした科学技術の基盤の上に構築されているものであり、このことは当然、これらの科学技術の発展に応じて新しい映像メディアの登場もあり得るのである。したがって映像関係者はこれら科学技術の発展にはたえず対応していかなければならないし、それを怠れば映像技術者として脱落さえ意味することになる」と語っている。[20]

1970−1980年代後半、ビデオの普及やコンピュータの導入によってアニメーションの製作過程は大きく変わり始め、デジタル化に向かって動き始めた。

省力化

1984年に東京中央プロダクション・高橋克雄の撮影現場から、VTRでコマ撮りができるシステムVTRアニメーションシステムが登場した。

現像するまで撮影結果の分からないフィルム・アニメーションから、現場で即時に撮影結果が分かるVTRアニメーション撮影は、撮影現場の撮影期間短縮による製作コストの軽減、画質の保持、映像メディアのコンパクト化とリテイクによる経済的損失からの解放となった。

アニメーション作品以外にも広く活用され、映画やカラオケの字幕(スーパーインポーズ (映像編集))やデパートやメーカーなどの映像カタログ制作などにも使用されるようになった。また、画質を落とさずに大量複製が可能になったことからOVAが普及する契機ともなった。

1985年にフィルムからビデオへの変換装置、テレシネシステムの登場で、多くのフィルムアニメーション作品がビデオ変換されテレビで放映されたこともデジタル化への指針となった。

デジタル(CGアニメ)化

1990年代、コンピューターの発達やソフトの開発が進み、アニメーション制作で使用される幅が広くなり活用するようになった。

1990年代後半からセル画からデジタル彩色に移行し、1999年頃に全面的に移行し最後までセル画で制作されていた『サザエさん』の2013年9月29日放送分を最後に、全ての商業作品はデジタル方式に移行した。仕上げ工程に導入された、デジタルペイントは訂正が容易で塗料の乾燥を待つ必要がなく、傷・ホコリなどのセル画の管理の手間も省け、また画像データとしてネットワークに載せることが可能となり、日本国外などの遠隔地とのやり取りが可能となり、大幅な省力化・コストダウンが進んだ。

また、映像表現においては塗料による使用色数の制限がなくなり、精密なグラデーション表現が可能となった。撮影時にセルの重ね合わせによる明るさの減少がなく、カメラワークの自由度が広がる他、エアブラシによる特殊効果透過光などが簡単に施せるなどの利点がある。ただ、ビデオ出力されるため、フィルムとビデオでは映像の質感が異なり、フィルムは柔らかい質感、ビデオはクリアな映像が特徴があり、クリアで明るすぎる発色に違和感もあったが改善されてセルアニメを凌ぐ美しさを持つ作品もみられる。

国外では、ディズニー映画を多く手掛けるピクサー・アニメーション・スタジオなどで3DCGアニメーションが制作されているが、日本国内では2Dの手書きアニメの補完的な役割で自動車など乗り物などのCGとセルアニメの組み合わせなどから始まり、従来のアニメ表現と3Dを融合させるための様々な試行錯誤を繰り返し、新たなアニメ表現として独自の進化を遂げている。2010年代に入ると日本でも深夜アニメを中心にフルCG作品が登場してきてはいるものの、技術的な差や手書きアニメとの違いなどから一般作品レベルまでは受け入れられていないのが実情である。

2000年代以降、デジカメに付属するPCソフトオンラインソフト、携帯電話やスマホのアプリなどを使用すれば素人でもアニメーション制作も可能となり、またアニメーション制作の専用ソフトの普及と進化で作業の省力化は進んでいるが、新たに登場した3DCGを駆使するデジタルアニメ製作現場では、さらなる省力化が求められている。

業界団体

日本動画協会(略称:AJA)

日本におけるアニメーション業界の意思統一、関連団体との連携、アニメーション産業の持続的発展を目的とした一般社団法人

日本芸能マネジメント事業者協会

声優のマネージメントを行うプロダクションなど事業者が加盟する[21]

日本声優事業社協議会

声優事業社で組織。[22]

日本アニメーター・演出協会(略称:JAniCA)

2009年12月3日に一般社団法人化した、アニメーター及び演出家の地位向上と技術継承を目的とした一般社団法人。

日本音声製作者連盟(略称:JAPA)

2003年4月1日に設立され、「内外関連文化団体との提携及び交流。映像文化発展のための事業」。「業界の社会的地位の向上のための広報活動および出版事業」。「音声製作物に関連する権利の確立及び擁護」。「再放送使用料」の徴収、分配業務を主な事業内容とした一般社団法人[23]

日本俳優連合

テレビ局や制作会社に対して立場が弱い俳優が、一方的で不利な出演契約を解消を目的として結成された。声優の多くも加盟している[24]

国による振興・保護政策

文化庁メディア芸術祭

メディア芸術の創造と発展を図ることを目的に、文化庁CG-ARTS協会が主催の祭典。1997年以降、毎年実施されている[25]

文化芸術振興基本法

2001年12月7日に施行され、映画、漫画、アニメーション及びコンピュータその他の電子機器等を利用した芸術をメディア芸術と定義し、振興を図るための施策を行うようになった。

コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律(コンテンツ法)

2004年5月、アニメーションや漫画など、コンテンツ産業の保護・育成に官民一体で取り組むための法律が成立した。

クールジャパン(Cool Japan)

日本政府が行っている対外文化宣伝・輸出政策で使用されている用語で、クールジャパン戦略担当大臣や海外需要開拓支援機構(通称:クールジャパン機構)が設立されており、アニメ・漫画・ゲーム・J-POP・アイドルなどのポップカルチャーサブカルチャーも含まれている。

若手アニメーター育成プロジェクト(略称:PROGECT A)

文化庁の若手アニメーターなど人材育成事業の委託をうけ、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)が2010年(平成22年)より実施しているアニメーターの人材育成事業。

博物館・美術館

漫画やアニメ作品のセル画やフィルム、原画を展示する博物館・美術館。ミュージアムショップを設置したりアニメの様々なイベントや国際アニメーション映画協会(ASIFA)公認の映画祭、インディーズのアニメーション映画祭などを開催している所もある。『ドラえもん』の作者が生活していた川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムや、『名探偵コナン』の作者ゆかりの地鳥取県東伯郡北栄町青山剛昌ふるさと館など著名なアニメ作品やマンガの原作者の生誕地などに、地域おこしの拠点として整備されることも多い。

ほとんどの博物館は特定の作家、クリエイターに特化した施設になっているが、杉並アニメーションミュージアム秋葉原UDX内の東京アニメセンターでは制作会社や出版社などの垣根を超えた様々な企画展が行われ、アニメーションに使われる原画などの展示やグッズが販売されている。しかし、2009年に建設が凍結された国立メディア芸術総合センターのように国や自治体が建設する施設が野党から「アニメの殿堂」「国立の漫画喫茶」「税金の無駄」など批判され計画が中止に追い込まれることもある。

見本市・映画祭

東京国際アニメフェア

東京都日本動画協会などのアニメーション事業者団体で構成される「東京国際アニメフェア実行委員会」が主催の国内アニメ業界最大の見本市であった。2002年から2013年まで3月末頃に東京ビッグサイトで開催されていた展示会。アニメ作品や関係者を表彰する「東京アニメアワード」の表彰式が行われた。

アニメ コンテンツ エキスポ

2010年東京都青少年の健全な育成に関する条例に反対する形で大手出版社(角川書店秋田書店講談社集英社小学館新潮社双葉社少年画報社白泉社リイド社)10社が2011年の東京国際アニメフェアについて参加協力を拒否する声明を発表した。その後角川書店アニプレックスアニメイトキングレコードジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンフロンティアワークスマーベラスエンターテイメントメディアファクトリーの計8社が東京国際アニメフェアと同日に開催すると発表した。「アニメ コンテンツ エキスポ実行委員会」が主催し、千葉県千葉市美浜区の幕張メッセで開催する、アニメーションに関する日本の展示会であった。

AnimeJapan

2014年から東京国際アニメフェアとアニメコンテンツエキスポを統合する形で実現した展示会。東京都が不参加となり、KADOKAWAアニプレックス日本動画協会など19社が参加する。場所を東京ビッグサイトに戻し、東館全てを使うなど分裂前の東京国際アニメフェアより大型な見本市となる。

アヌシー国際アニメーション映画祭

1960年カンヌ国際映画祭からアニメーション部門を独立した、国際アニメーション映画協会(ASIFAen:International Animated Film Association)公認の国際アニメ映画祭フレデリック・バックの『木を植えた男』などがグランプリを受賞している。

併設で世界最大規模のアニメーション見本市、MIFA(Marché international du film d'animation)が行われている。映画祭開催期間中の3日間で、世界約60か国のアニメ関係者が参加している。

その他

広島国際アニメーションフェスティバルオタワ国際アニメーションフェスティバルザグレブ国際アニメーション映画祭は、上記アヌシーを含めて世界4大アニメーションフェスティバルと称されている。

表現の自主規制

アニメ映画では「映画倫理委員会」、テレビアニメでは、放送事業者が自主的に放送基準・番組基準(放送コード)を定めて運用することが電波法放送法で規定され、民放連加盟会員各社による任意団体「放送倫理・番組向上機構」(BPO)による自主規制がある。

OVAやWebアニメには、自主規制に関する法的規定や任意団体などは存在しないが、放送権販売の為にテレビアニメ・映画と同等程度の自主規制が行われている。アダルトビデオに類するアダルトアニメ作品は「日本ビデオ倫理協会」の審査を受けている。

テレビアニメのパッケージ化販売には自主規制が無い為、お色気や流血など刺激の強い表現をテレビ放送で規制したものを本来の状態に戻したり、より過激な映像の追加や差し替えなどが行われているものもある。

歴史

1963年1月1日、日本初の商業用連続テレビアニメ(週一アニメ)番組『鉄腕アトム』の放送開始。視聴率は30%を超える人気を博し、世界中で放映された。他の国のアニメーションと異なる方向に発展を遂げることになる。

1960・1970年代の国産アニメの少なかった頃には『トムとジェリー』、『ポパイ』など輸入作品も多数放送されていたが、国産アニメも増加し、1968年カラー放送も始まり、1969年に『サザエさん』の放送が開始、テレビまんがとして認知されるようになった。

1970年代から1980年代にかけて、『宇宙戦艦ヤマト』・『銀河鉄道999』の松本零士、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季、『風の谷のナウシカ』の宮崎駿、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の押井守、『トップをねらえ!』の庵野秀明など、後に日本アニメ界を牽引する著名なアニメ監督が多数登場した。

この頃からテレビ局への納品や交通の便がいい練馬区杉並区などの西武新宿線沿線に制作会社が集結するようになり、日本一のアニメ企業集積地となっている。

1990年には、アニメ番組の年間平均視聴率が9.7%と、1978年以後で史上最高(ビデオリサーチ調べ・関東地区)となった。

しかし、前年の1989年東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件が発生し、犯人宮崎勤がアニメオタクとして報道される。各メディアとも宮崎の異常性の見られる性格を強調、一時は同傾向の見られる独身男性に対する、あからさまな社会的嫌悪感まで形成されるという、モラル・パニック的な風潮も見られた。特に、当時のおたく文化には提供側の趣味もあって、極端に幼女を対象に据えて性的興奮を煽る内容が散見されたことから、1990年代前半の電脳学園・宮崎県有害図書指定訴訟沙織事件有害コミック騒動などの規制強化に向けた騒動の引き金となった。

1980年代から1990年代にかけてフランスの子供番組で日本のテレビアニメが連続して放映され人気を博し、多くのアニメファンを育てた(この世代は、番組のパーソナリティーの名前を冠して「ドロテ世代」と呼ばれている)[26][27]。この人気を受けて、フランス以外でも日本のテレビアニメの放送が増えていき、日本アニメの国際的受容のきっかけとなった。

90年代後半から2000年代になると、少子化による朝夕やゴールデンタイムのアニメ放送枠の視聴率低下により、ニュースや情報番組、バラエティ番組などに改変され、削減された放送枠を補うように、以前から青年層向けに単発で放送されていた深夜枠が業界で注目された。時間帯から従来のターゲットである子供から中高生や成人にターゲットを絞った低予算の深夜アニメが爆発的に増加し、2000年には7本だったものが、2004年には60本制作されるなど粗製濫造された。一方で庵野秀明監督の『新世紀エヴァンゲリオン』は1997年に再放送が深夜帯に行われたが、深夜帯の再放送では異例の視聴率5%台を出すなどの成果も出た。また『もののけ姫』では邦画アニメーション初となる興行収入100億円を突破し、最終的には193億円を記録した。

もともと視聴者が少なく、低視聴率でスポンサーが付きにくい時間帯という事情もあるが、低予算の作品を乱発したことにより品質の低下(作画崩壊)などを引き起こし、視聴者離れを招き打ち切りなどが多発した。深夜帯ゆえの注目度の低さを補う為に人気のある声優に頼った作品が増え始め、後にアイドル声優などとと呼ばれる流れとなった。

一方で、宮崎駿監督、スタジオジブリ制作『千と千尋の神隠し』は国内興行収入が300億円を超え世界で評価され、第75回アカデミー賞長編アニメーション映画賞第52回ベルリン国際映画祭金熊賞などを受賞した。またスタジオジブリではこの頃から俳優やアニメーション監督など声優に頼らない作品が増加していった。

2002年公開の新海誠が、監督・脚本・演出・作画・美術・編集をほとんど一人で行ったことでも注目を集めた、フルデジタルアニメーション『ほしのこえ』は、個人制作のアニメーションでは 他に類を見ないほどの出来として、大きく評価され世界中で様々な賞を受賞した。

また、シャフトピーエーワークスなど背景や演出が特徴的なアニメーション制作会社も登場し、『魔法少女まどか☆マギカ』で大きな注目を浴びることになる。

2005年頃から、民放5大キー局は様々な事情を抱える深夜アニメの放送枠を削減し、放送枠を失った深夜アニメは、テレビ神奈川TOKYO MXサンテレビ(兵庫県)など首都圏や関西圏といった人口密集地域を放送地域とするローカル局に追いこまれた。三大都市圏では深夜アニメが地上波で年間100本を超えるような地域がある一方で、1本も放送されない地方も存在する。その頃からインターネットの大衆化により、テレビなどマスメディアでは取り上げられない深夜アニメに関する情報が入手しやすくなり、じわじわとではあるが視聴者が増えていくようになった。また情報番組でも2005年放送のドラマ『電車男』ブームで『萌え』という言葉が新語・流行語大賞のトップテンを受賞したことに便乗して秋葉原メイド喫茶などアニメやそれに関連する情報が批判的な物も含め出回るようになり、いわゆるオタクに興味を持つ者や偏見を持つ者が増えていった。

2010年代に入ると、国民的アニメなどと呼ばれる長寿作品と子供向けアニメ以外を朝夕やゴールデンタイムで放送しても視聴率が取れないことから、ほぼ放送枠を失い深夜枠の放送時間が上回るようになった。一部の深夜アニメの話題作がスマートフォンの普及によりインターネットTwitter上の口コミを通じてアニメに関心の無い若者や、アニメ好きの芸能人の熱烈な支持を集め、CDや書籍などのランキングに上位にランクインし、アニメファン特有の購買力に目を付けたローソンなど様々な企業で深夜アニメとのタイアップキャンペーンが増加し、以前と比べると深夜アニメは身近な存在となりつつある。しかし深夜枠で1クール(3カ月・13週)と放送期間が短いことなどから全世代的な話題となるような作品もなく、『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』のように露骨な性描写で放送倫理・番組向上機構に指摘される作品もある。一方で子供向けアニメでは社会現象となるような『妖怪ウォッチ』も登場している。また近年ではインターネット動画サイトで世界中でいつでもアニメを楽しめるようになり、電器店やアニメ、漫画などサブカルチャーが集結する秋葉原はオタクの聖地から世界的な観光地となりつつあり、外国人向けツアーのルート組み込まれるようにもなっている。

劇場アニメでは宮崎駿が2013年公開の『風立ちぬ』をもって長編作品からの引退を発表した。引退報道以降は庵野秀明や細田守、新海誠などが宮崎駿の後継者候補として取り上げられている。中でも新海誠の『君の名は。』では邦画アニメーション映画では宮崎駿に次いで興行収入100億円を突破し、200億円に迫る勢いとなっている。

世界的に日本のアニメーション需要が高まる一方で、アニメーターの労働環境や賃金など慢性的に抱える問題は解消されることもなく、少子高齢化による国内市場の縮小という問題にも直面している。特にアニメ制作会社であるA-1_Picturesでは、作画を担当者に依頼したり、完成品を受け取ったりする「制作進行」と呼ばれる現場の調整役を務めていた男性が2010年10月に自殺し、2014年4月11日付けで新宿労働基準監督署が過労によるうつ病が原因として労災認定した。通院した医療施設のカルテには「月600時間労働」との記載があったが、残業代が支払われた形跡は無いとされている。この事件がきっかけとなり、その劣悪な労働環境がマスコミに取り上げられ、『ブラック企業大賞2014 業界賞』を受賞することになった。

近年では独立テレビ局で放送され話題となった深夜アニメをNHKが購入して放送する事例も出ている。それにより話題の作品を年齢の低い層にも気軽に視聴できる時間帯に放送することが出来るようになった。

物語的側面

アメリカではレイティングなどの規制が厳しいこともあり、子供向けの解りやすい物語を元にしたコミカル(喜劇的)な動画を楽しませる作品が多いが、日本では『鉄腕アトム』頃から子供向けではあるが、アンダーグラウンド (文化)の影響を受けていた漫画などと密接な影響を受けていたこともあり、単純に「ヒーローが必ず勝つ」という勧善懲悪の話では無く、社会風刺など含んだ多様で複雑な物語で、主人公に内在する様々な感情や心理を描く作品が多い[28]

技術的側面

リミテッド・アニメーションが主流で、ウォルト・ディズニー・カンパニーなどのアニメ作品に見られるフル・アニメーションは、少数派である。映画などと同様に24コマ/秒で撮影されるが、動画は、同一画で3コマ×8/秒の撮影となる。静止場面では、同一画で24コマ/秒の撮影となる。テレビ放送用の作品は演出により、1話ごとにセル画の使用量が決められている。

部分アニメ(口パク
同一人物の口、目、手、足などを部分別のセル画にして撮影する手法。最近では口だけではなく、あごなども動かすようになっている。製作の手間を省くだけでなく、静止との対比で動きが鮮明になる。
バンクシステム
動画を繰り返して使用する技法。連続作品あらすじの説明、ロボットアニメの合体、魔法少女等の変身、主人公などのセリフシーンで使用される。背景画を差し替え、全く別の場面として使用することもある。
止め絵
競技場の観客席やパーティ会場や街中の雑踏など、人が多く賑やかな状態を演出するために使われる。静止画が使われる場合も多い。出崎統がよく使用する。新房昭之シャフトの場合止め絵の絵柄を独特にする作風で有名である。
動線・集中線漫符
漫画の技法が多用される。
カメラワーク
セル画を、上下左右に背景の上でスクロール(パン)させる技法や、「引き絵」と呼ばれる、カメラのズームによる演出(実際は、固定カメラの下で絵の方を引っ張る)。作画枚数の節約になり、演出意図を明確にする技術である。
パカパカ
背景を閃光の連続により激しく点滅させる手法で、費用をかけずに派手で見栄えのする演出効果として多用されていたが、1997年12月16日に放送された『ポケットモンスター』第38話を見た視聴者が体調不良を訴えたポケモンショックを契機に、NHKと民放各社がアニメーション等の映像手法に関するガイドラインを策定し、パカパカの使用に関しての自主規制が行われている。

商業的側面

ウォルト・ディズニー・カンパニーの販売戦略を真似たとも言われるが、それとは別の道を歩むことになった。

テレビ番組の場合、スポンサーから提示される予算の範囲で請け負うのが通常であるが、明らかに不足する制作費で請け負い、不足部分は本業の漫画の原稿料、海外への輸出と再放送、玩具・文具・菓子メーカーにアニメキャラクターの商品化権(版権)販売による制作資金の回収システムが誕生し、後々まで続くことになる。

輸出

日本での商業用アニメーションのテレビ放送と同時に、制作費を短期間で回収するため、安価で多くの国へ輸出する販売戦略がとられた。日本国内で流通を前提に制作されていたものを輸出するため、輸出先の国内法や文化的事情で内容に大きな改変が行われる場合が多い。また、作品名・登場人物名やスタッフ名などは輸出先の各国に合わせて書き換えられたり、視聴者が日本製であることを知らない場合もある。

また著作権ごと(放棄した)契約で販売された作品もある。アメリカでは、『超時空要塞マクロス』・『超時空騎団サザンクロス』・『機甲創世記モスピーダ』の3作品をハーモニーゴールド USA 社(Harmony Gold USA)が翻案した『ロボテック』が制作され、さらに他国に輸出された事例も存在する[29]

世界的な多チャンネル化でソフト不足の中、日本アニメは安さで世界各地に広がった[30]。現在では、北米、南米ヨーロッパ南アジア東アジアロシアオーストラリアなど全世界に及び、総務省の調査(2005年度)によるテレビアニメの輸出額は、国内のテレビ放送権料の412億円の15分の1程度、26億円から28億円の規模である[31]。輸出金額では過半数を北米向けが占めるとも言われる。日本貿易振興機構は、地域、国別にコンテンツ調査しており、その中にアニメに関する統計や傾向などのレポートがある[32]。しかし、近年は海外におけるアニメ市場が拡大する陰で、日本製アニメのシェアは縮小傾向にある。また放映終了後に各国の言語字幕を入れて違法に配信する「海賊版アニメサイト」が増加している。

輸出の歴史

  • 1961年 - 東映動画(現:東映アニメーション)の初期長編作品がアメリカへ輸出される。大川博が「東洋のディズニー」を目指し設立した東映動画は当初から国際市場を意識していた[33]
  • 1963年 - テレビアニメとして、初輸出された『鉄腕アトム』は、放送開始から8か月後に、アメリカのNBC系列のNBCエンタープライゼスによって、全米ネットワークでなく番組販売される形で放送された[34]。続く『ジャングル大帝』は初めからアメリカ市場を意識して人種差別等を考慮して制作された[35]
  • 1970年代前半 - テレビアニメの輸出が一般的になり、最初は香港台湾向けに始まり[36]北東アジア圏、東南アジア圏で放送されるようになる。
  • 1970年代後半 - 最初はイタリア、次いでフランスに向けに始まり、1980年代にかけてヨーロッパに大量に輸出される。その背景には、ヨーロッパにおける、テレビの多チャンネル化による需要と、日本製の作品が廉価で、本数の多さがあった[37][38]。東映動画が制作したテレビアニメのうち全体の3分の2はヨーロッパ向けで、特にフランスとイタリア向けが多かった[39]。アメリカ、アジア圏同様、内容が改変されることもあった。イタリアでは、最盛期には1日計7時間、日本のアニメを放送していた[40]
  • 1980年代 - 中華人民共和国で放送される[41]
  • 2013年 - 情報通信政策研究所の発表によると、2013年の日本の放送コンテンツ海外輸出額は約138億円であり、このうち、アニメが62.2%を占める[42]
  • 現在、香港タイ台湾などでは、ほぼ1週間程度の差で日本で放送のアニメ作品が放送されている。またネットでは海外向けのアニメの配信が行われ、日本での放送の1時間後には全世界で日本のアニメが見られるようになった。
  • 近年では海外を中心に「海賊版」と呼ばれる違法アニメ配信サイトが存在しており、海外への輸出展開を難しくしている。経済産業省の試算によると海賊版による損失は中国だけで年間5600億円、米国では2兆円を超えるとされ、2014年より海賊版を配信しているサイトへ削除要請をしていく取り組みがされている。

日本国外の評価

「セクシャルと暴力」と認識されることが多い[43][44]

文化の違いとして、『ドラえもん』など日本の生活風景が出るものや、『ベルサイユのばら』など特定の国を扱ったものは、受け入れられるかどうかは国によって大きく異なる。『ドラえもん』は、ヒーロー的な男性を尊ぶ北米では受け入れられず2014年まで放送されなかったが、東南アジア圏では人気がある。

東南アジア圏では性的な表現を除き、日本文化的な表現も受容されつつあり、再評価されている。好まれる作品は日本とあまり変わらない。また『超電磁マシーンボルテスV』のように、特定の国で一部の人物の間(ファン)の中でヒットする作品も存在する。またキャラクターの人気も国によって異なる。

日本国外の規制等の事例

フランスでは、1983年にジャック・ラング文化相が文化侵略だと公言し、自国のアニメーション製作者へ助成金を出すことになった[45]。1989年には『キン肉マン』、『北斗の拳』が残酷だとバッシングされ放送中止となった。『聖闘士星矢』は暴力シーンをカットし世界中で放映されヒットし、アメリカを除き、ヨーロッパやメキシコ、南米で根強い人気がある[46]。また、欧州製の番組を6割以上放送することを放送局に義務付けたクォータ制度があり、残りの4割の中でアメリカと日本のアニメが放送されている[47]

EU加盟国では、1997年にEU理事会が、ヨーロッパ製の番組が放送時間の50%以上になるように放送局に義務付けた「国境なきテレビ指令」を出してから外国製アニメの新規放送が難しくなっている。

ニュージーランドでは『ぷにぷに☆ぽえみぃ』は、登場するキャラクターの容姿が幼児に見え、幼児性愛好者を増長させているとされ、政府機関により発売禁止処分を受け、所持が確認された場合、児童ポルノ禁止法違反により罪に問われる。北米やオーストラリアなど多くの国でそれに準じた処分が行われている。

中国では、2006年に海外アニメの輸入・放送に関して、国産アニメの放送がアニメの放送全体の7割を下回ってはならない、国産アニメを制作した機関は国産アニメを制作した時間と同じ分まで海外アニメを輸入できる、17時から20時まで外国アニメーションの放送を禁止などいくつかの規定を定めた[48]。日本作品の放送シェアが8割を超えるのは、ダンピングによる日本の文化侵略であるとして締め出しを行った。同時に、自国のアニメーション産業の保護と育成に乗り出した[49]

インドでは、日本でも問題視された子供を中心とした社会現象が起きており、『クレヨンしんちゃん』を放送禁止処分にする動きがある[50]

以上のような事例から、全ての日本のアニメが世界的に受け入れられているとは必ずしも言えないとする見解もある。[51]

映像媒体のパッケージ販売

流通における大きな変革として、家庭用ビデオデッキVHSβマックス)の登場・普及により、1983年にはテレビ放送や劇場公開ではないOVA作品『ダロス』が登場した。OVAはビデオソフトの販売とレンタルビデオ店から支払われる使用料により、制作費回収が可能になった結果、登場したビジネスモデルである。

玩具メーカーなどのスポンサーの意向によらずに作品制作ができるため、比較的表現の自由度があり、購買層の大多数は特定のファン層(アニメおたく)であり作品の内容は偏っているが、購買層が特定されているため商品化、販売の面において容易である利点がある。当初は、60分から90分程度のアニメ映画と同様の1話完結の作品として制作されたが、後にテレビ局に放送権の販売のため、主題歌込みで24分程度を1エピソードとした数本単位で制作されたものが主流になる。

1980年代後半以降、家庭用ビデオデッキの普及により、テレビ用映画用の作品は放映後にパッケージ化され販売されるようになった。ビデオより後発のLDはビデオほど一般普及はせず、高級またはマニアックな機器であったが、コアなアニメファンの間では浸透しLDで発売された映像作品の多くはアニメや映画であった。1990年代までの、ビデオやLDの時代にはパッケージ販売はそれほど大きな市場ではなく数も少なく、1本あたりの単価も高く、レンタルビデオが主流だったが、DVDが登場・普及した2000年代以降は、パッケージ化作品数や販売店数・販売スペースなど市場規模が飛躍的に増加した。DVDはビデオのようにかさばらないこともあり、音楽CDのように一般大衆に手軽に収集されていくようになったのである。

録画再生機器の進化とともに、かつてのビデオ、レーザーディスクからDVDへ、2000年代後半に入るとハイビジョン制作の作品が現れ、インターネットの普及によって登場したWebアニメなどもパッケージ化され、BDの登場・普及により、DVD・BDを併売(DVDはほとんどのBD機器でも再生可能)もしくはBDのみ発売する作品も増えた。またビデオデッキが普及する以前のパッケージ商品化されたことがなかった作品のパッケージ化も進んでいる(過去に既にパッケージ化された作品もデジタルリマスターHDリマスター)版などとして再発売されることもある)。

OVAの流れを受け、放送権料の安い、深夜・早朝枠やケーブルテレビ独立テレビ局BS・CSチャンネルで、特定のファン層をターゲットにしたテレビアニメ番組が増加した。特に深夜アニメは基本的に視聴率は低いことからスポンサー料は安く、それだけで制作費回収はできないが、一定数量のビデオ、レーザーディスク(LD)、DVDBlu-ray Disc(BD)の映像媒体や関連商品の販売で制作費を賄うことが前提となっている。深夜アニメの続編や劇場版、OVAも視聴率ではなくDVDなど映像媒体の売上により決まることが多い。

DVDなど関連商品の宣伝にテレビ放送を利用しているとも言えるが、ネット配信(合法違法問わず)の普及により映像媒体の販売は減少傾向にあり、初回限定版として各種グッズ類やイベントチケットなどの特典を付けて販促を行っているのが現状である。

商品展開とアニメ化

アニメと、漫画・ライトノベル・アニメ雑誌・アニラジ・ゲームソフト・フィギュア(玩具) 等は、販売戦略上不可分な密接な関係にあり、様々な媒体で展開するメディアミックスを前提として企画される。

題材の幅は広く、SFアニメロボットアニメスーパーロボットリアルロボット)、ギャグアニメ魔法少女アニメ(変身ヒロイン)、ラブコメディスポ根萌えアニメ空気系(日常系)、セカイ系ハーレムものなど多種多様に渡っている。

オリジナルアニメ

漫画や小説・ライトノベルなどの原作が無いオリジナルアニメの場合、放送中ないし放送後(稀にアニメ化を見越して放送前に、と言う事例もある)に漫画化や小説化される。宮崎駿や細田守、新海誠の作品は最近ほとんどオリジナルアニメとして劇場公開している。近年ではゲーム業界の著名シナリオライターを脚本家として招いて制作する傾向も見られる。

映画化・テレビ化

映画の場合、人気テレビアニメの総集編続編スピンオフとして製作されることも多く、TV本放送を視聴していなくても解りやすい、単独で完結した劇場用作品として鑑賞できるものとして制作されることがほとんどであるが、事前にTV本放送を視聴していないと理解出来ない『新世紀エヴァンゲリオン』や『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』などの作品も存在する。また、『宇宙戦艦ヤマト2199』のように映画として先行上映後に、TVシリーズとして放送される作品もある。

実写化

漫画や小説などの原作の無い、アニメの企画を原作として実写映画・テレビドラマ化されたものでは、国内では、2004年CASSHERN』(『新造人間キャシャーン』)。2009年ヤッターマン (映画)2010年SPACE BATTLESHIP ヤマト』(『宇宙戦艦ヤマト』)。国外では、2008年、『スピードレーサー』(原作:『マッハGoGoGo』)などがある。

詳細は「実写」を参照。

作品に関しては、アニメ・漫画の実写映画化作品一覧アニメ・漫画のテレビドラマ化作品一覧を参照。

実写作品のアニメ化

実写作品の企画が原作(原案)で、アニメ化された作品では、『月光仮面』・『愛の戦士レインボーマン』・『ザ☆ウルトラマン』などがある。

漫画

かつては、劇場作品は「漫画映画」、テレビ作品は「テレビマンガ(漫画)」と表記や呼称されており、漫画とアニメは混同されたりほぼ同一視されていた。現在も漫画作品を原作とする作品は多い。

作品に関しては、作品がテレビアニメ化された漫画家一覧と、作品がOVA (ビデオアニメ化) された漫画家一を参照。

コミカライズ(漫画化)

漫画原作では無いオリジナル作品を漫画にすることで、漫画化という言葉が一般的だったが、2000年頃から小説化を意味するノベライズから派生した和製英語コミカライズ(comicalize)が普及している。本編の漫画化に限らず、複数の作家による本編から派生した外伝や番外編といったスピンオフアンソロジーオムニバス形式の作品も多い。

絵本

絵本原作でアニメ化された作品では、日本では『アンパンマンそれいけ!アンパンマン)』や、イギリスの『汽車のえほんきかんしゃトーマス)』などがある。子供向けアニメなどでは、絵本化される作品も多い。また昔話を題材にした作品も黎明期から現在に至るまで作られている。

作品に関しては、絵本のアニメ化作品一覧を参照。

フィルムブック

アニメーションのフィルムのコマを並べて作った絵本で、講談社のディズニー絵本などが典型例である。

家庭用ビデオなどの映像媒体が普及するまでは、人気アニメ映画などのフィルムブックも販売され、ドラマ音声などを記録したSP・ LP・ソノシートなどと併せて静止画ではあるが楽しむことが、一般的なアニメファンに手の届く範囲ものでもあった。

ライトノベル

「Light」と「Novel」を組み合わせた和製英語。主に表紙や挿絵にアニメ絵調のイラストを多用している若年層向けのライトな小説で文庫本の判型なものが主流である。現在の深夜アニメ作品の半数以上はライトノベルからの作品となっている。ライトノベル原作のアニメ化、漫画化映画化、ゲームソフト化、フィギュア化などが行われている。

作品に関しては、ライトノベルのアニメ化作品一覧を参照。

ノベライズ(小説化)

TVアニメ・映画や漫画、ゲームソフトなどが原作となるノベライズも行なわれている。コミカライズと同様に本編から派生した外伝や番外編といったスピンオフを展開する作品も多い。

ミュージカル(2.5次元ミュージカル)

2.5次元ミュージカルとも云われ、アニメ、漫画、ゲームなどを原作にキャラクターや物語の設定を忠実に再現し舞台(ミュージカル)化されている。

1974年の『ベルサイユのばら』が始まりとされ、1993年に8日間、31ステージ公演された『聖闘士星矢』が37万人を動員したことがミュージカル化の契機となり、その後『美少女戦士セーラームーン』や『テニスの王子様』などの人気作品が多数ミュージカル化され、観劇者数も、2013年には延べ160万人を超えている。2014年には、日本2.5次元ミュージカル協会も設立されている。

作品に関しては、アニメ・漫画のミュージカル化作品一覧を参照。

雑誌

1977年、成年向け雑誌「月刊OUT」が『宇宙戦艦ヤマト』特集を掲載し、大ヒットとなり、これがアニメ誌に発展する契機となった。当時、幼年向けのテレビ情報誌「テレビランド」を発刊していた徳間書店はテレビランド増刊『ロマンアルバム・宇宙戦艦ヤマト』を創刊し40万部を記録。この成功を受けて、月刊アニメ雑誌「アニメージュ」が創刊される。

その後、『機動戦士ガンダム』に続くアニメブームの間に、多数の出版社の参入と淘汰が繰り返された末、2015年現在、10日売りアニメ雑誌と称される総合誌は「アニメージュ」「アニメディア」「月刊ニュータイプ」の三誌がしのぎを削る状況にある。

その派生雑誌として萌えアニメ専門雑誌(「メガミマガジン」「娘TYPE」など)や声優専門雑誌(「声優グランプリ」「声優アニメディア」など)、アニメソング専門雑誌(「リスアニ!」など)なども登場している。

批評・研究

1917年の「活動之世界」9月号掲載の幸内純一の作品批評が、日本における初のアニメーションに関する批評とされる。以後、アニメーションの批評は「キネマ旬報」「映画評論」などが主要な発表の媒体となり、新作の批評という形で行われてきた。

1950年代東映動画が設立され、年に1作のペースで長編作品が定期的に制作されるようになると、「朝日新聞」などの映画欄でも扱われるようになった[52]

1977年には山口且訓と渡辺泰の共著による『日本アニメーション映画史』が刊行される。日本アニメーション史の基本文献として参考資料として挙げられることが多い。日本国外のアニメーションやアートアニメーションの評論については、1966年に『アニメーション入門』を著した森卓也やおかだえみこ等が活動していた[53]。『日本アニメーション映画史』『アニメーション入門』のいずれも『映画評論』誌の連載をまとめた単行本であった。

1970年代末にアニメブームが到来し、アニメ雑誌が多数創刊される。同人誌活動していたアニメファン出身のライターの力を借りて誌面を構成していた[54]氷川竜介小黒祐一郎原口正宏、霜月たかなか、中島紳介らは学生アルバイトに始まり、2000年以降も活動している[55]。「アニメージュ」はクリエイターの作品歴を系統的に紹介することに力を入れ[56]、「アニメック」と「月刊OUT」においては、評論記事と読者投稿による作品評論が一つの売り物になっていた[57][58]

批評と研究を中心とした専門誌には、1998年創刊の「動画王」、1999年創刊の「アニメ批評」、2000年創刊の「アニメスタイル」などがあったが短命に終わり、「アニメスタイル」はインターネットに活動の場を移した。

月刊ニュータイプ」が登場した1980年代半ば以降、アニメ雑誌はクリエイターや作品研究などの記事から、キャラクターやグラビアを重視した作りに軸足を移していき、アニメ評論を積極的に掲載するアニメ雑誌は基本的に存在しなくなっている[59]。その一方、宮崎駿や押井守の活躍、『新世紀エヴァンゲリオン』がビジネスとして話題になるようになった1990年代から、人気作品や人気クリエイターを中心にした研究本は、継続的に発行されるようになった[60]

1998年10月、日本で初めてのアニメの学術的研究を趣旨とする学会「日本アニメーション学会」が設立された[61]

アニラジ

アニメラジオの略称。アニメ・ゲーム・漫画・ライトノベル・声優等のオタが主な聴取対象のラジオ番組。1979年10月、ラジオ大阪アニメトピア』を皮切りに、多くは深夜放送番組として放送されている。

黎明期にはアニメ雑誌やレコード会社による総合情報番組が多かったが、アニメやゲーム、漫画、小説(ライトノベル)などを原作にしたラジオドラマ番組、人気声優のパーソナリティ番組、アニメソングやゲームミュージック専門のリクエスト番組、アニメに関する話題をリスナーから募集して討論する番組など多岐にわたるようになっている。

インターネット環境の普及により、ネット配信による番組も急増している。

音楽(音声媒体)

劇中で使用される音楽主題歌(テーマソング)・挿入歌・イメージソング・インスト曲・BGMなどサウンドトラックの他、ドラマやアニメの世界観を背景としたドラマ音声などを録音したSPLPソノシートなどのレコード盤やカセットテープや、現在はCDなどで販売頒布されている。

かつては、映像媒体は極めて高価だったこともあり、ドラマなどの音声を記録したSP・LP・ソノシートレコード盤、カセットテープ、CDなどの音声媒体が普通の愛好家の手の届く範囲であった。

公式サイト

インターネットの普及と共に、ほとんどのアニメ作品は公式サイトを設置し宣伝をする形態をとっている。内容は作品・あらすじの紹介、予告編やPVなどの宣伝素材の無料配信・関連商品のPRなど。デスクトップ携帯電話用コンテンツを提供している場合もある。特に深夜アニメの場合視聴者はほぼ限られるため、インターネットでの宣伝に頼っている場合が多い。またSNSでの宣伝は安価で、リツイート機能により時に数万人へ作品情報を発信できるという強みがある。

制作テレビ局や制作会社のウェブサイトの一部としての場合が多かったが、最近では作品・シリーズ毎に独自のドメイン名を取得し制作会社が管理する独立サイトとして設置するケースも多くなっている。ブロードバンド環境の普及により、本編や公式ラジオの配信を行っているケースもある。

2010年代に入ると、SNSの普及を受ける形でTwitterfacebookの公式アカウントを取得し情報の発信などを行うケースが増加している。またネットユーザー同士でアニメの情報交換することで作品が話題になる例(魔法少女まどかマギカ琴浦さんなど)や、公式サイトが話題となり終了したアニメが再び話題となる例(キルミーベイベーなど)がある。

フィギュア(玩具)

テレビアニメの開始時から深い関係にあり、基本的に児童向けアニメのほとんどが玩具展開をすることが前提になっており、子供の興味を引く可動・合体・変形などの仕掛けがある手に取って遊べる玩具になる物を、主役として登場させることがスポンサー要望であり作品設定に影響を与えていた。素材は年代によりブリキ製、ソフトビニール製や超合金 (玩具)などの違いがある。

1960年代には、ソフトビニール製のキャラクター人形や、組み立て式のキャラクターモデルが存在していたが、1970年代後半、スケールモデルのように設定を元に忠実に再現した『宇宙戦艦ヤマト』のプラモデルがヒットし、その流れに続きバンダイを模型業界のトップに押し上げた日本プラモデル史上最大のヒット商品となるガンプラが登場した。

また、消しゴムとして用をさないキャラクター消しゴムなどのカプセルトイ(ガシャガシャ、ガチャポンなど)による商品も展開され、1970年代のスーパーカーブームに乗った『サーキットの狼』などヒットにより一大ブームとなったスーパーカー消しゴムキン肉マン消しゴム(通称、キン消し)などが登場した。

1980年代、『機動戦士ガンダム』に続くリアルロボットブームの中で、玩具の主力商品はプラモデルとなり積極的な商品展開が行われるも、ガンプラブームを越えることも無く、また『蒼き流星SPTレイズナー』はプラモデルの販売不振でメインスポンサーが撤退し放送打ち切りになるなど、ブームは終了するが、ガンプラブームによる若年層へのスケールキャラクタープラモの浸透は、原型を少数生産するガレージキットの勃興にもつながり、怪獣や美少女フィギュアなどを中心にプラモデル化しても採算に合わないとされていたものが徐々に浸透していくようになる。

1984年12月、ゼネラルプロダクツガイナックスの前身)主催のプロ・アマを問わない、後に世界最大のガレージキット、模型、造形物の展示販売の最大イベントとなる、「ワンダーフェスティバル」(略称、「ワンフェス」「WF」)が開催され、主要玩具メーカの撤退に合わせるように、同人誌の即売会的な手作り模型の展示販売会のイベントが開催される。

1990年代、高価で組み立てと塗装に高度な技術と労力を要するガレージキットの中で、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイの完成品がマニアの間で高額で取引されるようになると、アニメ美少女フィギュア化がブームとなり、他に海洋堂の精巧で安価な食玩や、バンダイがガレージキットの表現方法を吸収して従来のキャラクター消しゴムとは比べ物にならないほどリアルなカプセルトイから始まったフィギュアブームと相まってコレクションの対象となった。販売促進のため書籍・ゲームソフト・DVDなどの付録や購入特典に付属する場合もある。

深夜アニメ作品のフィギュアは、どれだけ精巧に作られているかに重点が置かれ、そのため価格も高騰している。

玩具商品のアニメ化作品

玩具の商品企画が原案(原作)でアニメ化された例では、『トランスフォーマー』・『ゾイド』・『超特急ヒカリアン』などがある。

ゲームソフト

アーケードゲームコンシューマーゲーム家庭用ゲーム機)用のプログラムを記録した物理的メディア (媒体)(詳細はゲームソフトも参照)、オンラインソフトウェアで提供されるコンピュータゲームソフトウェア

1983年、後に社会現象となる大ヒット商品のファミリーコンピュータが発売され、プラモデルなどの玩具の販売不振に喘ぐ玩具メーカーは、主要商品を家庭用ゲーム機とゲームソフトの開発に移行する。過去の人気作品で、ゲームソフト化が比較的容易なシューティングゲーム(1985年 、『宇宙戦艦ヤマト』)、対戦型格闘ゲーム(1985年、『キン肉マン マッスルタッグマッチ』)、ウォー・シミュレーションゲーム(1987年、『SDガンダムワールド ガチャポン戦士』)などから商品展開が行われた。

後に、ロールプレイングゲームアドベンチャーゲームが原作でアニメ化される作品も登場する。 『ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生』のような推理ゲームから恋愛シミュレーションゲーム、果てにはアダルトゲームを18才未満でも視聴できるように脚本を改編したものまでアニメ化され、作品の幅は広くなっている。また、近年では『Angel Beats!』の麻枝准や『天体のメソッド』の久弥直樹などゲーム会社のシナリオライターがアニメの脚本を手掛ける場合が増えている。

携帯電話向けゲーム

携帯電話の機能が拡大し、インターネットが簡単に利用できるようになってからGREEMobageのような基本料金無料の携帯電話向けゲームサイトがヒットするようになった。様々なアニメ作品も携帯電話ゲームとなった。アイドルマスター シンデレラガールズでは携帯電話ゲームに登場するキャラクターを元にアニメ化し、大きな話題を収めた。

またスマートフォンが普及すると今までのゲームサイトに代わってアプリケーションでのゲームがヒットするようになった。特にラブライブ! スクールアイドルフェスティバルはアニメ放映中の2カ月間で登録者数が100万人も増え、異例の登録者数増加となった。2015年3月現在で登録者数は国内700万人、全世界で1000万人を突破している。

このようにアニメ作品を題材とした携帯電話ゲームがヒットすると知名度も上がることから、深夜アニメを中心にゲームアプリ開発が激化しつつある。

作品に関してはゲームソフトのアニメ化作品一覧を参照。

トレーディングカード

ゲーム・鑑賞用のコレクションカード。1990年代末-2000年代初頭に発生した社会現象のトレーディングカードブームで普及し「トレカ」と略されることも多い。

ゲーム専用カードを用いたカードゲームはトレーディングカードゲーム (略称、TCG) と呼ばれる。通常は対戦形式の2人プレイのものが多い。

キャラクターグッズ

子供向けアニメのキャラクターが描かれた文房具や衣類、駄菓子などの食品類など、スーパーやショッピングセンター、コンビニなどで気軽に買える商品がほとんどであるが、一部のアニメショップやイベント会場などでは生産量が少ないグッズも販売され、希少価値の高い商品は中古市場やネットオークションで高値で取引されている。アニメ・漫画などの関連商品としては古くはめんこの時代から存在する。

周辺文化

1970年代後期

アニメファン

テレビアニメは子供ものであり、アニメを好んで見る青年層がいることは知られていなかった。1977年8月、映画版『宇宙戦艦ヤマト』公開日に徹夜で並ぶファンの特異な行動をきっかけに新聞等が話題として取り上げ、青年層にアニメを好んで見る趣味者がいることが一般にも知られ始めた。多くは中学生・高校生であった。『宇宙戦艦ヤマト』公開の翌年にアニメ雑誌が創刊され、雑誌の文通コーナーなどを通じて連絡が可能になると、多数のファンクラブが誕生した。

1990年代以降

アニメおたく

特にアニメを嗜好する者を「アニメオタク」、省略して「アニオタ」呼ぶ。「アニヲタ」と表記されることもある。オタクの種類にもアニメを視聴したりDVDを集めるのを好むタイプやキャラグッズを集めるタイプなど千差万別である。近年は中高生を中心にポスターやタペストリーなどの大きな物ではなくキーホルダーなど小物を収集する人が多い傾向にある。

大きいお友達

本来は子供(児童)を対象としたアニメ漫画特撮ヒーロー番組などに夢中になっている、おたくやマニアのこと。

腐女子

婦女子(ふじょし)をもじったもので、男性同士の恋愛を扱ったやおい(BL/Boys Love)系小説や漫画などを好む女子や、おたく趣味を持つ女性全般を指すものとしても用いられる。

二次創作

法的には、著作物をたとえパロディとして改変したものであっても、権利者に許可を得ずに不特定多数に無償配布や販売するのは著作権法に反する行為である。

ただ、著作権侵害は親告罪で、違法行為を行っている者を告訴して訴訟にまで持ち込むまでには費用がかかり、勝訴しても賠償金の支払い能力の無い場合もあり、著作側が泣き寝入り、またはファンによる応援行為として黙認しているのが現状である。

二次創作同人誌

ファンクラブの誕生にあわせて会報の発行や、またファンブックを自作するという趣味を持つ者の自費出版が始まり、アニメとの繋がりの深い漫画や、他の様々な文化を巻き込み成長する。が、コミックマーケット(コミケ)などの同人誌即売会や、専門書店等の委託販売で商品化が進んでいる(詳細は、同人誌#漫画・アニメ系同人誌を取り巻く状況と問題点を参照)。

同人誌で見られるイラストの代表的な手法として、輪郭や境界線をはっきり線で描き、色や影のグラデーションを単純化させ段階的に表現するアニメ絵萌え絵)がある。

コスプレ

「仮装」とも呼ばれる。服や化粧により空想上のキャラクターなどに扮する行為。コスチューム・プレイを語源とする和製英語で、行う人をコスプレイヤー (Cosplayer) 、略してレイヤーと呼ぶ。単独イベントも開催され、自主制作のコスプレ写真集がコミックマーケットや、同人誌専門店で販売されている。しかし、近年は著作権の侵害としてコスプレ衣装販売業者が警察に摘発される例もある。

痛車(いたしゃ)
京阪けいおん!」電車は車体広告であるが、その題材と装飾様式から痛車の電車版即ち通称「痛電」もしくは「痛電車」と呼ばれた。

「萌車」とも呼ばれる。萌えアニメ、漫画、ゲーム(アダルトゲームギャルゲー)のキャラクターや関連する製作会社・ブランド名のロゴのステッカーを貼り付けや塗装を行ったファンの自動車。バイクは「痛単車(いたんしゃ)」、自転車は「痛チャリ(いたチャリ)」、電車の場合は痛電と呼ばれる。2008年、青島文化教材社がプラモデルの発売と商標登録に出願、同年6月27日に登録された。痛車オーナーの増加に伴いコミュニティも形成された。

近年では企業の宣伝目的でアニメ絵調のキャラクターが描かれたイラストの電車やバスが運行されることも多くなったが、それも痛車の部類に入ることが多い。

アニメ作品の舞台となった地域では、アニメファンをターゲットとした観光客誘致のために電車やバスにアニメのラッピングを施す会社も出ている。車内にはアニメのイラストやスタッフのサイン、声優による車内アナウンスを実施している所もある。


聖地巡礼

詳細な現地ロケロケーション・ハンティング)による映像演出と世界観を設定する作品の登場と共に始まった小説映画TVドラマなどの舞台を巡るロケ地巡り、舞台探訪などと同様の行為であるが、異なる点としてキャラクターのコスプレやアニメ作品のキャラクターが描かれた痛車で現地を訪れるファンがいることが上げられる。

ロケ地(聖地)を特定したファンがその場所を訪問(巡礼)し、現地の写真と劇中の場面(コスプレの場合、劇中の登場人物と同じポーズ)と比較する形でインターネットのファンサイトなどで公開、また同人誌形式のガイドブックが制作され同人誌即売会で頒布されるなどの形で広まった。

実写の映画やTVドラマなどと異なり、映像作品として使用された認識のない地元住民の一般住宅や学校などが含まれることも多く、日常生活に不安や迷惑を発生させる可能性を否定出来ないため、作品の発売元が聖地巡礼の自粛のお願いをした例や[62]口蹄疫防止のため舞台となった牧場などに訪れることを自粛することをお願いをした例もある。一方で『君の名は。』の舞台となった飛騨市では、作品を見た観光客が飛騨市へ殺到し、ニュースなどで大きく取り上げられたことから2016年の新語・流行語大賞トップ10に聖地巡礼が選出されるなど注目を浴びた。作品に付随し広告費が不要で、観光需要が上がるため観光振興の一助として期待も大きい。そのためアニメ、漫画のロケ地の誘致活動に力をいれる自治体や萌えキャラを製作する地域もある。しかし、ほとんどのアニメ作品のブームは一過性であり、しかも作品が話題になるかどうかも分からないことから自治体が見込んだアニメファンの観光客数を大きく下回った所もある。

詳細は巡礼 (通俗)を参照。

関連項目

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ アルプスの少女ハイジ』や『ムーミン』などのアニメシリーズ枠。後に『世界名作劇場』という名称になった。
  2. ^ アメリカディズニー製作作品も日本では「ディズニーアニメ」と呼ばれ、講談社ディズニーアニメブック、偕成社ディズニーアニメ小説版など、ディズニー公認の絵本やノベライズ版にも「アニメ」が使用されている。
  3. ^ ボンバーマンジェッターズシナリオ打ち合わせ アニメ ボンバーマンジェッターズ 制作現場レポートテレコム・アニメーションフィルムアニメ業界の基礎知識〜アニメーションの制作の流れ〜アニメーション産業に関する実態調査報告書(PDF)-2009年1月,公正取引委員会を元に記述している。

出典

  1. ^ 大辞林大辞泉 「アニメ」 [1]
  2. ^ animeMarian Webster dictionary
  3. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年、p20
  4. ^ 津堅信之『アニメ作家としての手塚治虫 その軌跡と本質』NTT出版、2007年、p.20アニメ!アニメ!の勝手な用語集 第1回アニメとアニメーションの違い アニメ!アニメ! 2008年2月17日
  5. ^ 例としてドビュッシーのピアノ曲「映像」第3曲「ムーヴマンmouvement(動き)」冒頭のテンポ指示が「トレザニメ très animé(とても動いて)」など。
  6. ^ フレッド・パッテン(Fred Patten)による。
  7. ^ Dictionary.com-Otaku
  8. ^ Dictionary.com-Anime
  9. ^ キネマ旬報1995
  10. ^ 例としては、japanimation.comなど。Anime Oxide
  11. ^ 『スーパーナチュラル・ザ・アニメーション』海外ドラマPowerPush!! TVGroove.com
  12. ^ 全米の大人気ドラマ『SUPERNATURAL』を日本が完全アニメ化 cinema-magazine.com
  13. ^ スタジオジブリだけじゃない!これからのジャパニメーションを占う作品に注目! - シネマトゥデイ [2]
  14. ^ サトウタツオ通信_diary(2005年8月10日分の日記) 佐藤竜雄 2015年4月8日閲覧。
  15. ^ 「アライブ 最終進化的少年」アニメ化中止発表 増加する製作中止 アニメ!アニメ!ビズ 2010年6月6日、2015年4月8日閲覧。
  16. ^ 声優あるある漫画『それが声優!』TVアニメ化決定。原作者・あさのますみ×作画・畑健二郎、最速対談(1ページ) エキサイトレビュー 2014年12月30日、同31日閲覧。
  17. ^ ガイナックス、「オネアミス」後の世界描く「蒼きウル」制作開始 来春に“先行短編”公開 ITmedia 2014年12月11日、2015年4月8日閲覧。
  18. ^ 第14回 日本のアニメーション産業は大丈夫か? (2006/10/16) http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tv_iibun/061016_14th/
  19. ^ 第15回 アニメ産業に忍び寄る暗い影とは (2006/11/07) http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tv_iibun/061107_15th/
  20. ^ 講座アニメーション第3巻 イメージの設計・池田宏編 / 美術出版社
  21. ^ 日本芸能マネジメント事業者協会
  22. ^ 日本声優事業社協議会
  23. ^ 日本音声製作者連盟
  24. ^ 協同組合日本俳優連合
  25. ^ 文化庁メディア芸術プラザ http://plaza.bunka.go.jp/
  26. ^ 地球人間模様@ヨーロッパ 日本を究める
  27. ^ Documentaire présentant le Japon à travers l'amitié franco-japonaise
  28. ^ 大塚康生『リトル・ニモの野望』徳間書店、2004年、p.29。
  29. ^ ROBOTECH.COM(公式サイト)タツノコプロとハーモニーゴールド社とのライセンス契約上の問題により、オンラインショップの発送先に日本は選択できない
  30. ^ 増田弘道『アニメビジネスがわかる』NTT出版、2007年、p.148
  31. ^ 日本のアニメ番組輸出売上高 年間30億円 総務省調 アニメ!アニメ! 2007年6月21日
  32. ^ 日本貿易振興機構 調査レポート(コンテンツ) http://www.jetro.go.jp/industry/contents/reports/
  33. ^ 草薙聡志『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、pp.30-32
  34. ^ 草薙(2003)、p.55
  35. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.153
  36. ^ 古田尚輝『鉄腕アトムの時代 映像産業の攻防』世界思想社、2009年、p.254
  37. ^ 古田(2009)、p.258
  38. ^ 清谷信一『ル・オタク フランスおたく事情』ベストセラーズ、1998年、p.33
  39. ^ 古田(2009)、pp.254-255
  40. ^ 「ドラゴンボール」を欧州に広めた男 日本アニメ輸出の第一人者、アニマックス滝山社長に聞く週刊東洋経済、2013年04月24日
  41. ^ 遠藤誉『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』日経BP社、2008年、pp.9,81
  42. ^ 放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度) (PDF)”. 内閣官房 (2014年11月28日). 2014年12月3日閲覧。
  43. ^ 梶山寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを買えた男』日経BP社、2006年、p.195
  44. ^ 氷川竜介「ジャパニメーションの真実」『別冊宝島985 このアニメがすごい 絶対観たい超名作編』宝島社、2004年、p.35
  45. ^ 清谷(1998)、p.52
  46. ^ 清谷(1998)、pp.53-54.
  47. ^ 「我が国のコンテンツの海外における「ゲートキーパー」プロファイリング調査(フランス編)」http://www.jetro.go.jp/industry/contents/reports/07000626
  48. ^ 「中国コンテンツ市場調査(6分野) 2009年版(2009年10月)」http://www.jetro.go.jp/industry/contents/reports/07000133
  49. ^ 遠藤誉(2008)、p.67,91.196,206
  50. ^ 「「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念」http://animeanime.jp/biz/archives/2008/12/post_507.html
  51. ^ web SPA! 「日本のマンガ、実は世界でウケてない!」http://spa.fusosha.co.jp/feature/list00000686_2.php
  52. ^ 津堅信之『アニメーション学入門』平凡社新書、2005年、pp.108-110
  53. ^ 津堅(2005)、pp.110-111.
  54. ^ 米沢嘉博「マンガと同人誌のささやかな饗宴」『別冊宝島358 私をコミケにつれてって! 巨大コミック同人誌マーケットのすべて』宝島社、1998年pp.44-45.
  55. ^ 津堅(2005)、pp.111-112.
  56. ^ 押井守「消息期には終息期のテーマがあるはずです 『アニメージュ』創刊200号に寄せて」『アニメージュ』1995年2月号
  57. ^ 小牧雅伸『アニメックの頃… 編集長ま奮闘記』NTT出版、2009年、p.83
  58. ^ 岡田斗司夫、山本弘、小巻雅伸「オタクの歴史徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会1 ヨイコ』音楽専科社、2001年、p.57
  59. ^ 藤津遼太『「アニメ評論家」宣言』扶桑社、2003年、pp.277-278
  60. ^ 津堅(2007)、p.179
  61. ^ 日本アニメーション学会公式サイト
  62. ^ 苺ましまろ:月刊コミック電撃大王2006年3月号

参考文献

書籍

  • 山口康男 『日本のアニメ全史』 テンブックス、2004年ISBN 978-4886960115
  • 大野茂 『サンデーとマガジン』 光文社新書、2009年ISBN 978-4334035037

論稿

外部リンク


アニメ+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/19 13:24 UTC 版)

アニメ+』(アニメプラス)および『ANIME+』(読みは同じ)は、BS11で放送されているアニメ(一部実写も含む)枠の総称。

概要

BS11の2007年平成19年)12月1日の開局当初から設けられている放送枠である。同局の初代社長・山科誠バンダイ創業者・山科直治の息子であり、かつて同社の社長に就いていたこともあったため、当初はバンダイやバンダイビジュアルが製作に参与している作品が多く放送された。

インターネットテレビバンダイチャンネル』とも連携しており、放送と同時期の無料配信や、その前後に有料配信を実施している(前者については、主にBS11を視聴できない世帯に向けたサービスである)。

2016年4月からは、アニメイト(一部店舗除く)・ゲーマーズ(一部店舗除く)・ソフマップ(全店)[注 1]で『アニメ+』・『ANIME+』で放送される番組と『アニゲー☆イレブン!』・『Anison Days[注 2]の放送時間が掲載され、裏面はB2ポスターになる番組紹介ガイドブック「BS11Anime版」が配布されている。

放送形態

時間帯により2つの名称を使い分けているが、それ以外にも以下のような違いがある。

アニメ+(カタカナ)

ロゴ
土曜日および日曜日の19時台、月曜日19時台後半に編成。乳児・幼児から小学生までの子供を対象する子供向け作品などをラインナップし、主にファミリー層をターゲットにしている。
後述の深夜の『ANIME+』とは異なり、CM以外では放送枠のロゴは使用されない。
2013年10月からは、深夜の『ANIME+』で一度放送された『ジョジョの奇妙な冒険』が、同枠での放送終了後に19時台の『アニメ+』にて再放送されたが、2015年7月から同じく深夜の『ANIME+』で一度放送された『アイドルマスター シンデレラガールズ』が、同枠の放送終了から3ヶ月のスパンを置いて19時台の『アニメ+』にて2クールで再放送されたが、2016年1月から同じく深夜の『ANIME+』で一度放送された『ゴッドイーター』が同枠の放送終了後に19時台の『アニメ+』にて9話分を再放送し、残り4話分を19時台の『アニメ+』にて放送されたが、2017年5月から同じく深夜の『ANIME+』で一度放送された『ACCA13区監察課』が同枠の放送終了1ヶ月後に、2017年7月から同じく深夜の『ANIME+』で一度放送された『アリスと蔵六』が同枠の放送終了後に19時台の『アニメ+』にてそれぞれ再放送した。
京都市で桜の花もしくは紅葉の見ごろで尚且つ観光客の入りが多い時期になった場合に限り当該時間帯に2時間の生中継を実施する関係で21:00 - 22:00にスライドする措置を取る。(2017年春は金曜日に放送されたため、スライドせず。)

ANIME+(アルファベット)

ロゴ
基本的に各日0時台と金曜日・土曜日の23時台に編成。曜日によっては1時台・2時台・3時台・23時台にも編成されることがある。日曜0時台に関しては2009年4月よりBS-TBSが『アニメイズム』枠を、2015年10月よりBSジャパンが同じく日曜0時台(枠名なし)に放送し、時期によっては1時間にわたって3番組の競合が発生することがある。2017年4月よりBSフジが『アニメギルド』を新設したため、火曜・水曜の0時台も常時競合状態となる[1]。その他の在京局民放BSチャンネル(BS日テレBS朝日)も不定期に放送しており、競合が発生する場合もある。深夜アニメUHFアニメOVAWebアニメ含む)といった、中学生・高校生・大学生から20代にかけての青少年向けの作品を放送している。この名称は、バンダイチャンネル登録商標でもある(登録番号 - 5157596)。
当初は1クール当たり金曜日と土曜日の23時00分 - 翌1時00分、計4時間・8本がラインナップされた。その後、順を追って番組枠は拡大していき、2012年4月期からは3時台にも番組枠が設けられ、さらに2010年代以降は全曜日の0時台が当番組枠に充てられる時期もある。
作品は地上波アニメ専門チャンネル等と同時期に放送される新作はもちろん、数か月から数年前に発表された旧作、『灼眼のシャナIII -FINAL-』や『ゼロの使い魔F』などのように新シリーズのみを単独で放送することもあれば、作品によっては新シリーズの放送開始前に前シリーズを放送するなど、幅広い。中には、地上波で一切放送されない新作(主に2009年(平成21年)頃)も散見される。
また、放送前週に作品をフィーチャーしたオリジナルの特集番組を放送したり、大晦日等にプライムタイムにも特別番組として長時間(一作品につき、1 - 3時間程度)の作品を放送したりするなど、他ジャンルの番組と遜色のない編成が組まれるケースもある。これらも原則として、『ANIME+』に含まれる。
19時台の 『アニメ+』と違い、作品の冒頭と各パートの冒頭[注 3]に回転する『ANIME+』のロゴが画面左上に数秒間表示される[注 4]。また、当初から設けられている金曜日と土曜日の23 - 翌0時台においては、放送枠の起終点を表す『ANIME+』のロゴの15秒間のアニメーションが流れる[注 5]
2010年代以降は、土曜日・日曜日の0時台の一部の作品において、地上波のTOKYO MX(旧『E!TV』枠のものは、群馬テレビとちぎテレビを含む)との同時放送を実施している(送出は各局別)。
BS11やアニプレックスが製作委員会に参加した、一部の作品で「TOKYO MXと同時、かつ最速の放送」が実現したことで、従来のテレビアニメが抱えていた「全国で一律に視聴できない」「ローカル局やBSデジタル放送で放送されないか、地上波より遅れる」問題が若干改善されるようになった。
改編期には穴埋め的編成として新作番宣および単発再放送以外に、特別な編成を実施することがある。
  • かよえ!チュー学』を30分に編集した『かよえ!チュー学スペシャル』(2012年4月から2013年頃まで)
  • 1980年代後期 - 1990年代後期までのOVA・深夜アニメ
BS11のアニメ編成担当者としては1980年代後期から1990年代中期によみうりテレビ(ytv)でOVAなどを放送していた特番枠『アニメだいすき!』のような事を改編期の枠調整時に(可能な場合に)実施していきたいという意向があり[2]、2014年の年末から2015年の年始には各曜日の穴埋めとして『魔法使いTai!』(OVA版 全6話)を放送した[3]

2015年春季アニメ枠は過去最高の33番組35枠(再放送含む)となっており他BS・CS(無料放送枠)を含めると春季新作アニメの7割が衛星放送で放映されることとなる[4]

近年民放キー局がアニメ放送枠を減らした反面、独立局のTOKYO MXや、在阪局に属するが独自の方向性でアニメを大量に放送する毎日放送、および上記のBS11による減少以上の放送枠増加がアニメ制作側の収入源増加をもたらし、3K(きつい・帰れない・給料が安い)の究極のような過酷な労働環境のアニメ業界の改善に一役買っている[5]

2016年4月期に限り、開局以来続いてきた土曜の0:30枠・23:00枠が廃止になったが、同年7月期に両枠とも再開された。

2016年10月期から2017年1月期と同年7月期は1作品に限りWOWOWプライムで先行放送するため、実質再放送扱いとなる。

2016年10月期から2017年4月期と同年10月期からの一部作品に限り、AbemaTVとの同時放送を実施している。

現在放送中のアニメ

アニメ+

番組名 放送期間 放送時間 備考
月曜日
名探偵ホームズ (デジタルHDリマスター版) 2017年10月2日 - 19:30 - 19:58
土曜日
機動戦士Ζガンダム 2017年1月29日 - 19:00 - 19:30
ガンダムビルドファイターズ 2017年6月18日 - 19:30 - 20:00
日曜日
コードギアス 反逆のルルーシュ 2017年10月1日 - 19:00 - 20:00 かつてBS-TBSで放送したため実質再放送となる。

ANIME+

番組名 放送期間 放送時間 備考
月曜日
干物妹!うまるちゃんR 2017年10月9日 - 0:00 - 0:30 AT-Xと共同で製作委員会に参加。
TOKYO MXと同時放送。
血界戦線 & BEYOND 2017年10月9日 - 0:30 - 1:00 TOKYO MXと同時放送。
ボールルームへようこそ 2017年7月10日 - 1:00 - 1:30
王様ゲーム The Animation 2017年10月9日 - 1:30 - 2:00
火曜日
UQ HOLDER! 〜魔法先生ネギま!2〜 2017年10月3日 - 0:00 - 0:30 TOKYO MX・KBS京都・サンテレビと同時で、尚且つ最速放送。
Dies irae 2017年10月10日 - 0:30 - 1:00
妖怪人間ベム (デジタルHDリマスター版) 2017年10月10日 - 2:00 - 2:30 ショートアニメ『俺たちゃ妖怪人間』を内包。
アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 (第2期) 2017年10月3日 - 21:55 - 22:00
ガールズ&パンツァー 2017年10月3日 - 23:30 - 24:00 再放送。
水曜日
妹さえいればいい。 2017年10月11日 - 0:00 - 0:30 BS11自ら製作委員会に参加。
クジラの子らは砂上に歌う 2017年10月11日 - 0:30 - 1:00
.hack//SIGN 2017年10月4日 - 1:00 - 1:30 再放送。
妖怪アパートの幽雅な日常 2017年7月5日 - 1:30 - 2:00 BS11自ら製作委員会に参加。
あにめのめ』ブランドとして放送。CM明けの『ANIME+』ロゴは表示されない。
戦刻ナイトブラッド 2017年10月4日 - 3:00 - 3:30
ポンコツクエスト〜魔王と派遣の魔物たち〜(第4シリーズ) 2017年4月19日 - 23:54 - 24:00 毎月第3週に放送。
木曜日
食戟のソーマ 餐ノ皿 2017年10月5日 - 0:00 - 0:30
天元突破グレンラガン 2017年7月6日 - 0:30 - 1:00 再放送。
TOKYO MXと同時放送。
魔法使いの嫁 2017年10月12日 - 1:00 - 1:30
TSUKIPRO THE ANIMATION 2017年10月5日 - 1:30 - 2:00
金曜日
このはな綺譚 2017年10月6日 - 0:00 - 0:30
十二大戦 2017年10月6日 - 0:30 - 1:00 TOKYO MX・毎日放送・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
Code:Realize 〜創世の姫君〜 2017年10月13日 - 1:00 - 1:30
少女終末旅行 2017年10月6日 - 23:00 - 23:30
ドリフェス!R 2017年10月6日 - 23:30 - 24:00 サンテレビと同時放送。
土曜日
妖狐×僕SS (傑作選) 2017年10月7日 - 0:00 - 0:30 TOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビと同時放送。
かつてBS-TBSで放送したため実質再放送となる。
キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 2017年10月7日 - 0:30 - 1:00 TOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・AbemaTVと同時放送。
第1期はWOWOW(無料放送枠)で放送。
僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 2017年10月14日 - 1:00 - 1:30
STEINS;GATE 2017年10月14日 - 3:00 - 3:30 再放送。
宝石の国 2017年10月7日 - 23:00 - 23:30 毎日放送・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
アイドルマスター SideM 2017年10月7日 - 23:30 - 24:00 TOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビと同時で、尚且つ最速放送。
日曜日
Fate/Apocrypha 2017年7月2日 - 0:00 - 0:30 TOKYO MXと共同で製作委員会に参加。
TOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビと同時で、尚且つ最速放送。
ブレンド・S 2017年10月8日 - 0:30 - 1:00 TOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビと同時で、尚且つ最速放送。
鬼灯の冷徹 (第弐期) 2017年10月8日 - 1:00 - 1:30 TOKYO MX・サンテレビ・AbemaTVと同時で、尚且つ最速放送。
第壱期はBS-TBSで放送。
ラブライブ!サンシャイン!! (第2期) 2017年10月8日 - 1:30 - 2:00
喰霊-零- 2017年10月8日 - 3:00 - 3:30 再放送。

その他

以下の作品は、『アニメ+』および『ANIME+』には属さないもの。

番組名 放送期間 放送時間 備考
月曜日
しまじろうのわお! 2012年5月5日 - 19:00 - 19:30 テレビせとうちテレビ東京系)製作、9日遅れ。
木曜日
Anison Days 2017年7月7日 - 23:00 - 23:30 2017年5月に特番を放送。
アニゲー☆イレブン! 2015年10月8日 - 23:30 - 24:00

放送予定作品

アニメ+
ANIME+
特別番組
放送枠不明

過去の放送作品(アニメ+)

放送曜日 放送時間・作品履歴
土曜
日曜

過去の放送作品 (ANIME+)

2007年12月は、開局記念特番としてガンダムシリーズの劇場版やOVAなどが放送された。2008年1月4日から、現行のレギュラー編成に移行している。

放送曜日 放送時間・作品履歴
月曜
火曜
水曜
木曜
金曜
土曜
日曜

この他にも2008年7月6日から12月28日に『キラキラACTORS TV』、2013年9月26日、10月3日、4日(4日は未明・深夜の計2回放送)には『逆輸入TV がっつりTOKYO』、2015年4月〜6月までは『声龍門』、同年7月14日から9月29日までは『福山ッスル!』、2017年4月9日から6月25日までは『上坂すみれのヤバい○○』を放送していたがアニメ番組ではない。

その他(過去)

以下は、基本的に『アニメ+』および『ANIME+』には属さないもの、またはイレギュラー枠による特別番組。

放送時間・作品履歴

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ビックカメラグループで唯一配布されている。
  2. ^ 2017年夏号より掲載開始。
  3. ^ アイキャッチが設けられている場合はその直後。『あにめのめ』枠や冒頭がOPないしはOPクレジット、次回予告の場合は除く。
  4. ^ 当初1か月間(2007年12月中)はロゴは回転せず、現在よりもサイズが若干大きかった。
  5. ^ 2008年(平成20年)1月のレギュラー編成以降実施。開始時刻(23時00分00秒)と、終了時刻15秒前(翌0時59分45秒)に流される。このアニメーション映像は毎年リニューアルされている。BGMは2013年(平成25年)まで、初代から流用していた。(2016年4月期以降終了時刻15秒前には流れなくなった。)
  6. ^ a b かつてBS-TBSにて放送されたため、実質再放送。
  7. ^ a b 前後編に分割して放送。
  8. ^ a b 本放送の終了直後に、同じ放送枠で何度も再放送を行っている。
  9. ^ ウルトラマンA』『ウルトラマンタロウ』『ウルトラマンレオ』から計28本をセレクトして放送。
  10. ^ 2013年10月からは、BSジャパンでの放送に引き継がれた。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc 再放送番組。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r BS11では以前のシリーズは未放送。
  13. ^ 初回放送は2016年7月2日までで、それ以降は再放送。
  14. ^ 初回放送は2016年12月31日までで、それ以降は再放送。
  15. ^ 第1話は1時間スペシャルだったため、30分に再編集のうえ前後編で放送。
  16. ^ 東日本大震災による休止あり。
  17. ^ OPは通常版(以降も同様)。
  18. ^ 2016年4月2日は19:00-20:00の2話放送(第40、41話)。
  19. ^ 2016年12月3日は21:30-22:00(28話)。
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az BS11自ら製作委員会に参加。
  21. ^ 初回放送は2008年2月16日まで、以降は再放送。ミニ番組ということもあり、ノンスポンサーでの放送となった。
  22. ^ 初回放送は2009年6月7日まで。以降は再放送。
  23. ^ a b 2011年4月3日は、特別番組の挿入により休止。
  24. ^ 機動戦士ガンダム 第08MS小隊』を放送。
  25. ^ 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』を放送。3月31日は2話連続放送。
  26. ^ 『無印』・『W』をセレクション放送。
  27. ^ 初回放送は2014年4月6日まで。以降は再放送。2014年7月6日以降は19時00分 - 19時28分枠で放送。
  28. ^ 2015年1月4日は休止。初回放送は同年4月5日まで。以降は再放送。
  29. ^ 再放送・2016年4月3日は21:00 - 21:30に放送
  30. ^ 機動戦士Vガンダム』『機動武闘伝Gガンダム』『新機動戦記ガンダムW』『機動新世紀ガンダムX』『∀ガンダム』『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』から31本をセレクトして放送。
  31. ^ セレクション放送。放映作品は順に『SEED』『W』『G』『1st』『Z』『ZZ』。
  32. ^ 初回放送は11月25日まで。以降は再放送(セレクション)。
  33. ^ 2014年7月6日 - 9月28日は19時31分 - 20時00分枠で放送。同年10月5日は19時00分 - 20時00分枠で2話連続放送。最終回は19時00分枠で放送。
  34. ^ a b c d e BS-TBSでも放送された。
  35. ^ a b イベント用アニメ作品『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』、および関連実写パートの2部構成。
  36. ^ 2010年10月24日・12月12日・2011年1月30日に再放送を実施。
  37. ^ a b 最終回のみの再放送。
  38. ^ episode1のダイジェストも放送。
  39. ^ 同時期にBSを含むアニマックスの無料放送枠にて2012年10月6日から12月22日まで放送され、実質再放送となった。
  40. ^ 2017年10月にBS-TBSでも放送される。
  41. ^ a b c WOWOWプライムで先行放送するため、当枠では実質再放送扱いとなる。
  42. ^ 2017年3月6日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、2017年3月5日22:00 - 22:30に放送。
  43. ^ 最終話は1時間スペシャルだったため、30分に再編集のうえ前後編で放送。
  44. ^ 2012年11月26日は休止。
  45. ^ 最終話は2015年10月8日に放送した。
  46. ^ a b AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  47. ^ 第3期はBS-TBSで放送。
  48. ^ 最終回は2:30 - 3:30の1時間スペシャルで放送。
  49. ^ 2017年3月6日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、2017年3月5日22:30 - 23:00に放送。
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m TOKYO MXと同時放送。
  51. ^ ミス・モノクローム-The Animation2-うーさーのその日暮らし夢幻編わかば*ガールの3本立て。
  52. ^ ハッカドール〜THE・あにめーしょん〜・ミス・モノクローム-The Animation3-・影鰐-KAGEWANI-の3本立て。
  53. ^ おしえて! ギャル子ちゃん石膏ボーイズコミックス・ウェーブ・フィルムオムニバスの3本立て。
  54. ^ 宇宙パトロールルル子・影鰐-KAGEWANI-承・ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-の3本立て。
  55. ^ a b 毎日放送・TOKYO MX・アニマックスと共同で製作委員会に参加。
  56. ^ 初回は1:30 - 2:30の1時間スペシャルで放送。
  57. ^ a b c d e f g h i サンテレビと同時放送。
  58. ^ a b 第1期はBS-TBSで放送。
  59. ^ 最終話は金曜 23:00 - 23:30枠で放送。
  60. ^ a b 第1期はTwellVで放送。
  61. ^ 毎月最終週に放送。
  62. ^ カットインサートドラマ。
  63. ^ 毎月第1週に放送。
  64. ^ 再放送・エンドカード変更版usagi_animeのツイート (552129775695712259)
  65. ^ 2015年8月18日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、同年8月17日23:00 - 23:30に放送。
  66. ^ 再放送・エンドカード更新版
  67. ^ a b TOKYO MX・サンテレビと同時放送。
  68. ^ 2016年9月13日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い同年9月12日23:00 - 23:30に放送。
  69. ^ a b c d e TOKYO MX・KBS京都・サンテレビと同時放送。
  70. ^ 2本立て構成(前者は13分枠、後者は17分枠)。
  71. ^ 2015年8月18日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、同年8月17日23:30 - 24:00に放送。
  72. ^ 2016年9月13日は放送整備の点検・メンテナンスに伴い、同年9月12日23:30 - 24:00に放送。
  73. ^ a b 本放送当時Dlifeで放送したため、実質再放送となる。
  74. ^ 12月30日は総集編を放送。
  75. ^ 2015年8月25日は3:00 - 4:00に2話連続で放送。
  76. ^ 2016年9月13日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い1:30 - 2:00に放送。
  77. ^ a b c d e f g h i 本放送から同一週内のリピート放送。
  78. ^ a b 第37話以降を放送。
  79. ^ 第10話から第13話までは2016年3月に土曜19:00枠で放送される。
  80. ^ a b c AbemaTVと同時放送。
  81. ^ 初回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  82. ^ 初回は0:00 - 1:00の本編と振り返り特番をセットにした1時間スペシャルで放送。
  83. ^ 劇場版をテレビ放送用に編集し、新規OP、EDや戦闘シーンを追加したものを放送。
  84. ^ 毎日放送と共同で製作委員会に参加。
  85. ^ a b c かつてBS日テレで放送されたため、実質再放送。
  86. ^ a b c あにめのめ』ブランドとして放送。
  87. ^ 両作品ともBS11自ら製作委員会に参加
  88. ^ 15分番組の2本立て。前半はアホガール、後半は徒然チルドレンをそれぞれ放送。
  89. ^ 第2期はBSフジで9話分を放送し、残り4話分をANIME+枠で放送。
  90. ^ OVA版をテレビ放送用に編集したものを放送。
  91. ^ 15分番組の2本立て。前半は『虹色デイズ』・後半は2016年1月~3月までが『ciubRAINBOW〜虹色デイズ〜』、4月~6月までが『とんかつDJアゲ太郎』となっている。
  92. ^ 2夜連続放送。
  93. ^ a b 本放送当時BSフジで放送したため、実質再放送。
  94. ^ 5.1chサラウンドと通常のステレオ放送の二重音声で放送。
  95. ^ 最終話のみ3月23日23:30 - 24:00に放送。
  96. ^ 最終回(2013年10月10日)は3時00分枠で放送。
  97. ^ 2016年3月24日は放送設備のメンテナンスに伴い0:00 - 0:30に放送の上、初回放送は2016年3月31日までであとは再放送。
  98. ^ 初回は1:00 - 2:00の1時間スペシャルで放送。
  99. ^ 2016年9月22日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、1:00 - 1:30に放送。
  100. ^ 劇場公開作のシリーズをテレビ向けに再構成したもの。
  101. ^ サークルKサンクス一社提供(放送当時、関東地方の店舗においてタイアップキャンペーンを実施したことから)。
  102. ^ 3時00分 - 3時15分枠で放送。
  103. ^ a b シリーズ途中で枠移動。
  104. ^ テレビシリーズはBS-TBSで放送したため、劇場版のみ当枠で放送される。
  105. ^ 初回は2:00 - 3:00の1時間スペシャルで放送。
  106. ^ 最終話のみ0:30 - 1:00にて放送。
  107. ^ Blu-ray & DVDに収録されたリマスター版の内容で放送。
  108. ^ TOKYO MX・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  109. ^ KBS京都と同時放送。
  110. ^ 2015年10月2日は放送設備の点検に伴い2:30 - 3:00に放送。
  111. ^ 宵闇枠と呼称されていた。
  112. ^ a b 深夜枠ではないが、ANIME+として括られている。
  113. ^ 4月6日は第1話先行放送。
  114. ^ a b OVA版『やすみじかん 〜あなたがわたしにくれたもの〜』も放送された。
  115. ^ OVAのために1本が30分を超えていることから、通常より10分早い22時50分から放送された。
  116. ^ 第13話からは23時00分 - 24時00分枠で2話連続放送。一部のメディアでは26話で打ち切りと発表されていたが、第27話以降も放送された。
  117. ^ 23時00分 - 24時00分枠で2話連続放送。
  118. ^ 実写作品。
  119. ^ 最終回のみ4月3日 21時30分 - 22時00分に放送。
  120. ^ a b 15分番組の2本立て構成。
  121. ^ 最終話のみ23:30 - 24:00に放送
  122. ^ 地上波で放送された『キスダム -ENGAGE planet-』を改題したもの。放送後には、1分間のスタッフインタビューが放送された。
  123. ^ 地上波では放送されなかった第6話と、その振り替えとして放送された総集編「すみと瑠璃子のもえたんダイアリー」も放送された。
  124. ^ 番組内のCM枠で、『舞-HiME』を制作しているサンライズの発表作品『宇宙をかける少女』に出演しているMAKOの進行による1分間のミニコーナー「宇宙かけTV☆HiMEをかたるMAKO」が次回予告の後に編成されていた。12月18日の第15回をもって一旦終了したが、翌年1月22日の第20回より『舞-HiME』に出演している清水愛浅井清巳の進行による「HiMEをかたる命&深優」として再開。いずれもスポンサーとのコラボレーション企画で、前者はバンダイビジュアル、後者は途中からスポンサーとなった西陣が協力している。
  125. ^ 2010年3月27日までは土曜0時30分 - 1時00分に放送。
  126. ^ 9月10日のみ23時00分 - 24時00分枠で2話連続放送。
  127. ^ 第10話は権利元からの要請により放送中止。
  128. ^ 8月19日は休止。
  129. ^ 初回のみ水曜1:00枠で放送。
  130. ^ 人形劇作品。
  131. ^ カンテレと共同で製作委員会に参加。
  132. ^ 『屍姫 玄』が全てのネット局で休止となったため、本局のみ穴埋めとして放送された。
  133. ^ 劇場公開作品を特別放送。
  134. ^ 2010年8月25日に発売された「「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」イメージミニアルバム」の同梱DVDに収録されていたもの。
  135. ^ 1話のみ放送。
  136. ^ アニメを扱ったバラエティ番組。一部の回は放送されず、2か月で打ち切りとなった。
  137. ^ 2009年10月(地上波と同時期)よりBS日テレで放送されたため、実質再放送。
  138. ^ 2011年2月26日まで第1期を再放送、同年3月5日から第2期を初回放送。
  139. ^ 最終回のみ4月3日 20時00分 - 20時30分に放送。
  140. ^ 初回のみアニメ本編と実写番組「いのこり!30歳の保健体育」各15分の構成であったが、実写番組は1回のみで打ち切りとなった。第2回以降はアニメの前週回を編集したものと最新回とを連続して放送。
  141. ^ 初回は0時00分 - 1時00分の1時間スペシャル。
  142. ^ a b 2013年1月5日は特番放送のため休止。
  143. ^ a b TOKYO MX・KBS京都と同時放送。
  144. ^ 第24・25話のみANIME+2015大みそかスペシャル第4部として2話連続放送。
  145. ^ 第1期〜第3期の傑作選6話と新規6話を放送。
  146. ^ 第1期はBS11の開局前に放送されたことから、1月5日には総集編の「絶望少女撰集(BS11 Ver.)」が放送された(先に発売された「序〜絶望少女撰集〜」のDVDを編集したものである)。
  147. ^ 2012年1月7日は休止。
  148. ^ 6月16日は休止。
  149. ^ 最速放送。
  150. ^ a b TOKYO MX・AbemaTVと同時放送。
  151. ^ TOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・AbemaTVと同時放送。
  152. ^ 第24話、第25話、最終話のみ放送。
  153. ^ 2013年3月23日に第10.5話の再放送後、3月30日に未放送の第11話、第12話を3:00 - 4:00に2話連続で放送した。
  154. ^ 初回は3:00 - 4:00の1時間スペシャルで放送。
  155. ^ 最終回は3:00 - 4:00の1時間スペシャルで放送。
  156. ^ a b c d e f g 画面の右下にはアニマックスのロゴが本編中にも常に表示されていたほか、番組内や終了後にはアニマックスオリジナルのCMも放送されたり、2009年4月以降は番組の終了後にアニマックスの加入案内(局の簡単な紹介や問い合わせの情報など)も行われ、提供画面もアニマックスのロゴのアニメーションを使用していた。
  157. ^ 前週の10月11日から開始する予定だった『かんなぎ』の放送が急遽取り止めとなったため、穴埋めとして放送された。なお、10月11日には『黒塚 KUROZUKA』の事前特番(別記)が再放送された。
  158. ^ 第11話のみ3月31日(木曜) 0時00分 - 0時30分に放送。
  159. ^ 4月7日は第1話先行放送。
  160. ^ 12月29日の第10.5話をもって一旦放送を終了。未放送分は2013年3月30日に放送した。
  161. ^ 最終回は、出演者の副音声によるコメンタリーが実施された。
  162. ^ TOKYO MXと共同で製作委員会に参加。
  163. ^ 2017年8月19日は休止。
  164. ^ 2009年9月20日までは日曜0時30分 - 1時00分枠で放送を行っていた。
  165. ^ 2009年7月5日より日曜0時30分 - 1時00分に放送予定だったが、製作側の都合により延期となった。開始までの間には、穴埋めとして『うたわれるもの』の再放送が行われていた。
  166. ^ 本放送は計8回。4月2日までの期間は第1期の特別編と傑作選3話を放送(傑作選第2回のみ3月31日(木曜)0時30分 - 1時00分に放送)。
  167. ^ 9月10日は『WORKING'!!』(2期)の第1話先行放送のため休止。10月1日は第12話を0時00分 - 0時30分に放送し、最終話を所定の時間に放送(この日は未明と深夜で計2回放送)。
  168. ^ 2011年9月10日の同時刻に第1話が先行放送された。
  169. ^ 6月2日は休止。
  170. ^ 第1期の内容を再編成したものを放送。
  171. ^ 2013年1月6日の最終回のみ日曜0:00 - 0:30に放送。
  172. ^ a b c TOKYO MXと共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  173. ^ 朝日放送との共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  174. ^ a b c TOKYO MXと毎日放送との共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  175. ^ セレクション放送。
  176. ^ a b 『Fate/Zero』の総集編。
  177. ^ 第1期の第1 - 3、5、7話(DVDでのリテイク版)が放送された。また、番組の最後には監督のインタビューと視聴者プレゼントも放送された。
  178. ^ 2月15日に放送されたものは特番の扱いで、キャストインタビューのみであった(話数にも数えられていない)。
  179. ^ 読売テレビと共同で製作委員会に参加。本放送時は、この番組に限り、ANIME+とは別に常闇枠(とこやみわく)という枠名称が付けられていた。同様に翌金曜18時30分からのリピート放送は宵闇枠(よいやみわく)と呼称されていた。
  180. ^ 総集編のみ4月3日(日曜) 20時30分 - 21時00分に放送。
  181. ^ 2012年1月1日のみ1時間枠で放送(前半に総集編第1回を再放送、後半に総集編第2回を放送)。
  182. ^ a b TOKYO MXと朝日放送の共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  183. ^ 第0・1・最終話は0:00 - 1:00の1時間スペシャル放送。
  184. ^ 初回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  185. ^ 初回と最終回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  186. ^ 初回は23:30 - 24:30の1時間スペシャルで放送。
  187. ^ 3月31日 - 4月4日の0時00分 - 0時15分(3月31日のみ0時30分 - 0時45分)には、特番「花満開・あなたにもっと近づきたい」が放送された。
  188. ^ この再放送版では中島愛遠藤綾が出演するインフォメーション・コーナー「マクロスF情報局」をあわせて放送。
  189. ^ 2011年1月2日は特別番組の挿入により休止。最終回のみ21時00分 - 21時30分に放送。
  190. ^ 2008年10月に一度放送決定したものの諸事情により見送られ、BSジャパンに振り替え放送となった経緯があり、BS11としては今回が初放送となる。
  191. ^ 5月27日は休止、最終回のみ0:00 - 0:30に放送。
  192. ^ 2013年6月2日は特番編成のため、休止。以降、TOKYO MXとは1週間遅れとなる。
  193. ^ 9月28日のみ0時30分 - 1時30分枠で2話連続放送。
  194. ^ 最終回のみ4月2日(木曜)1:00 - 1:30での放送。
  195. ^ 朝日放送とAT-Xとの共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時で尚且つ最速放送。
  196. ^ 最終話のみ12月31日(木曜)19:00 - 20:00にて『ANIME+2015大みそかスペシャル第2部』として放送。
  197. ^ 内包CMとしてラグナストライクエンジェルズも放送。
  198. ^ アバンで『DENGEKI 25th Anniversary』のロゴも表示される(BSフジの『アニメギルド』枠などで放送されている、『ゼロから始める魔法の書』でも同じロゴが表示される)。
  199. ^ 最終話は1:30 - 2:00に放送。
  200. ^ 2006年版を放送(次回予告も放送)
  201. ^ 詳細はこちらを参照
  202. ^ 残り2話は2017年2月13日 3:00 - 4:00に単発番組として放送。
  203. ^ a b c d e f g h i 野球中継が行われる場合はそちらの方が優先されるため、休止となっていた。
  204. ^ 同週の日曜16時55分 - 17時00分にもリピート放送を行っていた。
  205. ^ 2011年1月14日(金曜)もイレギュラーではあるが、放送した。
  206. ^ BS11の2010-11年の年越し特別番組として、本編全12話と総集編が一挙放送された。
  207. ^ 再放送番組
  208. ^ a b c d TOKYO MXとの同時ネット。
  209. ^ a b c TOKYO MX、ニコニコ生放送との同時ネット。『ANIME+』ロゴが表示された。
  210. ^ 9月13日には、映画『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』が18時30分 - 20時00分に放送された(通常放送の番組は全て休止)。
  211. ^ 2011年3月25日までは金曜 17時30分 - 18時00分、同年9月30日までは金曜 18時30分 - 19時00分に放送。
  212. ^ 同年7月6日 - 9月21日に同時間帯で再放送
  213. ^ 同局の開局10週年記念番組の一環として放送
  214. ^ 『ANIME+ SPECIAL』枠として放送。3月7日の21:00 - 24:00に全話を一挙放送。
  215. ^ 年末の中断期にて放送実績があるため、同局では実質再放映。

出典

外部リンク






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アニメに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アニメ」の関連用語

アニメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

浅野 泰子

コノハガエル

どうとん号

ビールの利用法

半たわみ性舗装

岩崎彌之助

湿式工法

さつま揚げ





アニメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2017 横浜美術学院 AllRights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニメ (改訂履歴)、アニメ+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS