SDガンダムフォースとは?

SDガンダムフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/05 15:45 UTC 版)

SDガンダムフォース』(エスディーガンダムフォース、Superior Defender Gundam Force)は、2003年アメリカで先行放送され、2004年1月7日から12月29日までテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ。同時期にBSジャパンでも時差放送された。通称『SDGF』[1]




[ヘルプ]
  1. ^ http://www.sunrise-inc.co.jp/sd_gundamforce/message/index.html
  2. ^ ただし、OVA等として制作された作品がTV放送されたことがあるので、初のTV放送ではない。
  3. ^ a b http://www.comtec.daikin.co.jp/DC/prd/mb/user/sunrise.html
  4. ^ 後に発売されたDVDBOXには全話収録されている。これによりアメリカでも(DVD媒体とはいえ)全話視聴が可能となった。
  5. ^ ソウルドライブメモリーズ18P
  6. ^ ソウルドライブメモリーズ19P
  7. ^ a b ガンダムEXPO東京2008・「We Love SDガンダムステージ」トークステージ
  8. ^ 監督の阿部は「これでは表情がわからない」ということで、フェイスオープンを採用した。本人曰く、ここまで話題を呼ぶとは考えもしなかったという。
  9. ^ ソウルドライブメモリーズ3P
  10. ^ すなわち一つ一つのキャラクターをモーションキャプチャーで製作している。
  11. ^ そのため、インタビューでは2クールも先の登場となる元気丸とライミ役のキャストのコメントが載っている。
  12. ^ ガンダムエース2004年3月号46・47Pより
  13. ^ 関東地区、ビデオリサーチ調べ。
  14. ^ 平均視聴率は2.1%。関東地区、ビデオリサーチ調べ。
  15. ^ 出展・http://www.rightstuf.com/cgi-bin/catalogmgr/tuZK9psgutsT42MZP7/browse/item/78953/4/0/0(海外サイト)
  16. ^ ラストシーンに三人が登場
  17. ^ 劇中にもザコザコアワー『あれからザッパーザク様に何があったのか?』
  18. ^ この回からしばらく洞窟の中がステージとなる
  19. ^ ポーンリーオーのポンポンアワー、洞窟ステージ最終
  20. ^ a b 円谷プロダクションからの参加
  21. ^ 黄色マイクザコは前回のテーマを引きずる
  22. ^ 実質ザコザコアワー最終回
  23. ^ 46話までザコブッシアワー
  24. ^ ザコブッシアワー最終回
  25. ^ 全キャラ揃ってのお別れシーン
  26. ^ ソウルドライブメモリーズ19頁
  27. ^ ガンダムエース2004年3月号44頁
  28. ^ a b SDガンダムフォース・テレビ東京公式サイトインタビューページ
  29. ^ SDガンダムフォース・声優コメント
  30. ^ 神谷浩史、入野自由、置鮎龍太郎によるGUNDAM BIG EXPO・展示ブース観覧映像
  31. ^ ガンダムエース2004年2月号44P


「SDガンダムフォース」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SDガンダムフォース」の関連用語

SDガンダムフォースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スクテルラリア・スフルテスケンス

長寿祝い

由布岳

リサイクル・マーク

エティバ

iPhone 5c

高速増殖炉

登坂車線





SDガンダムフォースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSDガンダムフォース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS