パチスロとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > パチンコ用語 > パチスロの意味・解説 

パチスロ

回胴式遊技機俗称。“パチンコ屋に設置している“スロ”ットマシンなので、こう呼ばれるコイン投入→スタートレバーONでリール回転→ストップボタンを押してリール停止有効ライン図柄揃え払い出し、というゲーム性。スロットと呼ぶ人も多く、名称が統一されていない

パチスロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 16:57 UTC 版)

パチスロとは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の適用を受ける第7号営業店(パチンコ店等)に設置される、スロットマシンに似た遊技機のことである。「パチンコ型スロットマシン」の略称。法律上は「回胴式遊技機」と称するが、業界としての正式名称は「オリンピアマシン」とすることが1981年4月に決定している[1]。第7号営業店で稼働するパチスロは、保安通信協会(保通協)によって行われる型式試験に適合している必要がある。


[ヘルプ]
  1. ^ 「月刊Amusement Japan別冊 PACHSLOT 2001」P.73
  2. ^ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則・第三十五条 二-ロ(2)
  3. ^ 、日本電動式遊技機工業協同組合公式サイトの「パチスロとは?」では、誕生を「1965年」としている。
  4. ^ 遊技機産業の歴史|会社概要|株式会社オリンピア”. オリンピア. 2016年4月10日閲覧。
  5. ^ 「月刊Amusement Japan別冊 PACHSLOT 2001」P.73
  6. ^ 「月刊Amusement Japan別冊 PACHSLOT 2001」P.81
  7. ^ 「月刊Amusement Japan別冊 PACHSLOT 2001」P.82
  8. ^ 帝国データバンク;パチンコ業界の倒産動向調査
  9. ^ 法律改正が痛手に パチスロ機の市場規模が半減 Business Media 誠 2009年8月19日
  10. ^ ■ パチスロ4号機を無承認で設置、役員逮捕
  11. ^ ■ 新宿・歌舞伎町でまたも「地下スロ」摘発■ 相次ぐ「地下スロ」摘発、今度は神戸で
    街から消えたはずのパチスロ「4号機」が……浮かぶ“闇の市場” Business Media 誠 2009年6月22日
  12. ^ ■ 「地下スロ」に暴力団が組織ぐるみで関与か
  13. ^ 店舗数、パチスロ設置台数が増加に転じる-全日遊連(遊技日本、2010年5月24日)
  14. ^ 全日遊連加盟店、1万1300店割れに(@グリーンべると、2012年5月2日)
  15. ^ 4号機は無制限営業様に作られたスペックが多かった
  16. ^ ドリスタ -ミントのヒロイン救出大作戦-』のミントボーナスでは、SIN成立で終了するため獲得枚数0という可能性がある。また、『島育ち』のレギュラーボーナスの払い出しは14枚と小役と同等で、さらに絵柄を揃えるまでに1ゲーム必要なので実質的な獲得枚数は11枚となる。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

パチスロに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パチスロ」の関連用語

パチスロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

右つづら折りあり

ゼンマイ

宮城野のスズムシ

エクスムーア ホーン

FXDF

Martin Van Buren

松か井の水

デオ800系





パチスロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパチスロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS