ロゴとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > ロゴの意味・解説 

ロゴ [1] 【logo】


ロゴ [1] 【LOGO】

コンピュータープログラム言語の一。子供教育用に開発されたもので,記号処理画像表現が容易。

LOGO

ロゴ

logo


ろ ご [1] 【露語】


ロゴ、ロゴタイプ 【logo、logo type】

各種タイトル商標・社標などのデザイン化された文字

ロゴ 【logotype】

社名商品名等の意匠文字のこと。

ロゴ

英語 Logo

ラテン語LOGOSからきたもので、言葉、意味、理性を意味する。ここではいわば乗る自身表現。ロゴに乗ればきっと乗る人の生活がもっと豊かで楽しいものになる、という思い込めネーミングである。1996年10月発表

シティと同じポジションにあったベーシックカーで、全長3750mm、全幅1645mm、全高1490mmというサイズは、小さいが背は高<というコンセプトだった。ハッチバックスタイルで、3ドア5ドアがあった。駆動方式FFエンジン新設計の直4SOHC・1343ccで、低速トルク重視型。ミッションCVTホンダマルチマチック3速ATと5速MT発売3ドア10月5ドア11月からだった。

97年9月マイナーチェンジがあった。全グレード対象として抗菌ステアリング採用一部グレードキーレスエントリー付けた。ABS助手席SRSエアバッグ価格引き下げ、高級仕様のGオルフアを追加した。

98年11月一部変更車種追加ボディ前後デザインを変え、マルチリフレクターヘッドランプを採用インテリアではフロントシート形状変更抗菌部品多用した。安全性上策として、助手席SRSエアバッグABS(ブレーキアシスト付き)などを標準装備。ホンダマルチマチックSにはプロスマテック制御(上り下り坂などの自動変速制御のこと)を取り入れた。スポーティTSグレード新設し、1.3L・91psエンジン搭載4WD仕様追加した。

2000年4月マイナーチェンジ。新フロントマスクや新シート表皮採用など内外リフレッシュを行った。同時に、スポルティック(3/5ドア)というモデル設定した。従来からあるスポーティモデルの発展型ともいえる仕様で、ローダウンスポーティサスペンションを組み込んでいた。

フィットデビュー(2001年6月)で、その使命を終えた。

ロゴ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ロゴ

ロゴ参考画像

ブランド要素一つでブランドネームを表す字体図形のこと。
企業名会社名商品名などを文字図形組み合わせたり変形させたりして作成する。日本場合には「ひらがな」、「漢字」、「カタカナ」、「アルファベット」など様々な文字を用いることが出来るので独特の個性的ロゴが作成出来る。


ロゴ

名前 Rogo

ロゴ (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/26 19:03 UTC 版)

(ロゴ から転送)

ロゴ(Logo)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロゴに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロゴ」の関連用語

ロゴのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ロゴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2014 K'sBookshelf All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2014 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
熊谷紙器工業熊谷紙器工業
Copyright(C) 2002-2014 Kumagaishiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロゴ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS